※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
東北自動車道を、北に向かって、ひた走るバイクが一台。
運転するのは、ジュン。
そして、彼の後ろに乗っているのは、翠星石。
栗色の長い髪を肩の前に回し、両腕で、しっかりとジュンにしがみついている。
時速百キロ以上の速度で疾駆する単車に乗っているのは、慣れない者にとって、想像以上に恐ろしい事だ。
翠星石も、御多分に漏れず、緊張に身を強張らせていた。


二人を乗せた単車は、安積P.A(パーキング・エリア)へと滑り込んでいく。
朝早く家を出てから、何度目かの休憩である。高速道路に乗ってからは三度目になる。
翠星石もホッとしたのか、彼女の腕から力が抜けるのを、ジュンは感じた。
駐車場の隅に単車を停めて、二人は窮屈なヘルメットを脱ぎ、吐息した。

「疲れただろ、翠星石?」

頭を掻いて髪の乱れを直しながら、ジュンは朗らかに笑った。
翠星石が、ちょっと唇を突き出しながら、拗ねたように応じる。

「解ってるなら、も少し小刻みに休憩しやがれですぅ」
「ははっ……悪い。でも、目的地まで、まだ遠いからさぁ。
 それに、新幹線じゃなくバイクで行きたいって言い出したのは、翠星石だろう?」
「う……でも、それは……ジュンに……ですぅ」

抱き付いていたかったから――なんてコトは、口が裂けても言えない。
頬を染め、俯く彼女の頭を、ジュンは優しく叩いた。

「ゴメンな。次からは、短めに休憩を入れるよ。さあ、冷たい物でも飲んでこようぜ」

二人が目指しているのは、岩手。宮沢賢治と理想郷イーハトーブ(花巻市)が有名だ。
或いは、柳田国男と遠野物語の世界か。目的地までは、まだ遠い……。



やっとの思いで、予約を入れていた宿に着いた頃には、すっかり日が傾いていた。
腰を伸ばして、深呼吸をする二人。

「んん~。やっぱり、空気が澄んでるですぅ」
「そうだなあ。思えば遠くへきたものだ……って、つくづく感じるよ」
「それにしても、雰囲気の良い宿ですね。鄙びた感じが、特に郷愁を誘うですぅ」
「歴史の長い宿だからな。一年前から予約してる客も居るそうだ」

「ほへ~」と、感心半分、呆れ半分な声を出して、翠星石は再び、宿泊する宿を見上げた。
ちょっと、おどろおどろしい気配がする。
けれど、それが却って、いかにも民話の郷と言った趣を醸し出している。
来て良かった……心から、そう思った。

「早いとこ記帳を済ませちゃおう。行こうぜ、翠星石」
「はいですぅ」

記帳を済ませ、美味しい料理に舌鼓を打ち、ゆったりとした温泉で旅疲れを癒す。
たったそれだけの事なのだが、ジュンも、翠星石も、非常に満ち足りた気分になった。
こんなに優雅な気持ちになれたのは、久しぶりだ。

二人が通されたのは、離れの部屋。母屋で行われている宴会の喧噪も、殆ど届かない。
浴衣姿の二人は、肩を寄せ合って、満天の星空を見上げていた。
ロマンチックな語らいを愉しんでいた時、急に、翠星石が驚いた様な声を上げた。

「翠星石? どうかしたのか?」
「んん? 今……誰かが、私の髪を引っ張ったです」
「あ、そういや言い忘れてたっけ。あのな、翠星石。実はなあ――」
「なな、なんで……そんな怖い声で話しやがるですか」
「この部屋って、座敷ワラシが出るという部屋なんだ」

遠野の夜空に「なんですとぉー?!」という絶叫が木霊していた。



――その夜。
並んで敷かれた二組の布団で、ジュンと翠星石は就寝していた。
正確には、ジュンだけが、健やかな寝息を立てている。
翠星石はと言えば、座敷ワラシの話を聞いてから、すっかり眠気を失っていた。
真っ暗な部屋の中で、まんじりともせず、遠い遠い夜明けを待っていた。

ふと、物音がして、翠星石はビクリと肩を震わせた。
耳を澄ますと……何かが……畳の上を這う音がする。
しかも……徐々に、近付いてくる。

(!! いひぃいぃ――――っ!!)

声にならない悲鳴を上げて、翠星石は隣の布団に潜り込み、ジュンにしがみついた。

「んあ? な、なにすんだよ……翠星石?」
「でででで、出たですっ! 座敷ワラシですうっ!」
「ホントかよ? 落ち着けって、翠星石。それって、凄くラッキーな事なんだぞ」
「え? そ、そうなのですか?」
「うん。出会えない人は、何泊しても出会えないんだって。とにかく――」

潜り込んでいた布団から、そぉ~っと顔を出すジュンと翠星石。
すると、目の前に小さな子供が立っていて、二人は思いっ切りビクッ! としてしまった。
が、それも最初だけのこと。よくよく見ると、その子は二人の良く知る人物に似ていた。

「……なんだか……蒼星石の小さい頃に、似てるですぅ」
「翠星石も、そう思った? 実は、僕も……」

そう思ったら、ちっとも怖くなくなってしまった。
座敷ワラシは黙ったまま、お手玉や、あやとりの紐を差し出してくる。
一緒に遊ぼ? という事なのだろう。ジュンと翠星石は小さく微笑むと、一晩中、座敷ワラシと戯れていた。


翌朝、目が覚めると、二人は別々の布団に、きちんと収まっていた。
夜明けまで、座敷ワラシと遊んでいて……それから雑魚寝した筈だが、詳しいことは何一つ、憶えていなかった。
朝食の席で、翠星石は思い切って、ジュンに話を切りだした。

「ねえ、ジュン。昨夜のこと……憶えてるですか?」
「昨夜の? ああ、座敷ワラシと遊んだことか?」

事も無げに、さらりと言ってのけるジュン。
あまりに浮き世離れした事なので、夢と現実の区別がつかなくなっているのだろうか?
いや、そうではない。ジュンの眼差しは、正気を保っている者の眼だった。
徐に、ジュンが口を開く。

「あの部屋で座敷ワラシに出会うと、幸福になれるって言い伝えがあるんだ」
「幸福ですか? 例えば、どんなです?」
「宿の案内書きでは、ある男性は一人で宿泊中にワラシ様と出会って、
 総理大臣になったそうだぜ。どうやら社会的な成功を、収めるみたいだな」
「ふぅん? じゃあ、男女二人の場合は、どうなるです?」
「さあ? どうなるんだろうな? 案内書きには載ってないけど――」
「もしかしたら…………幸せな家庭を……」

ごにょごにょと呟く翠星石に、ジュンが「ん?」と訊き返すと、彼女は真っ赤な顔をして「なんでもねぇですぅ!」と、ムキになって否定した。
なんで翠星石が怒っているのか訳が解らず、ジュンは頸を傾げ、頭を掻いていた。

――それから数日間、二人は単車に乗って、遠野の旅を満喫したのだった。



そして、帰宅。
旅の疲れがドッと出て、翠星石は着替えなどを詰めたナップザックを降ろすなり、玄関先で、靴も脱がずに寝転がってしまった。

「姉さんってば、行儀が悪いよ?」

出迎えにきた蒼星石が、腰に両手を当てて、だらしない姉の態度を、呆れ顔で見下ろしている。
その光景が、あの宿での出来事と重なる。
布団から顔を覗かせた時、翠星石とジュンを見下ろしていた、座敷ワラシと。

「そう言えば……蒼星石に、お土産があるですぅ」
「え? ホントに? なになに?」

嬉々として翠星石の脇に両膝を着いた蒼星石に、ザックの中から取り出した人形を差し出す。
それは、ジュンと翠星石が、遠野で材料を調達して創った、手作りのぬいぐるみだった。

「? この、ぬいぐるみ……ボクに似てなぁい?」
「気のせいです。それは、座敷ワラシを模した、ぬいぐるみですぅ」
「そうなんだ? でも、ありがとう。二人の手作りなんでしょ?」
「……見た目で分かるですか?」
「そりゃあ解るよ。ボクは、姉さん達のこと、応援してるんだからね。
 いつも見守ってるから、かな? 二人の考えとか、仕種が、なんとなく解るんだよ」

二人には、幸せになって欲しいから――
そう言って、蒼星石は気恥ずかしそうに、階段を駆け上っていった。

(ジュンと、二人で……幸せな家庭を築けたら……)

幸福な未来に想いを馳せながら、翠星石は微睡みの中へと落ちていった。
 
 

|