※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュンは決意をきめた。
ジ「さらば!男という名の肩書き!」
『ガバ!ガサガサガサ』
水銀燈の服を、勢いよく着ていった。
銀「何だかやかましいわねぇ。私の服に興奮してるみたいねぇ。」
水銀燈の軽い冗談に、
真「そんなわけ・・・、お風呂にもまだ入ってないあなたの汚い服なんかで、ジュンが喜ぶわけがないのだわ。」
雪「ジュンは、私が満足させます。」
 むきに噛み付く二人。
銀「あらぁ、冗談なのにぃ・・・こわぁい。」
真「う、うるさいわね。」
雪「今のは、忘れてください。」
 その二人をからかう水銀燈。
一方、ジュンは・・・
ジ「一応着れたけど、これ、でかいなあ・・・」
ジュンより15センチは背が高い水銀燈の服である。もちろんぶかぶかだ。
下は、すね辺りまで下りていて、手は指を伸ばしてやっと手首の部分に届く程度である。
胸は、あるわけがないので、そこだけ妙にダボっていた。
あの三人は、そこがまた、たまらないようだ。



ジ「これ、よく考えれば、水銀燈がさっきまで着てたんだよな・・・。」
 手を出すために手首の裾を引っ張りながら考えるジュン。そう考えると妙に興奮し出すジュンの体。
ジ「ちょwwwまずいってwww今からあいつら呼ぶのにwww。」
 健全な男子の、ごく普通な反応をし始めるジュンの体。
ジ「まあとりあえず先延ばしはもう出来ないし。そうだ!・・・よっと。これで分からないかな・・・。」
 ジュンは鏡でよく確かめる。よく見なければわからない程度には誤魔化せている。
ジ「ゴク・・・呼ぶか・・・。も、もういいぞ!」
 『ドタドタドタ、ガチャ』
銀「遅いわねぇ。そのくらい、早く着なさいy」
水銀燈がドアを開けたとたん、動きを止めた。異変に気づいた真紅。
止まっている制服姿の水銀燈を押しのける。
真「水銀燈、いったいd」
 同じく動きを止めた真紅に気づき、ジュンを見ようとする雪華結晶。
雪「お二方、どうされm」



 三人は動きを止め、ジュンを見る。
ジ「な、何?」
 ジュンは顔を真っ赤にして尋ねた。
銀「あなた、いいセンスもってるじゃなぁい。」
真「男なのに、何故そう似合うの?」
雪「ジュン様~!」
 雪華結晶は、真っ先に飛び出して、ジュンに抱きついた。
ジ「ちょ、やめろ!」
 (まずい、ばれる!)
雪「いやですわ!・・・。あら?」
ジ「あ・・・。」
 ジュンの抵抗むなしく、ブツの異変に気づかれてしまった。
|