※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[ARMORED CORE BATTLE OF ROSE]


MISSION no.3[懐古]


『――次のニュースです。本日、午後5時頃、大手企業クレスト・インダストリアルが所有する、
 倉庫、製鉄所、及び兵器生産工場が、特攻兵器「UNKNOWN」によって襲撃、破壊されました。被害は予想以上に甚大で―――』

テレビ画面には、UNKNOWNによって叩き潰され、黒煙を上げている工場「だった」物が映されていた。
黒い鉄塊となったその工場は見るも無残に破壊され、かつての面影はどこにも残されていなかった。

「感謝するですよ、水銀燈!翠星石が助けに行ってなかったら、今頃おめぇはこの辺に映っているはずですぅ!」
テレビ画面の左端辺りを指さしながら、そう言う翠星石。
「…あんな無茶苦茶な操縦の後じゃ、感謝の気持ちも失せるわぁ…」
「なにか言ったですか?」
「なぁんにも。…あえて言うなら、首と腰が激しく痛むわね…。ついでに頭も…」
首と腰の痛みの原因は、言うまでもなく翠星石のぶっとんだ操縦であるが、頭痛の原因はそれとは違っていた。

「はぁ…。真紅の言った通り、私も堕ちたものねぇ…」
と、コアだけになってしまった自分の愛機を見上げる水銀燈。
そのコアも所々装甲が剥げており、ほとんど原型を留めていなかった。
「修理代ってレベルの話じゃないわぁ…。AC一機丸ごと買い換えないといけないじゃなぁい…」
「翠星石の予備パーツなら貸してやるですよ?」
「パーツがあっても組み立てるエンジニアがいないわよぉ…。おばかさぁん…」


ここは翠星石のガレージ。
普通のレイヴンのガレージならば、ACの整備をする技師達が待機しているのが普通である。
しかし、レイヴンとして活動してから、特に目立った戦果を上げていない彼女には、技師を雇う余裕などない。
いくら一機とはいえ、UNKNOWNを木っ端微塵にする腕の持ち主である翠星石。なぜ、今までに大した活躍をしていないのか?

「…どんな理由があっても、人が人を殺すのは間違っているですぅ…」
「…はぁ?」


―――翠星石がまだ幼い頃、彼女の住んでいた村には、一人のレイヴンがいた。
そのレイヴンは余程の腕の持ち主らしく、たびたび飛来する特攻兵器を全て撃ち落とし、一度も村に到達させたことはなかった。
そのレイヴンは、言ってみれば「英雄」だったのだ。
しかし、善のみで構成された人間などいるはずもなく、そのレイヴンも「裏の顔」を持っていた。
その頃、丁度バーテックスが崩壊し、再びアライアンスが「政府として」静かな統治を始めようとしていた。
そう。そのレイヴンは、アライアンスの統治に反対する武装勢力―――つまり、テロリストだった。
そのレイヴンはこう考えた。まだバーテックスによる混乱が収まってないアライアンスが、こんな辺境の村まで捜索する訳がない、と。
そうして村を隠れ蓑に使い、今まで無事平穏にすごしてきた。
だが、平穏はいつまでも続くものではなく、何とか平静を取り戻したアライアンスによって、ついに捜査のメスが入った。
しかし、村にとってそのレイヴンは英雄であるため、村人達は何を聞かれても知らぬ存ぜぬを貫き通し、レイヴンの所在を言おうとはしなかった。
ついに堪忍袋の緒が切れたアライアンスは、村を破壊してレイヴンを炙り出す作戦を決行した。
そして、アライアンスのMTの大部隊が村に攻撃を開始し、森に火を放とうとしたその時―――。
―――「英雄」が現れた。
作戦通り。と、ほくそ笑んだアライアンスだったが、炙り出した後のことを考えていなかったのが運のツキであった。
今まで、自分の内情を薄々知りながらも、自分によく接してくれた村人達。
その村を破壊しようとするアライアンスに対して、そのレイヴンは憤慨し、容赦のない攻撃を浴びせかけた。
40機いた部隊は、1分後には20機、2分後には10機、3分後には、5機しか残っていなかった。
敗北を悟り、撤退を試みるアライアンス。だが、レイヴンはそれすらも許しはしなかった。
MTを殴り、蹴飛ばし、引きちぎり、コックピットをACで直接叩き潰すレイヴン。
凄惨なその反撃は、翠星石の心に大きなトラウマを植えつけた。

「―――その時から、ACには絶対乗らない、絶対に人殺しはしないって決めたですぅ…」
「ふーん…。じゃあ、なぜ今は乗っているの?」
「……それは………その…………」
「…いえ、いいのよ。無理に言う必要はないわ…」
「………………」
「………私にも、同じような時期があったしねぇ…」
「…え?」
「独り言よ…。気にしないでちょうだぁい。…でも、そんな中途半端な気持ちじゃ…。この先、死ぬわよ」




「…で、本当にどうしようかしらぁ……」
「アテがあることはあるです…。でも、あまり期待できそうにないかもですぅ…」





―――翌日―――



――ここは何処――? 『…………………』

狭く、薄暗く、周りに計器類が沢山ついている。

――ここは、ACのコックピット――?『……………と……』

前方に見えるのは、薙ぎ倒される木々と、鮮やかな炎。
そして、不気味な朱色の兵器。それと対峙する、燃えるような紅のAC。

――あれは、もしかして―― 『…す………と……』

互角に渡り合う2機。しかし、徐々に朱の機体が劣勢になる。

――前にも、一度見た気がする―― 『……い…んと……』

右手を突き出し、朱の機体を吹っ飛ばす紅のAC。

――いけない、止めないと―― 『…す…ぎん…う…』

止めを刺そうと、接近するAC。
ACの右手が、朱の機体に触れる。
その瞬間、相手の機体が強烈な光に包まれ―――



「水銀燈ぉっ!!いい加減起きるですよぉっ!!」
――耳が痛い。頭がモヤモヤする。夢を途中で遮られたからだろうか――。
「…朝から元気ねぇ…。もう少し落ち着いたら――」
「それどころじゃねぇです!!外を見るです!外をっ!!」
「外ぉ?」
翠星石の声の調子から、ただ事ではない事を感じ取る水銀燈。
カーテンを開けて窓の外を見る。そこには―――。

「…アレって…UNKNOWNじゃなぁい…!」
「でも、人型じゃねぇです…。全部イナゴ型ですぅ…」

青い空一面を埋め尽くすUNKNOWN。それは、さながら農作物を食い荒らして移動を繰り返す、イナゴの群れのようであった。
西から東へ、朱色のカーペットのように飛行するUNKNOWN。
幸い、ここは見かけの上では完全に民家。ガレージは地下にあり、そこへの入り口も洞窟に偽装されていた。
そのため、ここに攻撃を仕掛けてくる様子は無い。

「…おかしいですね…」
「…えぇ。おかしいわぁ…」

「…なんであのイナゴモドキは、海の方へ向かっているですか…?」

なぜか海上へと移動していくUNKNOWN。これまでの経験上、UNKNOWNの標的は「戦力となるもの」だけのはずであった。
しかも、この東の海は世界で最も広く、そのまま移動した場合、陸に着くころには世界を半周しているだろう。
海上に軍事要塞が建設された記録もなく、かと言って艦隊等を攻撃するのには数が多すぎた。

「もしかして、本当にイナゴの習性があったりするですかね?」
「そんなワケないでしょぉ、おばかさぁん」
「…あっ!海に向かって突撃したです!」

今度は、一斉に海中にダイブしだしたUNKNOWN。
ドォン、という爆発音と共に、小さく、鈍い振動が伝わってくる。恐らく、海中で自爆しているのだろう。

「…イナゴの集団自殺ぅ?本当にワケがわからないわぁ…」
「…一応、空にUNKNOWNはいなくなったですね…」
「ま、危険がなくて良かったわぁ。…じゃ、おやすみぃ…」
「なっ!まだ寝るつもりですか!」
「『まだ』って…。今は朝の4時よぉ…?」
「一回起きたんならずっと起きてろです!さもなくば、水をぶっかけスコーンを口に詰め込んでやるですよ!」
「…わかったわよぉ。わかったから、ホースを引っ張り出すのはやめなさぁい…!」





「さぁ、今日も一日元気に過ごすですぅ!」
「はぁい………」
翠星石に朝早くからたたき起こされ、眠気でフラフラしている水銀燈。
10時間は睡眠をとらないと体が持たない…らしい。

「で、昨日言っていたアテって言うのは?」
「えっとですね…。南の山を越えた先に、小さな研究施設があるです。
 表向きは『環境開発』ってことになってるですが、実際は生物兵器の研究が主流ですぅ。
 翠星石も、よくそこで仕事をもらってるです」
「仕事ねぇ…。例えば、どんな?」
「色々あるですが…。例えば、真っ白い粉を運んだりとかですねぇ…」
「いきなり危ないわぁ!!」
「いえ、真っ白い粉は冗談ですが、主に物資の輸送ですね。
 たまに盗賊まがいの集団が荷物を狙ってきたりするですから、そいつらを撃退したりもするです。
 …当然、狙うのは脚と腕だけですよ?行動不能にしてやるだけですぅ」
「ふぅん…。ま、行ってみる価値はありそうねぇ。いざとなれば、その生物兵器とやらのデータをかっぱらって…」
「…本当にやりそうで怖いですぅ…」





再び、コックピットのみで移動する水銀燈。実際に移動しているのは翠星石機だが。
「ちょっと翠星石ぃ!もう少しゆっくり移動できないのぉ!?」
「一日は短いのです!時は金なりです!一分一秒たりとも、無駄にはできないのですぅ!!」
「結構な心構えねぇ!!でも一緒に移動する人の気持ちも考えてくれると、もっとありがたいわぁ!!!」
普通なら、AC全体のアブゾーバーによって、OB使用時の反動はかなり軽減される。
しかし、今の水銀燈にはコックピットしか残されていない。当然、ショックはほぼそのまま水銀燈に伝わる。
そんなこともお構いなしに超高速で移動する翠星石。普段から使用しているので癖になっているようだ。
「さっき言わなかったですか?この辺りはよく武装集団くずれのならず者が襲ってくるです。でも、高速で移動すればさすがに狙えないはずですぅ!」
「襲われるより前に、私の頚椎が粉々になるわぁ!!」
「―――おっと、着いたですよ!」
「ぐぇっ!―――だから、急停止・急発進はやめなさぁい…。危うくムチウチになるところだったわ…」


コックピットから降りる二人。目の前には、中程度の大きさの研究施設―――と言うよりは、普通の商社のような建物があった。
入り口には、こう書かれた看板があった。

『トライトン環境開発研究所』―――。

To be continued...

|