※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真紅はジュンの嫁になる前の話し


「真紅さん私と付き合って下さい」

「ジュン…クスクス」

「なっ…なんで笑ってるんだよ」

「だって、似合わないわ…クスクス」

「…やっぱり…僕なんか真紅には釣り合わないよな…」

「ち、違うわ、ジュンが急に【私】なんて使うから」

「僕は元ヒキコモリだし身長も…ハハ」

「だから違うわ」

「時間取らせてごめん、じゃあ」タタタ

「ちょっと、ジュン待ちなさい…もぅ!」
「まったく人の話はちゃんと聞きなさいと何時も言ってるのに…」
「これは再教育が必要ね」 

━━桜田家━━
ピンポン

「はぁーい、あら真紅ちゃん」

「こんにちわのりさん、ジュンは居ますか?」

「ジュン君ならお部屋よぉ、上がって頂戴、ジュ」

「のりさん呼ばなくていいわ、部屋に寄らせていただくから」

━━ジュンの部屋━━
コンコンコン

「ジュンおじゃまするわ」

「真紅…何しに来たんだよ…」

「ジュン、人の話はちゃんと聞きなさいと何時も言ってるでしょう?なんで逃げ出したの?」

「それは…真紅に振られたから」

「私は振った覚えは無いわ」

「だって似合わないって」 

「それはあなたが格好付けて【私】なんて言うからよ」

「え?」

「だいたい私があなたからの告白を断る訳が無いでしょ」(////)

「それって」

「勿論OKよ」(////)

「よかった~」

「ちょっと何で机に突っ伏してるのよ、さっきのをやり直ししなさい」(////)

「え~」

「早くしなさい、さあ立って」

「おい引っ張るなよ」

「これで良いわ、始めなさい」

「…」

「…」 

「真紅さんわt…僕と付き合って下さい。」

「やり直し!」

「真紅さん!僕と付き合って下さい!」

「喜んで」

「やった!」

「ちょっといきなり抱きつかないで頂戴」

「真紅好きだ…」

「私もよ…」

「キスして良い?」

「まったく無粋な男ね、黙ってするもの、ん…」

ガチャ「真紅ちゃん、紅茶を淹れて…き…」

「…」(////)

「…」(////)

「…お邪魔しました」バタン

「今日はお赤飯よぉ」

|