※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

J「なあ」

真「…………」

J「おーい」

真「…………」

J「読書に夢中ですかそうですか」

真「…………」

J「……貧乳」ボソッ

真「だぁあああれが貧乳ですってえええ!!?」グワッ

J「ストップストップ、その拳を下ろすんだ真紅。僕は『貧乳』という単語しか言ってないぞ」

真「え? ……あ、ああ、そうね、私としたことが」

J「まったく、真紅の早とちりには困ったもんだなぁ」

真&J「「はっはっは」」



真「……で、貧乳がどうかしたの?」

J「いや、真紅のことじゃん」

真「待てやコラ」



◆  ◆  ◆

J「痛いものすごく痛い」ヒリヒリ

真「自業自得だわ」プンスカ

J「……すまなかった」

真「へえ、素直に謝るのね。珍しい」

J「いや、妻の身体的特徴をあげつらうなんて夫としてあるまじき失態だ」

真「そのあるまじき失態は今回でちょうど百回目なのだけど」

J「え、マジで? っていうかカウントしてたんだ」

真「マジマジ。手帳に正の字書いてカウントしてたから」

J「よし。じゃあ百回を記念して真紅の言うこと何でも一つ聞くよ」

真「あら、マジで?」

J「マジマジ」

真「ならもう一回殴らせて頂戴」

J「えぇーそりゃないよしんk」

真「ふんっ」バキィ



◆  ◆  ◆

J「痛いすさまじく痛い」ズキズキ

真「ちょうどいいお灸だわ」

J「なんかパンチの威力上がってないか?」

真「そりゃあ日夜鍛えていますもの」

J「ふーん……努力家だな、真紅は」

真「え? ほ、ほめたって何も出ないわよ?///」

J「はは、照れた真紅もかわいいなぁ」

真「もう、JUMったら///」

J「あはははは」

真「うふふふふ」

J「…………」

真「…………」

J「ここ、甘い雰囲気出すタイミングじゃないよな」

真「実は私も同じこと思ってた」



◆  ◆  ◆

J「で、何してんの?」

真「夫の部屋で読書を」

J「いやいや、今じゃなくて。鍛えてるって具体的には何してるんだ?」

真「あら、知りたいの? 私の強さの秘密を」

J「ああ、知りたい」

真「フフ……そこまで言うなら教えてあげるわ」

J「……ゴクリ」

 

真「朝晩に腕立て伏せを10回ほど」

J「かわええ」



◆  ◆  ◆

J「……ま、そんなに気にするなよ」

真「何を?」

J「胸のこと」

真「まだ殴られたかったとは意外だわ」

J「ス、ストップストップ。嫌味とかじゃないって」

真「ほう」

J「その、なんだ。散々からかってきた僕が言うのも何だけど、誰でも気にしてることなんてあるだろうし」

真「ほほう」

J「だけど……それで真紅の魅力が無くなることはないから、さ」キリッ

真「…………」

J「…………」

真「『それで真紅の魅力が無くなることはないから、さ』(キリッ」

J「やめて声真似はやめて恥ずかしいから」

真「『それで真紅の魅力が無くなることはないから、さ』(笑)」

J「いやああああああ」



◆  ◆  ◆

真「JUM。いつまでそうやって体育座りをして床に『の』の字を書いているの」

J「いいんだ。どうせ僕の人生なんてそれ自体黒歴史なんだどうせどうせどうせ」ブツブツ

真「……嬉しかったわよ」

J「え?」

真「さっきのJUMの言葉」

J「そ、そんな……僕は何も……」

真「ありがとう、JUM。私は貴方の幸せなお嫁さん……」

J「真紅……」

真「JUM……」

J「……本気で言ってないだろ」

真「あら、ばれた?」

J「ちくしょおおおお一瞬でも真に受けた自分が憎いいいい」

真「大丈夫だわ。『それでJUMの魅力が無くなることはないから、さ』(キリッ」

J「だから声真似はやめろよおおおおお」

|