※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇乙女の書き初め

ジュン「お、書き初めか……何にするんだ?」

銀「そうねぇ……『虎穴に入らずんば虎児を得ず』?」

ジュン「……紙に入りきるのか?」

銀「古文のように書けば、何とかなるわよぉ。」

ジュン「はぁ……お、金糸雀。お前も書き初めか。」

金「かしら♪ 元旦と言えばおひさま! というわけで……」

ジュン「『おひさま』か。」

金「ひらがなは繊細さが要求されるかしら! けどこれがなかなか難しいかしら!」

ジュン(……小学校の教室、後の方に貼ってあるやつみたいだな)
   「ん、翠星石と蒼星石もやってるのか」

翠「もちろんですぅ。この翠星石に掛かれば、書き初めなんぞお茶の子サイサイですぅ♪」

蒼「…… ……よし」

ジュン「……どっちも『初日の出』か。」

蒼「ベタだけど、やっぱりお正月はこれだよね。ところで翠星石……
  ……漢字で書いたほうが、4文字ですっきりおさまるよ?」

翠「じゃかあしいですぅ!! べ、別に全部ひらがなでもいけるですぅ!
  これでも見やがれ、ですぅ!!」

ジュン「と、『とら』」

蒼「迫力があるよね。」

翠(……ニイッ)

ジュン「……雛苺は……?」

雛「とらさんなのー!」

ジュン「虎の絵を描いてどーするんだよ……ん、雪華綺晶に薔薇水晶も
    書き初めか……。」

雪「はい。たった今、仕上がったところです。
  『荊の道』……です♪」

薔薇「……わたしも。……『薔薇』。」

ジュン「……よく書けてるな……なんか、スケールの大きな書き初めだ……」

薔薇「……真紅も、できたみたい」

ジュン「ほーう、どれどれ」

…… ……

ジュン「『2010年を迎えるにあたって、まず下僕たる同級生桜田ジュンの再教育ならびに
     勉学の指導を抜かりなく。また淑女として恥ずかしくない素行の良い行動に心がけ
     生活を送ること。紅茶の味の違いをもっと深いところまでわかることの出来る様に
     そしてくんくん……』」

真紅「だ、だめよジュン! まだ書き終わっていないわ。」

ジュン「突っ込みどころが分かんねーよ!!」


                    【完 一年宜しくお願いします。】

|