※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

"i wanna be your dog"

こっちに来て。私はアナタの犬になりたい

雪華綺晶に家に呼ばれた水銀燈。
大きな屋敷のベルを鳴らすと現れたのは家の執事。兎の顔した男に導かれ、水銀燈は階段を上がる。
部屋の扉の前に立ち、優雅に一礼すると男は静かに横に控えた。

「お嬢様に許可をもらっております。そのまま扉を開いてお入りください」

扉を叩こうと手を伸ばす。しかしそれは男の言葉にさえぎられた。
そのまま右手を下ろし、ノブをにぎる。扉を開き、中に入る。
直前に、男が再び礼をしたのが見えた。静かな音と共に扉が閉まる。

綺麗に片付いた広い部屋の中、続きの部屋の扉が開いて彼女が現れる。

「いらっしゃいませ、水銀燈」

いつものように、片目で微笑む彼女の姿。いつもと違うその様子。

「…なんて格好してるの」

驚きに、いつもの余裕が消えてゆく。

「…今の私の気持ちを。見た目にわかるように」
「薔薇水晶ならともかくとして…あなたがそんな格好をするとは思わなかったわ」

外せない視線の先、彼女の首に巻かれたもの。頭に生えた白いもの。
水銀燈に近寄るたびに、それらがかちゃりと音を立てる。

「あの子ほどに純粋に…というわけにも行きませんが、私もたまには素直にね」

至近距離に立って見上げる雪華綺晶。なるほど、薔薇水晶が水銀燈を見上げる時、
そこに見えるはただただ純粋な、好きという気持ち。
今のこの視線はそれとは違う。そこにあるのは確かに同じ、あなたが好きだという気持ち。
けれど、それだけではなくどこか漂う空虚な感情。諦めにも似たものか。

「それがアナタの素直な気持ち?雪華綺晶」

赤い瞳で静かに見下ろす水銀燈に、雪華綺晶は迷わず答えた。

「ええもちろん。「私はアナタの犬になりたい」」

言葉と共に、目の前の唇にそっと口付ける。。
しばらくして、離された水銀燈の唇から言葉がつむがれた。

「…恋人、じゃなくて?」
「…それはあの子のポジションですわ。あなたは私達二人を愛してくれる。
 けれども優先させるべきは犬よりも、恋人でしょう?」

感情を感じさせない笑みで再び見上げる雪華綺晶。
水銀燈は彼女をそっと抱き寄せた。

「…そうね。でも、たまには犬を優先させたくなるかもしれないわ」

目の前の肩に首を預けながら、そっと呟く。
水銀燈の耳元に、くすくすと小さな笑い声が聞こえた。


「それは…犬としては光栄の極み、ですわね。」

かちゃり、と再び小さな音がして、水銀燈の手に何か冷たいものが触れる。
雪華綺晶の首から続く長い鎖…それをきゅっと握ってみると、頬をぺろりとなめられた。

「けれど…たまに、で十分ですわ。犬には…少し過ぎた幸せですもの」

フフフ、と笑う声が響き、「犬」になった雪華綺晶が先導して寝室へと導いていく。

「では、私と、しばらく遊んでくださいましね?アナタの「恋人」が戻ってくるまで…」

振り返り、片目で微笑むどこまでも白い彼女の姿。水銀燈はそれに静かに答えた。

「―――――――」

"i wanna be your dog" 終






銀「・・・また失敗だわぁ」
薔「銀ちゃん・・・レシピどおりにお料理作ってるのに・・・なんで失敗するの?」
銀「なんでかしらねぇ・・・?やっぱり私には向いてないわぁ」
薔「もう・・・・・・ジュンに料理作って上げるんでしょう?」
銀「うーん・・・もう面倒なことはやめるわ・・・これを料理に入れて・・・」
薔「・・・何入れたの?なんだか凄く美味しいよ」
銀「そりゃそうよぉ、金糸雀の特製媚薬を・・・って、美味しいよ?」
薔「うん、おいし・・・・・・・・・お姉さま・・・」
銀「ちょ、た、食べちゃったの!?」
薔「お姉さま・・・愛しています」
銀「や、やめ、私にそんな趣味は!な、なんで脱がすの!?」
ガチャ
J「おーい、水銀と・・・すまない僕のことは忘れてくれ」
銀「え、ちょ、ち、違うのよ!ジュン!」
薔「お姉さま・・・」
銀「い、いやあああああ!?」

次の日
銀「・・・・・・・・・(真っ白の燃え尽きてる)
薔「お姉さま・・・♪」

真「あの二人・・・そういう関係だったの?」
べ「ハァハァハァハァハァ・・・」
J「そんな・・・水銀燈・・・」
雪「大丈夫ですよ、ジュン君・・・貴方には私がいますよ」

銀「ち、違うのに・・・」





銀「いや、やめて…」
雪「黒薔薇ねえ様、いただきます」
銀「いやぁぁぁぁ!」

銀「はっ!夢…まったくヘンナ夢みたせいで首がいた…」
雪「かみかみ」
銀「こらぁ!」
雪「あう…」
銀「もう貴方とは一緒にねないわぁ」
雪「そんな殺生な…」

|