※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

め「桜田くん、見てみて」

J「なにその髪型。けいおんにでも影響受けたの?」

め「ふふ、似合うでしょ。ツインテール」

J「ん……まあ似合ってるけど……なんか」

め「なんか?」

薔「Gっぽい……」

J&め「!!」

J「いきなり出てこないでくれ、ばらしー」

め「まったく、心臓が止まるかと思ったわ」

J「いやそれめぐの場合洒落にならないから」


め「っていうかG? ってGOKIBURIのこと?」

薔「うん、それ」

め「えー、何よそれ。失礼しちゃうわ、ねえ桜田くん」

J「……」スッ

め「なんで目を逸らすのよ」

J「……ガイアに囁かれたから?」

め「こっち向けやおい」


J「うん、まあ、Gだな。ゴキジェットふきかけたい」

薔「ですよね……」

め「二人ともひどくない? 泣くよ? 私泣いちゃうよ?」

薔「……」

J「……」

薔「泣ーけ」

J「泣ーけ」

薔&J「泣ーけ、泣ーけ」

め「コール要らねええ」

薔&J「泣ーけ、泣ーけ」パン、パン

め「手拍子も要らねええええ」


J「鏡どうぞ」

め「ども。……そんなにGっぽいかなぁ」

薔「私ときらきーくらい似てる……」

め「え゛え゛!? それほぼ同じじゃない!」

薔「……ほぼ同じ……」

め「? ばらしー?」

薔「地味に傷ついた……」ウルウル

J「あーあ、泣かせた。めぐ、もうちょっとデリカシーのある発言しろよ」

め「え? 何、私悪者扱い?」

J「いや、G扱い」フッ

め「うまい事言ったみたいな顔するなよこのやろう」


真「みんな、おはよ……!!?」

め「あ、しんk真「サノバビッチ!!」スパーン

め「ちょ、しn真「サノバビッチ! サノバビッチ!!」スパーン、スパーン

J「真紅、ストップ。それ、めぐ」

真「え? あら、本当。てっきりGかと思ったのだわ」

薔「ふふ、まったく真紅ったらうっかり者……」

真「私としたことが//」

J&真&薔「あはははは」

め「……スリッパでなぐられた私への謝罪はないわけ?」


真「でも、新鮮ね。髪型を変えためぐなんて」

め「でしょ? 似合ってる?」

J「さっきGと間違えられてたじゃないか」

真「ええ、とても似合っているわ。どこに出ても恥ずかしくないレディね」

め「っしゃ!」グッ

薔「単純……」

J「だな」


め「そしてみんないなくなった」

め「水銀燈、早く来ないかな。どんな反応するかしら」ワクワク

め「……」

め「めぐ、とても似合っているわぁ」

め「え、本当、水銀燈?」

め「私は嘘をつかないわよ。……ねえ、めぐ」

め「何? 水銀燈……」

め「私、実は前から貴女のことが……」

め「きゃーきゃー!」バタバタ

銀「……何やってんの?」

め「……」

銀「……」

め「……どっから見てた?」

銀「わりと一部始終」



め「……」

銀「いい加減機嫌なおしなさいよぉ」

め「……」

銀「……ほんと、しょうがない子ね」

め「……似合ってる?」

銀「え?」

め「どうなのよ」

銀「何が?」

め「え、いや、これ。ほら、髪型かえたんだけど」

銀「あ、本当。今気づいたわ」

め「……」

め「水銀燈のバカー! オタンコナスー! いいスタイルしやがってー!」ダッ

銀「ちょ、めぐ!!?」

おしまい
|