※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュン「翠星石はスコーンで殴りつづけると死ぬ」
翠星石「スコーンだけにですか」
ジュン「スコーンだけにだ」 

 




薔「くくく…」ぷるぷる
巴「ふふ…ふ…ふふふ」
め「ス、スコ…あっはっはっはー!!」

銀「スコーンであそこまでツボに入るなんて…」
真「さすが電波は笑いのレベルが違うのだわ」
蒼(言えない…面白かったなんて言えない…!)

 




真「ついに始まったのだわ!『フラグクラッシャー選手権』
  なんと所詮では血を分けた二人が、フラグをバキバキに叩き折るべく闘うのだわ!!
  実況はこの私、誇り高く美しい真紅。そして解説は…

雛「なのー 」

真「さあ!最初のお題は……『校舎裏でのドキドキ告白タイム』…さあ!どうする!? 」

◆ ◆ ◆

のり「そうね…おねえちゃんなら
  『これから家に帰ってケーキを食べないといけないから、話はまた今度にして』
  って言って、告白を聞かずに帰っちゃう。…かな 」

真「これは酷いのだわ!なけなしの勇気を振り絞った結果が、『お前はケーキ以下』という事実ッ!
  普通の神経の人間なら、確実にトラウマになるレヴェルなのだわ!!
  さあ!これにどう対するつもりなのジュン!? 」

ジュン「……………………
   ………………………………
   ………………………………………そもそも学校に行ってない 」

真「…………… 」
のり「…………… 」
雛「……なのー 」


 ×桜田のり -第一試合- ○桜田ジュン
   ( 決まり手  会場ドン引き )

 




真紅VS水銀燈(最後の兄弟喧嘩のシーン)

「それを渡しなさぁい」
「嫌よ、あなたも持ってるじゃない」
「全て揃わないと意味が無いの」
「そんなに力が欲しいの?例えローザミスティカを集めても、お父様に会えるとは限らない……」
「……あなたは黙ってなさい!」

ガシッ!

「大切なのは力なんかじゃない……
 もっと大切な……誇り高き魂よ!」

「その魂が叫んでる……あなたを止めなさいってね!」
「あっはははは……残念だけどぉ、私の魂はこう叫んでるわぁ」

「……もっと力を……!!」

あれ?なんかぴったりあってなくね?
翠蒼はアーカム辺りに渡りそう……オッドアイ的な意味で…

 




蒼「はぁ…」
J「どうした、蒼星石。ため息なんてついて」
蒼「僕ね、思うんだよ」
J「?」
蒼「僕らはこのスレでは普通の女の子なわけだけど蒼星石って名前なんていないよね」
J「そこはつっこむな」
蒼「さらに名字があるんだよ? 鈴木なら鈴木蒼星石だよ? 更に有り得ないよ」
J「蒼が名字で星石が名m」
蒼「翠星石は?」
J「うっ…あぁ…あれだ! 外人みたいなもんなんだ、きっと」
蒼「え?」
J「蒼が名前で星石が名字なんだ!」
蒼「じゃあ僕は星石 蒼? 有り得なくはない名前だね」
J「よし解決!」
翠「微妙過ぎるですぅ」




J「いや、ちょっと待てよ…あっ! しまったぁぁああぁああぁぁぁッ!!!」
蒼「ど、どうしたの!?」
J「根本的なことを忘れてたッ!! うわぁぁぁああぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁッ!!!!!」
蒼「え!?」
J「良いかい、蒼星石。よく聞くんだ」
蒼「う、うん…」

J「ローゼンの作った人形、ローゼンメイデンは………」
蒼「う、うん………」

J「姉妹なんだ。つまり名字が違うのはおかしいんだ」

蒼「え…あ…あ・あ・あ・あ・あ・あ…あああああぁぁあぁあぁああぁぁッ!!!」
J「もし名字が鈴木ならあぁああああぁあああぁあぁあぁッ!!!」
蒼「鈴木蒼星石、鈴木翠星石、鈴木水銀燈、鈴木雛苺、鈴木金糸雀、鈴木雪華綺晶、鈴木真紅」
J「あっ! 真紅が中二っぽいながらもそれなりに名前っぽい!!」
蒼・翠・銀・雛・金・雪「これは覇王翔吼拳を使わざるをえない」
紅「ちょwwwうぎゃあああああああああああああっー!!」


薔「姉妹じゃなくて良かった…所詮は贋作で良かった………ぐすっ」
槐「わかるよ。姉妹に換算して欲しかったんだよね。わかるよ」

 




真紅「くれないまこと…紅真…なんかどこかで紅真紅郎とかいう名前が浮かんだけど気にしないことにしておくのだわ
でもこれはもしかしたら新しい路線を生み出し再び時代のトップになれるチャンスが…!」




真紅「みんなー、元気にしていたかなー?
私がみんなのアリス、
くれないまことちゃんなりよ、
きゅぴぴぴん♪
どうしたのだわ、みんな元気がないのだわ、
…それじゃみんな元気になるようにいつものあれをやるのだわ、
せーの、まっこまっこry」


蒼星石「真紅…それは人の芸のパクリという奴だよ…
それに本家よりもローテーションすぎて周りの人がノリについていけてないよ…」


うん、まことと聞いてやってついやってみただけなんだ、すまない

 




雛「夏休みが終わったのにジュンが学校に来ないのー」
翠「宿題が終わらなくてズル休みしてるだけですぅ」
蒼「去年翠星石やったよね、宿題やるためにズル休み」
銀「休み中は元気だったのに風邪かしらぁ」



梅「桜田は休み前から不登校だよ☆」

 




>>120を勝手にミステリー化

銀「で、でも学校居たわよね? 会話した記憶あるもの」
梅「ちょっと待てよ…出席簿に○ついてる!?」
紅「なのになんで不登校扱いに………?」
蒼「でもちょっと待って。確かに談笑した記憶はあるけど、それっていつした?」
翠「いつ、って学校に居る間に決まってるです」
蒼「ねぇ…会話したと言いきれる?」
銀「もちろ、ん…?」
雛「だ、断言出来かねるなの~だぜ!!」
金「キャラクター間違えてるかしら」
薔「まるで蜃気楼………」
雪「JUM様怖い怖いなのですよ、にぱ~☆」
金「てめぇとにかくキャラクター間違えてる事に気付いてから出直せやクズ」
雪「ぐすっ…orz」

 




結論

J「<無限のJUM製/アンリミテッドJUMワークス>!!」

学校行くJUM「行ってくるよ、姉上様」
ゲーセン行くJUM「弐寺のフィギュアとポップンのぬいぐるみ取ってくるわ、姉貴」
家事をするJUM1「よし! 今日は家の掃除を仕上げよう!」
家事をするJUM2「じゃあ頑張っていくぜぇぇッ!!」
家事をするJUM3「ぼ、ボクも頑張るだよもん」

投影されたJUM
JUM的存在感 B-: とにかく存在感が曖昧。JUM本体に従順。

本物のJUM
JUM的存在感 AAA: 全てにおいてマエストロ。全知全能。完璧過ぎて人前に出るに出れない

 




J「このスレではお前らは普通の女の子なんだ」
紅「だから?」
J「良い子は学校に行かないといけないだろ?」
紅「そうね (でもあなたがそれを言う・・・?)」
J「だけど一つ疑問に思ったことがあるんだけどさ」
紅「何かしら?」
J「そのサイズだと・・・幼稚園?」
紅「・・・」
J「・・・」

銀「うふふw無様ね真紅、私なら小学生ぐらいには見えるわよ」
紅「・・・」
J「・・・」
銀「ごめんなさい。忘れてちょうだい」

 




幸せ

「結局今年も・・・何にも変化がない夏だったわねぇ・・・」

突然彼女はそういって、大きく「はぁ~」と溜息をついた

「どうしたのよ、いままでも同じだったけど一度もそういうことを言ったりしなかった
じゃない、どうしたの?」
「そうだけどぉ・・・やっぱり私達も高校3年じゃなぁい?
一つくらいは何か思い出残しときたいなぁって思ってね」

なるほど、確かに私たちも高校3年で来年になったら家が近所とはいえ
大学などは違ってしまうだろうし、そうなると色々会えなくなることが多くなるだろう

「そう考えるとねぇ・・・やっぱりもう少し遊ぶべきだったとか思っちゃうのよ
こういうのもなんだけど私達って友達にかなり恵まれてるほうだと思うのよ
それこそこの世界でこれくらい素敵な時間をすごせる場所ってほかにどれくらいあるっ?って
聞いてまわりたいくらいにねぇ、そんな素敵な場所を子供のころからずっとすごしてきて
それでもしかしたら今年で最後になってしまうかもしれないでしょ?だからねぇ・・・」

見ればなんだか水銀燈は本気で後悔しているようだった
ツリ気味の目も垂れ下がって、いつもの人をからかうような声もだしていなかった

「そうね、確かに私達は友達にはすごく恵まれてるわ
それは他の皆も、翠星石だって素直にyesって答えてくれると思ってる
そんな素敵な場所だもの、水銀燈の言うことはもっともだわ
・・・・だけどね、私はこれでもいいと思ってるのよ?」

「どういうことぉ?よくわからないわ・・・」
「そんな素敵な場所なら別に新しいことをしなくたって一つ一つのことが素晴らしい思い出に
なるでしょう?それにあたりまえのことだけど全員が一度に離れ離れになる確率なんて
ほとんど無いに等しいわ、現に貴女と私は同じ大学に向けて勉強してるし
翠星石と蒼星石は同じ家、雛苺と金糸雀も家族同士が仲良いから何日に一回は必ず会うわ
それに私と貴女はお互いJUNとお隣さんどうしではないの
ね?そう簡単にはこの関係は切れないわ
それにこんな素敵な場所ならば日常のひとつひとつがすごく大切な思い出になるわ
そんな、しなかったから後悔する、みたいなことだったら私は寧ろやりたくないわね
いいじゃない、確かに今私達は受験生でこんな年だから未来を見なければいけないけれども
たまには日常の幸せにとっぷりつかってそれでゆったりと過ごしても
誰も文句なんていわないわ、言う人はただの僻みよ、ほうっておけばいいのだわ」

そこまで言うとさっきまでつらそうだった水銀燈の顔が笑顔を取り戻していた

「そうね・・・確かに今こうやってやらなかったから後悔するようなことだったら
やらないほうがいいかもね・・・ありがとう真紅、なんだかんだでいつもあなたには
辛いときとか励ましてもらってばかりねぇ」
「いいのよ、幼馴染で友達じゃない、それに大抵は私が最初に気づくけど
皆だってちゃんと励ましてくれるわよ?それはあなたも同じでしょう?」
「ふふ・・・そうねぇ、私も誰かが落ち込んでたりしたら元気になってもらいたいと当然思うわ」
「ほらね・・・・・・・・・・・・さて、それじゃ今日も私の家で受験勉強でもする?」
「えぇ、またわからないとこは教えてねぇ、真紅」

幸せというものは確かに自分からとりにいくものだけど・・・・
自分には幸せなんて無いと思って、色々と不安に思っている人、特に最近の若い人は
少し落ち着いて止まってみてもいいのではないかしら
案外近くに幸せがあったり、ほんの少しの勇気で手に入れられる幸せがあるかもしれないわよ?
終わり

 




紅「>>1乙よ。それにしても今回は1000まで行ってほしいわね」
蒼「そうだね。保守員の皆にはがんばってもらわないと」
翠「心配いらねぇですぅ!翠星石の魅力にかかれば24時間張り付いて支援する連中が溢れ出るですぅw」
紅「そう願いたいものね・・・」
蒼「ところでさ、スレタイについてなんだけど・・」
紅「何かあって?」
蒼「うん。何か今回は普通の女の子って設定みたいだけど、僕らって普段からそんな感じだよね?」
翠「ふふ~wわかってないですねぇ蒼星石、一段と萌えるシチュになったっていうのに何グダグダ言ってやがるですk・・・」
紅「まあ、人形と人間では根本的に違ってくるわね。今まで人形ゆえに抑えられてきたJUMの感情が一気にケダモノになるかもしれないわ」
蒼「う~ん、僕もそうなるんじゃないかって心配なんだけど・・・普通の女の子かぁ・・・」
翠「・・・二人とも翠星石の話を聞いてやがるですか・・・・?」



J「・・・」
雛「JUMも色々と大変なの~」
J「もう慣れたよ・・・」
|