創作


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

好評だった文豪ことサーモン ◆pdlO7HZYuoさんの創作物をログとして勝手にまとめさせてもらいました。
問題がありましたらご連絡下さい。

10 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/04/29(水) 10:51:27.00 ID:aC1RQrcn0.net

北海道、自宅の玄関前。

さやや母「さや~どこ行くの?」

さやや「ダンスの練習!」

靴紐を結ぶさやや。

母「またAKB?いい加減にしなさい。
そんな暇あるなら牛の世話……」

さやや「終わった、宿題も、掃除も全部やったよ」

母「そう……」

さやや「じゃ、行くね」

立ち上がり、玄関の戸に手をかける。

母「夕飯までには帰ってきなさい」

さやや「うん!」

さややを見送った後、玄関に佇む母。
寂しそうな目で戸を見つめる。
そんな母の肩に後ろから手を置く父。

父「応援してあげよう」

母「……アイドルになんか、なれるわけないのよ」

父「分からないじゃないか」

母「東京は遠すぎる。私達には…遠すぎるのよ」

15 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/04/29(水) 11:14:40.88 ID:aC1RQrcn0.net

舞台「おらさ東京へ行くだ」

主演 川本紗矢
吉幾三

21 :47の素敵な(チベット自治区)@\(^o^)/:2015/04/29(水) 11:35:17.36 ID:GF1UTEpb0.net
ダンス習ってたって言ってたけどそんな場所あるんだな

30 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/04/29(水) 12:31:10.77 ID:aC1RQrcn0.net

>>21

母「この辺りにダンス教室なんてないじゃない、
いったい誰に教わってるの?」

さやや「いるよ、先生」

母「会わせなさい」

さやや「いいよ、私に付いてきて」

母はさややの後を追った。
のどかな田舎道を歩き、林の中へと入っていく。

母「どこに行くの?近道?」

さやや「いいから」

延々と続く山道を歩くさややと母。

母「はぁはぁ」と疲労する。

母「ちょっと待ちなさい…どこまで歩くの?」

さやや「もうすぐ着くよ」

しばらくすると、母の目に一本の大木が映る。

さやや「いた、先生」

母「え……」

さやや「先生が、私にダンスを教えてくれるの」

大木の下に、一匹の日本狼がいる。

母「……オオカミ」

さやや「違う、先生だよ」

狼のもとへいくさやや。

母「だから言ったのよ……
アイドルになんかなれないって」

おおかみと戯れるさややを見つめる母。

母「狼の血を引くあの子には……」


~おおかみこどものサヤとメグ~

71 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 12:34:23.59 ID:TVF8x5440.net

>>10 続き

公民館の外。夜。

入口のガラスドアに自分の姿を映し、
イヤホンを付けて踊るさやや。
彼女を照らす月の光は、まるでスポットライト。
満天の星空は、サイリウムのよう。
街灯は無くとも、決して暗くはない。
ふと腕時計を見る。

さやや「……もう帰らなきゃ」

イヤホンを外す。

さやや「どうだった?私のダンス」

後ろを振り返る。
一匹のキタキツネが、しっぽを丸めて
地面に寝そべっている。
目を開けるキタキツネ。

さやや「ゴン、おいで」

ゴン、と名付けられたキタキツネが、
さややのほうへと歩いていく。

さやや「いい子だね」

ゴンの頭を撫でる。

さやや「何か番犬みたいだね、違うか、番狐?」

ゴンは尻尾をゆらゆらと揺らす。

さやや「明日ね。私、東京に行くの。
AKBのオーディション受けるんだ。
三次審査だよ、凄いでしょ?」

ゴンは視線を落とし、さややの周り
をゆっくりと歩く。

72 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 12:48:04.14 ID:TVF8x5440.net
さやや「内緒だよ、学校の皆にも言ってないんだから」

足を止め、顔を上げるゴン。
さややを見て、応えるように鳴く。

さやや「応援してくれるの?ありがと」

しゃがみこんでゴンの頬に手を添える。
ゴンの顔を、じっと見つめる。

さやや「私が小さい頃からずっと、
こうやって……ゴンは、私の味方でいてくれたもんね」

ゴンに微笑みかける。
さややの胸元へとスッと身を寄せるゴン。
まるで、甘えているように。

さやや「私のファン、第一号だね」

ゴンを抱きしめる。

さやや「大好き」

ゴンは嬉しそうに、また尻尾を振った。

さやや「帰ろっか」

ゴンは太い尻尾をくるりと巻いた。
元気よく走り出す。

さやや「置いてかないで~!」

80 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 19:25:08.97 ID:TVF8x5440.net
――5月13日、東京。夕。
オーディション会場・父兄待合室。

最終審査を終えた少女たちが、待合室に戻ってくる。
その殆どが泣いている。
親の姿を見て、また涙を流している。夢を掴むことができなかった哀しみの
声が、室内に響き渡る。
不安そうに娘の姿を探すさややの母。
そして、父。

母「いた?」

父「いないなぁ」

母「……受かったのかしら?」

父「……まさか」

母「どうするの?受かったら」

父「………」複雑な表情を浮かべる。

母「さやと離れて暮らすことになるのよ」

父の目に、不合格になった少女たちの
姿が映った。
辛そうに目を背け、視線を落とす父。

父「見てられないな……」

母「お願いだから泣かないでよ」

父「……分かってるよ」

母はつま先を立て、ぞろぞろと出てくる少女達の中から、娘の姿をまた探す。

母「いた!」

父「泣いてるか?」

母「分からない、下向いてるから」

さややがゆっくりと歩いてくる。
顔を上げるさやや。
涙は流れていない。

82 :47の素敵な(チベット自治区)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 21:23:52.54 ID:b/pzwpRi0.net

>>80

また新たな才能が!

84 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 22:16:31.68 ID:TVF8x5440.net
母「……どうだった?」

無理に微笑むさやや。

さやや「……落ちちゃった」

父と母は互いに顔を合わせる。
2人は、視線をまた娘に戻す。
娘の顔から少しずつ、笑顔が消えていく。

さやや「……ごめんね」

母「何で謝るの……?」

さやや「…一緒に来てくれたのに…」

父は娘の頭にそっと手を置く。
娘の頬に涙が伝っている。
ツゥーと零れ落ちた涙。

父「帰ろう、北海道に。ゴンも待ってるよ」

父の胸に飛び込むさやや。

わんわんと声をあげて泣いた――。

翌日、自宅前・夜。

車から降りる両親とさやや。
玄関前には、祖母とゴンがいる。

祖母「おかえり」

さやや「おばあちゃん!ただいま!」

笑顔を見せるさやや。
祖母は少し目を丸くした後、
にっこりと微笑みかける。
さややはゴンの頭を撫でる。
孫の背中をじっと見つめる祖母。

さやや「ちょっと散歩行ってくるね」

祖母「こっだら遅くにか?」

さやや「大丈夫!ゴンがいるから!」

さややとゴンは父と母の横を通り過ぎる。

母「すぐ帰ってきなさいよ」

さやや「うん!」

90 :47の素敵な(茸)@\(^o^)/:2015/05/01(金) 16:47:34.23 ID:QiWokwtP0.net
続きはよ
涙が止まらん

91 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/05/01(金) 19:39:56.88 ID:H4HEstgB0.net
さややとゴンの姿が、草原のほうへと消える。
とぼとぼと父と母に歩み寄る祖母。

祖母「……無理してんべ、さや」

父「ずっとあの調子だよ」

母「さやが会場で泣いた時、どうしていいか分からなかったわよ」

父「正直さ、落ちたって聞いた時…
俺はホッとしたんだ……。
“これで、さやと離れなくて済む”ってさ」

母「……私だってそうよ」

父「もうたくさんだよ」

祖母「……何がだ?」

父「あんな顔はもう見たくない」

母「……そうね」

祖母「まぁ、いい経験になったんじゃねぇか」

父「普通の人生がいい……。
分かってくれるといいんだけど……」

父の目に、小さな三輪車が映った。
幼き日の娘の姿と一緒に。

92 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/05/01(金) 21:11:23.47 ID:1eruFDP20.net
真っ直ぐ伸びる道を歩くさややとゴン。
ほんの少し顔を上げて、
満天の星空に視線を送るさやや。

さやや「全然違うね……東京の空と」

ゴンはさややの歩幅に合わせて、
ゆっくりと歩いている。

さやや「……オーディションにさ、
小嶋真子ちゃん、って子がいたんだけどね。
笑顔がすっごいキラキラしてた。
一緒に、踊りたかったなぁ……」

ゴンがふと立ち止まった。
いつもダンスの練習をしていた公民館の前だ。

さやや「………?」

ゴンは公民館のほうに顔を向けると、
寂しそうな声で鳴いた。

さやや「もういいんだよ、練習しなくても」

ゴンはじっとさややの顔を見つめる。
困った顔をするさやや。
踵を返し、その場から去ろうとする。
ゴンがさややの歩みを止めるように、
道を塞ぎ、じっと見ている。

さやや「もういいの、帰ろう」

ゴンは動こうとしない。
何かを訴えるように、見据えてくる。

さやや「……私の夢は終わったの」

ゴンはさややのズボンの裾を噛み、
引っ張っている。
公民館のほうへと顔を向けるゴン。

切ない目をするさややは、
静かにしゃがみこみ、
ゴンと同じ視線の高さで話しかける。

さやや「東京ってね、すっごく遠いの。行くのにお金だってかかる。
あれが、最後のチャンスだったの。
だから……私は………」

93 :47の素敵な(チベット自治区)@\(^o^)/:2015/05/01(金) 21:30:47.69 ID:9oGFTVVZ0.net
勝手俺が思ってるだけだけど二曲目。
初日にたどり着いても終わらないで欲しい。

94 :47の素敵な(茸)@\(^o^)/:2015/05/01(金) 22:48:26.44 ID:3feE/XVy0.net
切ねぇ…
ゴン。さややを頼むぞ

95 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/05/02(土) 00:23:21.32 ID:Kqu4Lfw10.net
ゴンは裾から口を放すと、心の道に迷うさややの顔を見て鳴いた。

さやや「私は……」

ゴンが公民館の敷地にある一本の
桜の木の前へと歩いていく。
寝そべるようにしゃがみ、
太い尻尾をくるりと巻いたゴン。
さややがガラスドアの前でダンスの練習をする時は、
ゴンは決まって、その桜の木の下で待っている。
ゴンに見守られながら、
この場所で練習してきたこれまでの日々が、目に浮かぶ。

さやや「まだ……」

目に涙を浮かべている。

さやや「……諦めたくない」

前へと足を踏み出すさやや。
ゴンはその姿をじっと見ている。
いつものように。

さやや「…また応援してくれる?」

ガラスドアの前に立つさやや。
ゴンは鳴いて応えた。
さややは涙をゴシゴシと拭う。

さやや「……聴いて、ゴン」

歌を口ずさむさやや。
ひょこっと顔を上げるゴン。
押し花のような決心を抱えたさやや
は、満天の星空の下、
一匹のファンのために歌を歌った。
それは、AKB48の「桜の木になろう」という歌だった。

98 :47の素敵な(WiMAX)@\(^o^)/:2015/05/02(土) 08:37:18.12 ID:N2vyeLdS0.net
泣ける

99 :47の素敵な(北海道)@\(^o^)/:2015/05/02(土) 10:40:01.68 ID:eKBXrTuE0.net
いいぞ早く続きを!

100 :47の素敵な(茸)@\(^o^)/:2015/05/02(土) 11:56:47.20 ID:BrWGQapO0.net
やべぇよ…文豪現る!!

101 :47の素敵な(大阪府)@\(^o^)/:2015/05/02(土) 13:29:10.12 ID:7beCjs1X0.net
是非続きお願いします!!
できるだけ長くお願いします!

102 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/05/02(土) 19:49:25.60 ID:59uAPOKt0.net
それから、さややとゴンは、
これまで通り公民館に通い続ける。
ガラスドアの前で、踊るさやや。
桜の木の下で、それを見守るゴン。
ひたすら、次のチャンスを待ち続ける。
そして、1年が過ぎた。

2013年、8月13日。
自宅の台所。

さやや「お母さん!」

母「どうしたの?そんな大声出して」

母は包丁で野菜を切っている。
娘に背を向けたまま。
トントン、と野菜を切る音が続く。

さやや「“ドラフト候補生”だって!!AKBのオーディションだよ!」

トントンという音が止まる。
手を止める母。

母「……そう」

さやや「受けてもいい?」

母の背中を見つめるさやや。

母「……ダメよ」

さやや「……なんで?なんでダメなの?」

母「分かってるでしょ。
東京に行くのにどれだけのお金がかかると思ってるの?
そんな余裕……ないわよ」

さやや「お金なら返す!働いてちゃんと返すから!!」

母「……ダメなものはダメよ」

さやや「……私、諦めたくない。
アイドルに……なりたい」

母「……大人になりなさい」

トントン、野菜を切る音がまた続く。

さやや「大人になるって…夢を忘れることなの?
私……違うと思う……。
そんなの……絶対違う」

母「……」

さやや「ごめんなさい…」

母「……」

母「これ、置いとくね……」

103 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/05/02(土) 19:51:48.33 ID:59uAPOKt0.net
さややはそう言って、台所から去っていく。
振り返る母。
娘の影を切なそうに見つめる。
机に置かれた紙を手に取る。
『AKB48 ドラフト候補生 募集』
オーディションの概要が書かれた
紙に、目を通す母。
祖母が台所に入ってくる。
祖母の手にも同じ紙がある。

祖母「あたしのとこにも来たよ」

母「おばあちゃんは何て言ったの?」

祖母「そりゃあ反対したさ」

母「私……間違ってるのかしら」

祖母「……どうだかわかんね。
けど、ありゃあ簡単には諦めねぇさ。
さやは、根性ある子だ」

母「なにそれ、自分だって反対したくせに。
さやを応援してるみたいな言い方じゃない」

祖母「そりゃあ応援してるに決まってるさ。
可愛い孫だ。
いつだって応援してる」

母「じゃあ、何で反対したのよ」

祖母「……1年前、東京から帰って来た時のあんた達の顔。
あれ思い出したら、
簡単には“いいよ”なんて言えねぇさ。
親の気持ちは…よく分かってるつもりだ」

母「……」

祖母「まぁ、さやとあんた達の我慢比べだな」

祖母は笑いながら台所から去る。
祖母の影を見送った後、
再び紙に目をやる母。

母「……もう見たくないのよ…。
さやの…あんな顔……」

母の瞼の裏には、1年前、
オーディションに落ちた時の娘の姿が映っている。
わんわんと泣いた娘の顔が、
目に浮かんでいた―――。

それから毎日、さややは母に、
オーディションを受けたいと訴え続ける。
頑なに拒み続ける母。
何度も何度も懇願するさやや。
刻々と、受付の締切日が近付いてくる。
時間だけが過ぎていく。

―――締切日の4日前。

105 :47の素敵な(北海道)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 00:53:46.27 ID:NymYAiE50.net
このスレは落とさないようにしよう

106 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 01:15:36.23 ID:8nHUhKMW0.net
公民館。夕。

ガラスドアの前で踊るさやや。
両膝に手をついて、「はぁはぁ」と
肩で息をする。
首にかけたタオルで汗を拭う。
ガラスドアに映る自分の姿を、
じっと見据えるさやや。

さやや「もう、間に合わないかも…。
……今回はダメだったけれど、
次のオーディションの時には、皆を説得する。諦めない。
だから、心配しなくていいよ。
私は………大丈夫」

さややは後ろを振り返る。

さやや「……あれ?」

桜の木の下にいたはずの、ゴンの姿がない。

さやや「……先に帰ったのかな」

自宅前、同時刻。

牛の世話を終えた母が、
玄関の戸に手をかける。
すると、ズボンの裾が何かに引っ張られる。

母「……?」

足もとを見ると、ゴンが裾を咥えている。

母「ゴン、どうしたの?」

縁側にいた祖母が、それに気付いた。

祖母「“こっちに来い”って言ってんじゃねぇか?」

母「……私に?」

祖母「……行ってあげなさい」

母「分かったわよ……」

裾から口を放したゴン。
一度、祖母のほうへ顔を向ける。
祖母はゴンを見て、小さく頷く。
ゴンは祖母に太い尻尾を向けると、
道のほうへと歩いていく。
ゴンの後をついていく母。

祖母「……」

道に出たゴンは、立ち止まり、
後ろを振り返る。
遠くから、祖母を見つめるゴン。
月の光がぽぅーとゴンを照らす。

祖母「……優しい狐だ」

107 :47の素敵な(茸)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 02:56:52.64 ID:YExrnJQQ0.net
ゴンよ、さややはお前に託した…

110 :47の素敵な(富山県)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 07:09:36.14 ID:H8UeQV9S0.net
これは傑作だ

111 :47の素敵な(チベット自治区)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 13:30:04.15 ID:VmSOPEhc0.net
文豪期待あげ

112 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 14:19:08.94 ID:BTWcURt20.net
ゴンはまた前を向くと、
戸惑う母をどこかへと導く。
真っ直ぐに伸びた道を歩く母。
そして、ゴン。

母「……分かってるのよ」

ゴンは振り返らずに、
ただ静かに歩いている。

母「あなたが私をどこに連れて行こうとしてるのか……」

歩み続けるゴン、太い尻尾を
ゆらゆらと振る。

母「ゴン、あなたには感謝してるの。
あなたがいてくれたから、
さやは寂しがることはなかった。
小さい頃からずっと……
一緒にいてくれたから。
これからも、あの子の味方でいてあげてね」

ゴンがふと立ち止まる。
顔を上げ、母を見つめている。
小さな声で鳴くと、また歩き出す。
しばらくして、公民館が見えてくる。

母「私ね。さやが踊ってるとこ……
一度も見たことがないのよ。
いいえ……見ようとしなかった。
……どうしてか分かる?」

ゴンは公民館の敷地に入っていく。
道の上で、立ち止まる母。

母「怖いのよ、あの子が遠くに行ってしまいそうで」

母の目に、娘の姿が映る。
ガラスドアの前で踊る娘の姿。
月の光が、スポットライトのように、
娘を差している。

母「綺麗……」

桜の木の下に戻ったゴン。
地面に寝そべり、太い尻尾をくるりと巻く。
ふと、後ろを振り返るさやや。
ゴンの姿に気付く。

さやや「あれ……?先に帰ったのかと思った」

ゴンのもとへと歩むさやや。
母の姿に気付く。

さやや「お母さん……どうして」

113 :47の素敵な(北海道)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 15:47:11.15 ID:y1k3UT6oO.net
方言や訛りに慣れてないなら、使わない方が違和感は少ない

頑張れ文豪!

114 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 17:24:52.49 ID:BTWcURt20.net
優しく微笑む母。

母「ご飯よ。家に帰りましょう」

さやや「……うん」

ゴンに視線を送る母。
ゴンがひょこっと顔を上げ、
母に視線を送る。
ゴンに微笑みかける母。

さやや「……なに、どうしたの?」

母「…なんでもないわよ」

母はそう言って笑う。
帰り道、真っ直ぐ伸びた道を歩くさややと母、そしてゴン。

母「……ご飯食べたら、履歴書書きなさい」

さやや「…え?」

母「オーディション、受けるんでしょ」

さやや「いいの?」

母「……2人だけの秘密よ」

さやや「秘密?」

母「お父さん、反対してるから。
もし書類審査が受かって、
東京に行くことになったら……
話せばいいわ。
その時は、私も一緒に説得する」

さやや「お母さん……」

足を止めたさややが微笑む。
さややの足もとにいるゴン。

さやや「ありがとう」

母は、そんな2人の姿を見て、
優しい笑みを浮かべている。
前を向いて、また歩き出すさややとゴン。

母「あの子を守ってね…ゴン」

1週間後、一次審査合格の通知が届く。
二次審査の面接は東京で行う。
9月15日が、面接の日。
母と一緒に、さややは父を説得しようとする。
だが、東京に行く許可を貰えぬまま、
日々が過ぎていく。

115 :47の素敵な(庭)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 17:28:32.64 ID:BTWcURt20.net
9月13日、自宅。夜。

父「ダメだって言ってるだろ」

さやや「お願い!東京に行かせて!」

父「諦めなさい」

さやや「……やだ、諦めない」

父「そんなに家を出たいのか?」

さやや「そんなこと言ってないじゃん……」

涙ぐむさやや。
父はテーブルに置かれた、
オーディションの概要が書かれた
紙を手に取る。

父「受かったら、そうなるんだ。
お前は東京で暮らすことになる。
けれど、未成年のお前にまだそんな力はない。
母さんも一緒に住むことになるだろう。
そうなった時の母さんの気持ち、
考えたことあるか?故郷を離れる母さんの気持ちだ」

さやや「………なら、私1人で……」

視線を母に向ける。
さややは戸惑いの色を浮かべている。

母「そういうわけにはいかないわよ。
あなたは学生だもの。
事務所の人だって、許さないわよ」

さやや「………お父さんとおばあちゃん、置いてくことになるの?」

父「………俺は北海道が好きだし、仕事だってある。
だからこの町を離れるわけにはいかない。
おばあちゃんだってそうだ。
東京で、新しい生活を始めるなんて無理だ」

父が険しい顔をする。
俯くさやや。
テレビを見ていた祖母がお茶を啜る。

祖母「あたしのことは気にしなくていい。
さやのやりたいようにやれ。
それが、1番だ」

父「……かぁさん」

116 :47の素敵な(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 17:30:26.21 ID:phuZyxzi0.net
良スレ見つけた

117 :47の素敵な(dion軍)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 18:35:30.48 ID:cE5LVN+F0.net
文豪、頑張ってるね
楽しみにしてる

118 :47の素敵な(茸)@\(^o^)/:2015/05/03(日) 20:24:47.73 ID:YExrnJQQ0.net
あのばぁあやの訛りがえーんじゃないか!!
ゴン。引き続き頼むぞ

 

 

―一旦スレ落ちる―

続きはこちら