※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラ「スレタイに兎!これはまさしくスーパーラプラスタイムの予兆!いいでしょう!この不肖、ラプラス…七生をもって一曲歌わせて頂きます!」


~ウサラプ~

うさうさうさうさうさうさ♪
うさうさうさうさうさうさ♪
うさうさうさうさうさうさ♪
うさうさうさうさうさうさ♪
うさ~♪

ジ「なあ、ドゥエルヴァルツァしない?ドゥエルヴァルツァ」

ジ「おぉ、いいよ。僕、僕すごい強いけど。僕言っとくけど。すごい強いから。だって、僕の(ネットの)知り合いにあの、日本で五番目に強い(ゲームの)先輩いるもん。先輩!ドゥエルヴァルツァ!五番目に強い先輩いるもん!」

ジ「ふふっ、いいよ。やるか。なに、なに賭ける?…限定ラプラス写真集!?お…うん…あ、いい、いいよ。写真集。いいよ!写真集!おぉ。爆発グラビア兎で。発情期限定の、ムキムキ版。ムキムキだー!ムキムキだー!ふ、ふふwww僕自重www僕自重しろwww」

ジ「あ、いい?あ、じゃあ僕ラプラス使うわ。ラプラス。おう。お前ラプラス使うなよ。僕ラプラス使うんだよ。
だ、ちょ、お前ラプラス使うなって!お前くんくん使っとけよ!お前くんくん好きだろ!だからラプラス使うなって!おい!おい!!ラプラス!!ラプラス使うなってーーー!!!」

らぷらすらぷらすらぷらす♪
らぷらすらぷらすらぷらす♪
らぷらすらぷらすらぷらす♪
らぷらすらぷらすらぷらす♪
ら~す♪

い~た~ず~ら~ウサギ~(トリヴァア~ル♪)
ダ~ン~ディ~イ~ウサギ~(トリヴァア~ル♪)
は~ら~ぐ~ろ~ウサギ~(トリヴァア~ル♪)
き~も~か~わ~ウサギだー!!

うさうさうさうさうさうさ♪
うさうさうさうさうさうさ♪
うさ~♪

白「トリヴァアルですか?したければすればいいと思いますよ?」
槐「げらげらげらげら」
白「何ですかこの兎調子なんか乗って。体がキモいんですよ」
槐「へー」
白「兎鍋にしますよ。主に体がキモいです。トリヴァアルする前にもっとすべき事があるでしょう?」
槐「げらげらげらげら」
白「いつまでも執事ネタにしがみついて、違う事できないんですか?芸がないんですよ」
槐「げらげらげらげらげらげらげら」
白「え?泣いたらいいと思ってるんですか?バカなんですか?」
槐「げらげらげらげらげらげらげら」
ラ「キモカワでゴメンなさいねーーー!!!!」


ラ「はあはあはあ…いやぁ実に見事見事。私の魅力溢れるナンバーとなりました。おや?お嬢様とお嬢様のお友達ではありませんか!わざわざ聞きに来てくれたのですか?いやはや、このラプラス感激しております。この年まで生きてきた甲斐もあるというもの。
…はて、水銀燈様。どうして羽ペンを私の目に近づけるのですか?金糸雀様、そのデシベルでは鼓膜どころか頭蓋骨が粉砕しますぞ?やあ翠星石様、そのお花は猛毒があると存じておりますが。いやあ実に大きなハサミですな蒼星石様。
ああ真紅様。そんなに腕をきつく抱きしめられると関節が無くなってしまいます。雛苺様、私の耳と尻尾で危ない遊びはご遠慮ねがいたいのですが…あれ?皆様?ちょ、それ以上は待っ…」

雪「兎狩りの季節ですわねばらしーちゃん」
薔「そうだねお姉ちゃん」
雪「うん、なかなかイケますわねばらしーちゃん」
薔「そうだねお姉ちゃん」




uhouho 


「寒いね」

部活帰りの、木枯らしが吹く晩秋の並木道
枯れ葉を踏む音を聞きながら、僕は並んで歩く先輩に話しかけた

「寒いよね。もう十二月だもんな」

そう返してくれる彼の吐息は、夜の暗さもあって白さが目立つ

「あっという間にクリスマスだね」

少しの期待を込めた僕の言葉も、やっぱり白かった
鈍感な彼は気付いてくれたかなぁ・・・今の
答えを待ちながら、黙って歩く
でも彼は、僕に返事をくれなかった
僕の気持ちなんか、どうだって良いの?だとしたら、ちょっと寂しいよ

「あのさ・・・手を繋ごう」

このままじゃ胸が苦しいから、少しの勇気を出して誘ってみた
すると彼はニッコリ笑って、僕をギュッと抱きしめた
心の準備なんかしてる間もないくらい突然に

「おにいちゃんって呼んでも良いんだぞ」

耳元で彼に囁かれて、僕のドキドキは更に激しくなる
この胸のドキドキを彼に伝えたくて、僕もしっかりと抱き付いた

「はい・・・山本先輩」
「これからもヨロシクな、ジュン君」





ピンポーン

「やぁ、担任の梅岡だよ」

僕は、不登校の桜田の自宅を朝から訪ねているんだ。がんばれ僕、コミュニケーションだ、桜田と一緒に学校に行くんだ。

「ジュンくーん。梅岡先生よぉ」

桜田のご両親とお話がしたいんだが、取りあえずはお姉さんと桜田の今後について考えないと……

おっと、桜田の登場だ。

「……」

「おはよう桜田、元気かい? 早速だが今から学校に行こう!」

……待て待て、これは性急すぎないか? まずはメールアドレスの交換からで桜田の心を開くことが先なんじゃ……
そうだ、クラスメイトからのプレゼントの進呈を忘れていたよ。

「……先生」

なんだ? この世界の終わりのようなテンションの桜田は! 僕は何か間違ったのか!

「今日は祝日です。」

学校は、休みだった……


今日も同じ電車の同じ車両、同じドアに乗り込む。
何故車両まで同じなのかって?
そんなの決まってるだろ?それが一番歩かなくてすむからさ。最近はそんな事すら考えなくなったけど。
就職してしばらく経つけど、引きこもってたあの頃と大して違わない。
そう、惰性に身を任せているという意味では。

怒鳴られ罵られ、今日も定時上がりは叶わなかった。

やっとの思いで寝床に入る。

朝がまた来る。

また同じホーム、同じ時間、同じ電車に乗り込む。


生きることは、戦うこと。


理詰めな彼女らしい、理不尽な言葉。
思い出して僕は少し笑った。

朝がまた来る。



サラリーマンJUM保守。








~大学生ジュンテクニック~

私は薔薇水晶。性別の選べるゲームのパーティーは全て♂にしちゃう愛されガール。
今日は新たなSSネタを求めて神社にやってきたんだけど…

じ「………」
薔(うほっ!いい大学生…)
じ「(僕を)かかないか?」

チガウ…私が見てきた引きこもりがちなジュンとは何かが違う…不遇な家政婦の放つプラズマのような電撃が私の体を貫いた…

じ「いいのかいホイホイ書いちゃって。僕は大学行った途端に髪染めてコンタクトにしちゃうような男なんだぞ?」
薔「ロリィなバディのジュンじゃないとハアハアできないけどいいの…私、SS書く時の男キャラに餓えてたから…」
じ「そうかい。それじゃあガンガン活躍しちゃおうかな」 

普段高校がメインだった学生のフィールドに大学が加わったことで私の妄想は羽を広げて、等身大の現実世界を見れるできる女になっていった…

薔「あ、詰まった…」
じ「ん?もうかい。意外に早いんだな」
薔「違う…大学行ったことないから上手く妄想出来ないの…」
じ「そうか…わかった。でも大丈夫だよ。僕大して大学生活してないから。むしろ僕が知りたいぜはっはー!…ところで等身大の僕をみてくれ。こいつをどう思う?」
薔「すごく…ジュンと似てる…」

ジ「大学生ジュンもやっぱり僕。僕と同じ所と違う所を見出して命を吹き込むのはキミだ!!」
金「凄いかしら!大人ジュンと一緒にいるとジュンが生き生きしてるかしらー!!」








み「あー、やっぱり何だかでアニソンはいいわねー」
槐「うむ。胸に込み上げるものがある」
白「なかなかこうして改めて聞く機会も減ったしねぇ」
の「皆さんお茶がはいりましたよ~」
み「ノリちゃんありがとう~」
の「はい、どうぞ…あら?ジュン君どうしたの?アニソン聞くんじゃなかったのぅ?」
ジ「んー、よくわからん曲しか流してないからちょっと仮眠してくる」
み「昭和のアニソンの良さが解らん世代がいる時代だと!?」
白「若いってのは寂しいことだなー!!」
槐「嘆かわしい…」
の「ジュン君ダメよぅ!さあこっちにきてお姉ちゃんの膝の上で聞きなさい!!」
ジ「や、やめろ離せー!僕は深夜アニメ専門…アッー!!」









ジ「ふっ…引きこもりだのなんだの言われてた僕だけど…くくく…見よ!この成果を!!」ズバッ!

チャラチャラ~ン
【ジュン宛年賀状、合計21枚】

ジ「わはは!圧倒的ではないか!我が軍の戦力は!!いや~、僕もかねがね自分の人望には気付いていたというかなんというか…ん?」

・年賀状内訳
薔薇の乙女達、八枚
幼なじみ、一枚
みっちゃん、十枚(当たり番号なら返せと一筆)
のり、一枚
担任教師、一枚

ジ「なんで一緒に住んでる姉ちゃんから来るのかは別にして…とすると…」

【年賀状合計】-(絶対送れと脅迫してきた乙女達)-(お年玉目当ての女)-(身内)-(担任)=

ジ「…柏葉の一枚だけ…か…」ガクッ


め「~♪」
銀「一応家から持ってきてあげたけどぉ…なんでアナタにそんな大量に年賀状が来るのよ。アナタ一枚も書いて無いし第一入院中でしょう?」
め「あら、私これでも友達は多いのよ?…オフで会った事無いけどね」ボソッ
銀「何か言った?」
め「何にも~」 



み「切手シート…これも切手シート…これも切手シート…うがー!当たり全部切手シートじゃんかー!!」
金「世の中そんなもんかしら」


め「あ、これマウンテンバイク当たってる。別にいらないんだけどねー」


ジ「やあみんな!ご機嫌よう!素晴らしい日曜日だね!!」
翠「真夜中のクセにテンション高いヤツですねぇ…」
ジ「HAHAHA!当たり前じゃないか!なんたってこの日曜日はただの日曜日じゃない!明日も休みという日曜日なんだぞ!!」
翠「まあ、そうですね」
ジ「だからどんなに遅くまで起きてても良く、またちびまる子ちゃんやサザエさんを恐れる事もない!!どうだ!参ったか月曜日!イヤッホー!!」
翠「ところで…冬休みの宿題が出来なかったヤツに補習課題が出たハズですが…ジュンは大丈夫でしたか?」
ジ「………」
翠「もちろん翠星石は大丈夫でしたけどねぇ~」
ジ「………」
翠「ん?お~い。大丈夫ですか~。戻ってこいですよ~」

翠「し、死んでる…」



野菜王子の葛藤

「・・・なんか用?」

「なんか用じゃねぇ、ジュンお前、俺に言うことあるよな」

「なんでベジータなんかに」

「カナちゃんのことだ」

「関係ないだろ!!」

「いいや、あるだろ!?あの時、俺はカナちゃんの幸せを願って身を引いた」

「知っているよ、確かに感謝してる!でも今何の関係がある!」

「お前、カナちゃん泣かせただろ。」

「・・・・・!!」

「さっき笹塚の所に行く途中でな、公園で偶然見つけた、ベンチで大泣きしてた『カナはジュンに喜んでも貰いたいだけなのに』ってな」

「・・・・」

「聞けばお前、酔っ払って彼女の手料理をひっくり返した揚げ句、手を挙げただと?」

「俺と金糸雀の問題だ、お前は首突っ込むな!」

「・・・そうかい!じゃあもう好きにしろ!ただ、これだけは言っておく、カナちゃんはお前のこと信じてる、毎晩酔い潰れて帰って来る馬鹿野郎をな!」

「じゃあな」

「待てよ」

「・・・・」

「悪かったな」

「・・・カナちゃんは笹塚の団地の公園にいる」

「サンキュ」






「行ったか・・・あーあ、カナちゃん口説いときゃよかった。
損な役だぜまったく」
|