※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュンが紳士な召使だったら 真紅Ver
☆もはやジュンがジュンじゃない!

-----------------------------------
ここは山の中のお屋敷。
そこにはジュンという誠実な召使と
真紅という赤い服を着た金髪の嬢様がすんでたそうな。

紅「紅茶を入れて頂戴」
ジ「承知いたしました。」
ジ「ローズティーでございます。」
紅「下がっていいわ」
ジ「はい。」
ジュンは台所へと向かっていきました。
今の時間は午後2時。とても気持ちのいい日です。
紅「ジュン、こちらへ来なさい」
ジ「何でございましょう。」
紅「とてもいい日差しだとは思わない?」
ジ「ええ、暖かい日差しで、春のようですね。
  洗濯物もよく乾きます。」
紅「そうね。  紅茶が冷めたわ、取り替えてきて頂戴。」
ジ「少々お待ちください。」
ジ「お持ちいたしました。」
紅「少し熱いわ、さましてきて頂戴。」
ジ「申し訳ございません。」
紅「あっ、ちょ」
ジ「どうかなされました?」
紅「いいえ、なんでもないわ」
紅。oO(そんなに気を使わなくてもいいのに・・・。)

ジ「お持ちいたしました。」
紅「ねえジュン」
ジ「なんでございましょう」
紅「私たちなんで二人きりなの?」
ジ「そうですね、楼全さまがなくなられてからずっと二人ですね。」
紅「少しさびしいわ」
ジ「私はさびしくならないように努力したいと思っております。」
紅「そうね・・・。じゃあお願いがあるの。」
ジ「何でございましょう」
紅「それは・・・―

-----------------------------------
ご想像にお任せしたいのでEND。
怒らないでね。
ちなみに楼全はローゼンの当て字。

|