げんしけん用語辞典@Wiki 中手骨骨折

【巻数】
2巻

【ページ数】
82ページ

【解説】
中手骨は、例えば指(親指を除く)の指先から第一関節(近位指節間関節)までを末節骨、第一関節から第二関節を中節骨、第二関節から第三関節までを基節骨、そのさらに内側、つまり手のひらの部分を中手骨と言う。斑目はこの部分を骨折した。

【コメント】