※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は誰かと遊びたい

私は誰かと遊べない

小さい頃から人見知り

中々友達作れない

そんな私のお父様

私を認めて下さった

髪は銀色 目は紅い

それでも私は愛された



私が高校入る前

急死なさったお父様

大好きだったお父様

一人になった私には

働かずとも生きられる

大きな遺産が遺された

 

 

その後雇った執事さん

裁縫上手なその人の

笑顔はとても優しくて

どうしてだろう いつの日か

私もつられて笑ってた



学校行ってもただ孤独

私の居場所は私だけ

未だに話す人もなく

喧騒の中でただ独り

今日も空気に溶けている

息をするのも苦しくて

必死に自分を押し殺す

私を見てよ 認めてよ

口に出せたら楽なのに

 

 

家路について一時間

私を迎える執事さん

あなたの笑顔に癒されて

私はすぐに生き返る

笑顔もすぐに思い出す


あなたの作った服を着て

あなたのご飯をいただいて

あなたと過ごす一秒は

学校よりも楽しくて

あなたと笑えるこの私

涙がこぼれそうになる

 

 

お風呂に入り肌磨き

あなたに体を拭かせてる

こんなの別に構わない

私は罪の子でしょうか


いつの日からか 私たち

闇に沈んだ寝室で

熱い体を重ねてる

いけない事と知りつつも

最も熱いこの瞬間

私はまさに生きている

あなたに抱かれ 愛されて

私は自分を解き放つ

 

 

もうどうなっても構わない

私はここに生きている

何びとたりとも否めない

私はここに生きている


生きることとは 何でしょう

慟哭なのか 幸なのか

恐らく両方なのでしょう

私の生は 存在は

夜の帳に花開く

おわり

|