※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「はぁ…はぁ…」
朝の通学路で、僕の荒い息遣いだけが聞こえる。
「…はぁ…はぁ…はぁ…」

え?朝から何してるんだって?
ふふふ…そんな事、みなまで聞かないでくれよ。
誰だって、一度は経験したり…やったこと無くったって、憧れたりはしただろ?
これがまた、実際にやってみると、なかなかに気分が良いもんなんだぜ?

自転車通学をね!


遅刻ギリギリな時間帯なお陰で、通りには人っ子一人いない。

(ヒャーハー!!全開フルスロットルだぜ!!…行ける…行けるぜ!光の向こう側へ!!)
僕は力の限りでペダルを漕ぐ。
誰だって、自転車に乗ってるときは、こんなテンションになるだろ?僕だってそうだ。

(クックック…音速の貴公子とは…それは僕の事だ!!)

そのままMAXスピードで僕は走り…
『ドシャァァ!!』
曲がり角から突然出てきた、誰かと思いっきりぶつかってしまった!
ジーザス!!何て事だ!!

地面に倒れている女の子に、自転車を降りて慌てて近づく。
(…あれ…この子…僕と同じ高校の制服だ……それにしても、綺麗な足だな…フヒヒ…)
  

「大丈夫ですか!?お嬢さん!?」
僕は極めて紳士的な態度を心掛けながら、ハンカチーフ片手に、女の子に駆け寄る。
(フヒ…フヒヒ…いやぁ、これはフラグ立ったんじゃね?これ何てエロゲ?)

見れば見るほど、その子は美人で…
透き通るような白い肌!スタイル抜群!足も細くて綺麗!髪なんか綺麗な銀色で………え?…銀色?

げぇ!!水銀燈!!




ああ、自己紹介が遅れたね。

僕は桜田ジュン。

朝から絶世の美女にマウントポジションでボコボコにされてる…可哀想な高校生です。






「……命が有るだけ、幸せと思いなさぁい…」
そう言い水銀燈が、僕の白いハンカチで手に付いた返り血を拭う。
「ふ…ふぁい……」
ボコボコに腫れあがった顔面で、僕はすかさず返事をする。
だってこれ以上殴られたら、NGワードにグロ注意って入れなきゃいけないからね!

僕の返事に満足したのか、水銀燈は僕に、赤いハンカチを投げ返してくれた。
…あれ?このハンカチ、白色じゃなかったっけ?…はは…あははは…


「さて……ここで出会ったのも、何かの縁ねぇ……」
一息ついた水銀燈が、妖しい笑みを浮かべて僕の自転車を見つめる。

これはアレか!?『二人乗りで送ってきなさぁい』ってヤツか!?
そして僕の背中に水銀燈がしがみついて……胸が!胸が背中に押し当てられるという流れか!!

「ウへ…ウヘヘヘヘ……」
だらしなく口を半開きにして、淡いピンク色の妄想に囚われている僕。
それをを無視しながら、水銀燈は僕の自転車にまたがり…

「この自転車、貰うわぁ」
そう言うと、颯爽と去っていった。


「………」
暫く僕は、あまりの事態に呆然とし…

そして、愛機『JUM号マークⅡ』(自転車の名前)が二度と戻ってこない予感に…少し泣いた。

 

~~~~~

結局、学校に遅刻したのは僕だけで…

先生に注意され、すごすごと席に着く時に、ニヤニヤする水銀燈と目が合った。


僕の真後ろの席の水銀燈は、授業中でもお構い無しに、僕の椅子を蹴ってくる。
その度に僕は律儀に振り返り…水銀燈に睨まれ、先生に怒られる。

おちょくられてるみたいで悔しいけど、少しドキドキす……いや、何でもない。


そんなこんなで授業は進み、水銀燈ときちんとと会話ができたのは、昼休みになってからだった。


蹴ったり殴ったりは、問題じゃない。
カツアゲされた事も、水に流そう。
だけど…
『JUM号マークⅡ』だけは、何とかして取り戻したい。

僕の、男のプライドを賭けた、一世一代の大勝負が始まる…。

 

~~~~~

「なあ、水銀燈…僕の自転車だけど…」
昼食も終わり、僕はそう水銀燈に切り出してみた。
「あぁ…アレねぇ…おかげで遅刻せずにすんだわぁ」
目を細めながら、優雅にそう言ってのける。

遅刻せずに、って…
(不良なんだったら不良らしく、胸張って遅刻しろよ…)
その、服の上からでも分かる、形の良い胸を張りながらね!フヒヒ!


僕は、一体どうやって返してくれと切り出せば、彼女の機嫌を損ねずいられるだろうかと考え…
……突然、水銀燈に殴られた。

「……誰が不良ですってぇ…?」
口元を少し痙攣させながら、凄みの効いた笑顔で言ってくる。

…いけね。言葉に出ちゃってたみたい。

「言いな!さいよぉ!誰が!不良ですってぇ!?」
謝ろうにも…水銀燈に何度も膝蹴りを入れられて、言葉が出ない。
 

やがて、僕は地面に突っ伏し…
そんな僕を見下ろしながら、水銀燈が再び口を開いた。

「あんな野蛮な連中と、一緒にしないでもらえるぅ?」

はい、そうですね。
口より先に手が出る貴方を不良だなんて呼んだら、最近の不良さん達に失礼ですね。


とにかく僕は、地面に倒れたまま謝り続け…
半ば諦めてはいたが、当初の目的である自転車の事をお願いしてみる。

「……ところで…僕の自転車だけど…」

そして…水銀燈の口から出た言葉は……良くも悪くも、僕の予想を遥かに超えていた。

「いいわぁ…返すわよ。……だってアレ、壊れちゃったんですものぉ…」

 
~~~~~


駐輪所まで移動すると…なるほど、水銀燈の言うとおり、自転車の前輪はガクガクになっていた。

(まさかお前、自転車にも乗れないのか!?)
僕驚いて振り返る僕を尻目に…
水銀燈は肩をすくめ、呆れたように言う。
「…今朝の事故で、壊れてたみたいねぇ。おかげで、乗るのが大変だったわぁ…」

なるほど。
確かに、かなり速度出してたからね。
でも、何で君は怪我一つしてないの?

そんな疑問も、これから暫くの間修理に出さなくてはいけなくなった『JUM号マークⅡ』を前に、
僕の頭から儚く消え去っていく…。
(さようなら…光の向こうの世界……僕はもう…翼をもがれた天使(エンジェル)さ……)


そして…そんなうなだれる僕に気を使ったのか…またしても水銀燈が意外な言葉を告げてきた。

「……どきなさぁい。修理してあげるわぁ」
そう言い、僕を片手で押しのける。
 

(案外、優しい所があるのか…?)
僕のそんな思いを他所に、水銀燈は―――

ガクガクになった前輪を、ガンガン蹴り始めた!


「やめて!そんな乱暴な事はしないで!」
僕は自転車を蹴る水銀燈にしがみ付き、懇願する。

だが彼女は僕を軽々と払いのけ――
「…こういうのは、叩けば直ると相場が決まってるものよぉ…」
口の端を持ち上げながら、さらに激しく蹴り付ける。

「やめて!お願い!そんなに激しくしたら…壊れちゃう!」

水銀燈は妖しい笑みを浮かべて、これまでとは比べ物にならない勢いで自転車を蹴り―――

「ら…らめぇぇぇえええ!!」



僕の叫びと同時に『ボキン』と鈍い音がして―――


自転車の前輪が、綺麗な放物線を描いて、宙を舞った―――




 

―※―※―※―※―


『らめぇぇぇええ!!』

叫び声が学園内に響く中…

一つの教室から、駐輪場を見下ろす二つの影が有った……


「……あれが、学園一の問題児、水銀燈と…彼女に虐げられてる生徒、桜田ジュンだよ…」

「…なるほど……たしかに、報告以上に危険なヤツですぅ…」

「……そうだね…ここはやっぱり…僕達が何とかするべきじゃあないのかな…?」

「ですぅ。……生徒の快適な学園生活の為にも……私達生徒会が、今こそ動く時ですよ!」



風が吹き、カーテンを揺らす。

風が止んだ時……教室から見えていた二つの影は、すでに消えていた……



 
|