※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆冬は焚き火◆

パチパチ
薔「垣根の……垣根の……曲がり角……」

J「よう。焚き火してんのか、ばらしー」

薔「……やあ、JUM」

J「あれ? なに燃やしてるんだ、これ……?」

薔「……手紙と写真、だよ。お父様からの……」

J「……それは道徳的にいかがなものかと」

薔「いいの……毎日ポストいっぱいになるくらい送ってくるから……」

J「なんという子煩悩」

薔「本当に……気持ち悪い」

J「なんという親泣かせ」


◆ばらきらのお父さん◆

薔「お父様は忙しい方……世界中を飛び回っているの」

J「確か人形師だろ? なんで世界を旅する必要があるんだ?」

薔「……生きた人形を……見つけるため……」

J「…………そう、なんだ」

薔「………………」

J「………………」

薔「……やっぱり……引いちゃうよね……」

J「い、いや、そんなこと」

薔「できれば若奥様な性格の人形がいいんだって……」

J「さすがの僕でもそれは引くわ」


◆納得◆

ガチャリ
め「ふぁーあ……ん?」


め「いよう、ご両人。焚き火かい」

薔「……おっはー、めぐ」

J「ずいぶん遅いお目覚めで」

め「まあ、仕事は自宅警備ですから」

J「それを言い訳にしたら色々と駄目だろ」

薔「……自宅警備……なるほど……」

J「いや、そこで納得するなよ」

め「あら? これ槐さんからの手紙と写真燃やしてるの?」

薔「うん……あんまり多いから処分に困って……」

め「ふーん、なるほど」

J「いや、そこで納得するなよ」


◆わかればよろしい◆

め「そういえば最近、前髪がのびて邪魔なのよね。そろそろ髪切りに行こうかしら」

J「『前髪で前がみえねぇ』ってか? ははは」

め「…………」

薔「…………」

め「ところで昨日の金曜ロードショー見た?」

薔「うん……見たよ……」

J「HAHAHA、二人揃ってスルーは精神的に応えるなぁ」

め「親父ギャグにもほどがあるでしょうに」

J「……ごめんなさい」

め「わかればよろしい」


J「……でもさ、髪が邪魔と思うんなら、なんでめぐはそんなに伸ばしてるんだ?」

め「ニートがマメに髪切るわけねーだろ、タコ」

J「……ごめんなさい」

め「わかればよろしい」


◆JUMと真紅◆

コンコン
真「JUM。少しいいかしら」

ガチャリ
J「ああ、新規。どうしたんだい」

真「ええ、ちょっとね。ところで私の名前は真紅よ」

J「わかってるさ、神秘」

真「……まあ、いいわ。それよりあなたのアイディアを貸してほしいの」

J「というと?」

真「今私が執筆中の恋愛小説……別れの瞬間にヒロインが恋人を引き止めるシーンがあるのだけれど」

J「ほほう」

真「あなたなら、どのような言葉をかけてほしいかしら?」 

J「なぜ僕に」

真「やっぱりこういうのは実際に男性に聞くべきだと思って」

J「ふむ。そうだな……『待ちなさい! このウジ虫!!』とか」

真「……他には?」

J「うーん……『今すぐ戻ってきて私の靴をお舐め!!』とか言われたらゾクゾクしちゃうかも」

真「あなたに聞いたのが間違いだったわ。じゃあね」

J「あ、ちょっと待って、新規」

真「私の名前は真紅だけど、何?」

J「さっきのセリフ僕に言ってみてくれない?」

真「全力で断る」

|