※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薄いヴェールで包み隠された心理。


それは自分ですら気付かないヒトの根本。


心の底に渦巻く、怨の邂逅。


呼び起こしてはなりません。


もう一人の知らない自分に飲み込まれてしまいますから・・・。


異常にして『非常』な愛。


貴方のココロをキリキリと縛り付けるだしょう。


これはふたつの狂った想いが紡ぐ、とても醜い物語・・・




「やめてよ、すいせいせき。ぼくもおそとであそびたいよ。
 ぐす・・・これをほどいてよ・・・。」


「だめですぅ。そうせいせきはすいせいせきのものだから、
 ずっといえのなかにいなくちゃいけないんですぅ。」


「すいせいせきのいじわる! ひっく・・・ぐす・・・。」


「あぁ、もっとなくですぅ。そうせいせきは、すいせいせきのおにんぎょうさんなんですから・・・。」


「ちがう!ぼくは・・・。」


「じゃあなんなんですか? そうせいせきはなんですか?」


「ぼくは・・・ぼくは・・・



ボクハダレ?



翠星石が行方不明になってから一月。僕は彼女の無事を疑い始めていた。


警察はあてにならない。


幼馴染みの僕にとって、これはとても悲しいことだった。


しかし本当に辛いのは蒼星石だろう。実の姉、まさに彼女の半身であったから。


「蒼星石・・・大丈夫だよ。あいつのことだから、そのうちひょっこり帰ってくるって。」


僕は自分の無力さを悔やんだ。
慰めるしかできない・・・。
今の彼女に必要なのは、こんなちっぽけな言葉じゃない。


「ごめんね、ジュン君・・・。僕がもっとしっかりしてれれば・・・。ごめんね・・・ごめんね・・・。」


ぽろぽろと涙を流す蒼星石。
しっかりしなきゃいけないのは僕だ。


僕じゃ彼女の心の穴を埋めることは出来ない。


じゃあ誰なら・・・?


なぁ蒼星石。


君の瞳には僕は映っているのか?




「あ、あのさ蒼星石!」


できる限り明るい声で喋りかける。


「今日さ、お前の家泊っていいか?あ、変な意味じゃないから!
実はのりの奴が飯作ってくれるって言ってて・・・。」


結局、僕一人には力は無い。


「うん、ありがとう・・・心強い・・・。」


それでも蒼星石は笑顔でこたえてくれた。


悲しい微笑みだったけど、それでも彼女にとって精一杯のものだろう。


いま君の瞳に僕が映っていなくても構わない。


君の悲しんだ顔は見たくないから・・・。




「ここに座ってて。今お茶淹れてくるから。」
ソファに腰を下ろし、部屋を見渡す。蒼星石の家に来たのは初めてだった。
この広い家に一人で住むのは、きっと寂しいに違いない。
そう、僕なんかより、彼女の方が強い。


___________________
今日は雨がひどい。
窓から見える外の世界は、上から下へ降る縦の線で溢れていた。


?


ふと庭の地に目がいく。


何度も掘り返したような跡。
あれは・・・?



ピンポーン

家に響くインターホン。
あぁのりか。


「ごめんジュン君、出てもらっていい?」
キッチンから蒼星石の声が呼ぶ。


僕は玄関で雨に降られているのりを家に入れた。




居間にのりを迎えると、すぐに蒼星石は戻ってきた。


「こんばんわ、のりさん。」
礼儀正しくぺこりと頭を下げる蒼星石。


「久しぶりねぇ、蒼星石ちゃん。あ、このカレーと煮物。よかったら食べてね。
 わたし、ちょっと用事が入っちゃって・・・今日は帰るわね。」


空気を読んだつもりなのか、のりはお茶もそこそこに帰ろうとする。


「あ、それとジュン君、ちょっと・・・。」


のりが手招きをし、蒼星石には居間にいてもらい、僕を部屋の外に連れ出す。



「なんだよ、帰るとか言っといて・・・。」


構わずにのりは小声で話し出す。
「翠星石ちゃん見つかったのねぇ。よかったわぁ。きっと三人でいろいろお話
 するんじゃないかと思って・・・だからお姉ちゃん邪魔にならないように帰るね。」



え?


何を言ってるんだ? こいつ。いくらボケてるからって・・・。
「おい、不謹慎な冗談はよせ洗濯のり。お前、なんのつもりだ?」


僕は自分が声を荒げていることに気付かずに詰め寄る。


「じょ、冗談なんかじゃないわよぅ・・・。だって蒼星石ちゃんの後ろには

 


翠星石ちゃんがいたじゃない。」



「・・・あ?」


背筋に何かがまとわりついているような感覚に襲われる。
ドアのガラス部分越しに部屋を覗く。
ソファには蒼星石がひとり座ってるだけ。


なにも、


いやしない。


「・・・。もう今日はいいから帰れ。」
そう言ってのりを押し出すように帰らせ、居間に戻る。


「のりさん、なんて?」
「ん・・・あぁ、今日は寒いから冷えないようにって・・・。」


どこか腑に落ちないあいつの言葉。
心臓が握り締められているように痛む。



なにも、


いやしない




夜、僕は居間のソファで。蒼星石は二階の自分の部屋で寝ることにした。
彼女を慰めたい、それは不謹慎だ。
そんな矛盾を追い詰めていくうちに、僕は深い眠りへと落ちていく。



ギシ・・・ギシ・・・


「ん・・・?」
静かな家に、階段のきしむ音が木霊する。
まだ暗い。デジタル時計は2:30を表示している。
蒼星石が下りてきたようだ。しかし僕の寝ている居間には来ないで庭のほうへ向かっている。


『おいおいすごい雨だぞ? 寝ぼけてるのか??』


僕は蒼星石を止めなかった。
いや、なぜか止められなかった。




庭からなにやら物音が聞こえてくる。
僕はこっそりと、ソファの影から外を見る。


庭には、傘も差さずに一心不乱に庭を掘り返す蒼星石の姿があった。
何かに取り付かれたかのように、シャベルさえ使わず。


掘り終えたのか、そこから何かを取り出し大切そうに抱きしめる。


怖かった。
しかし好奇心には勝てず、窓の方へと歩み寄る。それにつれて、蒼星石のぼそぼそと喋る声が聞こえる。


「・・・ぼ・・・え・・・・にん・・・ない・・・。」


雨の降る音に混じり、うまく聞き取れないかった。
『・・・蒼星石・・・?』
一瞬全ての音が消え去り、彼女の声がはっきりと聞こえた。



「ぼ く は お ま え の に ん ぎ ょ う じ ゃ な い」




僕は自分の目を疑った。いや、これは夢ではないか、とまで。
蒼星石が抱きしめていたもの。掘り起こしていたもの、それは



他でもない彼女の姉、翠星石。



蒼星石の目は恐ろしく冷たく、明らかに何かが゙憑いでいた。
僕はその場で腰が抜けてしまいへたり込む。


「お・・・お、お前・・・何、何を・・・・。」
ガチガチと奥歯が鳴っている。体中に油汗が浮いている。
僕の声に気付いたのか、蒼星石は首をギュルンと僕に向ける。


ニタリとにやけた後、ガクンと首をうなだれ、またゆっくりと頭を上げる。


その顔はいつもの、あの愛しい蒼星石のものだった



「え?ジュン君?うわ冷た!雨?僕こんなところで何を・・・。」
蒼星石は状況が理解できていないようだった。
すぐ後には変わるが・・・。
僕は言葉を出すことができなかった。
「これ、何? え? 翠星石? え? ・・・うわぁぁぁぁあああぁああぁ!!!」
抱いていたそれを離し、部屋に飛び込んでくる蒼星石。


なんとか喋ろうとする。
「そ、そ、蒼星・・・石・・・。これは・・・お前が・・・?」
居間の隅でガタガタ震えている彼女を問う。
「違う!僕じゃない!僕じゃない!僕じゃないぃぃぃ!うわぁぁぁん!!」


蒼星石は立ち上がり、顔を両手で押さえながら唸るようにそれを唱え続ける。
「僕じゃない、僕じゃない僕じゃない僕じゃないぼぐじゃ゙な゙い゙ボグジャナ゛い・・・。」


手をゆっくりと顔から離す。
ボロボロと何かが剥がれ落ち、そこにはもう蒼星石の顔はなかった。



崩れ落ちた顔の左半分、そこからは翠星石のそれが覗いていた。
そして僕は見た。
彼女を後ろから縛り付けるように抱きしめる翠星石が。


「ぼぐじゃな゙イ゙・・・に゙くイ゙・・・にんぎょうなんかじゃな゛イ゙・・・あぁぁぁぁあああ!!!」


そして蒼星石だったそれは部屋を飛び出し、どこかへと消えた。


僕はそこで気を失った。




数日後、蒼星石は死体で見つかった。もとの顔で・・・。


その姿は、翠星石と抱き合うようにして湖の底に沈んでいたらしい。


僕が見たのは幻だったのだろうか・・・。


あんなに互いに慕い合っていた二人が・・・?


でもそれはもう誰にも分からない。


だけど


今、窓の外から覗いている蒼星石の瞳には僕が映ってい







FIN



ココロの底に貯めていた念。


それは気付かぬうちに己を蝕んでいくでしょう。


その刃が牙を剥く時、傷つくのはあなた? それとも?


どうやら彼女は自分自身に喰われたようです。


おきお付けください


雨の日に惑わされぬよう・・・。


それでは、ごきげんよう


|