※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

J「・・・眠い・・・」
蒼「此処で寝ちゃ駄目だよ!」
J「あー・・・膝枕して・・・」
蒼「けど・・・もう、しょうがないなぁ。」
J「あー、ありがとう。」
蒼「此処に木があって、本当によかった、おーい、ってもう寝てるのか。」
蒼「ふぁーあ・・・僕も少し・・・寝よう。」
30分後・・・
蒼「ふぁーあ、まだ寝てるのかな。」
蒼「・・・起きないよねぇ?それじゃ之は如何かな?」
蒼星石はそう言うと、ジュンの耳を甘噛みし始めた。
蒼(かじかじかじかじ。)
J(ん?、何してんだ?・・・蒼星石が僕にねぇ・・・」
ジュンは寝てるフリをして蒼星石のお尻を撫でた。
蒼「ひゃうっ!?、い、今一体何が!?」
J(お、まだ気が付いてないようだ・・・もっとやっちゃうか。)

蒼「ひゃん!・・・はぁはぁ・・・」
J(あれ?反応がおかしくなって来たぞ?)
蒼「あぁん!・・・はぁはぁ・・・」
J(もう止めておこう、嫌われそうだ。)
蒼「・・・ジュン君・・・」
J「・・・気づかれてたのか。」
蒼「ジュン君・・・もっとして?」
J「え・・・でも・・・」
蒼「・・・だめ?」
J「え、良いけど2階でね。」
蒼「んじゃあ早く行こう?」
J「ちょっと待ってて、よっこいせっと。」
J「さて、行こうか。」
蒼「うん///あんまり虐めないでね?」

その日、ジュンの2階からは嬌声が聞こえたとか、聞こえなかったとか。
海「昨日は、お楽しみでしたね。」
蒼「//////」
J「海苔ちょっと部屋に来い。」

ドゴン、ドスッ、バキッ、ゴキッ。

糸冬了







↑に蒼星石の暴走ものがあると思ってください。
蒼星石、翠星石の家・リビング
蒼星石「はぁ。なんか勘違いばっかりしてて、ジュン君に嫌われたかも。」
蒼星石「どうやったらジュン君に・・・・・zzz。」

小一時間後
ジュン「おじゃましまーす。」
翠星石「さっさとはいるですぅ。ん?蒼星石?テレビもつけずになにをしてるですぅ?」
蒼星石「・・・・・・・・・・zzz」
翠星石「シカトですか、蒼星石?」
ジュン「蒼星石?あ、寝てるよ。」
翠星石「あ、本当です。こんなところで寝て幸せそうです。」
ジュン「本当に幸せそうに寝てるね。でもこんなところで寝てたら風邪引くんじゃない?」
ジュン「蒼星石の部屋に運んだほうがよくないか?」
翠星石「じゃあそうしてくれですぅ。その間にお茶でもいれてるですぅ。」
ヒョイ。
ジュン「(やっぱり女の子だな。軽いや。)じゃあ運んでくるよ。」
翠星石「お姫様抱っこなんでいいですぅ。翠星石にもしてくれですぅ。」
ジュン「え?・・・じゃあ今度な。」
翠星石「約束です。約束っ破ったら許さないですぅ。」
ジュン「わかった。わかった。」

蒼星石の部屋
蒼星石「・・・っん。・・・くー」
ジュン「(可愛いな。)よいしょっと。」
蒼星石「くー・・・。っん・・・・。」
ジュン「よし。蒼星石に風邪引いてもらっちゃ困るしね。これで大丈夫かな?」
蒼星石「くー・・。んんっジュン君・・・」
ジュン「ん?蒼星石?・・・・・寝言か。」
ジュン「蒼星石は何もしなくても可愛いのにな。いろいろ頑張ってるところがまた可愛いんだよな。」
蒼星石「ジュン君・・・・。ふふ。」
ジュン「どんな夢見てるんだろうな?」
なでなで
ジュン「寝込みを襲うのは悪いんだろうけど・・・。耐えられないよ。」
徐々に近くなる唇。
・・・そしてあと少しといったところで、
翠星石「ジューーン!お茶入れたですぅ。なにしてるですか?」
翠星石の声がリビングから響く
ジュン「(ビクッ)今いくよ。」
ジュン「・・・。(寝込みを襲うのは駄目だね。罰があたりそうだよ。)」
ジュンは蒼星石をベットに寝かせリビングへ行った。

ジュンは翠星石と小一時間、雑談をしながらお茶を楽しんだ。

ジュン「じゃあ帰るね。」
翠星石「じゃあさよならです。またくるです。」
ジュン「じゃあね。ばいばい。」

その数分後、蒼星石が目覚めた。
蒼星石「ん。寝ちゃったんだ。でも誰が運んでくれたんだろう。」
蒼星石「まぁいいか。でもどうやったらジュン君に好かれるんだろう。」









蒼「放課後JUN君に呼び出されちゃった(///)」
そういって顔を赤らめながら教室に入った蒼星石を待っていたのは
ベ「さあ蒼嬢!!俺の愛を受け取ってくれ!!!」
ベジータだった。
蒼「あれ、JUN君は?」
即座に無視して蒼星石はきいた。
ベ「その呼び出しの手紙は俺が偽造したんだ!!」
蒼「なっ・・・」
ベ「さあ俺の愛を!!!」
蒼「・・・さない。」
ベ「へ?」
蒼「ゆるさない。言い寄ってきて迷惑なだけでなくJUN君の名前を使ってまで呼び出すなんて・・・」
ベ「・・・(な、なんかふいんき(なぜかryが変わったきがする)」

ベ「なんだ!?蒼嬢の後ろに見えるそのオーラは!?」
蒼「ギャグキャラのお前にはわかるまい!この僕の体を通して出る力(※注人工精霊)が!!!」
ベ「俺の体!なせ動かん!?」
蒼「ここからいなくなれーーーーーーーーーーー!!!!!!!」
ドシュウウウウゥゥゥゥ!!!!!(鋏でブッ刺す)
ベ「がはっ・・・
  お前の魂も連れて行く・・・・・」
蒼「何をいって・・・」
ピッ(テレビが付く)
蒼「これはJUN君の部屋!?」

映像
J「真紅いいのか・・・?」
紅「JUNとなら・・・(///)」
以下自主規制

ピシッ(蒼星石にヒビの入る音)


金「忘れ物しちゃったかしらー。」
そういって金糸雀は教室に入る。
金「きゃあああああああああ!!!ベジータが黒板に鋏で磔にされてるかしらーーーーーーー!!!!!!!」
金「でも、ベジータだから大丈夫かしらー。
  あれ?そこにいるのは蒼星石かしらー?」
蒼「・・髪の長い女の子がツンツンしたり急にデレたりしてる・・・
  ・・・はは、ツンデレだな・・・あれは翠星石かな?・・・いやちがうな・・・
  翠星石はもっとこう・・・ですぅーって言うもんな・・・」
金「蒼星石しっかりするかしらーーーー!」

end







おや? 蒼星石からお前らに手紙が来たようですよ?

「いつも僕を構ってくれてありがとう。これが僕の気持ちです。
少しづつ、拡大してくれれば嬉しいんだ。

http://www.its-mo.com/emmctl.htm?ENC=BvgHC01%2B%2Fh7NfasKR8SwqTddOuJ237pzLXbQGXQVABq9noJGaLs15gGpaoO8R%2B3TRn%2FXemC%2FPvFkrDYiye5b9KX9MPCKGAavObGxYX%2F8M8FmQjjsrxQyGg%3D%3D

                       蒼星石」







「こんばんは、JUM君。ごきげんよう」
「なんだ蒼星石、やけに畏まって」
「今宵は僕達二人だけのパーティナイト…行こう」
「え、ちょっ…うわ、空!空!落ちるッ!!」
「心配は要らないよ…僕と手を繋いでいる間、君も飛ぶことが出来る。ほら、意識を空へと向けて御覧」
「……本当だ。重力が感じられない」
「ふふっ。さあ、踊ろう。夜の街を舞台にして、月明りに照らされながら」
「踊るっていっても…僕ダンスなんてやった事ないぞ」
「大丈夫。君が僕を意識すれば、自然と体は動く。そうできているんだ…さあ、恐れずに一歩踏み出して」
「あ、ああ……」
「そう、いいよ…うん。ふふっ、なんだか不思議だね」
「なんだかっていうか…全てが不思議だよ」
「そう?なんで?」
「空を飛んでいる事、僕がダンスを踊っている事…」
「それだけ?」
「それに、蒼星石が傍に居ること」
「不思議じゃあないさ。君が望んで、僕が望んだ。だから僕達は手を取り合って踊れるんだ」
「お互いに…か」
「そうだよ。さあ、まだまだ夜は長い。一緒に幻想に浸ろう」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            。O
「うーん、むにゃむにゃ…はっ!夢か…なんでこんな……」
「…くー」
「……蒼星石さん、何故僕と一緒のベッドで寝ているのですか」
「……すぴー」
「こんな夢見たのはこれが原因か…しっかり手まで握られてら」
「……ううん、JUMくん……僕と、踊ろう……」
「………続き、見るか」








「ぽけぽけー」
「……蒼星石?」
「え、あれ、僕……?」
「無意識なのか」
何か違うところと交信しているっぽかった。

「なあ翠星石」
「はい」
「ぽけぽけって何だ?」
「何を言ってるですか?」
蔑まれた。

「なあ、蒼星石、ぽけぽけってなんだ?」
「ジュ、ジュン君、どこでそのことを――く、こうなったら!」
ばりーんっ。
「……っていうか、窓突き破って逃げたっ!?」
ホントに何なんだ、ぽけぽけって。

「――蒼星石!」
「ジュン君、来ないで……っ」
「いや、それより、ぽけ「もう、僕はこの世界に居られない」って、えええええええ」
「でも、ジュン君に会えて、よかった」
「ちょっと待て、そんな綺麗にまとめようとするな! むしろ何この温かい光!? え、蒼星石身体が消えてるよ!?」
「さようなら、ジュン君」
「いや、それはいいから! せめてぽけぽけって何か教えてからいけえええええええええええ!」

「――という夢を見た」
「あはは、変なジュン君。……ぽけぽけー」
「!?」
エンドレス。




|