※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話

薔「映画面白かったね、ジュン」
J「ああ、アニメっていうからてっきり子供向けかと
  思ってたけどなかなか良かったな」
僕の名前は桜田ジュン。裁縫が得意なごく普通の高校三年生だ。
隣にいるのは恋人の薔薇水晶。僕たちは付き合い始めてちょうど一ヶ月になる。
今日は薔薇水晶が前から見たいと言っていた映画を見に行った。今はその帰りだ。
薔「それは偏見…アニメ=子供向けって決めつけるのはいくない」
J「でも周りは子供の方が多かったぞ。なんか僕らは浮いてるみたいだったし」
薔「え…じゃあジュンは私とデートしても楽しくなかったの?」
J「え、いっいやそういうわけじゃ…」
薔「ジュンは……ヒック、私といても……グスッ、楽しくないんだあ」
女の涙というものはずるい。それは相手がどれだけ悪くても、それを見せた途端に
こっちが悪く思えてしまう。それにここは表通りから外れているとはいえ道のど真ん中だ。
周りの視線が痛く感じるのは僕の気のせいではないのだろう。
J「いや…そうじゃないって薔薇水晶!ちょっと恥ずかしかっただけで別に薔薇水晶との
  デートが楽しくなかったわけじゃ…」
薔「グスッ…ほんとに?」
J「ああ、本当だよ。だいいち好きな子とデートして楽しくないわけないじゃないか」
薔「じゃあ…私とキスして」
J「うえっ!」
薔「キスしてくれたら信じるから…」
ここは道の真ん中。あまり多くはないが人も見てる。ここでするのはかなり恥ずかしい。
J「で、でも人も見てるし…」
薔「私なら平気。全然オッケーノープロブレム。むしろ見せつけようよ」

J「けどさぁ……」
薔「……やっぱりジュンは私のこと……グスッ」
J「だぁー!わかったよやればいいんだろ!」
一度こうなった薔薇水晶はもう引くことはない。僕がキスするまではずっとこの調子なのだろう。
覚悟を決めて僕は薔薇水晶の頬にキスをした。薔薇水晶は……まだ不機嫌そうだった。
J「どうしたんだよ、ちゃんとキスしただろ?」
薔「…ほっぺにちゅーはちゅーじゃないって誰かさんが言ってた」
誰かさんってだれだよ…つーかそれってアレか?口にしろってことか?…しなきゃだめなんだろうな。
そう覚悟すると薔薇水晶にキスをした。ちゃんと恋人同士がする甘いキスを…。
周りの視線が痛いのも気にしない。「あれなんてバカップル?」って声も気にしない。気にしたら負けだ。
J「…これでいいか?」
薔「うん♪えへへ…ジュンのキスだぁ…うれしいなぁ♪」
どうやら機嫌を直してくれたようだ。
J「/////じ、じゃあさっさと帰るぞ!」
薔「うん、手を繋いで帰ろうね♪」
しょうがないなあ。そう言うと僕は薔薇水晶の手を取って家路についた。
しばらく歩くと交差点についた。いつも薔薇水晶と別かれる場所だ。
J「本当に送っていかなくていいのか?」
薔「うん、大丈夫だよ。ここから家近いもん」
確かにここから薔薇水晶の家までは歩いて5分くらいの距離だ。ここいらは車も少なく、変質者がでた
という話も聞いたことがない。
J「でも何かあってからじゃ遅いし…」
薔「ジュンは心配性だね。でも大丈夫だから、それじゃあまたね」
J「ああまたな」
そう言うと僕たちは自分たちの家へと帰った。

しばらくして僕は家についた。
J「ただいま」
……へんじがない、どうやら姉ちゃんはまだ帰ってないようだ。部活なのだろうか?
自分の部屋に入った僕は今日の薔薇水晶とのデートを思い出していた。
薔薇水晶はとても綺麗で可愛い
映画館への道を笑顔で歩く薔薇水晶はとても愛らしかった
映画を見て感動し、涙を流す薔薇水晶はとても綺麗に見えた
帰り道でキスをせがむ薔薇水晶はとても可愛く思えた
別れる時に僕に向かって手を振る薔薇水晶は、僕の胸を高鳴らせた
薔薇水晶……僕の一番大切な人。でも、彼女を思うたびにある人の影が僕の心を横切る。
そしてあの日の出来事も……
ピンポーン
そのとき家のチャイムが鳴った。
J「はいはい誰だよまったく……」
僕はまたセールスかベジータあたりが尋ねてきたのだろうと思っていた。
ガチャ
だがそこにいたのは……
銀「はぁいジュン、お久しぶりねえ」
水銀燈……僕の心にちらつく影…そして…僕が壊してしまった人……

続く

|