※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

推奨BGM:多夢「やさしい雨」・「花時」


僕は今、錆付いたような公園で、遊んでいる。
単なるかくれんぼだが、彼女は気が付くかな?


蒼:ジュン君・・・一体何してるんだい?
J:ばれたか・・・ダンボール箱を被っているんだが
蒼:ダンボール箱?なぜそんな…
J:わからない。だがこの箱を見ていたら無性に被りたくなった。
J:いや、被らなければならないという使命を感じた。
蒼:・・・大丈夫?
J:ああ。そしてこうして被ってみると、これが妙に落ち着くんだな。
J:うまく言い表せないが、いるべきところにいる安心感を感じるんだ。
蒼:流石元引きこもりだね?・・・疲れちゃった。


蒼星石がダンボールの上に乗り、ダンボールがミシミシと音を立てる。
蒼星石は、クスクス笑っている様だ。


J:・・・上に乗るの止めて?
蒼:親に懺悔はすませたか?神様に感謝は?
蒼:僕の家の中でガタガタふるえて、僕の父親に自分を紹介する、心の準備はOK?
J:それは、誘ってるのか?
蒼:フフッ・・・さぁね?


蒼星石が降りた。
その瞬間いきなり、ジュンがダンボールを破って、蒼星石に抱きつく。
いきなりの行動に、蒼星石が驚いて、小さな悲鳴を上げた。


蒼:ひゃっ
J:その回答は、YESだ。
蒼:そろそろ、帰ろうか?
J:ああ、眠くなってきた。
蒼:明日は、GWだから、何処行こうか?
J:貴女が居るなら、何処でもお供します。
蒼:クスクス・・・有難う、それじゃあ帰ろうか。
J:ああ。
蒼:・・・手、繋いでいい?
J:当たり前だろ?コイビト何だから。
蒼:有難う・・・暖かいね、ジュン君の手は・・・
J:・・・お前の手も柔らかくて・・・暖かくて・・・蒼星石が隣に居るんだなぁって、感じるよ。
蒼:ジュン君・・・有難う、君に始めて会った時を思い出すよ・・・


徐々に顔が赤くなっていく・・・


J:ああ、あの時は・・・取り合えず、酷かった。
蒼(徐々に目が潤んきている・・・):ジュン君、ちょっと良い?
J:・・・ああ。


蒼星石が、胸元で泣きじゃくってるのが、声や、息遣い、暖かさから分かる。


BGM:多夢「過ぎ去りし日々」「Dilemma」


・・・余りに悲惨な、昔の話だ・・・その頃、蒼星石はこのコンプレックスに悩んでいて、虐められるたびに、リストカットを繰り返していた。
酷い話だ、苦痛に会っているのに、みんなの前では気丈に振舞って・・・
僕はある日、蒼星石が休んで、言付けを持って行った所から、彼女との関係が始まった。
・・・始め見た時と言ったら、彼女は一人でリストカットをする瞬間だった・・・よく見たら、手首はリストカットの跡が無い所が、無いほどボロボロで。
制服の上からじゃ分からないが、寝巻きだと全身がやせ細り。身体が食べ物を受け付けないほど、心身共に満身創痍だった。
彼女は血糊のべったり、付いたカッターで「来るな、くるなぁぁ!?」と喚いていた。
ソレを見た瞬間、僕は今まで如何してコレに、気付けなかったんだと嘆いた。
僕は、思わずナイフを手で掴んだ、多少の血が流れたが、気にも留めなかった。
彼女は、恐慌状態だったらしく、カッターを離して、ただひたすら呻き続けていた。
彼女を抱きしめ、ひたすら謝り続ける彼女に、もう謝んなくていい、悪いのはお前じゃないんだよと言い落ち着かせ、救急病院を呼んだ。
彼女は、過度の栄養不良と貧血で、生きていたのが奇跡に等しい位だったらしい。
その日から、僕は学校に行くのを止め、蒼星石の姉の翠星石と一緒に看病を続けた。
彼女への償いのつもりだった、学校の奴らはその後、虐めた奴が御礼をさせようとしたが、先生が今は思い出させるとヤバイ、と全部を返していた。
翠星石は、気が付かなかったと言っていた、思わず殴りそうな衝動に駆られたが、殴っても何も変わらない、と言い聞かせた。
彼女と接していくうちに、彼女も僕に慣れ、少しづつしかし、確実に治っていった。
蒼星石は最初は、蒼星石の家族や僕に、何で殺してくれなかった!と言っていたが、全部を受け止めていた。
それから、約3年後・・・長かったが短かった、彼女は未だに僕と肉親以外の人には、少々の恐怖心が残り、後はなんでもない生活を送っていた。
彼女は、僕が付きっ切りで世話をする事になり、彼女もそれが良いと言っている。


BGM:多夢「面影」「引越ししてから」


蒼:・・・有難う、久しぶりにスッキリしたよ・・・
J:ほら、此処に涙が・・・


そう言うと、ジュンは蒼星石の頬の涙を舐め取った。


蒼:!?
J:・・・帰ろうか・・・今日は冷えるから。
蒼:・・・有難う、これからもお願いできる?
J:ああ、何なりとお申し付けください。


そう言って、2人の影が夕日に飲まれ、消え失せて行った。


後日談


僕等は、その後誰も居ない、静かな高原に行ってきた。
とてものどかな所で、居る人も物静かな、喧騒をしら無そうな、そんな人たちばかりだった。
特にする事も無いような、たまに息抜きには良さそうな所。
蒼星石は言った、此処の人は、とても穏やかで、とても楽しそうだと。
彼女は、もう直ぐ立ち直るだろう。
森羅万象、時間には勝てないか、大した言葉だ。
彼女のトラウマが癒えるのも、時間の問題だと思う。
此処にきて、本当に良かったと思う、今心からそう思える。


蒼:ジュン君、何を書いているんだい?
J:日記さ、見る?
蒼:けど、今は、この景色を絵描きたい所なんだ、後で見せて見せてもらえるかい?
J:ああ、いいよ。
蒼:ジュン君・・・今まで本当に有難う、もし良かったら・・・その・・・付き合ってもらえる?
J:ああいいよ・・・僕は君を、二度とあんな目には合わせない・・・
蒼:ジュン君・・・有難う、それじゃこの絵を描いちゃうね?
J:ああ、待ってるよ。


蒼星石・・・僕は君をこの命に代えても、守ってみせる・・・

|