※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星石と蒼星石がお汁粉を食べているようです

翠「おいしいですぅ、さすがは蒼星石の料理ですぅ」

蒼「ありがとう。お正月のお餅が余ってたからね…」

翠「ところで蒼星石、話があるです」

蒼「どうしたの?改まって」

翠「…私の汁粉どこやった?」

蒼「?」

翠「そんな事しるこ!」

蒼「…ングッ!!!!」

翠「ちょw蒼星石ぃ、こんな幼稚なダジャレで笑わなくてもww」

蒼「ン~!ング~!!!」

翠「…蒼星石?そんなにツボッたですか?」

蒼「ン~!」フルフル

翠「…まさか!喉が餅に!?」

蒼「ン~!!」ウンウン

翠「ひんぎゃああああああ!!!そっ蒼星石ぃ!大丈夫ですかぁああ!?」

蒼「ンンー!!」

翠「たっ大変ですぅ!誰かいねぇですか!?」

真「騒がしいわね、二階まで聞こえてるわよ」

翠「うるせえですぅひんぬー教徒が!蒼星石が死にそうだからさっさと通報しやがれです!」

蒼「ン~」

真「そっ蒼星石っ!!大変だわ!もしもし、急患なのだわ…」

銀「貴女達…静かに勉強くらいさせてよぉ。まったく、女が三人で姦しいとはよく言ったもんねぇ」

翠「今その中の一人が昇天しようとしてるんですぅ!ああ、蒼星石ぃ」

蒼「ン…」ピクピク

銀「どっどうしたのよ!蒼星石っ!」

翠「そっそうですぅ!ヤク中、お前ゴミ食べ機持ってこいです!」

銀「分かったわ!こないだ買ったばかりのダ●ソン持ってくるわねぇ!」ドドドドド

蒼「」

翠「蒼星石ぃ!…かくなる上は人工吸引ですぅ!」

雪「ただ今帰りましたわ…って蒼薔薇と翠薔薇のお姉さま!」

翠「むちゅうううううううううう」

雪「そっそんな!姉妹で口づけなど、うらやま…はしたないですわ!ああん、私ったらどうしたらいいんですの///」

蒼「…ぶはぁっ!!あ″~生き返ったよ姉さん…ありがとう」

翠「」ピクピク

蒼「…ん?姉さん!?」

翠「」ピク

雪「いいですわよね…若いんですもの、女同士だって…ああ…私も…」

銀「吸引力業界ナンバーワン、ダイ●ンの掃除機持って来たわよぉ!!」ドドドドドド

真「救急車が来たのだわ…って蒼星石、無事だったの?」

蒼「いっいや…僕の喉に詰まってたお餅、今度は姉さんの喉に詰まっちゃった」テヘ

翠「」ピ

おわれ

|