※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私達は何とはなしに、ブラブラと歩き続けていた。
すると、途中の土産物屋で梅岡先生を見つけた。
ソフトビニールの剣と木刀を手にとって見比べている。どうやら、お土産を選んでいるみたいね。
邪魔をしてはいけないので、私達は早々にその場を立ち去ることにした。

翠「おっ、あれはソフトクリーム屋じゃあねーですか」

翠星石が視線を向けたその先には、どこの観光地にも一つはありそうな、簡素なソフトクリーム屋があった。

銀「どうする?」
雪「私は別に構いませんよ」
翠「それじゃあ、行け行けゴーゴー!ですぅ」

特にこれと言った目的地も無い私達は、そのソフトクリーム屋に足を向けることにした。

蒼「これはまた……破壊力の高そうな味ばかりだなぁ」
金「うげ……酷すぎるかしら」

二人がそういうのも無理はない。いくらなんでもこのラインナップは強烈過ぎる。
柚子に薔薇に水母……一番強烈なのは、『味噌』だろう。
一体誰が買うのかしら。

薔「……柚子」
仗助「おれは無難に、バニラで」

早速注文しているのは仗助君と薔薇水晶の二人。かなりベターなものを選んでいるわね。

 

ベジータ「俺はやっぱり味噌を頼むぜ」
ウルージ「お主本気か?」
ベジータ「俺の生き様を見てろよ!貴様らぁ!」
笹塚「みんなアイスの方に夢中だよ」
ベジータ「何ィ!?」

なんというか、やっぱりと言うか、ベジータはネタに走り、一番の地雷候補の『味噌』を注文していた。
さて、私はどれにしようかしら……。あっ、紅茶ソフトなんてあるのね。これにするのだわ。

紅「ジュン、貴方は決まった?」
ジュン「うーん……僕はチョコレートにするよ」
紅「私は紅茶にするのだわ」
ジュン「こんな時でも紅茶かよ。ジャンキーだな」
紅「うるさいわね。美味しいものはどう扱っても美味しいものよ」
銀「ちょっとぉ、後がつかえてるわよ。掛け合いなら他所でやりなさぁい」

うっ……どうやら邪魔をしてたみたいね。
私達も注文を済ませ、ソフトクリームを受け取る。
店の前に大勢で居るのは他の人の迷惑になると言う事で、中央部の広場へと13人で移動する。
広場も江戸時代の往来を再現したものらしく、どことなく昔っぽい雰囲気がしている。
その中心でミスマッチに設置されている噴水のそばで、みんなでアイスを食べる事にした。

 

銀「ああ、至福の時ね」
紅「随分安っぽい至福なのだわ」
銀「それは言わないでぇ」

水銀燈がソフトクリームをぺろぺろ舐めながら言った。
どうやら水銀燈はカルピス味をチョイスしたようだ。
真っ白いソフトクリームが彼女の真っ赤な舌の上で踊っている。

銀「ねぇ真紅ぅ……一口くれなぁい」

どうやら私の食べている紅茶ソフトが欲しくなったのか、そんな事を言い出してきた。

紅「一口だけよ」

私は食べかけのソフトクリームを彼女の前に差し出す。
それを大きく口を開けて……ってああああああ!!

紅「ちょっと!食べすぎなのだわ!ああ……私の分が」
銀「一口は一口よぉ」

悪びれもせずそう言う水銀燈。はぁ、こうなる事を予想しておくべきだったわ。
でも……くすん。
私の食べる分が殆ど無くなっちゃったのだわ。

ジュン「僕の分で良かったら食べるか、真紅」

え? ……ジュンが私にチョコレートアイスを手渡す。
それはまだ殆ど口が付けられていない。

 

紅「本当にいいの?」
ジュン「ああ、甘いものはあまり得意じゃあないからな」
紅「なら、ありがたく頂くのだわ」

私はチョコレートアイスに口をつける。

銀「やりすぎたわぁ。ごめんなさい」

水銀燈が心底すまなそうな顔をしている。
さっきまでの私なら烈火のごとく怒っている所だけど、今はもう気にもならない。

紅「もう気にしなくても良いのだわ」
銀「それなら、そのチョコアイスも頂戴」
紅「お断りよ」
銀「ケチぃ」

許してあげたらすぐこれよ。全く……

ベジータ「ぐおおああああああ!!」
笹塚「ベジータァァァ!!」
ベジータ「ほあああああああああああ!!」

ど、どうしたの!? 急にベジータが狂ったように大声を上げだした。
手に握られているのは、あの『味噌』アイス。……予想通り、もの凄く不味い代物だったみたいだ。
薔薇水晶が興味を持ったのか、すかさずもがき苦しんでいるベジータの手から味噌アイスを奪いとる。
そしてベジータの口の付いていない所を選んで一口。見る見るうちに顔が苦悶の表情になっていく。
しばらくその味とみっちり付き合った後、彼女はそのソフトクリームをゴミ箱に叩きこんでいた。

 

紅「どうだった?」

私は薔薇水晶に聞いてみた。

薔「……最悪、バニラに味噌を入れたらちょうどこんな感じになる」
紅「……そう」

そう言って薔薇水晶は仗助君に背中をさすってもらっている。
私はその味をイメージしようとしたが、あまりにも想像できなさ過ぎたので、やめた。

ベジータ「ようし!完全復活だ!」
ウルージ「二度と目覚めなければ良かったのだがな」
ベジータ「馬鹿言え。俺がいなくて薔薇学がなりたつか。な、そうだろ蒼嬢」
蒼「寝言は寝てからいいなよ」
ベジータ「うわーん!」

そうこうしている内にベジータも復活したらしい。元のハイテンションに戻っている。

ジュン「おい、そろそろ行くか?」
翠「ちょっと待ったぁぁぁ!!」

ジュンが振り向いた瞬間、翠星石がその流れを思いっきり断ち切った。

紅「どうしたのよ。どこか行きたい所でもあるの?」
翠「いやいやいや、違うですよ」

 

翠星石は手を振ってそれを否定する。そして翠星石が蒼星石のバッグをまさぐりだした。

蒼「うわっ……何をするんだい?」
翠「アレですよ、あっ、あったですぅ!」

掲げられているのは、あの高性能カメラだった。
写真を撮りましょうって事ね。

翠「ちぃと待ってろですぅ」

突然駆け出すと、近くを歩いている人に交渉を始めている。
しばらくするとすぐに、一人の男性を連れてきた。
その親切な人にカメラを手渡して、私達は噴水の前に立つ。

親切な人「ハイ、チーズ(ホントは女子のフトモモだけアップで撮りたいなー)。……はい、終わったぜ」

皆でお礼を言ってその人からカメラを受け取る。写真を見てみると、腕がいいのか、なかなか良く撮れていた。
思い思いのポーズをした私達が写されているこの写真。
十年二十年したら、きっとお酒の肴にでもなっているのだろう。いいわね、そういうのも。

|