※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『チョコは行方不明』

年に一度の、バレンタイン。そわそわする男子。キャーキャー言う女子。
登校拒否する人たち。まあ、色々な過ごし方をする人がいるだろう。
バレンタイン前日、金糸雀は一生懸命になって、チョコを作っていた。
金「これで、男子のハートを射止めてみせるかしらぁ」
み「張り切ってるわねぇ。私も、手伝おうか?」
先輩であるみっちゃんは、心配で見に来ていた。
金「大丈夫、かしらぁ。一人で作らないと意味がないもん」
み「……チョコを作るカナも、プリチィーだわ!写真撮らなきゃ!」
写真部であるみっちゃんは、金糸雀を撮るのが大好きだ。
金「みっちゃん、カメラがうるさくて、集中できないかしらぁ…」
み「あと、十枚だけ!ね、お願い?」
金「…しょうがないなぁ、かしらぁ……」
普段の彼女なら、楽してズルしてが座右の銘だから、デパートで
買ったチョコを手作りと言って、渡すのだが、今回は違った。
金「(がんばって、自分の気持ちをチョコに込めるかしらぁ)」

金糸雀が渡す相手は、ジュンだった。ジュンはもてるから、敵は多い。
だからこそ、手作りにしないといけないのだ。
一方その頃、別の場所では……。
薔薇「……手作りなんて、馬鹿らしい」
そう言って、薔薇水晶はコンビニでチョコを買っていた。
誰に渡すかは、あみだくじで決めるみたいだ。あまりやる気はない様子。

バレンタイン前日の深夜、やっと完成したチョコを、包みに入れて
カバンに詰めた。これで、明日はばっちりだ。
金「明日は、人生で一番のバレンタインにするかしらぁ…」
そう言いながら、彼女は眠りについていった。

一方、違う場所では、怪しい会議をしている男子達が…。
水銀党員と、蒼星石ファンの連中だ。
男1「明日は、バレンタインだ。気合入れていくぞ」
男2「蒼星石は俺にチョコをくれるのかな……」
男1「もらえるさ!銀様は…どうだろうか?」
男2「水銀燈だって、お前にくれるさ!」
男1「お前、いい奴だな」
見事に、傷を舐めあいながら、馴れ合っていた。

薔薇水晶はというと、紙にあみだくじを書いていた。全校生徒分の1
の確率で、選ばれた幸運な男子は、オタククラスの生徒だった。
薔薇「……まあ、良いか」
薔薇水晶にとって、バレンタインなんてものは、ゲームだった。

こうして、それぞれのバレンタイン前日が過ぎていった。

朝は見事に晴れていた。金糸雀は、張り切って制服に着替えて
外に飛び出していった。手作りのチョコを早く渡したい。
気持ちを早く伝えたい。その一身で、学校へ走っていく。
金「早く行かなきゃかしらぁ!」

薔薇水晶はというと、ぼんやりしながら、カバンを空に向かって
投げながら、登校していた。まるでボールを扱うように。
薔薇「……オタククラスなんて、初めて行くなぁ」

そんな二人が、曲がり角に差し掛かった時、事件は起きた。
走っていた金糸雀と、ぼんやりしていた薔薇水晶が、ぶつかった。
お互いのカバンが、宙を舞った。
金「いたたぁ…。気をつけて歩いて欲しいかしらぁ」
薔薇「…それは、こっちのセリフだよ」
金「うぅ…。ごめんかしらぁ。と、とにかく、急いでるから行くかしらぁ」
薔薇「……うん」
金「じゃあ、また学校で会いましょう、かしらぁ」
金糸雀は、そのまま、また走り去っていった。
薔薇「……何をそんなに急いでたんだろう?」

この時、二人のカバンは入れ替わっていた。二人はまだ
そのとことに、気付いてはいない。

学校に到着すると、もうすでに、チョコを渡している人がたくさん。
金糸雀は、呼吸を整えながら、席に着いた。みんなの様子を眺めてみる。
翠「ジュン、私が愛を込めて作った義理チョコ、くれてやるですぅ」
ジュン「愛のある義理チョコって…なんだか微妙だなぁ」
翠「なんですか!?私のチョコは受け取れねーんですか!?」
ジュン「いや、ありがたくもらっとくよ」
翠「そ、そうですか。家宝にでもしろです!」
翠星石は照れくさそうに、チョコを渡して席に戻っていった。

雛「とぅもえ~、雛もチョコが欲しいのぉ、食べたいのぉ」
巴「…雛苺、バレンタインのこと、わかってる?」
雛「チョコがいっぱい食べられる日なのぉ!」
巴「やっぱり、わかってないや…」

金糸雀は、一通り教室の様子を眺めながら、自分のカバンを
ぎゅっと抱きかかえた。
金「カナ、緊張しちゃダメかしら。翠星石には負けないかしら」
真「あら、金糸雀もチョコを誰かに渡すのかしら?」
金「え!?ま、まあ、そうかしら。真紅は渡さないのかしら?」
真「私はこういうの、興味ないのだわ」
金「そう…かしら。(ライバルが一人、減ったかしらぁ!)」

真紅が席に戻っていき、また自分のカバンを抱きしめる。そこで、違和感
を感じた。カバンに、アッガイのキーホルダーがついていた。
まさかと思い、カバンの中を確認すると……。
金「これ、カナのじゃないかしらぁああああああああ!!」

まずいことになってしまった。薔薇水晶とぶつかった時、カバンを
間違えたんだ。
ジュン「どうしたんだ?大声なんか出して」
金「な、なんでもないかしらぁ!ほっといて欲しいかしらぁ!」
ジュン「?そうか、じゃあ良いんだけど」
金「まずいかしらぁ…。薔薇水晶は朝マックしてから来るから、その後
になってしまうかしらぁ…。いや、その前にカバンをなんとかしないとかしら」

金糸雀が焦っている頃、別の場所では、幸せな空気が充満していた。
蒼「僕のチョコ、翠星石の作ったあまり物だよ?それでも良いの?」
男2「良いんです!蒼星石の手からもらえれば、それは君のチョコだから!」
蒼「よくわかんないけど、はい。僕からの義理チョコだよ」
男2「よっしゃああああああああああああ!キタコレ!キタコレ!」
蒼「そんなに嬉しそうにされると、僕も嬉しいよ」

男1「ちくしょう!やはり水銀党員の俺には……」
その時、男1の足元に、チョコが飛んできた。
男1「こ、これは?」
水「勘違いしないでねぇ、ただの義理チョコだからぁ」
男1「く、くれるんですか!?」
水「そうよぉ。ありがたく、受け取ってちょうだぁい」
男1「はい!ありがたくもらいます!」
水「あっ、手で拾っちゃダ~メ!口で拾いなさぁい♪」
脇役キャラのみんなにも、春が来たようだ…。

薔薇水晶は、もうすでに学校に到着していた。まっすぐその足で
オタククラスに向かっている。金糸雀はというと、必死で探していた。
金「薔薇水晶、どこに行ったのかしらぁ…。早く見つけないと…」
ガラガラ、とオタククラスのドアが開いた。
薔薇「頼もう!……オタク1はいるか?」
オ1「え!?ぼ、ぼ、僕ですが何か御用でしょうか?」
薔薇「……チョコレートは好きなりか?」
オ1「あ、甘いものは大好きですけど…。まさか…」
薔薇「……目を閉じて、お口を開けてみて。チョコ、入れてあげる」
オタク1は、素直に口を開けた。薔薇水晶は、金糸雀の手作りチョコを
口に入れようとする。気づいてないみたいだ。その時、教室のドアが開いた。
金「ちょっと待ったあああああああ!かしらぁ!」
光の速さで、薔薇水晶を捕まえて、オタククラスから去っていった。
オ1「……まられすか?」

金「はぁ…はぁ…やっと見つけたかしらぁ」
薔薇「……どうかしたの?今、良いところだったのに」
金「薔薇水晶、それは私のカバンかしらぁ…。返して欲しいかしらぁ」
薔薇「……ほんとだ。あの時、取り違えたんだね」
二人は、お互いのカバンを元通りに、返しあった。ここまで来るのに
どれだけ、時間を食っただろうか。
金「……これでやっと、ジュンに渡せるかしらぁ……」
薔薇「……まあ…グッドラック」
金糸雀は、急いでジュンの元へと走っていった。時間はもう昼休み。
ジュンは屋上にいた。

ジュンは、屋上でぼんやりと空を眺めていた。金糸雀は、勇気を出して
ジュンに話しかけた。スカートの後ろに、チョコを隠し持って。
金「ジュ、ジュン…」
ジュン「おう、金糸雀か…。どうしたんだ?」
金「…あのね、渡したいものが…」
そう言いかけて、ジュンの足元にある大きな袋を見てしまう。
中には、チョコがいっぱいあった。
金「……チョコ、いっぱいもらったんだね…」
ジュン「ああ、これ全部、義理チョコだよ。真紅も翠星石も、他の女子も」
金「そ、そうなんだ…かしらぁ(真紅、やっぱり渡してたんだ…)」
金糸雀は、なんだか居心地が悪くなり、その場から去ろうとした。
金「じゃあ、また教室で…かしらぁ」

ジュン「金糸雀、その後ろで持ってるのって、チョコレート?」
金「…え!?あの、その、そうかしらぁ……」
ジュン「……よかったらさ、僕にくれないかな?」
金「え?でも、ジュンはチョコいっぱいもらってるから、いらないかしら?」
ジュン「本命のチョコは、まだ一つも、もらってないよ?」
金「ば、馬鹿なこと言わないで欲しいかしらぁ。本命なんて一言も…」
ジュン「本命じゃないの?」
金「……うぅ…本命かしらぁ…」
ジュン「じゃあ、僕にくれないかな?他の男に食わせたくないからさ」
金「…恥ずかしいかしらぁ…。じゃあ、受け取ってください…かしらぁ」
ジュン「喜んで!」
…完。

|