※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3話

お昼になると購買にはすごい人が、最初のほうには限定アリスパンつーのがあるあしい
しかもなぜか買えてしまった僕・・・
JUN「・・・ちょっと恥ずかしいかも」
別に恥ずかしい意味はないのになぜか赤面してしまう
「うう・・うう」
どこからか聞こえてくる泣き声、しかもなぜか聞いたことがる
雪華「アリスパン・・ヒック・・食べたかった・・ヒック・ですわ」
JUN「・・・・・」
えぇぇえぇぇぇええっ!
パン買えなくて泣いてるよ!・・いや違うけど・・でも・・ねぇ~
雪華「・・・ううぅ」
JUN「・・あの、これ食べる?」
そういって彼女にパンをあげる僕 優しいな僕わ
雪華「・・・・え?」
JUN「ほら泣いたってご飯はおいしく食べれないだろ?」
雪華「・・・・・・」
何を言ってるんだ僕は・・・死にたい
JUN「あ・・えっと・・その・・」
雪華「いいのですか?」
え!予想外の言葉きちゃったよ
JUN「うん!いいよ」
雪華「ありがとうございますわ・・・えっと桜田君だっけ?」
JUN「覚えててくれたんだ」
雪華「こっちをずっと見ていたので、何かなぁ~と思っていましたわ」
そういうことか・・・・
JUN「あ・・ごめん」
雪華「クス・・では後ほど」
その時の彼女の笑顔は、すごくかわいかったけど僕なんか変になりそうだよ・・・初日から

3話終了

|