※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雪「このソフトクリーム美味しいですね」
銀「おいしいわねぇ、ありがとうねジュン、奢ってもらっちゃて」
J「ああ・・・別にいいけどさ(無理やり奢らせたくせに)」
薔「ん・・・冷たい・・・」

J「やべ、溶けてきた」
雪「あ、垂れちゃう・・・」
銀「えーとぉ・・・ハンカチは・・・」
ポタ
薔「あ・・・・・」
雪「あ、薔薇しーちゃん、胸のところに垂れてますよ」
薔「・・・・・・・・」
J「早くふけって」
薔「なんか・・・・・・似てる」
銀「え?・・・あぁ・・・確かに・・・アレに似てるわねぇ」
雪「え・・・白くて・・・胸に垂れて・・・似てるって・・・・・ええー!?」
J「な・・・!何を言って・・・!」
薔「何想像した?」
J「は!?」
銀「あらぁ?私たちは別に何も言ってないわよねぇ?」
雪「・・・・・・(///)」
J「い、いや、別になにも」
薔「・・・・・・エッチ」
J「ち、違う!」
銀「うふふ、そういう事したいならいつでもOKよぉ?」
J「ば、馬鹿、何を・・・・き、雪華綺晶も何か言ってやってくれ」
雪「え!?だ、駄目ですジュン君!こんなところでそんな・・・・(/////)」
J「・・・・・・・・・・・」




「う、うわああ、かんべんしてくれぇええ」
「待ちなさぁい。逃がさないわよぉ」
「主人の夜の相手は家来の役目よ」
「特別に付き合ってやるのです。感謝してほしいくらいですぅ」
「僕も混ぜてもらうよ」
「なのー」
「かしらー」
「心配しなくても私の心の中ではすでに何百回も経験済みですわ」
「…とりあえず、服脱ご?」
「う、うわああぁぁあああ!?こ」



そんなベジータと梅乙女の日常風景







翠「もう春も近いですねぇ………」
水「そうねぇ………ん?」
翠「どうしたですか?」
水「こっちの部屋から変な音がするわぁ」
翠「どれどれ…」

金『いっ!痛いかしら真紅!』
真『一時の痛みもそのうち快楽に変わるわ』
金『なるわけない…か……し……らっ!』
真『体は正直なのだわ』
金『ひっ!あっ!そ、そこはダメかしら!!』
真『ここ?』
金『―――――――!!』真『違う?じゃあ……』
金『そっ……んなに奥まで入れないでほしいかしらぁ!』

翠「な、中で一体何をしているんですか!?」
水「真紅ったらJUM一筋と思ったらそーゆー気もあるのねぇ……」
翠「ロリコンです!幼女好きです!犯罪です!」
水「大変よぉ!早く止めなきゃ!」


バン!
水「真紅!もうそれ以上はやめなさい!ていうか私もまぜ………ぐふっ!」
翠「お前は黙れです!真紅!やめ………?」

翠「あんたら何してたです」
真「金糸雀の耳掃除なのだわ」
金「真紅の耳掃除痛すぎなのかしら!」
真「な、何よ、泣かなくてもいいじゃない」

翠「……このバカ共がぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
水「誤解させるような会話すんじゃないわよぅ!」
真・金「???」





Act.1
薔「……りんご」
雪「ご、ごま」
ジ「ま、まー、マイク」
雪「マイク、それすなわち握るもの」
薔「ジュンは欲求不満……」
ジ「ねーよ」
『……じゅるり』
ジ「アッー」
 
Act.2
真「紅茶」
水「ヤクルト」
ジ「ゃ、じゃなくて、ちゃ、な」
水「アァン? アンちゃんヤクルトにケチつけんのかぁ? オメェドコ中?」ビキビキ
ジ「ちょwww真紅助けてwwwww」
真「ああ、くんくんの放送が始まってしまうのだわ! 今行くわくんくん!」
ジ「アッー」
 
Act.3
雛「だるまさーん」
ジ「あ、んが付いた。雛苺の負けだな」
雛「うにゅー」
巴「オイコラ桜田、うちの雛苺苛めてんじゃねぇぞオォ?」ビキビキ
ジ「ちょww柏葉お前もかwww助けて雛苺wwwww」
雛「ジュンがいじめるのー」
ジ「おまっwwwwww」
巴「ズイブン"ゴキゲン"じゃねぇか……?」"!?" ビキビキ
ジ「アッー」


おまけ
金「ろーそくかしらー」
ジ「らーゆ」
金「ゆたんぽかしらー」
ジ「……ら、らーめんらいす」
金「すいかかしらー」
ジ「……ら、ら、らー、らーのよくしんりゅう」
金「うおのめかしらー」
ジ「ごめんなさい勝てません勘弁してください」

おまけのおまけ
翠「ひー、ひりょう」
蒼「うー、うし」
ジ「しー、しまうま」
翠「まー、ますく」
蒼「くー、くりすます」
ジ「すー、すらっくす」
翠「すー、すいす」
蒼「すー、すす」
ジ「すー、すいせいせき」
翠「きー、きやすくよぶなですぅ」
ジ「うー、うしろにいとくずついてるよ」
翠「よー、よ、よるなですぅ。じぶんでとるですぅ」
ジ「うー、うえむいてみろ」
翠「ろー―――っ!? ぷはっ」
ジ「隙ありー」
翠「ふ、不意打ちは卑怯ですぅ! 今度はこっちの番ですぅ!」
蒼「はいはいわろすわろす」





笹「とり」
J「りんご」
ベ「ごりら」
笹「ライオン」
J「あっ、『ん』がついたか負けーwwww」
梅「ンジャメナ」
J「え?ちょ・・・・・」
梅「ンジャメナ」
J「あ・・・なんていうか・・・すみませんでした」

|