※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9月1日晴れ
小、中学生たちは夏休みが空けて、久しぶりの登校日である。
みんな、面倒臭いなーと言いつつも友達と一ヶ月ぶりに会うので、どこか楽しそうだ。

空は晴れ、外も少々賑やかになってきた日和とは裏腹に、
とある家に心が土砂降り状態の一人の青年がいた。

彼の名前は桜田ジュン(24歳)現在無職。
元々は平凡なサラリーマンだったが、就職したての会社が不況により倒産。
ジュンは職を失った。今現在、彼は新しい仕事を探すため就職活動を行っているが、
不況により、ジュンのような平凡な人には仕事すら見つけるのも難しい状況。
さらに追い討ちをかけるように、ジュンの両親も不況で多額の借金をかかえ、
その借金を残して蒸発。
その上、借金返済のため出稼ぎに行っていた姉の桜田のりが、
数週間前から連絡が途絶え、行方不明状態。
ちなみに、その借金額は約800万円。無職の者にとって、
とてもじゃないが返せるような額ではない。
積み重なった不幸……もはや絶望的な状況……
仕事の見つからない苛立ち、借金、突然の両親の蒸発、姉の失踪…
これらが組み合わさって、彼は身体的にも精神的にも疲れきっている状態である。


そんな苦しい日々の中、ある日ジュンがいつものように仕事を探すため、
街中を歩いていると、ある男に呼び止められた。

?「すみません、このあたりに桜田ジュンという人はいませんでしょうか?」
話しかけてきたのは、30代前半ぐらいの若い男性であった。
ジ「あっ、はい。僕が桜田ジュンですけど?」
?「そうですか、貴方が…」ガシッ

そう言うと、その男はいきなりジュンの腕を掴んだ。

ジ「!?何をするんですか?」
?「君の両親が残した借金について話をしたいんだ。
  ちょっと事務所まで来てもらおうか?」
両親の残した借金…事務所…それらの言葉を聞いた途端、ジュンの顔が真っ青になった。

(殺される…絶対に殺される…)
ジュンは最悪の結末を思い描いた。


謎の男に連れられ、ジュンはある事務所に連れられた。
どうやらこの男は暴力団の幹部で、名前は槐というらしい。
その男、槐は暗い密室の中でタバコを吸いながら、ジュンにいろいろと話を聞いた。
まるで、警察が犯人を尋問するかのように……
槐「…で、桜田さん?君は借金をどうやって返すんです?
  このままじゃ、非常にヤバいですよ?我々も手荒なことはしたくないのですがねぇ…」

ジュンはずっと下を向いて黙っていた。
というよりも、怖くて何も話すことが出来なかった。
心の中でも、この男に殺される…殺される…と、ばかり考えて、
まともに槐の顔を見ることも出来なかった。
しかし、槐はそんなジュンの様子などお構いなしに話を続けた。

槐「ふぅ、仕方ないね。君には…カニ漁船に乗ってもらうかね?」
ジ「!?」


カニ漁船…それは、借金を返せない債務者がカニの漁船に乗って1年ほど海で働く
          仕事である。名前的にも大した事なさそうだが、実際は海が荒れる中、
          アラスカ周辺の海峡で漁をする。アラスカ周辺の海峡は極寒のため、
          海に落ちたら数分で身体機能が停止してしまう。しかも、
          毎シーズンごとに数十名が、荒れる海で行方不明になるとも言われている。
     お金は稼げるが、マグロ漁船よりも非常にリスクの高い仕事なのである。


ジ「そ…それだけは勘弁してください!お願いします!!」
ほぼ半泣き状態で土下座をするジュン。
そんなジュンを見て槐は、哀れみを出したのだろうか。ジュンの肩に手をそっとおいた。

槐「そう言うと思ってね。実はとっておきの情報を入手しておいたのさ」
ジ「本当ですか!?ぜ…ぜひともお願いします」
槐「良いだろう。実はな、ローゼンメイデンといわれる女性ばかりを集めた地下組織が
    ギャンブルの相手を探しているんだ。その集団とギャンブルをやって、
    見事に勝てば借金なんて楽勝に払えるんだけどなぁ」

要するに、危ない連中とギャンブルをやって勝たなければならないのだ。
当然、危険な連中なので負ければ命に関わるかもしれない。
一か八かの大勝負をするのだ。確立は50%……非常に危険である。
もしかしたら、カニ漁船に乗った方が安全かもしれない。
しかし、今のジュンはワラにもすがる気持ちだ。
槐の提案することにあっさりと承諾してしまった。

ジ「分かりました、僕はやります!!!」
槐「そうか、分かった。なら、その連中に連絡しておくから。
  では、君はこのメモに書いてある場所に3日後の午後6時に行ってくれ。
    時間もかいてあるから」
そう言うと、槐は1枚のメモをジュンに渡した。
ジュンはありがとうございました!!っと、深々と頭を下げて、事務所を後にした。

彼が出て行ったあと、別の男が出てきて槐に言った。
「上手くいったんだね?」
塊「ハハハ、あの男、まんまと引っかかったな」
「しかし、君もワルだねぇ。あんな誠実そうな青年をカモにするなんて…」
槐「ふん。この世の中、正直者が馬鹿を見るのさ。あんなんじゃ、
    世間に出ても騙されるのがオチさ。そこで、世の中はそんなに甘く無いと
  俺は教えてやったんだ。これが優しい心遣い…だろ?白崎?」
白「まぁね。ハハハッ」


3日後、メモ通りにジュンは指定された場所に着いた。
午後6時、黒服にサングラスの男が近寄ってきた。
黒「お待ちしておりました。桜田ジュン様ですね。
  さぁ、お車へどうぞ…」
そう言うと、黒服は豪華なリムジンにジュンを乗せた。
これから行き先で何が起こるのか…
ジュンは期待感と不安感が入り混じって、複雑な気持ちだった。

1時間後の午後7時、車が大きな屋敷の前に着いた。
日本の建物とは思えないほど、とても立派な屋敷だった。
その屋敷の周りには、沢山の薔薇が生えている。
薔薇の色は主に紅色、翠色、蒼色、黒色、金色、桃色、紫色、白色の8色があった。
なんだか、とてもロマンチックだなぁ、と思いつつ、ジュンは黒服に誘導されるがまま、
奥へと進んでいった。

そしてある部屋に着いた。
その部屋は広く、学校の教室並み……いや、それ以上だろう。
天井には豪華なシャンデリア、壁には美術館で目にするような見事な絵画。
机もすごくお洒落で、机の上の花瓶には紅い薔薇が数本たててあった。

ジュンが見事な部屋に感動しつつも、何が起こるのか緊張していると、
隣の部屋から真っ赤な服、青い瞳、金髪のツインテールをした女性が入ってきた。

「貴方が今日のお相手なのね?お手柔らかに願うのだわ」

To Be Continued...
|