※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それじゃあ保守代わりに短編を一つ


JUM「おねぇちゃぁぁぁぁん!水銀燈に!水銀燈に追いつかれちゃうよぉぉぉぉ!」

翠星石「私がいたらチビ人間は逃れられないですぅ。一人で行くですチビ人間。あなたを逃がすのは蒼星石であり…真紅であり、あたしの父さん『ローゼン』…生き延びるです、あなたは『希望』!!ここは翠星石が食い止めるですぅ!」

JUM「だめだよ!一緒に逃げようよ!」

翠星石「ダメですチビ人間・・・来るです!水銀燈!スコーン・フリーィィィィィ!」

JUM「お・・・おねぇちゃぁぁぁぁん!!!」




翠星石「と、いう夢を見たですぅ」

JUM「何で僕がエンポリオなんだよ」

蒼星石「僕はアナスイなんだね・・・」

真紅「そんな・・・翠星石の夢の中でも貧乳なのだわ・・・ガッデム!」

水銀燈「私が神父?何で悪役なのよぉ・・・」


そんな午後のひと時・・・


蒼「やぁ、JUM君…って、この宝箱はなんだい?」
JUM「蒼星石か…丁度いい、宝箱を一つ選んで開けてくれ」
蒼「え?…別にいいけど、中には何が入ってるの?」
JUM「それはお楽しみさ」
蒼「じゃあ…左から三番目の箱を」(ガチャ

ベジータ「さぁ蒼嬢!俺がプレz」
蒼「うわっ!!」(バタン!!


ゴォォォォォォ

翠「あれ…?何を燃やしてるんですか?」

ドンドンッ!!ウワータスケテクレーシヌーバンバンッ!!

蒼「生ゴミ」


金「う~ん…最近どうも影がうすいかしら~…」

金「お姉さんキャラとしては水銀燈がいるし…賢さでは真紅に負ける…」

金「知名度ではあの双子に勝てないかしら…何かいい方法は…」



金「うん…」

JUM「うわっ…なんだよこの装飾…」

蒼「目立とうとしてるのはすっごく伝わるけど…」

紅「でもあなた誰?」

金「(うわ~ん!散々かしらー!)」



翠「おや?せっかく作ったケーキが無いですぅ」(棒読み)

蒼「え?僕は知らないよ」(棒読み)

銀「ごめんなさぁい 実は私が食べちゃったのぉ」(棒読み)

翠「全く、しょうがないヤツですね」(棒読み)

蒼「食べ過ぎたら太っちゃうよ」(棒読み)

銀「・・・・・・」

蒼「・・・・・・」

翠「・・・・・・」

銀「ダ…ダメ…これ以上出来ない…」

翠「水銀燈ー!頑張るですぅー!」



翠「ねぇ、薔薇水晶」
薔薇「何?」
翠「薔薇の眼帯をつけてるから、薔薇水晶なのですか?」
薔薇「…うん」
翠「じゃあ眼帯を外した時は何水晶なのですか?」
薔薇「……」



蒼「翠星石!こんな置き手紙が!」

『自分探しの旅に出ます 薔薇水晶』

翠「えぇ!どうしたんですかねぇ…?」


『Q水銀燈の妹、翠星石の姉は誰?』

紅「う~ん…分からないのだわ…」

蒼「誰だっけ…」

雛苺「さっぱり分からないのー」

金「…マジかしら?」

蒼「……あ!」

紅「分かったの、蒼星石?」

蒼「最初に『ポ』が付いた気がするんだけど…」

雛苺「そうなのー?」

金「出だしから違うかしら…」


『Q JUMのかけている眼鏡の縁の色は?』

紅「黒なのだわ!」

『正解!!』

蒼「真紅はJUM君の問題なら何でも来いだね」

紅「ふふふ」

『Q JUMの今日のパンツの色は?』

翠「白地に葉っぱ柄ですぅ!」

『正解!』

翠「…ニヤリ」

紅「…ムカつくのだわ」

JUM「あら…本当だ…」



『Q 私は昨日、翠薔薇のお姉様のした事をみてしまいました さてどれ?』

A 寄り道
B 立ち読み
C つまみ食い

翠「何ですかこれは!?」
翠「…Bですか?」

『不正解です』

翠「何でですか!?」

『わざと間違えたので次はもっと恥ずかしい問題です』

紅「ちっ…」
銀「いくじなし…」
蒼「姉さん…」
翠「ああそうです 雪華綺晶のケーキをつまみ食いしたですぅ…」








朝。ほどよく涼しくて気持ちのいい日。いつもどおりに僕は家を出る。
真紅は静かに、堂々と道の真ん中を歩く…いつもの野良猫がいて走って逃げた。
水銀燈はメグの車いすを押しながら進んで行く。二人の声は明るい。
金糸雀が元気に歌いながら道を駆け抜ける。
雪華綺晶がお菓子をかじりながら進む。
翠星石が雛苺をからかいながら歩いて行く。
うにゅーとスコーンを比べる二人の声は朝でも賑やか。
毎日の通学路なのになんて賑やかなんだろう。
そうやって、みんなが忙しなく行き交う中で、君は一人ただずんでいる。
僕が朝の挨拶をする。
そして嬉しそうに君は微笑む。






「ニコッ……何か、何か違いますわね」
「あら雪華綺晶何をしているの?」
「微笑みの練習といったところでしょうか。どうも納得のいく表情ができなくて」
「そうね、ちょっと笑ってみて頂戴?」
「真紅を見て笑うのですか……」ニター
「これはひどい」
「失礼ですわ!真紅」
「おーい、何やってんだ二人とも」
「あら、ジュン様」
「……いい笑顔よ、雪華綺晶。にしてもこれじゃただのバカップルね」
「えっ?何か言いましたか?真紅」
「いえいえ何も……」


【そして君は】【微笑む】




ジ「ぶえっくしゅん」
の「あわわ、豚インフルエンザかも…」
真「引き籠もりがそんなわけないでしょ」
の「それもそうねぇ」
ジ「…」

め「けほっ、ああなんだか風邪ひいたかも…」
銀「なんですってぇ!」
め「冗談よwちょっと心配させてみたかっ」
銀「佐原さーん!メグが豚インフルエンザかもしれないわ」
佐「なんてこと!早く先生を呼ばないと」
め「いやあの…」
医者「結核などの可能性もある!厳重に検査だ」
佐「メグちゃんしばらく大変だけれど頑張りましょうね」
銀「早く良くなってねメグ…ぐすっ」
め「やっべー…」

金「くしゅん」
み「カカカ、カナ、豚インフルエンザにかかったの!?え、なにみっちゃんのせい!?」
金「慌てなくてもだいじょうぶかしら。これは豚じゃなくて鳥インフルエンザかしら」
み「なーんだ豚じゃないならだいじょうぶそうね」
金・み「あははは」

翠「ほっ、はっ」
蒼「なんで俊敏に動いてるの翠星石」
翠「翠星石はインフルエンザが見えないから、せめて避けてるんですよ」
蒼「普通誰だって見えないよ?」
翠「あれ、でもさっきジュンが【翠星石は確実に空気読めない】って言ってましたよ?
ということはジュンは空気が読めるんじゃないです?」
蒼「何でだろう、涙が止まらないや」





薔薇水晶「……豚…インフルエンザ……?」

白崎「ゴホゴホ……いやいや。そんな大層な事も無く、ただの風邪だ、と言われましたよ」

槐「そうか。それなら温かくしとけばすぐに治るだろう」

白崎「ええモチロン!そういう訳なので薔薇水晶。この熱々のロウソクをですね……」

(中略)

薔薇水晶「……この……豚野郎……」

白崎「アアッ!良い!も…もっとロウソクを!!」

槐「もしもし、警察か?……ああ、変質者が出たので捕まえに来てくれないか?場所は……」

薔薇水晶「……豚が人と同じ言葉を使うのは……生意気……」

白崎「ひゃぅん!申し訳ありません!豚です!鳴きます!なので、もっとロウソクを!」

槐「……ああ、すまない。それと……変質者が2名に増えたのだが……」







1 名前:中二男子[] 投稿日:2009/05/21(木) 13:10:20.32 ID:x1Egxp4I0
最近恋人っていうのかな、そんなのに憧れてるんだけど、
恋人って友だちとはまたちょっと違う感覚じゃん?
どういう人がいいのかなぁ…同姓の忌憚ない意見が聞きたい!

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/21(木) 13:10:48.61 ID:DLj7W2MW0
私男だけどお前みたいな器のちっせぇチビには、世話焼きで料理上手な子がいいと思うですぅ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/21(木) 13:11:36.09 ID:NFrMYUrx0
私男だけどあなたのように自分では何も決められない奴隷体質の子は、
自分を引っ張ってくれるような主人を見つけるべきだと思うのだわ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/21(木) 13:11:44.15 ID:x1Egxp4I0
私男だけど中二男子君には姉弟はいるのかな?
恋人とか考える前に、まず家族を大事にするべきだと思うのよぅ!

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/21(木) 13:11:45.64 ID:AYSR3+dLP
私巴だけど桜田くんには幼馴染の子が一番いいと思うな





翠「おや?せっかく作ったケーキが無いですぅ」(棒読み)

蒼「え?僕は知らないよ」(棒読み)

銀「ごめんなさぁい 実は私が食べちゃったのぉ」(棒読み)

翠「全く、しょうがないヤツですね」(棒読み)

蒼「食べ過ぎたら太っちゃうよ」(棒読み)

銀「・・・・・・」

蒼「・・・・・・」

翠「・・・・・・」

銀「ダ…ダメ…これ以上出来ない…」

翠「水銀燈ー!頑張るですぅー!」
|