※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私達は、荷物を引きずりながらてくてくと歩いていた。
普段は帰り道が逆方向の薔薇水晶も、今日は一緒だ。
どうやら、槐さんが仕事で帰ってこられないらしく、仗助君の家で晩御飯をご馳走になるみたい。
やっぱりその事で、薔薇水晶はさんざん翠星石や水銀燈にからかわれていたわね。
みんな今までずっと張り詰めていたものも切れ、どっと体に疲れがのしかかっている。
燃えるように真っ赤な夕日が、みんなの背中を照らしている。

苺「うゆ~……帰ったらうにゅーが食べたいのよ」
金「カナは卵焼きが食べたいかしら」
苺「じゃあヒナはもっとうにゅーを食べるの!」
金「じゃあカナは(ry」
苺「ヒナヒナヒナ!」
金「カナカナカナ!」

私と違って疲れを全く見せていないのが雛苺と金糸雀。……この餓鬼も真っ青な、食い意地のはった会話は何?
怖い、怖いのだわ……。

薔「……なんか、ごめんね」
仗助「いいって。気にスんなよ」
薔「……ありがと」

薔薇水晶と仗助君はこの四日間で中をすっかり深めたみたい。
ピッタリとくっつくその姿は、まるでおしどり夫婦ね。
張り合うつもりは無いけど、私達も負けないようにしなくては。

 

翠「翠星石は……帰ったらシャワーでもあびますかねぇ」
蒼「あ、僕も僕も」
翠「じゃ、一緒に浴びますか?」
蒼「ん~……いいよ」
翠「きゃ~~~! 蒼星石とシャワーなんて久しぶりですぅ!」

二人は和気藹々と帰ってからの予定かしら? そんな話をしている。
うわぁ、なんて会話をしてるのよ……でも、本当に仲が良いわね。

銀「荷物が……お土産が重たいわぁ。誰か手伝ってよ」
雪「私も、もう限界です」
銀「ああ~ん……腕がちぎれちゃいそぉ」
雪「……限界です」

ええい、ウダウダうるさいのだわ! ……他の皆より大きな荷物を抱えているのは水銀燈と雪華綺晶。
まったくもう、お土産を買いすぎなのよ。

ウルージ「おーおーそれなら私が持とうか?」
銀「え? 本当? ありがたいわ!」
雪「すみません、お願いします」

水銀燈と雪華綺晶が礼を言いながら、どさっとその場に荷物を置いた。
ウルージ君が自分自身の荷物と二人の荷物をヒョイヒョイと担ぎ上げる。
汗一つかいていない上に、息一つ乱れてない。
人間じゃあないわ……。けど、さすがに心配だ。

紅「ウルージ君、大丈夫かしら」
ウルージ「心配してくださるとは、冗談でも有り難い。だが、心配はいらん」
紅「そう。余計な心配だったみたいね。持ちきれなかったらベジータにでも頼みなさい」
ウルージ「おーおー」

 

そう言えばベジータとジュンはどこにいるの?
私が振り返ると、生まれたてのペンギンの様に三つの影が動いていた。何であんな後ろにいるのかしら?

ジュン「はぁ……はぁ……真紅、頼むから自分の荷物は自分で持ってくれ」
紅「あら、そんな荷物も持てないとは、男としてどうかしら」
ジュン「何とでも言え」

……そうだった。ジュンに荷物を持たせてるんだったわ。
すっかり忘れていたわね……。
仕方無しに、私は疲労困憊のジュンから荷物を受け取った。ズシリと重みが肩にのしかかる。
これをずっと抱えていたなんて……ジュン、意外とやるわね。

ベジータ「あああ!!重てぇぇぇ! お土産重てぇよぉぉぉぉ!」
笹塚「うざいな。黙ってなよ」
ベジータ「笹塚、お前にこの重みがわk」
紅「うるさいのだわ」
ベジータ「あうっ! 紅嬢の髪ビンタ……ハァハァ」

隣でわめくベジータに髪ビンタを叩き込む。
貴方のは全部自分の荷物じゃない。何を文句を言ってるのかしら。
おまけに私のビンタでご満悦な表情を浮かべるし……。
まさに変態だ。
みんなでグダグダワイワイ話しながら歩いていると、ついに分かれ道にやってきた。
ここからはそれぞれ帰り道が違う。
皆がまるで示し合わせたかのように、その場でゆっくりと歩を止める。
そして夕日を見る。そよそよと風が、私達の顔を撫でた。

  

 

 

 

 

翠「あー! 楽しかったですぅ!」

最初に大声を出したのは翠星石。とても柔らかい叫び声だ。

ベジータ「俺も楽しかったぜーーー!」
ウルージ「これほど意義の有る時間も無かったろう……」
仗助「……まあ、な」
笹塚「案外あっという間だったね。楽しい事ほど早く過ぎてくなぁ」

四人とも空を仰いでいる。学ランがヒラヒラと風で靡く。

苺「ヒナはとっても幸せなのーー!」
金「カナもかしらー!」
蒼「僕も楽しかったよ! とっても、とーっても!」
雪「今まで生きてきた中で……一番楽しい時間でした」
薔「……私も、とっても楽しかった」

みんながみんなとっても幸せそうな顔をしていた。

銀「私も楽しかったわぁ……絶対に忘れないでしょうねぇ」

普段は冷徹でクールな水銀燈も、満面の笑みを浮かべている。

ジュン「僕達も……」
紅「ええ……せーの」
紅&ジュン「とっても、楽しかった(ぞーー)(のだわーー)!!」

私とジュンも大空に向かって叫んだ。
そして皆で笑いあう。この仲間と、この幸せな日々が、途切れないように、消えないように。
笑い合う私たちを、夕方の優しい風が静かに彩っていた。

 

 

 

 

 

終わり

|