※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

刹那に煌く儚い時間。


それは永久に廻り続ける走馬燈。


永くに寄り添い続けた月日。


それは一瞬に崩れる砂の城。


願いも、想いも、目の前の運命には逆らえません。


流れ往く世界とは、無常にして無情。



しかし、たとえ離れ離れとなった星達。


呼び声という名の絆が、断たれることはないでしょう。


醜いものが蔓延ったこの世界。


いつかまた、会えると信じて・・・



200X年、


世界は混沌に満ちていた。
進んでいく文明に反し、次々と自然は破壊されていった。
国々は、力と金を求めていた。


水、石油、鉱物・・・。


残った資源を奪い合い、全世界、地球規模の戦争が多くの命を摘み採っていた。


自分達だけが生き残るために・・・。



日本も例外ではなかった。
町の流れは速く、誰もが自分のことだけで精一杯だった。


そして高校生である僕も、戦場へと駆り出されようとしている。



廃れたアパートの屋根の下。割れた瓦から、曇った空が覗いている。
「そう、ジュンのところにも、来たのね・・・。」
目の前には、俯く水銀燈がヒトリ。
彼女が言っているものとは、今僕が手にしている徴兵礼状のことだ。
「はは、仕方ないって。政府にゃ逆らえないし・・・。」
正直、笑っていられる状況じゃない。
泣きたいくらいだ。
でも水銀燈の悲しむ顔を見るのは、それ以上に心に痛んだ。


だから、できる限りの明るい声で僕は喋る。
「大丈夫だよ!なんとかなるって!ははは・・・。」


いや、きっと明るくなんてない。
多分僕の声は震えてるし、作る笑顔は引きつっているだろう。


怖くて仕方ない。
僕は、どうすれば・・・


「ジュン・・・!」


その瞬間、僕の身体に心地よい重みが重なる。
水銀燈が、僕に抱き付いていた。



「行っちゃだめぇ!独りにしないでぇ!私をおいていかないで・・・!!
 お願い! おね・・・がい・・・。」


彼女は大粒の涙を流しながら、僕の胸でただひたすらに想いを唱えていた。


悲しいまでに無力な自分が憎かった。


戸惑う頭、気持ちだけがだけが先走る。


「水銀燈・・・、もし僕が生きて帰ってこれたら・・・」



・・・言葉が止まる。


彼女の唇が僕のそれを塞いでいた。



永く短い静寂が流れた。



ゆっくりと唇を離していく。


「もう云わないで・・・。帰ってこれなかったら、悲しいだけだから・・・。」
腕の中で、水銀燈の瞳に僕が映る。



なんのために戦う?


国のため?
違う。


彼女のため?
わからない。



きっと水銀燈は悟っていただろう。゙いつか゛という言葉は無い、と。


でも、今はこうしていたい。


しとしとと降り続く冷たい雨の中、彼女の涙だけが温かった。


その夜、僕は水銀燈を強く優しく抱いた。



午前3時、僕は一人ベッドから起き上がる。
窓の外には、雨上がりの澄んだ夜空に満ちていた。


隣りには、安らかな寝顔を浮かべた水銀燈が、静かに寝息をたてている。


彼女の長く綺麗な髪を撫で、頬にキスをする。
もう二度と見ることが出来ないかもしれない彼女の顔を眺めた。


『ごめんな、水銀燈・・・。』


起きられないように、僕は静かに家を出た。


月明かりが背中を突き刺す。


絶えることの無かった光の雫。


永く、幸せだった夢の終わり。


ただ、君だけを願う。



戦場で常に襲いかかって来る惨劇は想像を遥かに超えていた。
テレビや映画で観たような、生易しいものではない。
血が舞い、肉が吹き飛ぶ。
炸裂する閃光に、次は自分の番だ、と恐れながらひたすら進み続ける。
そして今、僕の足下にはヒトだったものが転がっている。
僕が撃った。僕が殺した。
「・・・うぇえぇぇっ・・・!!」
堪えきれなくなったものを、その場で吐いてしまった。
僕が撃った?僕が殺した?
怖かった。自分自身が。周りの全てが。
血の臭いと銃の重みが、これは現実だ、と思い知らせる。
そう、これは現実。


真紅も翠星石も蒼星石も雛苺も金糸雀も薔薇水晶も、みんな死んだと聞いた。
ただ一人、水銀燈は消息がつかめないらしい。
ちくしょう。僕は、守れなかった。
ちくしょうちくしょうちくしょう。


誰だよ。  誰のせいだよ。


彼女たちを殺した敵?
水銀燈を泣かせた世界?
それを守れなかった僕?


戦場には、悲しいまでに無力な自分。
血、血、血。



今日はあの日と同じ雨だった。
市街戦、荒れ果てた町を進んでゆく。


突然遠くから聞こえる銃声。
狙われていることを知り、小隊全体が警戒体勢に入る。


しかしそんな中、僕の身体だけがいうことを聞かない。


霞む視界。
傾く世界。
気付くと、僕は空を仰ぎ倒れていた。


あぁ、そうか。


撃たれたのは僕だ。


流れ出す血に浸っていく。
意識が薄れていった。
雨が冷たく染み込む。


さよなら、世界。



暗く無限に広い空間。
何も見えなく、寒く、寂しい・・・。


そうか、ここがあの世ってやつか。
思っていたほど苦しくなかったな。


ようやく解放されるんだ・・・。僕はもう疲れた・・・。


眠い・・・そういやしばらく寝てなかったな・・・。



瞳を閉じ、体を闇に泳がせる。
何も聞こえない。


何も・・・聞こえない・・・?


いや、聞こえる。これは・・・




遠くに小さな小さな光が瞬く。微かな音が、今ではハッキリと聞き取れる声と成った。
『・・・ン・・・ジュン。あなた、また水銀燈を泣かせる気?そんなこと、私は許さないわ! 
 起きなさい!そして私たちの分まで生きて頂戴!! あの子の道を照らすのは貴方の仕事よ!!」
「・・・真紅・・・?」


『ジュン、ジュン! 聞こえますか!? 水銀燈にはジュンが必要なんです!!
 ジュンにも水銀燈が必要なはずです! あの子の想いを無駄にしちゃだめですぅ!!』
「でも、僕はもう・・・」


『ジュン君、君の存在だけが、僕の気持ちを熱くさせた。でも彼女は今も泣いてるんだよ。
 残された彼女を救えるのは君しかいないんだ。だから、生きて・・・。』
「僕は、僕は・・・」


『ジュン! この策士の計算が正しければ、あなたと水銀燈が幸せになる確率は120%かしら!
 だから、だからこんなところで倒れちゃダメかしらぁ!』
「そうか・・・忘れてた・・・。」


『ヒナもう泣かない! もうワガママ言わない! ジュン、お願いだから戻ってくるのよ!』
「僕が、言いたかったこと・・・。」


『水銀燈、かわいそう・・・。ジュンがそばにいてあげないと・・・。起きて・・・ジュン。』
「僕は、生きて帰って水銀燈の・・・・!!!」
刹那、闇が掻き消え、空間は水銀燈と光に満たされる。
「生きて帰るんだ!!」



目が覚めると、僕は破壊された街の中に、ヒトリ残されていた。
雨は止んでいた。撃たれたところを見ると、不思議なことに傷口は塞がっていた。


銃声も、爆発音も、悲鳴も聞こえなかった。


さっき見たあれは、雨が魅せた幻か、はたまた想いが紡いだ白昼夢か。


・・・・・・。


世界中の戦争が停止に向かっていた。


全ての国に、もはや戦う力は残っていなかった。


風が吹いていた。


『帰ろう・・・日本に』



帰り着いた地は、僕が知っていた場所ではなかった。
建物は壊れ、地面は焼け、そこら中に戦いの傷跡が残っていた。


それでも変わらないもの。
「ただいま、水銀燈・・・。」
かつて彼女を抱きしめた場所に、水銀燈はいた。
「・・・ジュン? ・・・本当に、ジュンなの・・・?」
水銀燈の目は曇り、それは光を映していなかった。これも戦いの傷跡だろう。
あの日のように、水銀燈を抱きしめる。
そして彼女はただ一言。
「おかえり、ジュン・・・。」
その瞬間、涙が溢れ出す。
「ごめん、ごめんな・・・。僕は、お前を、みんなを守れなかった・・・・。」



水銀燈は僕を抱きしめ返す。とても優しく・・・。


「そんなことないわ・・・。確かに私はもうあなたの顔を見ることはできない・・・。
 でも、こうやってまた会える奇跡・・・。ずっと、ずっと待ってた・・・。」


懐かしい香りがした。・・・想いを伝えたい。


「僕は・・・お前の目を治してはやれない・・・。」
「・・・・・。」
「でも、お前の目になることならできるんだ・・・。」
「それって・・・」
「結婚しよう。」


雲の隙間からは光が差し込んでいた。


荒廃したこの星に、もはや未来はないだろう。
それでも僕は生きていく。
水銀燈と一緒に。


彼女の道なら、僕が照らしていく。


いつかきっと、空は晴れるから・・・


fin



幾重にも折り重なった光の螺旋。


その端を掴めたなら、彷徨うことはないでしょう・・・。


少年を救ったのは、彼方からの呼び声。


耳をすまして御覧なさい。


きっと、あなたにも・・・


おや、どうやら戯れがすぎたようですな。 


恐怖の悲鳴が扉から覗いています。


今回は天子の羽根にて終焉。


次回はどうなることやら・・・。


それでは、ごきげんよう















バッドエンド版



水銀燈は僕を抱きしめ返す。とても優しく・・・。


カチッ


全身が反射的に強張る。それは戦場で嫌というほど聞き慣れたあの音だから。
抱いた水銀燈の手。つまり僕の背後に置いた彼女の手に持っていた物は・・・。


「いっしょに死にましょ」


意識が消える瞬間、水銀燈越しに見たもの。


建物の影から覗く、6人の影。


この世の物ではない邪悪な笑みを浮かべたそいつらの声が、頭に染み込む。


「お ま え も こ い」


静かな街に、爆炎があがる。


|