※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おべんとう

金糸雀はいるですかー?」
「え?なにかしらー?」
「ちょっとやめなってば翠星石!」
「蒼星石は黙ってるです!」
「?」
「えー、こほんっ。実は明日、みんなで一緒に屋上でお弁当を食べるです」
「(あぅ・・・また仲良し自慢かしらー・・・)」
「それで、明日は金糸雀も一緒にいかがかと思って誘いに来たですぅ」
「・・・え?え?カナも一緒に食べていいの?」
「当然ですぅ。ねぇ蒼星石」
「・・・」
「そ、それじゃあ明日のお昼休み、空けとくですよ金糸雀」
「うん!」
「あ、それとみんな手作りだから、金糸雀も自分で作ってくるですよー」
「わかったかしらー!ありがとうかしらー!」

「みっちゃん、明日のお弁当は一緒に作る」
「え!?どうしたのよカナ、雪でも降らせる気?やめてよね」
「全然違うのかしら!」
「冗談よ。で、明日何があるの?」
「あのね、明日みんなで自作のお弁当を持ってきて一緒に食べようって、翠星石が誘ってくれたの」
「あー、なるほど。翠星石って子は、お友達?」
「えっと・・・うん、そうよ!まったくカナってばもてもてで困っちゃうのかしら」
「そっかそっか、カナも友達出来たんだね」
「な、何言ってるのよみっちゃん!カナほどの実力者なら、友達の100や200、簡単なのかしらー」
「うん。カナは友達作るの苦手な性格だから、ちょっと心配してたんだ」
「まぁ、オールOKなのかしらー!何にも心配ないのかしらー」
「よし、それじゃあ、卵焼きいっぱい作ろうね!」
「あ、みんなの分も作るのかしらー!」

「みんなお待たせかしらー!ちょっと先生に呼び出されてて・・・」
「あ、金糸雀だー!」
「あら、この子も呼んだの?」
「そうなんですー。教室で蒼星石とこの話をしてたら、どうしても来たいってしつこかったんですぅ」
「・・・」
「え?あの・・・」
「まぁいいじゃない。多いほうが楽しいわぁ」
「・・・もぐもぐ」
「あ、薔薇水晶!食べるのはいただきますしてからなのー!」
「ふぅ、まぁどうでもいいわ。それじゃ、いただきましょ」
「そうですいただきますですぅ!」
「いただきますなのー!」
「・・・い、いただきますかしらー」
「はぁい、ヤクルト配布よぉ」
「あら、気が利くじゃない水銀燈」
「金糸雀もはぁい、これ」
「え、でも、水銀燈の分・・・」
「私は教室に行けば予備があるからいいわ」
「うん、ありがと・・・カナが、いきなりきちゃったから・・・ごめんなさいかしら・・・」
「あー!蒼星石のサラダおいしそうなのー!ヒナの練乳苺と交換しよーなのー!」
「うん、みんなも食べて」
「真紅・・・から揚げ・・・シウマイ・・・」
「交換したいの?まぁいいわ、はい」
「チビ苺!タコさんウインナやるから翠星石にも練乳苺をよこすです!」
「あ、カナも卵焼きをたくさん作ってきたのよ。自信作かしらー!交換するかしら」
「いらないわ。あなたの卵焼きは甘すぎるんですもの」
「え、あ、そっか・・・真紅は甘いのあんまり食べないもんね。水銀燈は?」
「私も甘いのはちょっとぉ・・・」
「ヒナは苺があればいいのー!」
「・・・シウマイこそ、人類の偉業・・・」
「みんなひどいですぅ、翠星石はいただくですよ」
「翠星石・・・」
「ぱくっ、もぐもぐ・・・ふむふむ・・・ま!!ぺっぺっ!まっずいですぅ、人類の食べ物じゃないですぅ」
「え、そんな・・・」
「翠星石、そろそろやめときなってば」
「こんなもので人のおかずと交換しようなんて、おこがましいにも程があるですぅ」
「そんなはずないわ!みっちゃんとカナで一生懸命作ったのに・・・」
「あーあ、金糸雀なんか呼ばなきゃよかったですぅ。口直しにから揚げ頂戴です真紅」
「・・・うぐ・・・うぅ」
ダッ!
「待って!金糸雀!」
「な、何も泣くことないですぅ・・・これだからチビチビは・・・」

タッタッタッタ・・・
「金糸雀!待って!金糸雀!」
「はぁ、はぁ・・・ぐすっ・・・はぁ・・・」
タッ・・・
「はぁ、はぁ、ごめん、金糸雀・・・」
「ふぅ・・・な、なんのことかしらー。カナは何にも気にしてないのかしら」
「僕が、もっと早く翠星石を止めてれば・・・ごめん」
「きっとホントに卵焼きがまずかったのよ。翠星石は悪くないかしら」
「・・・」
「あ、しまったかしら!?屋上にお弁当箱置いてきちゃったかしら!」
「・・・あとで、夜にでも届けるよ、忘れ物として」
「そうしてくれると助かるかしら。お弁当箱が無いと、みっちゃん変に思うから」
「うん・・・」
「まったくみっちゃんは心配性で、お弁当作るときも付きっきりで」
「・・・」
「お砂糖の分量とか・・・卵の巻き方とか教えてくれて・・・ぐすっ」
「・・・ごめん」
「一緒に・・・一生懸命・・・みんなに・・・うぅ、ぐすっ・・・うぅ」
「ごめん・・・」

「泣いてたこと、みっちゃんには言わないでほしいかしら。心配、かけたくないから」

ピンポーン
「はーい、今出まーす」
がちゃ
「はい・・・あら、薔薇学の・・・カナのお友達?」
「はい。金糸雀がお弁当箱を教室に忘れてるの見つけて、届に来ました」
「あらそうなの?わざわざありがとね。あなたが翠星石ちゃん?」
「いえ、翠星石は姉のほうで、僕は蒼星石っていいます」
「僕?あれ?女の子・・・よね?スカートだし」
「ふふ、よく男っぽいって言われます」
「美少年て感じよね。でも、よかった」
「え?」
「カナが、友達いっぱいって言ってたの、嘘じゃなくて」
「・・・えぇ」
「昨日は大はしゃぎだったのよ。今日の朝、お弁当作るときも」
「・・・」
「今日は帰ってきてすぐ寝ちゃったけど・・・学校で、何かあったりしないよね」
「・・・えぇ、大丈夫です。金糸雀を嫌いな人なんていません。みんな、仲間ですから」

「(蒼星石がお弁当箱届に来てくれたのかしら・・・大丈夫だよね)」
「(・・・あ、そういえば・・・あのお弁当箱・・・)」
「(洗うときに中を見たら・・・卵焼きがいっぱい残ってるのを見たらみっちゃん・・・)」
「みっちゃん・・・」
「あらカナ、今蒼星石ちゃんが来てくれてたのに。ほら、お弁当箱届けてくれたのよ」
「あの、みっちゃん・・・」
「明日ちゃんとお礼言いなよ。じゃ、洗い物するよ。お料理したら洗い物までして一人前だからね」
「あ、待ってみっちゃん!」
「あら?カナ・・・全部食べるなんて、流石じゃない」
「あい?あれ?どうなってるのかしらー?」
「さ、明日もお弁当作るんでしょ。ちゃっちゃとやるわよ!」
「サーイエッサーかしらー・・・?」

「はぁ、今日も大量に卵焼きを作ってきてしまったかしらー。・・・みっちゃんには心配かけられないものね」
「ちょっと蒼星石!押すなです!」
「いいから早く!」
「う、えー、金糸雀!ちょっと来るです!」
「あぅ、翠星石・・・き、昨日のことなら、全然気にしてないのかしら!」
「うん、そのことで翠星石が謝りたいって、昨日泣きついてきてね」
「泣きついてなどいないですぅ!・・・その、昨日は少々やりすぎたですぅ」
「そんな、あれはカナの卵焼きが・・・」
「バカ言うんじゃないこんちくしょうです!」
「ビクッ!な?え?」
「あの卵焼きは昨日帰ってから翠星石が全部いただいたですぅ。なかなかの美味でしたですぅ」
「え、じゃあ・・・あれは翠星石が・・・」
「それで今日は翠星石も真似して作ろうと思ったのですが・・・こんな黒こげになってしまったですぅ」
「こ、これは食べたら、癌で即死かしらぁ・・・」
「やっぱり金糸雀レベルの至高の卵焼きを作るには、達人の技が必要ですぅ」
「ふふ、で、実は僕ら今日、この消し炭のような卵焼きしか食べるものが無いんだ」
「そうなのです。つまるところ、今日も卵焼きをいっぱい作ってあるなら、食べてやらないこともないですぅ」
「えっと、今日もカナおとっときの卵焼きは大量発生かしらー」
「昨日のことは・・・許してくれるですか?」
「・・・許すも何も、仲間のことを怒ってなんかいないのかしらー!」
「金糸雀・・・な、仲間とか恥ずかしいこと言うんじゃないです!」
「ふふ、じゃあ屋上へ急ごう!みんなが待ってる!」
「かしらー!」

「えっと、あの、今日も甘い卵焼きなんだけど」
「昨日翠星石が全部卵焼きたべちゃったのー!ヒナも食べたかったのー!」
「そうね、体育の後で疲れてるし、甘い卵焼きがちょうどいいのだわ」
「はぁいヤクルト、今日はちゃんと全員分あるのよ」
「卵焼き・・・シウマイ、あげるから・・・」
「みんな・・・こうなったらみんなで交換し放題かしらー!翠星石も蒼星石も早く食べるのかしらー!」
「まぁ、元気になってよかったですぅ」
「なかなかの褒めっぷりだったよ。やればできるじゃない」
「う、うるさいです!あれは、まぁ、仲間だから・・・」
「あら、なかなかおいしいじゃない。明日からも作ってきてちょうだい」
「もぐもぐ・・・美味・・・もぐもぐ」
「あー!薔薇水晶!食べながら喋っちゃダメなのー!」
「そんなにおいしいのぉ?私も頂こうかしら、どうしよう・・・」
「水銀燈も食べるのー!水銀燈はやせてるから大丈夫なのー!」
「ちょっと聞き捨てならないわね雛苺。水銀燈はってどういう意味なの」
「ちょっと静かに食べれないですか!今卵焼きの秘術を聞き出すところです!」
「あ、僕も聞いておこうかな。いや、むしろ今度一緒に作って教えてよ」
「え・・・うん!任せるのかしらー!!」

みっちゃん、カナは幸せよ。なんたって薔薇乙女一の頭脳派だもの。
それに、素敵な仲間がいるから。何も心配することなんてないのかしら・・・

おしまい。

|