※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【おっぱいジュウドウズヤワラ】

最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…!S・L・C第1巻は、発売未定です。

ヤワラ「チクショオオオオ!くらえ有定美亜!新必殺超音速当て身!」
有定美亜「さあ来いヤワラアア!ワタシは実は一回刺されただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
有定美亜「グアアアア!こ このザ・インスタントと呼ばれる四天王の有定美亜が…こんな小娘に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
有定美亜「グアアアア」
箙鉄歩 「有定美亜がやられたようだな…」
紙名栖「ククク…奴は四天王の中でも最弱…」
加庭湯花「おっぱいごときに負けるとは図書委員の面汚しよ…」
ヤワラ「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ヤワラ「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでツマランナーのいるボーダリアン図書館の扉が開かれる!!」
ツマランナー「よう来たなおっぱいジュウドウズヤワラ…待っとったでえ…」
(ギイイイイイイ)
ヤワラ「こ…ここがボーダリアン図書館だったのか…!感じる…ツマランナーの歌唱力を…」
ツマランナー「ヤワラよ…戦う前に一つ言うとくことがある お前はワイを倒すのにオカマだと見破る必要があると思っとるようやけど…別に見破らへんでも倒せる」
ヤワラ「な 何だって!?」
ツマランナー「そしてお前の本当のオカンとオトンはやせてきてもうたので最寄りの町へ解放しといたった あとはワイを倒すだけやなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ヤワラ「フ…上等だ…私も一つ言っておくことがある この図書館に対戦相手が他にもいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ツマランナー「そうか」
ヤワラ「ウオオオ!!いくぜボンバアアアア!」
ツマランナー「よっしゃ来いヤワラアアア!」
ヤワラのおっぱいが世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

※GK注:勝者不明SS。投稿者 本葉柔