※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「うぅ~……一体どうすればいいですかね……」

私は、自室のベッドの上でため息をついていた。
理由は私の友人のチビ、桜田ジュンのことだ。
つい2、3年前までは私のほうが身長が高かったのだが、この前ひょんなきっかけで背比べをしたところ、僅かだが抜かれてしまっていたのだ。

「このままじゃあ翠星石の方がちびじゃないですか!翠星石のプライドにかけても、そんな事は許さんのですぅ」

とは言っても、一体全体どうすればいいのか分からない。

あの嫌な数学のテストを解いている気分ですよ、全く。

「そうだ、蒼星石に相談しに行くですぅ!」

うっかり声が出てしまった。しかし、我ながらナイスアイデアですぅ!
私は飛び起きて階段を駆け下りる。そしてコタツに入ってくつろいでいる蒼星石を見つけた。

「ちょっと、相談があるですぅ」
「……翠星石が僕に相談?何かな?」

蒼星石は私の真剣な眼差しを受けて、少しだけ姿勢を良くしてから、私の方へと向き直った。

「それでですね、蒼星石、あの……背を伸ばすにはどうすればいいと思いますか?」

背の事についての悩みを一気に口に出す。蒼星石は私の喋る事を、黙ったまま目を閉じて聞いてくれた。
そして、私が話し終わった後ちょっとだけ間を置いて、こう言ってくれた。

「チビで何が悪いの?」

蒼星石の言う通りだ。私は、つまらないプライドにこだわっていた事を思い知らされた。
……身体中を覆っていたもやもやとした物が、全て溶け落ちた感覚がした。

 

 

 

翌朝、朝練で私よりも家を早く出る蒼星石を見送ったあと、私はジュンと一緒にのんびりと歩いて学校へと向かう。
道中、私はジュンにいつも先に話しかける。

「ちび」
「僕はちびじゃない!」

いつも通りの応酬だ。

「大体、今は僕の方が大きいじゃないか」

胸をそらせてちょっとでも体を大きく見せようとするジュン。

「うぅ~……翠星石だってもうちっと大きくなるはずなんですがね」
「その頃には僕はもっと大きくなってるだろうな」
「じゃあ、翠星石はもっと大きくなるですぅ」
「それなら僕はその倍大きくなってやる!」

……まるで小学生だ。周りの目も「何あのバカップル……」という感情をこめているのが分かる。
いや、実際はカップルでもなんでもないんですけどね。
けど、ジュンもそれに気づいたのか、顔を紅くして咳払いを、一つ。

「や、やめとくですぅ」
「そ……そうだな」

もう一度、私達は二人で並んで歩き出す。
並んだ二つの肩は、ジュンの方が少しだけ高かった……ような気がした。
なんの、翠星石も負けんですぅ!

 

|