※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


夏休みも残り少し。

あんなに近かった太陽も、少しだけ遠くに行ってしまったみたい。
そんな、とある一日。
相変わらず蝉が賑やかに鳴いてるけど、どこか寂しい声に聞こえる。
そんな、とある一日のお話。




◆ ◇ ◆ ◇ ◆  この町大好き! ☆ 増刊号15 ☆  ◆ ◇ ◆ ◇ ◆




その日、翠星石はお気に入りのケーキ屋さんで、大量のシュークリームを買い込んでご機嫌で歩いていた。

家に帰ったら、蒼星石にお茶を淹れてもらって、二人で食べよう。
そう想像しただけで、自然と心も弾む。

「ふ~ん♪ふふ~ん♪ですぅ♪ 」
正体不明な鼻歌も、思わず漏れてしまった。
と、そんな風にワクワクしながら翠星石が家へと急いでいると……

横断歩道の近くで、おばあさんが立ち止まっていた。
ちょうど向かう方向も同じだし、翠星石はその横で信号待ちをしながら、その老人の様子を窺ってみると……

大きな、とは言えない位の量だが…それでもお年寄りにはキツイ。
ちょうどそれ位の荷物を持ったおばあさんが、炎天下にさらされながら一人、信号待ちをしていた。
 

(こんなオババが一人だと、危ないですぅ!しゃーなしで手伝ってやるですよ! )
(いやいや、知らない人間と一緒になんて、何が起こるか分からんですぅ!ここは無視ですよ! )
ちょっと迷いながら、翠星石はお婆さんの方をチラチラ窺ってみる。

と…
そんな挙動不審な彼女に気が付き、お婆さんは翠星石の方を見ると…ニッコリと、少しだけ笑って見せた。

「なぁ!?ななな何か言いたい事が有るならハッキリ言いやがれですぅ! 」
突然の、予想だにしてなかった反応に翠星石もちょっと慌てる。
ちょっと慌てながらも…それでも、この勢いに任せる決意だけは、瞬時にしてのけた。

「そんな重そうに荷物持ちながら、余裕かましてる場合じゃないですよ!
 下手に余裕見せたせいで後でバテられたらと思うと、目覚めが悪いだけですぅ!
 分かったらさっさとその荷物を翠星石に任せるですよ!! 」

一歩間違えば路上強盗にもなりかねない発言をしながら、翠星石はお婆さんから荷物を取り上げる。
「偶然にも行く方向が同じだから持ってやるだけですぅ!!
 ……ところで、オババはどっちに向かってるですか?」

発言の順番が何だかおかしな事に気が付いて、お婆さんは苦笑い。

優しいんだけど、恥ずかしがりな変な子。
お婆さんも、彼女の不器用な好意に甘える事にした。
「はいはい…ありがとうね。この信号を渡ってから……――― 」


◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 
「全く、年寄りなら年寄りらしく、素直にしてやがれですぅ!! 」
捨て台詞を残して走り去った親切な女の子。
玄関先でその後姿を見送り、おばあさんは家に入ろうとした。

そして玄関を開けると……
近所の学園で校長先生をしている夫が、ちょうど家を出ようとしている所だった。 

◇ ◇ ◇

今日は、ある教師の処遇に関する会議…。
いつに無く重い気持ちで、柴崎元治は学園へと向かう準備をしていた。

家を出ようと玄関に向かい、沈んだ気持ちで靴を履いていると…妻のマツが帰って来た。
何でも、親切な女の子が荷物を持ってくれたから、予定より早く帰ってこれたらしい。

嬉しそうにそう言う妻の話を聞く内に、何だか元治の気分も良くなってきた。
「案外、この世の中も捨てたもんじゃあないのお… 」
少し微笑みながら、会議の為に元治は学園へと向かった。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆


『校長室』と書かれた、重苦しい扉。
その前で、めぐは「あぁ…今、心臓止まらないかな…」と、ぼんやり考えていた。

生徒(水銀燈)に対する、過剰なスキンシップ。
授業中でも容赦無く倒れる虚弱体質。
生徒には好評だが、内容の暴走した授業。

それが学園のお偉いさん達にバレて…処分を言い渡される結果。つまり、今へと繋がっていた。 

「減給かな……停職かな……それとも……ふふふ……クビ…?
 あーあ……死にたいなー…」
虚ろな瞳で、ブツブツと呟く。

でも、いつまでもトリップしてても仕方ないので…いっその事、早く楽になろう。
そう考え、めぐは焦点のズレた目のまま、校長室の扉を開いた……


◆ ◇ ◆ ◇ ◆


「クビになるかも…」
めぐにそう相談された水銀燈は、気が気じゃなかった。

寝ても覚めても、落ち着かない。
正直、変人ばっかり学園の教師陣の中でも、ひときわ目立つ変人・柿崎めぐ。
いっつも自分にちょっかいをかけてくる困った相手ではあるが…
水銀燈はその実、めぐの事は嫌いじゃなかった。

そんなめぐの、今後を左右する会議。
それが今日だと聞いた水銀燈は……正直、オロオロするばかりだった。

結果が出次第、すぐにめぐから連絡が来る。
そう分かってはいても…待つ時間は無限に感じるほど長い。


と、そんな待ち時間の終わりを告げる着信が!!
  

水銀燈は大急ぎで電話を取ろうとして…
でも、待っていたとバレるのは恥ずかしいから、あえてちょっとだけ待って……

 プルル… プルルル……

着信音を聞きながら、吸って吐いての深呼吸。
そして…
「もしもしぃ?どうしたのよぉ…? 」
そっけない感じの声を心がけながら、電話に出た。

『聞いて水銀燈!大丈夫だったわ!!クビも停職も減給も無しだって!やったわ!! 』
「ふぅん……そう……」
『何でかしらないけど、柴崎校長、やけにご機嫌でね?今回だけは見逃してくれるって!』
「…あの校長がねぇ……?」
『とりあえず、詳しい話もしたいし、今からでも出て来れない? 』
「…別にいいけど……コーヒー位は奢りなさいよぉ? 」
水銀燈は、ほんの短い言葉で答えただけだった。

というより、これ以上喋ったらボロが出る。
本当は嬉しくって仕方が無いのだけど……ここで一緒にはしゃぐのはマズイ。
それこそ、今後の関係を大きく左右する事になりかねない。

完全にパワーバランスがめぐ寄りに傾いてる事にも気が付かず、
水銀燈は小さく飛び跳ねながら、興味無さそうな声を出し続けていた。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆

  
その日は、真紅にとって意外な出会いの日だった。

何の予定も無かったので、一日中家で読書をするつもりだったが……
残り少ない夏休み。
ちょっとした気まぐれで、町へと向かう事にした。

そして、お気に入りの紅茶専門店に行き紅茶を飲み…
ついでに茶葉も買って帰ろうかと迷ったが、買い置きがまだまだ有る事を思い出し、そのまま店を後にした。

そのまま帰ろうかと思った瞬間―――

「こ…これは…!! 」
駅前のゲームセンターのクレーンゲームの景品になってる、特大くんくん人形を見つけた!

迷わず走りより、財布の中の硬貨をクレーンゲームの台に叩き込む!
「くんくん!今助けるわ!! 」
何だか、変な世界に浸りながら、真紅が叫ぶ。

失敗する。叫ぶ。硬貨を入れる。叫ぶ。失敗する……。
あまりの悲惨さに、せめてアドバイスでも…と近寄ってきた店員に、真紅は両替を命じる。
つぎ込む。失敗する。まだまだつぎ込む……。

「何故なの!?どうして取れないのよ!…何か裏があるに違いないわ!! 」
そう言い、クレーンゲームの台を叩き始めて…

真紅は店から退場させられた…。
  

「…くんくん…… 」
通りから寂しそうに、出入り禁止になったゲームセンターを見つめる真紅。
そのままトボトボと…
何の収穫も無いのでは寂しすぎる。せめて、茶葉でも買って帰ろうかと、再び歩き出した…。

◇ ◇ ◇

お気に入りの紅茶の葉。
それを買い、真紅は今度こそ帰るために駅前へと向かった。
ゲームセンターの方向は…悲しすぎるから、見ないようにして。

そうして歩く内に、真紅は背後から声をかけられた。
「あらぁ?そのブサイクな顔は真紅じゃなぁい… 」
普段なら、振り向きざまに一撃入れてやりたい所だけど…流石に今日は、そんな元気も湧いてこない。
「……相変わらず失礼ね、水銀燈……」
小さな声で答えながら、真紅は振り返り…やけにご機嫌な表情の水銀燈に気が付いた。

「どうしたのよぉ真紅ぅ…えらく落ち込んでるじゃなぁい? 」
そう言う水銀燈は、今にも飛んでいきそうな位に晴れ晴れとした表情。

(正直、今の心境でこの水銀燈の相手をする気にはなれないわね… )
真紅はため息をつき、駅前のゲームセンター…そこに置かれている人形を無意識に見つめながら、答えた。
「あなたには関係ない事なのだわ… 」

その仕草に、水銀燈もピンと来たのだろう。
「ふふふ…」と笑うと、そのままゲームセンターへ入り……
数分もせぬ内に、特大くんくん人形を抱きかかえながら出てきた。
  

「ねぇ、真紅…あなた、これが欲しかったんでしょぉ…?……うふふふ… 」
「…ええ、そうよ。悪い? 」
相変わらず、何があったのか楽しそうな水銀燈と、とことん不愉快そうな表情の真紅。

「……だったらコレ、あなたにあげてもいいわよぉ………
 ……なんて、言うと思ったかしらぁ? 」
水銀燈はニヤニヤしながら挑発的に言葉を投げかけてくる。

明らかに、おちょくられてる。
そう感じた真紅は、プイっと顔を背けながら、不機嫌そうに返した。
「思わないわね。あなたが私にくんくん人形をくれる可能性なんて、これっぽっちも期待できないのだわ 」

そして…その答えに、水銀燈は嬉しそうに目を細めた。
「ふふふ……そうよねぇ…?
 でもね……私がいつも、あなたの思い通りの行動すると思ったら…大間違いよぉ 」
そう言うと水銀燈は、抱えていたくんくん人形を真紅に押し付ける。
そしてそのまま、相変わらずご機嫌な表情を浮かべどこかに行ってしまった…。

「……あの子……熱でもあるのかしら…… 」
念願のくんくん人形を抱きかかえた真紅は…怪訝そうな表情を浮かべ、小さく呟いた…。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆


蒼星石は家にお茶がない事に気が付いて、町まで買い物に来ていた。
何でも、翠星石が『美味しいもの』を買ってくるからお茶を用意しようと思ったのだが…

勝手に和菓子を想像していた蒼星石は…
「とりあえず…緑茶でいいかな? 」そう考え、お茶の葉っぱを買って帰っていた。
  

その帰り道…
向こう側から、大きな人形を抱え、幸せそうな表情をした真紅と出くわした。


「あら蒼星石、お買い物? 」
夢見るように幸せそうな表情で、真紅が声をかけてくる。
「うん。翠星石がお菓子を買ってくるから、そのお茶を買いにね 」
蒼星石はそう答え、緑茶の入った袋を持ち上げる。

「緑茶も良いけど、紅茶も素敵よ?
 そうよ!翠星石がスコーンを焼いたりした時に、これを飲んでみるといいわ。
 きっとあなたも、紅茶の魅力に気が付くのだわ! 」
そう言った真紅が蒼星石に、紅茶の葉が入った袋を渡す。

「え、でも…そんなの悪いよ… 」
蒼星石は遠慮するが、真紅は譲らない。
「気にしなくって良いのよ。私は家にも買い置きが…それこそ、山のようにあるわ。
 このまま持って帰っても、置き場所に困るだけよ 」
そのまま押し切って、真紅は蒼星石に紅茶の袋を手渡した。

「……置き場所も無いって……じゃあ、なんで買ったりしたんだい? 」
ちょっと戸惑った表情の蒼星石が、真紅にそう尋ねてみる。
「さあ?どうしてだったかしらね…? 」
真紅は嬉しそうに人形を抱きかかえたまま、帰っていく。

「……何があったんだろう…? 」
その背中を見送りながら、蒼星石が小さく呟いた……。

  
◆ ◇ ◆ ◇ ◆


「ささっ!早く蒼星石も座りやがれですぅ! 」

机の上にシュークリームの入った箱を広げながら、翠星石が元気いっぱい声を上げる。
蒼星石は心の中で真紅に感謝しながら、紅茶の入ったポットをテーブルに置いた。

二人でシュークリームを食べながら、幸せのひと時、ティータイム。

ふと、蒼星石は思いつき、翠星石に聞いてみた。
「ねえ翠星石…今日、何か変な事なかった? 」
「はて?…う~ん……これといって無いですねぇ。どうかしたですか?蒼星石 」
「いや、ね……この紅茶、真紅がくれたものなんだ 」
「ほー。珍しい事もあるですね 」

二人でシュークリームをもしゃもしゃ食べる。
合間に、紅茶を一口。

何でか知らないけど、とっても幸せな味がした。 





     

|