※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お帰りなさい

放課後
紅「なんですって水銀燈!!誰が不細工ですって!?」
銀「あらぁ不細工なのは本当の事じゃない、お馬鹿さぁん。」
紅「また不細工と言ったわね!・・・」
蒼「またやってるよ、あの二人・・・・。」
金「けど喧嘩する程仲が良いと言うのかしら~。」
翠「それはちょっと違うと思うですぅ。」
紅「・・・あ、待ちなさい水銀燈!逃げるの!!??」
銀「あら、もう放課後よぉ。帰るのは個人の自由じゃなくてぇ?それじゃねぇ、お・ば・か・さ~~ん♪」
紅「キィィィ~~~~!!!」
一同「やれやれ・・。」


下校中


「ふふっ、今日も楽しかったわぁ、明日はどうやって真紅をからかおうかしらぁ・・。」
ギャル1「おい、お前水銀燈じゃね??」
銀「!!・・・あ・・・貴方達・・。」
ギャル2「うっそマジあのジャンク!?・・・・ってかマジでいるよ、水銀燈~!」
ギャル3「へ~~~中学以来じゃん!!つかお前まだ生きてたんだ、ジャンク!」
銀「あ・・・・あ・・。」
ギャル1「何だよてめぇ、久々なのに挨拶なしかジャンク?!」
ギャル3「めちゃ可愛いがってやったのに生意気じゃね!?」

ギャル1「まあ良いや、それより久しぶりなんだからさジャンク・・・恵んでくんない?」
銀「お、お金は・・・・持ってないわ。」
ギャル2「はあっ!?ふざけんなよ、持ってきてない訳ねえだろ!!」
ギャル1「少し会わないうちに生意気になったじゃん?んじゃアレすっか?おい、来いよ!」
銀「あ・・・アレは嫌!!あ・・・嫌・・離してぇっ!」


ゲームセンター外

雛「うゅ~~~今日もくんくん人形取れなかったなの~~~。うにゅ?あれ水銀燈なの~。」
銀「離してっ!」
ギャル3「おら付いて来い!!」

雛「たたたたた大変なの~~~!!そうだ!!ジュンを呼ぶの~~!!ケータイケータイなの~~!」
ジ『なんだよ雛苺・・・この前くんくん取ってや』
雛「ジュン大変なの!!!水銀燈が大変なのっ!!」
ジ『いきなりケータイで大声を出すな!!・・・って水銀燈がどうしたんだ!?』
雛「怖い女の子達にいゲームセンターの裏の路地に連れてかれたなの~!!
ジュン早く来てぇ~~~!!」
ジ『わ、分かった、今すぐそっちに行く!!雛苺、僕がそっちに行くから
とにかくお前は真紅達を呼ぶんだ、良いな!!」
雛「分かったなの~!!」

薔薇学園昇降口


紅「まったく水銀燈ときたら・・・今度こそただでは済まさないのだわ!」
蒼「落ち着きなよ真紅、水銀燈だって悪気があってやってる訳じゃ・・」
翠「毎度の事だから放っておくです。」
金「あらら?誰かのケータイが鳴ってるのかしら~?」
紅「私のケータイなのだわ。雛苺からだわ、あの子ゲームセンターに行ってたんじゃ・・・。はい、もしもし。」
雛『大変なの真紅ぅ~~!!水銀燈が大変なの~~~!!』
紅「落ち着きなさい雛苺。一体水銀燈が大変ってどういう事なの?」
雛『水銀燈が怖い女の子達に連れてかれたなの水銀燈とっても怖がってたなの!!真紅早く来てなの~~!!』
紅「水銀燈・・・・!!!!分かったわ、場所はどこなの!!??」
雛『ジュンといつも行ってるゲームセンターなの!!ジュンも来るなの、早く~~!!』

カチャ

紅「皆・・・一緒に来て!!水銀燈が何か危ない目にあってるみたいだわ!!」
蒼「何だって!!??」
翠「それはヤバヤバです!!」
金「急ぐなのかしら!!」


紅「・・・・水銀燈無事でいないと承知しないわ・・・・・っ!!!」

銀「あぐぅっ!!」
ギャル2「おいおい、まだ3発しか腹キックしてねえのにへばんなよジャンク!!」
銀「ゆ・・・許して、本当にお金は持ってないわぁ・・!」
ギャル1「は?そんなん問題じゃねえっての。あたしらに逆らったのが問題なんだよ!!」
ギャル3「あれ・・・何だよこの羽飾りのストラップ?」
銀「そ、それは!!(真紅達に誕生日に貰った物・・!)か・・・返してぇっ!!!!」
ギャル1「へぇ・・。これ大切な物なんだ・・(ニヤッ)やっちゃえ♪」
ギャル2「おっけ~~~。ワントゥ~スリイッ!!」

ブチィッ


銀「あ、あ、あ・・・・い・・・嫌あぁぁあぁぁぁあああ!!!!」
ギャル3「あははははは!!!羽全部抜けてハゲになっちゃった~~!!」
ギャル1「ジャンク、お前のせいだぜ、これ?」
銀「うっ・・・ううっ・・・こんなのって・・・こんなの・・酷い・・・・」

ジ「はぁっ・・・はあっ!!!ようやく・・着いた・・!!水銀燈は・・はあっはあっ・・・大丈夫か・・?」
雛「ジュン~~~!!!!!」
ジ「雛苺!!水銀燈は・・・あいつは何処なんだ!!!」
雛「あ・・・ヒグッ・・・あっちなのぉ・・・。雛・・ヒグッ・・怖くて行けなかったのぉ・・!」
ジ「もう大丈夫だ雛苺、泣くな・・!水銀燈はあっちか・・。雛苺、お前は真紅達を待つんだ!!良いな、来るんじゃないぞ!!」
雛「わ・・・わかっ・・ヒグッ・・・分かったなのぉ・・・!」


ジ「無事でいてろよ・・・水銀燈!!!!!」

紅「はあっ・・・はあっ・・水銀燈は・・ここねっ・・・!!」
雛「真紅ぅ~~~!!」
蒼「雛苺!!水銀燈は!!??大丈夫なのかい??!!」
雛「ジュ・・・ヒッグ・・・ジュンが助けに行ったの!!」
翠「ヤバイです!!私達も早く行くです!!」
紅「金糸雀、貴女はここで雛苺と一緒にいなさい!!」
金「わ・・・分かったなのかしら。真紅達も気をつけてなのかしら!!」
蒼「まかせて!!さあ行こう、真紅!!」
翠「行くです!!」

ギャル1「どう?分かった?生意気なジャンクがあたしらに逆らったらどうなるかって?」
銀「・・・・・ゆ・・許し・・・・・・」


ザザッ


ジ「水銀燈ぉぉぉぉおおーーーーー!!!!!!!!!」


ギャル一同「!!!!????」
銀「ジュ・・・・・ン・・・?」
ジ「!!!!!お前ら・・・・何やってんだよ・・・、水銀燈に・・・何をしたぁぁああ!!!!」
ギャル2「や・・やべぇよ!!人が来ちまったじゃん!!」
ギャル3「どうするって・・どうすんだよ!!」


シャカンッ!


銀「ひあぁっ!!」
ギャル3「な、何ナイフなんか出してんだよ!!それはマジやべえって!!」

ギャル1「だって仕方ねぇじゃん・・・!!やるしかねえだろぉがっ!!おらあぁあーーーーーそこどけやぁあっっ!!!」
ジ「なっ!!!!(う、動けない・・・水銀燈を人質に取られちゃ手がだせない!!)」

ギャル2「ちょ・・・ちょっと・・・マジそれやり過ぎだって!洒落になってねえから!!」
ギャル1「っるせぇんだよ!!また捕まったら今度こそマジでムショ行きなの忘れたのかよ!!
ギャル2「そ・・・そうだけどだからってヤバイよ、それマジで!!」
ギャル1「捕まれない・・捕まれない・・捕まれない・・捕まれないぃっ・・!!」
ギャル3「お・・・おいやべえよ!ヤク切れてっじゃねぇか!」
ギャル2「知るかよ!!あたしに言ってんじゃねぇドブス!!」
銀「うぐっ・・・ジュン・・・た・・・助け・・・」
ジ「・・くっ!!(どうすりゃ良いんだ・・!?何か・・・何か方法は・・・っ!!)」

ギャル1「そこどけっつーてんのが聞こえねぇのかよ!!??早くしねぇとマジでこいつの首かっ切っちまうぞてめぇぇええーーー!!」

?「はああぁぁああっーーーー!!!!!」

ドスッ


ギャル1「ぎっ・・・・ぎぃぁあああああ!!!!!」
ギャル2「ひっ・・・・ひぇぇぁぁあ!!!」
ジ「(あれは・・・・ハサミ・・・??!!)」
?「ジュン今よ!!水銀燈を奪還なさい!!」
ジ「(今の声は・・・真紅!・・・そういう事か!!)うおりゃああああ!!!」


ドゴォッ


ギャル1「ぐぇぁっ!!」


ジ「やったか・・・。おい、大丈夫か・・・・・水銀燈・・?」
銀「う・・・・あ・・・ジ・・ジュン?あ・・ああっ・・ジュン!!!」

蒼「・・・ふう、やったみたいだ。」
紅「凄いわ蒼星石、まさか30Mの距離でハサミをあの女の手に命中させるとは思いもしなかったのだわ。」
翠「私もビックリですぅ。ハサミが真っ直ぐぴゅーっと飛ぶ所なんて初めて見たですぅ。」
紅「一体どこでそんな事を覚えたの、蒼星石?」
蒼「あ・・・BJでメスをダーツみたいに投げてたのシーンがあってね、ハサミがあったから
  それをを見よう見真似で練習してたらできるようになったんだ」
翠「し、知らなかったですぅ・・・。」
蒼「話は後だ、それより残りの二人も片付けるよ・・・。現行犯は警察じゃなくても捕まえれる・・。
  水銀燈を酷い目に合わせた報いを受けて貰おう・・・!!」
紅「そうね・・・・許されざる行為だわ、私の大切な友達を傷つけたのだから・・!!」
翠「覚悟をしやがれです、このクソ野郎共!!」


銀「・・・・ご・・ごめんなさい。・・・私、ジュン達が・・・誕生日にくれたストラップを・・・」
ジ「構わないよ・・・、また皆でもっと良いのを見つけてやる。」銀「真紅達は・・・?」
ジ「水銀燈に酷い目を合わせた奴らをふん縛ってるとこだよ。」
銀「・・・・・そう、なの・・・。ジュン・・・本当にごめんなさい。こんな事に、・・・巻き込んで。」
ジ「謝るなよ、逆に僕の方が謝らなくちゃいけない。もっと早くに来れていたら・・・水銀燈をこんな目に・・!!」
銀「ジュン・・・泣いてくれてるの?私の・・・為に?ふふっ、うれしい。」
ジ「うっ・・・!・・あ・・そうだよ!水銀燈が生きててくれて嬉しかったんだよ!これで良いだろ!」
銀「ありがとぉ・・」
紅「水銀燈・・・。」
銀「あら・・不細工な真紅じゃなぁい。また一段と不細工・・・。」
紅「ふふっ、それだけ喋れたら大丈夫みたいね。水銀燈、あいつらは全員縄で縛りあげたわ。」
銀「そう・・・ありがとう、真紅。」
紅「貴女に褒められても嬉しくないわ水銀燈。それより・・・あいつら貴女の知り合いだったのね。」
ジ「おい真紅、今は・・!」
紅「今聞いておきたいの。また同じような事が水銀燈に起きないように・・・。」
ジ「真紅・・・。」

銀「・・・そう、その通りよ真紅ぅ。私はこの薔薇学園に入る前・・・中学ではずっといじめられていたの。
酷いイジメだったわぁ・・・机は彫刻刀で彫られて使い物にならない、鞄の中には虫やトカゲの死骸、
体操着はカッターで切られるし、靴はゴミ箱に生ゴミと一緒に棄てられてた。
教科書がバラバラにされるなんて日常茶飯事だったわぁ。」
紅「・・・・」
銀「そして・・・あの人達。ずっと私は彼女達にジャンク、ゴミって言われて殴られ続けたの。
お金も巻き上げられて・・・ほんっと・・・地獄みたいな三年間だったわぁ。」
ジ「水銀燈・・・・。」
銀「だから・・・・本当は嬉しかったのぉ。薔薇学園高校に入れて・・・、真紅やジュンみたいな楽しい友達ができて・・。
・・・・・あ、あれどうしたのかしらぁ・・・?涙が・・・止まらっ・・・ヒグゥ・・・・ない・・。」


ギュ


銀「真紅・・・?」
紅「水銀燈、貴女は・・・・良く頑張ったのだわ。だからいつも強いふりをしてたのね。
今は、今だけはその鎧を脱いで・・・私の胸で・・・泣きなさい。」
銀「し、真紅・・・う・うぁぁぁああん・・。」
蒼「水銀燈・・・。」
翠「うぅ~、私も涙が止まらないですぅ~。」
ジ「良かったな・・・水銀燈。」


それから真紅と雛苺、金糸雀は水銀燈を病院へ、僕と蒼星石、翠星石は水銀燈を暴行した三人を警察へ
引き渡した。あの三人は前にも何度か捕まった事があるらしく当分は外に出てこれないらしい。
水銀燈の怪我だけど腹部を蹴られていたので、内臓に異常がないか検査したけど幸い異常はなく、
後4日もしたら退院できるそうだ。


ジ「・・・で、退院祝いはこの羽根飾りのネックレスと花束って訳か。」
雛「雛が花束渡したいの~。」
金「皆で渡すからあんまり意味はないかしら~~。」
翠「けどあの後の蒼星石かっこよかったですぅ。水銀燈をいじめていた奴らの所にいっ・・・・」
蒼「それ以上は言わない約束のはずだよ、翠星石?」
翠「は、はいぃ~。」
真紅「もうそろそろね、退院の時間は。」
ジ「真紅、僕で良いのか、このネックレス渡すの・・。」
紅「仮にも水銀燈をあの女から救ったのはジュンなのよ?しっかりしなさい。」
ジ「あ、・・ああ。」雛「あ~~~~!!水銀燈が出てきたのぉ~~~!!」


銀「み・・・・・みんな・・・・」



お か え り 、 水  銀 燈


FINE

|