※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 ……夢を、見た。
『あは……』
 何で、あなたの夢なんて、見なきゃいけないのか。
『違うでしょう。あなたが、私の夢を見ないほうがおかしいのよ』
 白い世界。水晶は私の名前。白い水晶の世界。
『……そうね、水晶はあなたの名前。じゃあ、あなたはだぁれ?』
 私は薔薇水晶。みんなの姉妹。ジュンの、恋人。
『ふーん。そうなの? ねえ、それなら』
 ――それは、本当にうるさい欠片で。



『わたしは、だぁれ?』



 ……覚えてもいないことを聞く。わからないことを聞く。どうでもいいのに。



/ある少女の混濁


「薔薇水晶」
 ジュンの声がする。だけど、その声は遠い。
「朝だよ……」
 優しい声。うっかり、その声の心地よさに意識を手放してしまいそうだった。
「……ジュン」
 でも、起きる。手放してはいけないもの。それは、その声のはずだった。
「おはよう」
 いつもと変わらぬジュンの優しい声。微笑んでくれる、温かさ。すべては、いつものことだった。
 いつもの――まどろみのような、やわらかいもの。
「……ねえ、ジュン」
「ん?」
「私は、だぁれ?」
「薔薇水晶だろ?」
 何の戸惑いもなく、ジュンは言ってくれた。何の、戸惑いもなく。
「ねえ、ジュン」
「?」
「……私が、どんな姿になっても、ジュンは私をわかってくれる?」
「何か、変な薔薇水晶だな」
 ジュンは困惑気味に呟いた。


「お願いだよ。教えて?」
「よく、わからないけど……、僕は薔薇水晶が好きだから。僕が好きな人が、きっと薔薇水晶だよ」
 ジュンの言葉を聞いて、少し安心する。そう、信じられること。ジュンは、私の信頼できる人。
「うん。それなら、きっと大丈夫だよね」
「……なあ、やっぱり、何かあったのか?」
「ちょっと――夢見が悪かっただけ、かな」
 嘘ではなかった。夢見。不安が心を覆った時に見る夢。……ああ、確かにそう考えると、おかしい。
 だって今、私は不安になんて囚われていなくて――
「好きだよ、ジュン」
「ん、僕も、好きだよ」
 ――ただただ、幸せなはずなのに。
 それは、怖かった。何が怖いのかよくわからないけど、怖いもの。
 ……なんだろう。嫌な予感がした。とても、嫌な予感。




 それは――別れの予感。


『ジュンは誰にでも優しい』
 知ってる。
『だから、別に貴方だけに優しいわけではない』
 知ってる。
『ならさ、……あはは』
 何が、おかしいの?
『ねえ、薔薇水晶。愛しい愛しい薔薇水晶。ジュンは――』
 …………。
『ジュンは、貴方のことを、同情しているだけだったりしてね』
 そんなこ、と、ない。
『本当に、そう思う? だって、おかしいじゃない。蒼星石の想いを聞いたでしょう。真紅の苦悩を感じたでしょう。水銀燈との思い出、聞いたでしょう?』
 それは、
『なのに、何故貴方なんだろうね。ジュンは優しいから。ジュンはとてもとても優しいから』
 やめて。
『だから、ジュンを縛っているのは、』
 やめて……っ!


『――ジュンを不幸にするのは、貴方よ、薔薇水晶(わたし)』



「……薔薇水晶が、居なくなった」
 ジュンが、ひどくつらそうな口調で、言う。
「それは、どういうことなの?」
「居ないんだ。朝、迎えに行って、学校に来ても居なくて、それで、それで、」
「ジュン! 落ち着きなさい」
 真紅は、ジュンを叱咤する。しかしこんなジュンを見るのは、幼なじみの真紅でさえ初めてで、どうしたらいいのかわからない。
 もちろん、真紅が知らないのなら、誰も知らなかった。水銀燈は、過去の嫌な記憶から真紅よりは知っていたが、それでも、こんなに泣くジュンを見たことはなかった。
「とりあえず、探しましょう。話はそれからだわ」
「そうね」
 真紅と水銀燈が言う。それは、これ以上こんなジュンを見ていたくなかったから。
「……ジュンは、どうする?」
「探さなきゃ、探さなきゃ――」
「ジュン……」
 二人は、何も言えない。
「探さないと――薔薇水晶が、」
 そして、ジュンは何と言ったのだろう。



 ――薔薇水晶が、壊れてしまう。


 二人は、とりあえず歩き出した。探さなければならない。ジュンが、あそこまでの怯えを見せるのなら。
「それで、水銀燈。もちろん、心当たりはあるんでしょう?」
「それは、もちろんあるけど……でも、居るとは思えないわ」
「? それは何故?」
「だって、真紅、あのね――」
 水銀燈が、何かを言いかけた、その時。



「あははっ、見つけた!」
 そこに、彼女が現れた。何の脈絡もなく、唐突に。


 
「薔薇水晶……? いえ、」
 違う、と直感で悟る。何が違うのか、それはわからなかった。
「貴方――」
「こんにちわ、銀姉さま」
「返しなさい」
 水銀燈は、短く、だけどその中にとてつもない激情を込めて言った。
「わかったわ。思い出した。通りで、ジュンがああなるわけね」
「水銀燈?」
「この子は薔薇水晶じゃないわ」
「いやだなぁ。薔薇水晶ですよ?」
「……虫唾が走る」
 ぎり、と水銀燈は、貫くような視線を見せる。


「あははっ! そんなだから、貴方はジュンに捨てられる!」
「――――ッ!」
「水銀燈! 貴方は、ジュンと近すぎる! ともすれば一つになってしまう関係は、この世では決して許されない!」
「薔薇――水晶!」
 真紅が、誰も聞いたことのないような声をあげる。それは、怒り。親友を傷つけたことに対する怒り。
「真紅! 貴方もそう! 貴方は勘違いしている! 縛ることが愛なら、縛られている側は、縛る側を決して愛することが出来ない! だから貴方の愛は一方通行なんだ!」
「……うるさい!」
「ほら、皆そう言う! 皆図星だから! だからそう、拒否するんだ! 私を、薔薇水晶を! あはは、あはははははははははははは!」
 狂っていた。世界が狂い始めていた。
「ジュンは、水銀燈を見捨てたわけではない!」
「そうだね、そうかもしれない。ジュンは優しいから! それが傷になろうとも受け入れるでしょう! でも真紅貴方はどうなの! 貴方は、水銀燈とジュンが恋人だった時、本当に何も思わなかったの!」
「それ、は、」
「……あなた、いい加減にしなさぁい」
「あはは、強くなったんだ、水銀燈! 昔の貴方なら、きっとここで壊れてたよ! ジュンの名前を呼びながら泣いていた!」
「貴方は、誰」
 真紅が呟く。敵意を持って。
「私? 私は薔薇水晶。でも――」



「わたしは、だぁれ?」



「…………っ」
 二人は、何も言えなかった。狂気。そうだ、この感じは、狂気だ。
「さあ、ジュンに会いに行こう。きっと待ってる。ジュンが待っている! 貴方たちなんか関係ない。――ジュンが、私を待っている」
 そして彼女は歩き出す。未だ、強い意志を持つ彼女たちを残して。


続く

|