※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



NGワード、先に小説見てメール欄を見てくださいな。

放課後の教室、部屋に居るのは帰る用意をしているジュンと。
一つの手紙を持った、蒼星石だけだった。

蒼「ジュン君、話しが有るんだ。」
J「・・・(チラッ)何だい?」
蒼「ぼ、僕と付き合ってください!」
J「うーん・・・僕の話を聞いてくれたら良いよ?」
J「・・・僕と付き合ってください、コレできるかな?」
蒼「ジュン君・・・」

そう言って僕らは、抱き合ってキスをした。
その日から、彼女と付き合い始めたが。
彼女は優しくって、家事も出来るから心強い。
明日は休みか・・・彼女と何処に行こうかな・・・



メル欄:NGワード:この小説の絵を描く作家は、板垣恵介で(蒼い子は範馬勇次郎っぽく)









「蒼星石の儲かるアルバイト」


蒼「いやー今日ももうかっちゃったよ」
JUM「お前どういうアルバイトしてんだ?」
蒼「召○獣」
JUM「は?・・・」
蒼「おっと、また呼ばれちゃった・・・いかなくちゃ」
タタタタタタタタタ

クラ○ド「しょうかん!蒼星石!」

クラ○ドは蒼星石を召○した
蒼「鋏乱れ斬り!!!!」
ザシュ!バシュ!ブシュ!
敵全体に9999ダメージ!

蒼「ふぅ、はい、お金頂戴(^^)」
クラ○ド「ダメージ高いけど使用料金たかいorz」
蒼「やった、またもうかっちゃったよ、フフフ」」
JUM「(悪魔の召○獣だ・・・)・・・・」








「蒼星石の夢」

蒼「ジュン君ジュン君!」
JUM「なんだ?」
蒼「ちょっと勝負して」
JUM「なんの?」
蒼「大富豪」
JUM「別にいいけど」
蒼「んじゃあ、何か賭けて」
JUM「ギャンブルかよ・・・」
蒼「僕はジュン君の唇がいいなぁ(////)」
JUM「な!(//////)」
蒼「ダメ?(上目遣い)」
JUM「そんなことしなくったってしてやる チュッ(////)」
蒼「え?!(////)」
JUM「蒼星石好きだ!前から好きだった!付き合ってくれ!(////)」
蒼「僕も大好きだよ!僕からもおねがい、付き合って!(////)」
JUM「もちろん!」
蒼「うれしいよぉ ヒック」
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
蒼「っていう夢をみたんだ(/////)」
JUM「・・・・本人前に言うな(/////)」





 幼馴染兼恋人との帰り道、雨は降っていても心は常に晴れ。
「このところ、やけに冷え込んでるよね」
 梅雨寒というやつだろうか。というか、まだ梅雨なのかな?
「そうだな、もう七月も半ばを過ぎたってのに、窓を開けて寝てたら寒さで目が覚めたよ」
「それは防犯上どうかと思うよ」
 お隣に住む彼の無用心さに少々呆れてしまう。
「いいんだよ。窓を開けていれば、蒼星石がいつでも入ってこれるだろ?」
 その言葉を聞いて赤くなってしまった。
 彼はずるい。鈍感なくせに、時折こうした不意打ちを仕掛けてくる。
「んー? 赤くなったりしてどうしたんだー?」
 うわ、ニヤニヤしてる。何か頭にきた。
 やられっぱなしも悔しいので……
「わっ! いきなり何を」
 こっちも不意打ちでキスしてやった。
「へへへー、仕返し。ジュン君も顔赤いよ?」
「う……」
 彼を照れさせることはできたけど、僕の顔も余計に熱くなったから失敗かな?







ジ「蒼星石、英語教えて欲しいんたけど…」
蒼「うん、いいよ。それじゃあ…僕の家行こうか」


ジュンと蒼星石はテーブルを挟んで向かい合っています
蒼「それで…これは受け身だから…」
ジ「なるほど…これは?」
蒼「うん?どれだい?(身を乗り出す」
ジ「あ…(蒼星石、良い匂いだな…)」
蒼「どうしたの?」
ジ「あ、いや、なんでも」
蒼「?」

ジ(こうして見ると蒼星石って本当に可愛いな…)
蒼「ジュン君?」
ジ「え、あ、なに?」
蒼「さっきからぼーっとしてるけど…熱でもあるのかい?(再び身を乗り出し、ジュンのおでこに手を添えて熱を計ろうとする」
ジ「いや、別に熱は…!!!」ジ(い、今身を乗り出してる蒼星石…隙間ができた服の間にちらっと見えるのは…ブ、ブ、ブラ…)
蒼「ジュン君…?(ジュンの目線を追う」
ジ「あ……」
蒼「あ……」


蒼「え、えっと…ね…///」
ジ「あ、いや…その…///」


部屋の外
翠「(#^ω^)」









ジ「この荷物を棚の上に…痛!?」
蒼「あ、ジュン君!両手骨折してるんだから無理しないで、僕がやるよ」
ジ「あ、ああ、悪いな蒼星石、手間かけさせて」
蒼「ふふ、これくらいお安い御用だよ」

ジ「あー、けど両手使えないって不便だなぁ」
蒼「今は僕が来てるから大丈夫だけど…夜になったらお風呂とかどうするの?」
ジ「…入らないとか」
蒼「だめだよ、この季節は汗かくんだから清潔にしなきゃ」
ジ「いやけどな…」
蒼「!…それじゃね…その…」
ジ「?」
蒼「僕が、手伝ってあげるよ…お風呂とか」
ジ「え、いやけど」
蒼「嫌…かな?やっぱ僕なんかじゃ…」
ジ「そ、そんなことない!寧ろ歓迎!」
蒼「あ…ふふ、よかった」
ジ「…か、可愛い」
蒼「え///」
ジ「いや、本当に可愛くてさ…」
蒼「い、いやだよジュン君、そんなこと言われたら僕…照れちゃうよ…(バシン」
ジ「ちょ、照れるのはいいけど叩くな」
蒼「えっとね…僕、ジュン君がいいって言うなら…その、夜のお世話とかも…きゃー///(バシンバシン」
ジ「ちょ、骨折してる手があwせdrftgyふじこlp;@「:」
蒼「え、あ、ジュ、ジュン君!?しっかりして、ジュン君!!」









初デート待ち合わせ
蒼「あ、あのジュン君…お待たせ…」
ジ「ああ…その、珍しいな、スカート」
蒼「う、うん…どうかな…変じゃないかな…?」
ジ「いや、その…か……可愛い」
蒼「あ、えと……ジュン君…」その…
ジ「そ、それじゃあ行くか!」
蒼「あ、う、うん!」

その後初々しい初デートは順調に進みました


薔「つまらない」
雪「え?マリオカート面白いですよ?」
薔「やっぱり物事はハプニングがないと」
雪「ジャンプ台でサンダーやられたり重量級に体当たりされて谷に落ちたりですね」
薔「というわけで雨と風どっちがいいかな」
雪「雷とトゲ甲羅ならありますけど…」
薔「それじゃあ風だね」
雪「え?」
薔「風よふけー」
雪「ばらしーちゃん?」
薔「きらきーのスーパースター横取り」
雪「ああ!?」


蒼「それでね、カナリアが…」
ジ「へぇ…ん?」
ビュー!!!





ジ「…………………」
蒼「………み、見…た?」
ジ「ギリギリ見てない」
蒼「ほ、本当に見てない?」
ジ「………ごめん、見た」
蒼「ち、違うんだよ!黒なのは別に勝負下着なんかじゃ!」
ジ「しょ、勝負…下着」
蒼「あ、あああああああ!?ち、違くて、あの、その………きゅー」
ジ「そ、蒼星石?…気絶しちゃった…ど、どうしよう…」









蒼「ジュン君、これは…?」
ジ「ああ、その服?蒼星石にあげようと思ってさ、作ったんだ」
蒼「えっと…」
ジ「あれ?嫌だったか?」
蒼「ううん、うれしいけど…僕にはこんな可愛い服似合わないよ…こういうフリフリなのは水銀燈とか…」
ジ「そんなことないって」
蒼「けど…」
ジ「蒼星石は可愛いから何着たって似合うよきっと」
蒼「か、可愛い…?」
ジ「可愛いと思うぞ」
蒼「ジュン君は…こんな男の子みたいな僕でも可愛いって言ってくれるの…?」
ジ「ああ、蒼星石がほんとはすごく女の子らしいのは僕は知ってる」
蒼「ジュン君…ありがとう…嬉しいよ///」
ジ「…(やっぱり、笑った顔が一番可愛いな)」
蒼「ジュン君?」
ジ「ん、ああ…どういたしまして」
蒼「うん♪」


|