※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…何をしているんだ?」

 ジュンは目の前の漆黒の衣をまとった女性に問いかける。彼女はまるで子供が絵を描くように無邪
気に、楽しそうに、不気味な紋様を地面に描いている。
 真紅の前から連れ去られてからどれくらいの時間が経ったのか、時間を計る道具を持たないジュン
には分かりかねる。しかし、ずいぶんと連れまわされたというのに一向に出口らしきものが見えない
ということから、この地下道はよほど広いらしい、ということは理解できた。

「…これ? ふふっ、ただの『お絵かき』よぉ。それで、巴。どう? 『彼女』の力は」

 ジュンの問いかけをさらりとかわし、漆黒の女─水銀燈はもう一人の戦士風の女─巴へと問いかけた。




                    "The Unknown"
                    第五話『エサ』




 巴はどこか虚ろな眼差しで遠くを見つめながら、彼女の問いかけに答える。

「先ほども『見た』けれど… 信じられないわね。彼女、本当に人間? 一個師団に匹敵するわよ?」

 その声は見た目どおりの気丈を装ってはいるがかすかに震え、ジュンはその中に驚きと、少しの焦りが滲ん
でいるように感じた。
 しかし、そんな巴とは対照的に、その事実を『取るに足らない』とでもいうような不遜な態度で、水銀燈は
彼女に言葉を返す。

「『魔』を取り込んで『力』にしているからよぉ。…ふふ、いい具合じゃなぁい」
「どうするつもりなの?」

 巴は最早焦りを隠すこともなく尋ねる。たった一人とはいえ、彼女たちの計画にとってはかなり大きな障害
となり得る存在。水銀燈が、その存在の着実な成長を何事もないかのように了解しているのが、彼女には理解
できないようだった。 

「…どうする、って。そりゃこのまま私を追いかけてもらうわよぉ」
「何を考えているの、水銀燈!? 聖十字騎士団が『あそこ』を見つけるのにそこまでの時間はかからない。
 せいぜい一週間、といったところなのよ!? あんな女にかまっている場合!?」

 一連の水銀燈の言葉が気に食わなかったらしく、巴は彼女が『予定』を伝えるのに間髪いれず、食って掛
かるように大きな声で問いかける。
 そんな巴の言葉を真正面から受け止めながらもなお、水銀燈はその余裕を微塵も崩さず、ひらひらと舞わ
せた手のひらを優しく巴の肩に置いた。

「巴、そうかっかしないで。大丈夫。全部予定通りなんだからぁ」
「長官が裏切ったのも、国教会が介入したのも……あのリスクブレイカーが化け物のように強いのも、みんな予
 定通りだとでもいうのっ!?」

 言葉とともに鈍い音が辺りに響く。巴は腕を壁に叩きつけた際の衝撃で多少自分を取り戻したらしく、荒げ
た息を整えながら、謝罪の言葉を口にした。

「…ごめんなさい」

 それを、やれやれとでもいうかのように肩をすくめながら、水銀燈は許す。その一連のやり取りはジュンの目
に、非常に奇妙なものとして写っていた。確かにこの二人は仲間で、今回の事件の実行犯である。巴の、水銀燈
に対する信頼に並々ならぬものがあるのは以前からのやり取りで理解できた。

 しかし、二人の『見ているもの』は、『見据えている先』は、なにかこう… 





──あまりにも、違いすぎる── 





「情報分析官の性かしら? 自分のことより私たちの方が気になるのねぇ」

 水銀燈はジュンの視線に気がついていた。ジュンは突然かけられた言葉に驚き、一瞬肩を竦める。
 が、彼はすぐに凛としたまなざしで水銀燈を見据え、問いかけた。

「…いったい、『お前』は何をしようというんだ?」

 その言葉を水銀燈は鼻で笑い飛ばし、再度紋様の方へと向き直る。

「…お姫様にディナーを、ね?

 罪深き血族との契約により……」

 突如、紋様はえもいわれぬ、不気味な赤い光を放ち始める。
 暴風が吹き荒れ、あたりに瘴気が充満していくのが、『力』のないジュンにもはっきりと分かった。





──あの子を……助けたいの── 





 ただの空耳か、はたまた風のいたずらか、ジュンの耳に誰かの声が届く。それは今ここに居るどの者
とも違う、幼い女児の声。ジュンが声のした方を振り返ると、そこにいたのは銀髪に、真紅の眼をした
不思議な娘。その姿は、まるで…

「…水銀燈?」


─────────────────

────────────────

────────────── 

 程なくして真紅はその部屋へと到達する。しかしすでに部屋はもぬけの殻だった。

「……空気がほんの少しだけど温かい。ついさっきまでここに居たようね」

 現在、水銀燈は真紅から逃げている。その彼女が、追いつかれる危険性を考えずに長く一所に留まっていた
とは考えづらい。

「…この部屋に何か、あるのかしら?」

 それは至極当然の疑問であろう。真紅は部屋の探索を開始した。もしこの部屋に隠し扉などあった場合、そ
れを見落とすわけにはいかない。
 しかし、別段何かが見つかるということはなく。真紅が軽いため息を一つついて、先へと歩を進めようとし
た、その時。 



 カラカラ…カラ…


      カラカラカラ……


カラ…カラ…カラカラ… 



 何か、金属を引きずるような音。どうやら音は前方の柱の影からしているらしい。

 最早何が出てきても驚きはない。
 真紅は神妙な面持ちで剣を構えた。

 ─カラカラ…カラ…

 件のものが姿を現すと同時に、真紅はまたか、とでもいう風にため息をつく。

「合成獣にミノタウルスの次は……幽霊、というわけ?」

 柱から、人一人分はあろうかという長さをもった大剣を引きずって現れたのは、重厚な鎧を身に纏った騎士。
『普通』と違うのは、中に人が居ない。つまり鎧だけである、という点だけ。 

「オオオォォ…」

 その魂が鎧に捕らわれているのかは定かではないが、ソレはまるで楽になりたい、とでも言うかのようにおぞ
ましいうめき声をあげ続ける。鎧が剣を構えた瞬間、その足元で薄ぼんやりと真っ赤な魔方陣が光を放ったのが
分かった。

「来なさい。その哀れな魂に…引導を渡してあげる」

 そう呟くと共に、真紅はすさまじい跳躍でソレの頭上を飛び越え、真後ろに着地する。ソレはとっさに反応し
て後方に剣を薙ぐが、彼女はそれを再度の跳躍でかわし、そのままの姿勢から、剣撃を三発打ち込んだ。

「…流石に、硬いわね」

 真紅は華麗に着地しながら呟く。その言葉の通り、鉄の鎧の化け物は一切ダメージを受けていないようだった。
のろい動きで、大剣を引きずりながら、じりじりと彼女の方へと迫ってくる。

「まぁ、それならそれで…いくらでもやりようはあるわ」

 真紅はその様子に動じることなく、今度は姿勢を落とし、地を這うような体勢になって地面を蹴り、それに接近。
今度は、鎧と鎧の間の継ぎ目を正確に打ち抜いた。

「アアアァァァァァ…」

 あっけなくその場に崩れ落ちる鎧。その刹那、光の塊のようなものが立ち上り、霧散していった。

「水銀燈、この程度の化け物に私がやられるとでも思っているのかしら? なめられたものね」

 そう呟きながら、真紅は扉を開く。その先にあったのは、光の差す大きな竪穴と、それを上るための梯子。

「…ようやく『魔の森』…ね」

 真紅は慎重に、しかし強い意思を感じさせる素振りで梯子を握り、上を目指していくのだった。

─────────────────

────────────────

──────────────

「……ちょっと弱すぎたかしら? ふふ、予定より早く『力』をつけていっているみたいね」

 水銀燈が突然不穏な笑みをこぼす。その笑みにはまるで何か嬉しい誤算でもあったかのような雰囲気が現れているが、
それの意味するところはジュンには、そして、長い時間を彼女と共にしてきた巴にさえも分からなかった。
|