※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イメージカラーって大事だね、というお話。


J「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!」

紅「ジ、ジュン!? 何があったの!?」
翠「騒がしいですよ、チビ人間。蜘蛛でも出たんですぅ?」
蒼「あれ? 何これ……メモ?」

真紅→ファイヤー真紅
翠星石→アーマー翠星石
蒼星石→ターボ蒼星石
雪華綺晶→ウイング雪華綺晶
薔薇水晶→シャドー薔薇水晶
水銀燈→ドリル水銀燈
金糸雀→サンダー金糸雀
雛苺→…………

J「雛苺が……雛苺が色的に余るんだよ! トライダグオンしないんだよ!」
雛「うゆー?」
紅「……私達、勇者女子高生?」
銀「ていうか、何で私がドリルなのよぉ! 納得いかないわぁ!」

その後、雛苺はガンキッドになってもらうという事で丸く収まりました。








く「この中に教授を殺害した犯人がいる!」
真「誰?誰なのくんくん?」
雛「うゆー、だれなの~?」
J「・・・まったく、いい年してこれか。」


テレビにかじりつきながらつぶやく真紅と雛苺。
二人とも『たんてい犬くんくん』が始まるとテレビの前から動こうとしない。
録画もしているのに必ずリアルタイムでも見るのには脱帽だ。
にしても番組に夢中になるのはわからなくはないけど話しかける様はやはり違和感を覚えるな。

く「犯人は(ryザーーーーーーーーー
真「くんくん?どこ?犯人は誰なの?」
雛「あれ~?おかしいの~。」

にわかにざわつくリビング。テレビに目を向けるとサハラ砂漠の砂嵐が映されていた。

真「おかしいわね。えいっえいっ。」
雛「ねぇ真紅、くんくんは~?」

必死になってリモコンをいじる真紅。しかし、くんくんはまったく映らない。


J「なんだ、テレビ壊れたのか?」
真「JUM、テレビを早く直しなさい!」
雛「JUM~くんくん見たいの。」
J「なんでこうなったんだ?」
真「そんなの知らないのだわ。見ていたら急に…。とにかく早く直してちょうだい。」
J「リモコンは効かないのか。配線も大丈夫だし。ならこれはどうだ?」
テレビの本体を軽く叩いてみた。伝統的な修理法なのだが効果はまるでなかった。
「しらーーーーーーーーーーー!」
聞き覚えのある叫び声が庭のほうから聞こえた瞬間、テレビの画面が元に戻った。
く「…てい犬くんくん『飛行船しろがね号を追え!』みんな、また見てね。」
真「なおったの?くんくん?何これ?予告ですってーーー!?」
雛「うわーん、くんくん終わっちゃったのー。」
J「でも録画もしてたんだろ?」
真「そうね・・・・・・う、映ってないのだわ。―――くんくんorz」
J「ビデオも死んでるってことはアンテナか。しかしさっきのは?」
うなだれる真紅をよそに庭に出てみると、洗濯物にまみれた金糸雀の姿があった。
J「金糸雀。なにしてんだ、そんなとこで?」
金「う、う~ん、う~ん。」
呻き声をあげながら上を指差す金糸雀。上から落ちたということなのだろうか。
指差す先を眺めてみると屋上のアンテナにキラリとひらめく金糸雀の日傘。
砂嵐の原因なのか日傘のおかげで回復したのかはわからなかったが
それまでは金糸雀には艱難真紅が待ち受けていることであろう。
代わりがあれば詰問をゆるめられるかも。薔薇水晶に頼んでみることにした。
終わり








銀「…………」
薔「…………15P、トーンお願い」
雪「…………ここはもう少し大きく…」
ジ「…………18Pベタ塗り終わった」


銀(わ、私なんでここに居るんだろぉ?)


銀「ね、ねえ」
薔「銀ちゃん黙って」
雪「うるさいです」
ジ「口より手動かせ」


銀「…………」


銀「ね、眠いくなぁい?」
薔「銀ちゃん黙って」
雪「うるさいです」
ジ「寝るなら死ね」


銀「…………」


銀「あ、ペン入れ失敗しちゃったぁ…」


薔「銀ちゃんノルマ10P追加」
銀「え、ええ!?」
雪「うるさいです」
銀「ちょ、ちょっと」
ジ「黙れ」







笹塚           ラプラス       梅岡──→べジータ
              ↑捕食↑          捕食 ↑去勢
              │   │             │
              │   │             │
         親友    │   │           │
┌→水銀燈←→薔薇水晶  雪華綺晶        │蒼嬢ハアハア
│            ↑婚約↑            ↓
│      幼馴染  ↓済み↓            蒼星石
│ 巴←─────→桜田ジュン           ↑
│ ↑           ↑下僕           │双子
│ │親          │              ↓
│ │友          │              翠星石
│  ↓            ↓友達
│ 雛苺←─────→真紅
│     下僕    友達 ↑
└──────────┘
親友

薔「とゆうのが現在の人物関係であり・・・」
J「真ん中らへん か な り お か し く ありませんか?」
雪「いいえ、ぜんぜん」
薔「おかしくないよ」
J「婚約した覚えはない」
薔「それなら大丈夫」
雪「今からすればいいのです」
J「なにする貴様らー」





薔「↑の相関図を作り直してみました」
J「なんでいまさら」
雪「カナリアさんから一言」
金「カナがいないかしらー!ていうか誰もカナがいないのに突っ込んでくれなかったかしらー!!」
薔「ごめん忘れてた」
金「・・・・・・・」
ラ「私も捕食されるだけの関係なんていやですぞー!」
J「ならどういう関係が良い?」
ラ「それはもうお嬢様方とあんなことやこんなことをする関係が(*´Д`)」
雪「じゃあ作り直しましょう」

        捕食      捕食   捕食            カナリア
笹塚──────┐   ┌──梅岡→ベジータ
          捕食  ↓   ↓捕食
   巴、雛苺─┬→ラプラス←─────蒼星石
   真紅───┤ ↑捕食↑          ↑
   ↑親    │ │  │          │(*´Д`)
   ↓友   │ │  │          ↓
  水銀燈──┘ │   │        翠星石  
        薔薇水晶  雪華綺晶
       運命の人↑結婚↑前世から決まってる人
        らぶらぶ↓済み↓相思相愛
             桜田ジュン

薔「これで完璧」
J「の割には適当すぎ」
金「・・・・・・・・・・」
雪「疲れましたね、今日の晩御飯が兎鍋にしましょう」
兎「NOoooooooooooooooo!!」









数多くの亜しき魔物達を倒して世界を救い、
その後何処かへと消えていった「薔薇乙女」達…


水銀燈
金糸雀
翠星石
蒼星石
真紅
雛苺
雪華綺晶


いつの日かこの世界に混乱が訪れるとき、
彼女達は再び現れ世界を救うであろう。

しかし、平和は長く続かなかった。
領主同士による領土の奪い合い、戦争。
それに伴う治安悪化による、魔物達の跳梁跋扈。
混乱していく世界の中、人々は祈り続けた。
薔薇乙女達が世界を救うことを

そして彼女達は再び現れた。
だが…

なSSキボンヌ。
最終皇帝は薔薇水晶で。







「ちょっとぉ!!JUMいるぅ!?」

「JUMは私を選ぶに決まってるのだわ!!」

「なんだよ騒々しいな・・・ってなんで二人して浴衣なんだよ」

「真紅が私より自分のほうが似合ってるって聞かないのよぉ!!」

「当然よ。JUM、あなたもそう思うでしょう?」

「・・・確かに真紅のほうが似合ってるよ」

「ほら見なさい」

「なによそれぇ!!」

(・・・胸がないほうが浴衣は似合うなんて言えない)






『偽 め ぐ 復 活 大 作 戦』


薔「銀姉さま塞いでテラカナシス…」
雪「仕方ないですわ。めぐさんが急に亡くなられたのですから」
薔「姉さまを悲しませためぐは万死に値する」
雪「もう死んでますわ」
薔「……ならめぐを地獄から引きずり出して銀姉さまの涙を止める」
雪「そんな無茶な」
ラ「ところが、本日そのめぐ嬢にお越しいただいております」

薔「ラプラス!? 本当なの!!?」

ラ「――皮だけですが」

   r@ ̄~@,
   /ノリliiハilハ
  ノ从 ゚ - $ハ ∩且つ
 ノ从とi,,ξ⊂彡☆))Д´) アウッ
ノリ从く,,,,ξ,,,,>リ从
     UU

雪「ああ、この床に落ちているぐにょんぐにょんしたモノがめぐさんの皮」
ラ「すんません他はドロンドロンでコレしか防腐処理出来ませんでしたトリビァル」
薔「こんなモノどーしろと言うの……」

ジ「僕がサイズを合わせてやる」
薔「サイズ……?」

ジ「そうだ寸法合わせだ! お前がこのめぐを着て! めぐの代わりに水銀燈を慰めて、
 後は好きなようにしろ! 解ったらとっとと3サイズ測らせれ」

薔「……おっけー。解った、私やってみる!」
ラ「やるんすか」
雪「ばらしーちゃん頑張って」
ジ「平面、寸胴、肉薄、採寸完了」
薔「……平面orz」
雪「大丈夫ですわ。めぐさんも貧相な体ですし」
薔「も、ということは、私も貧相な体……」
ジ「お前が落ち込んでどうする……お前はめぐ皮スーツで水銀燈を慰めるんだろ?」
薔「そうだった……うん、私頑張る」
ジ「ようしその意気だ! 皮の上に着る服もプレゼントだ!」
薔「ならウサギの毛皮がいい」
ラ「トリビァル! なぁにを言っておいでですか」
雪「毛皮なら此方に……」
ジ「おお、これは剥ぎたて。早速なめさないと」

ラ「既にッ! ムシられていたぁぁぁッッ!!!」







J「マンガとかに出てくる食べ物ってほんとうまそうだよな。」
薔「・・・主人公がおいしそうに食べるのもポイント。」
雪「一度でいいからマンモスのステーキが食べてみたいですわ。」
雛「ヒナは山盛りのコロッケが食べたいの。」
金「カナは山盛りのハンバーグかしら。」
蒼「どら焼きなら山盛りできそうだね。」
翠「メロンパンでも買ってくればできるですぅ。」
真「紅茶は無理だけど鈴カステラならできるのだわ。」
薔「・・・プリンがいいかな。バケツをひっくり返したようなプリン。」
雪「あれって実現不可能ですものね。」
薔「一度でいいから見てみたい、バケツサイズのプッチンプリン、薔薇しぃ。」








の「さ、今日のおやつは『パネトーネ』よ。」
真「クリスマスでもないのに、随分と時期外れね。」
の「偶然見つけたから嬉しくてつい買っちゃったの。」
J「ただのドライフルーツの入ったパンじゃん。」
翠「そんなレーズンパンの延長みたいなモンとは比べ物にならねーです。
  パン職人クラスでねーとこの味は出せねぇです。」
真「そうね、なかなかお目にかかれないのだわ。」
雛「JUMは男の子だから仕方がないの。」
J「お菓子にそこまで興味はないよ、でも確かにうまい。」

しっとりとした柔らかい食感、ほろほろと溶けていくのが心地よい。
ドライフルーツもしっかりとお酒に漬け込んであり生地とほどよく調和している。
普通のパンとは違う独特の風味が感じられた。

雛「とーってもおいしかったの。」
J「ああ、すごくうまかった。」
の「また見つけたら買ってこようかしら。」
翠「今度種を買ってきて翠星石が挑戦するです。」
真「次は『シュトーレン』がいいのだわ。」
翠「それはクリスマスまでとっとくです。」

パネトーネはイタリアの発酵パン菓子。クリスマスの定番でもある。
柔らかな口当たりの生地とドライフルーツの組み合わせが絶妙。


ちなみにシュトーレン(Stollen)は
ドイツのアドヴェント(キリストの降誕を待ち望む期間)に必須のお菓子で
ブランデーなどに浸けておいたドライフルーツをバターと一緒に練りこんで焼いたパンのこと。








翠「翠星石は森の番人ですぅ。」
蒼「じゃあ僕は貴族の息子。」
雛「ヒナは遊牧民なのー!」
銀「私は色的に殿下ねぇ。」
金「カナは旅芸人かしらー。」
雪「私は貴族の息子の姉でしょうか。」
薔「私は…邪神の妹さん…」
ジ「使えねぇだろうが。」
紅「じゃあ私は…」
全員「「「「「「「「バルハル族の女戦士。」」」」」」」」
紅「………orz」






蒼「ねぇ、JUM君。あの・・・今日一緒に寝ても・・・いい・・・・?」
J「ん?ああ、いいよ。一緒に寝ようか」
翆「ちちち・・・、ちょっと待つです!2人だけだとJUMがなにをしでかしやがるか分からんです!
  翆星石が監視するです!」
雛「ヒナもヒナも~~!!」
真「お待ちなさい!JUMは主人である私に奉仕するべきだわ。」
銀「あらぁ~。楽しそうねぇ。でも、あなた達でJUMを満足させることが出来るのかしら?」
金「出来るのかしらー!」
薔「JUM・・・お父様と同じ匂い・・・大好き。」
雪「えと・・・、私もよろしいかしら?」

J「うぅ・・・苦しい・・・暑い・・・動けない・・・・・・・・・タスケテ」

銀「ねぇ~、JUM」
金「JUM~」
翆「ちびJUM!こっち見るです!」
蒼「JUM君・・・。」
真「JUM!」
雛「JU~~M~~~!!」
薔「・・・JUM」
雪「JUM」

J「ああぁ~~~うるさい!!
  JUMJUMJUMJUMと!!そんなに好きなら襲ってやる!!!」

J「ハァハァ・・・どうだ、僕は、いや、男はこんなもんなんだ。
  これに懲りたら・・・」

銀「すごかったわぁJUM、私があんなにされちゃったのなんてはじめてよぉ~。」
金「驚いちゃったかしら」
翆「乱暴にしすぎです!でも・・・いや・・・あの・・・・・・キモチヨカッタです・・・。」
蒼「JUM君なら・・・いつでも・・・いいよ?」
真「主従関係が逆転してしまったようね・・・。JUMの虜になってしまっただわ」
雛「JUM~またして~!!」
薔「・・・もう離れられない」
雪「ふつつかものですが・・・」

J「( ゚д゚ )」








翠「JUM・・・ちょっといいですか?」
J「どうした?ブッおまwwバスタオル1枚でどうしたんだよ!」
翠「そんなことはどうでもいいです!さっさとこっちくるです!」
J「わかった、わかったよ、引っ張るなって」
真「・・・?どうしたのかしら。気になるわね・・・。」

(お風呂場で聞き耳を立てる)

翠「JUM・・・これ・・・見て・・・・・。」
J「おいおいなにをだよ・・・?って
  うわっ、すごい溢れてるじゃないか・・・。」
翠「なんとかするです」
J「え?僕が?」
翠「他に誰がいるです!男なのにこんなこともできないですか!?
  それとも・・・イヤ・・・です?」
J「わ、分かったよ。やるよ。」

(なにやら音が)

J[翠星石、ちょっとこれお願い。」
翠「ええっ!?なんで、翠星石がそんなことを・・・。」
J「なんとかしてやってるんだから、それくらいいいだろ。」
翠「わ、分かったですよぅ。」


J「もう少し・・・うわっ!」
翠「すごい・・・こんなに溜まってたですか・・・・。」
真「ち、ちょっと2人とも何をしているの!」
翠「排水溝にこんなに髪の毛が・・・えっ?」
J「お、おいソデ離すなよ、服が濡れ・・・・ん?」
真「・・・・・・・・。」
翠「どうしたですか?真紅?」
真「・・・な、なんでもないわ!」
翠「(ははーん・・・)もしかして真紅は、翠星石がJUMと変な事してたと考えちゃってた?」
真「そ、そんな訳あるわけないでしょう!?」
J「へぇええ~真紅もそんなこと考えるんだねぇ♪」
真「ばかッ!!!」
J「げふっ!!」
|