※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VIP in ch



車は走る。

二人を乗せて。

今までの冬は遠ざかり、春の足音が近づいてくる。



ローゼンメイデンが普通の女の子だったら



流されてゆく風景。

どこも見覚えがある。

風が車のウインドウを叩き、形を変えた。





第十二話 「予感」





時はきっと流れてゆくのだろう。

どんな世界であれ。

どんな未来であれ。

色は沈み、瞳が凍りついても。

人々の暮らしが2つに分けられても。

人々が運命に支配されても。

人々が空を忘れても。





NE





――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――


地下の駐車場。
拳銃を握り締めて。
「―――――――――――――――!!」
何かを叫んだ。
目眩がする。これまでにないほど酷い。これで終わりと言えるほどに。
これで、終わり。

そして、私は引き金を――――――。


――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――


「どこかへ行きたい」
どこでもいい。この世界がいまどう見えるのか、気になっていた。
こんな私にとっても、今なら綺麗に見えるんじゃないか。

ドレスはもう脱いでいた。
流石にずっと着ているわけにはいかない。

「どこかへって、どこに?」
「どこでもいいの。本当にどこか遠くへ」
「うーん。まぁ、明日は休日だからいいけどさ……」
「やったー! じゃあ早く準備するの!」
「分かった分かった。少し待ってろよ?」
「はーい」

準備と言っても、そう大したものじゃなかったようだ。
上着を着て、鞄を探し、財布の中にお金があるのを確認した程度だった。


「じゃあ、出すか。リクエストはないのか?」
「うーん。じゃあ、海に行きたいの!」
「今は泳げないぞ」
ジュンは冗談を飛ばす。
「分かってるの!」
「おいおい。本気に取るなよ」
くすくすと私たちは笑いあった。


車は高速道路に入り、さらに速度を増した。
ここまで、数多くの会話を交わしてきた。
笑い話、真面目な話、冗談、馬鹿な話、思い出話。
本当に数多くの会話を。
満ち足りていた。
楽しかった。
嬉しかった。
幸せだった。

「けど、お前と会って、もうというべきか、まだというべきか……。2年なんだな」
「そうね。2年ね」
長かったのか短かったのか、分からない。
けど、今まで生きてきた中で、もっとも濃い2年だった。
それまでは殺ししかない中で命は希薄になり、生きるということも見いだせなかった。
最悪から2番目の選択肢と言うのも、漫然と生きていくための処世術でしかなかったのかもしれない。
「2年か……」
「2年ね……」
車の中は、2年と言う単語で溢れかえり、その足をも緩めさせていた気がする。
「でも、僕にとっては悪いもんじゃなかったよ」
「……。それって告白?」
冗談のつもりだった。
「かもね」
そう返された時、私の頭は何も考えられなくなっていた。
「えっ……」
風がしずみ言葉は広がることなく口もとで止まる。
「告白したんだけどなぁ……」
彼は私から顔をそむけていたが、よくよく見ると耳元まで赤くなっている。
それを見て、私は少しだけ落ち着いてきた。
「ちゃんとした形でしてもらいたいなぁ」
「う、うるさいな! いいだろう! 僕だって恥ずかしいんだからな!」
「ふふふ。はっきりと言ってくれないと、ヒナも答えが出せないのよ」
「この話はこれでおしまい!」
そう言い、運転に集中してしまった。
これからはどんな言葉を言っても、相手にしてくれなくて、少しだけ寂しさも感じたが、それ以上にうれしかった。
ただ一抹の不安、憂鬱を残して。

「ここで下りなきゃいけないんだよな……」
ぶつぶつと独り言を言うジュン。
初めての道なのだろう。確信が持てないようだ。
「そうなのよー。ここでいいのよー」
無責任に煽る。
もちろん、私もここのことは全く知らない。
昨日の夜の戦闘はこことは正反対の方向だ。

車は高速道路を下り、一般道を走る。
「途中で車から降りなきゃならないからな。まだ1時間と少しあるから寝ててもいいぞ」
「ううん。起きてるの」
正直なところ、眠いのは確かだった。だが、ここで寝るのはもったいない気がしていた。
「ならいいけどな」

時刻は午前6時。
太陽はその顔をはっきりとは見せていないが、光だけは届けていた。
朝の光に萌える市街地。
「きれいね……」
「あぁ。きれいだな……」
何でもないはずの風景に心、奪われた。
あぁ。こんなにも世界は奇麗だったのか。
望んでいた世界はこんなにも身近にあった。
砂丘のような世界。
何もかもが淘汰され、荒廃しきった中でも、全ての命は失われることのない、厳しいけど、優しい世界。
そういう、ことだったのか。



駐車場に着いたようだ。今はもう、太陽が昇り、辺りを照らしている。
「ここで降りるみたいだな」
その言葉に従い、シートベルトを外し、車から降りた。
両手を上に高く伸ばし、強張る体をほぐす。
「ここから大体10分くらい歩くんだって」
いつの間にかジュンは隣に立っていた。

海岸へ続く甃。
車の通りはほとんどない。
時が、止まっているようだった。
時が止まっている中を、時の流れる二人が歩く。
その不整合性がとてつもなく気持ちよかった。
互いに言葉はない。
疲れているのもあるが、今は必要なかった。

「わぁ」
嘆声が上がる。
どちらの物かは分からない。もしかすると二人同時だったのかもしれない。

白以外の存在しない焼けるような砂浜。
打ち上げられた漂流物も、その海岸線を明確なものにしている。
普通の海岸なら流れ着いているであろうゴミは、片付けられているのか一つとして見当たらない。
眼下に広がるのはただただ広い海。
青く澄んでいるが、波は陽の光にきらめき白のエンファシスがその青さを彩る。
波以外に何も動いていないようにも見えるが、その薄い膜の下で魚の黒い影は脈動していた。
水平線の遥か彼方には何も映し出されることはなく、ただ、あるばかりの水面を区切る。
視線を上げれば、昇ったばかりの太陽。
その炎は温度を上げ、燃え尽きることなく、光、輝く。
全てを彩り、光を与えていた。

どれだけの時間、眺めていたのか分からない。
「来て、よかったな」
「うん」
その一言だけを残し、私たちはこの海岸を去った。



喫茶店で朝食を摂ることにした。
「痛……」
「どうしたんだ?」
「ちょっと口の中も切ってたみたい」
「大丈夫か? ゆっくり食べろよ」
「ん、平気。ありがとう」

「結構、ここら辺雰囲気いいよな。いつか住んでみたい」
「そうね。いいかも」
「だな。まぁ、金はないんだけどな」
二人で笑いあう。
こんな会話が本当に楽しい。意味のあるようで、意味のない会話が。


「あ。あれいいね」
「ん? どれだ?」
「あの椅子。いちばん右にあるの」
「あぁ。あの白いやつ?」
「うん。それなの」
「うげ……」
「ん? どうしたの?」
「あ、いや。何でもないんだ」
「?」

椅子についていた値札を見る。
なるほど。そう言うことか。

「別に無理しなくていいのよ。ヒナが欲しいだけなの」
「少しくらい甲斐性を見せるべきだよな……」
「……。何ぶつぶつ言ってるの?」
「よし! すみません! これ下さい!」
「え!? いいのよ! ヒナが買うの!」
「まぁいいからいいから」

普通の女の子らしく、ショッピングをしている。
本当に欲しいのか?と問われれば、よく分からないと言うのが正しい。
だが、こうなるべきだろう、こうするべきだろうというのは頭の中にある。

「結局買ってもらっちゃったの……」
「いいんだよ。僕が買いたかったんだからさ」
「でも!」
「気にすんなよ。こんな時は笑ってくれればいいからさ」
「うゆ。……。ありがとなの」
「どういたしまして」

実のところ、私は結構な額を今持っている。
あの襲撃者探しのために、口座から多くを引き出していたからだ。
だから、あの椅子ぐらいなら余裕で買えた。

――まぁ、嬉しくないと言えば嘘になるのだが。

店を見て歩いて休憩。また出歩いて休憩を繰り返すうちに、すっかり日が沈んでしまった。
「すっかり暗くなっちゃたな。ちょっと、行きたいところがあるんだ」
「いいのよ。無理に誘ったのはヒナの方だし」
「いいのか? 戻ることになるぞ。かなりな」
「構わないの。だって、行きたいのでしょ?」
「まぁなぁ。じゃあ、駐車場まで戻るとするか」


そこから、車に乗って高速道路へ戻り、長い時間をかけて逆の道のりを辿った。
高速道路を下りて、ジュンの家とは別の方向へと向かう。

確かこの辺りにあるのは――。


「ここに止めるか」
ジュンはそう呟いた。
車は地下へと潜ってゆく。
思ったより広い駐車場のようだ。
他に車も数台止まってはいるが、人は一人もこのあたりにいない。
開けた窓から体を乗り出し、機械から駐車券を抜き取る。
適当なところで、車をバックで止めた。

「じゃあ、行こうか」
どことなく緊張しているジュン。
「そうね」
どこに行くかは、察しがついていた。
“共感性”が無くたって、簡単に分かるだろう。
案外彼はロマンチストなのかもしれない。



その時。足元がふらついた。今までの疲れが出たのだろう。
躓いてしまう。
こけて、膝をつくことはなかったものの、持っていたハンドバッグを地面に落としてしまった。
飛び散る中身。
そこから覗いていたのは――。



急いで中のものを、ハンドバッグに詰めなおす。
「どうしたんだ? ほんとに大丈夫かよ?」
冷汗が出ていた。
心臓がどくどくと音を立てている。
唇が渇く。
「おい? 雛苺?」


――まずい。見られたのか?
   確実に見られている。

「うん。大丈夫なのよ」
ゆっくりと振り返る。

ジュンの目が泳いでいる気がする。

「大丈夫なのよ。ジュン」
「そうか。それなら良かった」

目眩が。耳鳴りが。

頭が、ぼんやりする。

「でも、ジュンって案外ロマンチストなのね」

何も。考えられない。

「何のことだよ?」
「これから行く場所のこと」
「うわ。分かっちゃうかな? 言うなよ。わざわざ」
「ふふふ。ごめんなさい」
「あー! もう! 仕方ない!」
ジュンは息を吸う。
「最初に出会った公園に行ってさ、告白するつもりだったよ。でも、もういいな!」
ジュンは息を吐き出し、再び深く吸う。
「僕はお前が好きなんだ! どんなお前でも受け入れたい!」

視界が……、ぶれる。
頭が……、痛い。

「どんな私でも?」
「そう! どんなお前でもだ!」



「どんなお前でも受け入れてやるよ」
耳元で、囁く声がした。

「私はあなたのこと全部知っているよ」
「俺は君の事なら何でも言える」
「僕なら……」「私なら……」
そこには、影しかなかった。
真っ黒でも、真っ白でもない、影。
顔どころか、輪郭も何もない。
そこにあるのは、影という存在の概念。
それらの発する声は、ただの空気の振動。
どれも聞いたことがあるし、聞いたことのないもの。
しかし、懐かしいもの。



気がつけば――――。

「あなたに私の何が分かるの!」
拳銃を握りしめ、その銃口を向けていた。
誰に?

ジュンにだ。

「あなたに私の何が分かるの!」
再び言う。
「どうしたんだよ雛苺!」
その声こそ強いものの瞳は怯えを見せていた。
「受け入れるって言うけど、私のことなんかあなたには分かるはずない!
 分かるはずなんてないの!」
「いや! 分かるよ! お前の強さも! 弱さもさ!」
「うるさい! そう言ってもただの他人じゃない!」
「他人だからこそだ! 分かるものもあるだろ?」
「そんな戯言信じない!  あなたよりか、みんなの方がまだ分かってくれる!」
「なんだよ、それ? みんな?」
「みんなよ! ここにいるみんな!」
「ここには僕と雛苺しかいないぞ!」

――?雛苺って誰だ?
私の。私の名前は――――。

「うるさい!」

そして、引き金を――――。

目眩が――。
目眩がする。これまでにないほど酷い。これで終わりと思えるほどに。
これで、終わり。
この時なぜか精神科医の彼女を思い出した。


乾いた音はしなかった。

目の前には腰を抜かしている彼。
血の跡はない。
「ごめんなさいなの」
「いや、それよりも大丈夫なのか?」
「うん。そうみたいなの」
「ならよかった」
彼は優しく微笑んでいる。
弱々しいものではあるが。

その笑みに、私は救われている気がする。


「まぁ、告白もおかしなことになっちゃったんだけど、返事を聞かせてくれないか?」
視線を彼から外し、また再び戻す。
「こんなヒナでよければ。お願いしますなの」


「明日は、休みなのよね?」
「あぁ。そうだぞ」
「なら、ヒナに今度は運転させてほしいの」
「おいおい。どこに行くつもりだ?」
「どこか、遠くに」
「ふぅ。いいけどさ」
「ありがとうなの」

ドアを開け、車に乗り込み、シートベルトをする。
そして、車を発進させ、この無音の駐車場を後にした。


夜の完全な静寂を切り裂くヘッドライト。
車のタイヤの音さえしない。
二人静かに、切り裂かれた闇を見つめる。
車は光溢れる繁華街を通り抜けていった。
人々の姿は見当たらない。いや、私には興味がないだけなのか。
ただ、この狭く広い世界には彼と私だけ。
そう、二人だけしかいない気がしていた。
光の点滅は尾を引いて、後ろに流れては消えてゆく。
その光も数を減らし、いまや、ヘッドライトが照らすだけに近い道へと入っていた。
しばらくすると、電車の踏切にたどりついた。
運悪く、遮断機が下りてきて、道を遮ってしまう。
だがそんなことで、気が滅入るわけではない。
助手席に乗った、私の未来への希望。
まだ見ぬ未来に、私の胸は生まれて初めてと言えるほどに高なっていた。
そう私にはあなたがかげろうの中に見えていたのかもしれない。
しかし、こうしていると、案外近くにあり、かげろうより遥かに確かな存在だったようだ。
砂丘にみえる蜃気楼。それをずっと追い求めていた、そんな気がする。
なかなか開かない踏切にだんだんとイライラしてくる。
ここさえ超えてしまえば、求めていた世界に行ける。そうに違いない。

喜劇は、悲劇。
誰も許さず、誰も許されない。
自分の影さえ見えないこの世界で。
だからどうしたというのだ。こんなにも、私は自由だ。
家にはまず、あの椅子を置こう。大切にする。絶対に。

いつ来るかも分からない電車を、ランプの点滅を延々と長く繰り返す踏切の前で、ただ待ち続けた。





VIP in ch

ローゼンメイデンが普通の女の子だったら

第十二話 「予感」了





NE 

|