※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大学ってのは、それまでの高校と違って…何って言うのか、その、自由だ。

どの授業を受け、どの講義を取らない。いつ大学に行って、いつ家に帰る。
そんな事が全て、自分で決められる。

当然、そんな自由な環境に身を置かれたら…サボる奴だって出てくる。
2年目になり、周囲の環境にすっかり馴染んでしまうと、なおさら。

ちょうど、今の僕の状況がそれだ。
寝る間を惜しんで、テレビとネットに噛り付き…そして翌日は、昼まで惰眠を貪る。

小腹が空いた感覚に時計を見ると、深夜12時ちょっと前。
そういや、晩御飯食べてなかったな…。

大学に行く、という名目で手に入れた、憧れの一人暮らし。
でも、実際にやってみると…結構大変だった。
掃除、洗濯、そして何より、日々の糧。

「…コンビニでも行くか…」
呟き、部屋着のまま家の鍵をポケットに滑り込ませた。



   ―※―※―※―※―
     薔薇色の日々
   ―※―※―※―※―


 
煌びやかな衣装に身を包んだ男性達が、私に挨拶をしてくる。
私は欠伸をかみ殺したまま、一段高い所から微笑み返す。

誰も彼も、服だけは良いものを身に着けてはいるが…如何せん、動きの端々から成り上がり者の匂いがする。
私は心底、辟易しながらも…それでも微笑だけは絶やさない。

折角お父様が開いてくれた、私の20歳の誕生パーティー。

ローゼングループ総帥の娘。来るべき次の時代の担い手。
その記念日に、せめて少しでも顔を売ろうとする下賎な輩。

とはいえ、それに一々眉をひそめていては育ちが知れる。

赤いドレスに身を包んだまま、私は媚を売りに来る各界の人間に、人形のように笑みをかえし続けた。

繰り返される心にも無いやり取りの合間を縫って、従者のラプラスに小声で尋ねる。
「…このパーティー…いつまで続くの?」
ラプラスが懐中時計を取り出し、時間を確認する。8時40分。
「ご心配なさらずとも…まだまだ祝いの席は続きますゆえ…」
何を勘違いしているのか…使えない従者ね。
「…そう。…気分が優れないし、私は先に部屋に帰るわ」

そう言い、ぴょんと椅子から跳ね降りる。
無作法をラプラスが咎めようとするが…お小言にはうんざり。
ダンスを申し込んでくる殿方にも、名刺を片手に笑顔で近寄る連中にも、うんざり。

私は足早に、パーティー会場を後にした。

~~~~~
 
最上階にある、私の私室。
その窓から、遠くに見える街の光を眺めていた。

小さく、だが、確実に注意を引く。そんな訓練されきったノックの音が聞こえる。

「…入りなさい」
相手を確認もせず、振り返りすらせずに、答える。
「失礼致します、真紅様」
…やっぱりラプラス、あなたね。

私は街の光から視線を逸らさず、ラプラスにも注意を払わない。

「どうなさったのです?折角の記念パーティーだと言うのに…」
はら、やっぱり、小言を言うつもりね。
私はラプラスの言葉を、片手を軽く振って制する。
「…ねぇ…この街の光…どう思う?」
私の言葉に、ラプラスは暫く考える仕草をして……

確かにラプラスは頭も良いし、礼儀正しい。…多少、慇懃無礼な所は有るけど。
一人で私の護衛と、教育係と、従者と…とにかく、何でもそつ無くしてのける。

私の短い問いかけにも、その真意を自分なりに考えてから返答をしてくれる。

「ふむ…真紅様がグループをお継ぎになられた際には、更なる発展が見込めるかと」
そうね。その通りだと思うわ。だけど、そんな事を聞いてるんじゃないの。
全く、仕事熱心で融通の利かない、とち狂った三月兎ね。

「確かに、私は語学も経済学も経営学も心理学も帝王学も、何の意味が有るのか錬金術に関する事まで…
全てマスターしたわ。でも…そんな事じゃないの」
 

煌びやかに光る、地上の星を見つめ続ける。

「…私は…まるでお人形。
同年代の子が、夜更かししてテレビを見て、友人と呼べる人間と騒いでいる頃…
私は、作り物の笑顔で座っているだけ…」

ずっと心に存在するわだかまり。
それを言葉にした途端、感情が爆発しそうになる。
駄目。今言った所で、何の意味も無い。それは分かってはいるが…

「私だって…一度で良い!歳相応に遊んでみたって…そう思ったって良いでしょ!」

…結局、我慢できずに声を荒げてしまった。
でも、気にする事は無い。どうせラプラスは…

「ふむ。それでは、デパートを貸しきってショッピングなどいかがでしょう?」
「それで、私の周囲には常に従者としてあなたが居て…どうせ通行人に扮して護衛が周囲を歩くのでしょ?」
「グループの次期総帥に万が一の事があっては、困ります。そこは諦めて頂くしか」

ね。何を言っても、無駄。
ラプラスの頭の中には、自分の仕事の事しか存在してないんだから。

時々繰り返される、こんな会話。
ラプラスが演説かと思うほど長い小言を延々と私に言って聞かせ…そして最後は、決まってコレ。

「とりあえず…気分の落ち着くよう、何かお持ち致しましょう」
「…ええ、そうね」

ラプラスは相変わらず調子を崩さない口調でそう言い、部屋から出て行った。
あいつ、感情なんて無いんじゃないのかしら。少なくとも、私の気持ちはちっとも分かってない。

ため息をつきながら、再び視線を遥かなる街に向けた。

~~~~~

「失礼します」
短いノックと共に、ラプラスの声が聞こえてきた。

一々答えるのも嫌だけど…まあ、ラプラスも悪気がある訳じゃない。
ちょっと仕事熱心で、ちょっと融通が利かないだけ。
「…入りなさい」
巻き戻したビデオを再生するように、同じやり取りをする。

「睡眠導入薬をお持ちしました」
そう言い、ラプラスは私に小さな薬を渡してくる。

そう。駄々っ子は早く寝かしつけよう、って事ね。
ちょっとイライラするけど…
ここで何か言った所で、のらりくらりとかわされてこっちにストレスが溜まるだけ。

私は片手で薬を受け取ると、そのままポイっと口の中に放り込んだ。
すかさずラプラスが水の入ったコップを差し出してくる。

「真紅様も年頃ですし、お気持ちは分かりますが…」
うるさいわね。またお小言が始まるの?
「ですが、人の上に立つ者として…」
部屋に篭って、知識ばかり増やして、何が人の上によ。
「私も真紅様の護衛として、長年務めて…」
そうね。あなたのお陰で、私は立派な箱入り娘。まるで籠の中の鳥だわ。
 
何だか、腹が立ってきたのだわ。
片手を軽く振り、「…もう寝るわ」と伝える。
程なくして、「失礼します」という言葉と扉が重々しく閉まる音が聞こえてきた。

私は…相変わらず、遠い街の光を見つめている。


どんなに優れた人間とはいえ、世間知らずのお譲ちゃん。
どんなに難しい本が読めても、窓から外の景色を眺めるだけの小鳥。
結局私は、いつまで経っても、笑顔で座るだけのお人形。


夜に考え事をすると、ロクな事にならない。
そう分かっていても…考えは止まらない。

一度でいい。つかの間で構わない。立場なんか関係無く、歳相応に生きてみたい。

いつしか、私はその考えに囚われていた。

だったら、どうすれば良い?
簡単な事なのだわ。
家の力の通じない街に出て…そこで過ごしてみれば良い。

薬が効いてきたのか、眠くて視界がグルグルしてくるし、突飛な事を考えてると自分でも思う。
それでも…パーティーが開かれ、警備が散っている今は…またと無いチャンス。


眠いのか、ハイになってるのか…そんな頭で、私は部屋の扉をこっそりと開いた―――

 
―※―※―※―※―


「ありあしたー」
ドアが閉まる音と共に、店員のやる気の無い声が聞こえる。
とりあえず、適当に買った食糧が入った袋を手に、コンビニを後にした。

「…うぅ…さぶ…っ」
時計に目をやると、時間は12時手前。暖かくなってきたとはいえ…流石に夜は冷える。

せっかく温めてもらった弁当が冷えないうちに家に帰ろうと、僕は足早に道を歩く。
時間も時間だし、場所も街の中心からは離れている。誰ともすれ違わず、暗い中スタスタと歩き―――
「…何だ?あれ…?」
公園のベンチで、モゾモゾ動く赤い何かを見つけた。

深夜の町中で、不審物に出くわしたら、どうする?
…模範的とは程遠いだろうけど、それでも一般的な回答。「遠巻きにそれとなく観察する」
僕は迷いながらも…やっぱり、そんな普通な答えに辿り着いた。

あくまで自然な動作で。
近道だから、公園を横切りますよ。というオーラを全身に滲ませながら。

僕は横目で赤い何かを窺いながら、歩調を崩さないよう気をつけてベンチの前を通り過ぎる。
通り過ぎる予定が…立ち止まってしまった。
「…え?」
間の抜けた声が、自分の口から漏れるのが聞こえる。
 
全くの予想外の出来事。想像の範囲を遥かに超えた何かに出くわした時、
こんな間抜けな反応以外出来る人間なんて居るのだろうか?
いたとしても…僕は会った事無いし、そんな人間に会えるとも会おうとも思わない。
当然僕も、そんな胆の据わった人間なんかじゃない。
深夜の公園のベンチの上で、赤いドレスに身を包んだ女性が眠っていたら…
少なくとも僕は、せいぜい間の抜けた声を上げるだけだった。

その女性は…いや、見た目だけでは、同年代位に見える。
けど、その雰囲気からは…何と言うのか…少なくとも、今まで出会ったことの無い空気を漂わせていた。
寝ているのが公園のベンチの上じゃなかったら、思わず息を呑むような…。
座ったままの姿勢から横になったような格好のその女性は…
周囲のムードや突飛な出来事であるという事実をまるで無視して……とにかく、綺麗だった。

時間にしたら、ほんの短い時間。それでも僕は、眠る彼女に見とれていた。

ふと気がつく。
何でこんな時間の公園に、ドレスの女の子が眠ってるんだ?
何かのパーティーの帰りに酔っ払って寝てしまった?それにしては、周囲に誰も居ない。
とにかく…
「あの…こんな所で寝てると風邪ひくぞ?」
多分、彼女が美人だったから、思わず親切心みたいなのが出てしまったんだろう。
僕は小声で眠る女性に声をかけてみた。
「……ぅ…ん……」
全く起きそうに無い。
風邪を引くくらいだったらまだ良いが…人気の無い夜の公園。
…その…万が一の事があったら、大変だ。
「…ほら、起きろよ。こんな所で寝てると…」
そう言い、眠る女性の肩を軽く揺する。すると…女性はパチンと目を開いた。
青い、透き通るような目で、僕を見つめてくる。そして…

「……ぶれいもの」
まだ寝ているのか、舌っ足らずな声でそう言い、僕にビンタしてきた。
バチンと、良い音が夜の公園に小さく響く。
「な…なぁ…!?」
僕は軽いパニック。
何で殴られるの?僕、親切だったよね?あれ?何で?
「え?いや、ちょっと?…ねえ?」
訂正、完全なパニック。
よく考えたら、今まで殴られた経験なんて全く無かったしね。

僕はオロオロしながらも、それでもちょっとだけ芽生えた親切心の名残からか、再び彼女に声をかける。
「その、とにかく、こんな所で寝てたら危ないし、な?」
殴られないように、ちょっと距離をとって。

~~~~~

「…全く…今日はついてないな…」
二度もビンタされ、真っ赤に腫れあがった頬を擦りながら、僕は自分の部屋の鍵を開けた。

結局、ベンチの上で眠る姫君は、そのまま放置してきた。
…あれ?僕ひょっとして、フラグクラッシャーの才能有るんじゃね?
なんて思い始めたのは、顔を洗って一息ついてから。
でも、タオルで顔を拭いて、眼鏡をかけた時には、すっかり公園での出来事なんて忘れた。
「とりあえず、晩飯…いや、夜食かな」
呟きながら洗面所のドアを開け…手ぶらで帰ってきた事に気がついた。
何ってニブイんだ。そもそも、あの女に殴られたからだ。ショックを受けての不可抗力だ。僕はニブくない。
考えるにつれて…どうも、荷物を忘れたのは公園以外には無さそうだ。
  
公園。
まだ、あの子はベンチの上で眠っているのか…?
ふとした疑問が脳裏に浮かぶ。
「……荷物を取りに行くだけ。それだけ」
自分に言い聞かせるように呟き、再び部屋の鍵をポケットに放り込んだ。

~~~~~

公園のベンチの近く。僕の買い物袋はすぐに見つかった。
それでも、僕はちっとも嬉しくない。

ジト目で、ベンチの上で眠る女性を見つめる。
全く…こんな所で熟睡できるなんて、どんな神経してるんだ?

何か変化が有るかも。例えば、彼女の知り合いが介抱に駆けつけたり…
そんな僕の期待を見事に裏切る、先程と何も変わらない光景だった。
「……ハァ…」
これが最後。これが最後。
そう呪文のように心に呟きながら、最後にもう一度声をかける事にした。
「…おい、起きろよ」
…反応は無い。完全に熟睡しているんだろう。
つまり、もうビンタは降ってこない、という事だろうな。
僕は彼女の肩に手を置き、少し揺する。
「…おい。…いつまでこんな所にいる気だよ」
…やっぱり、反応は無い。
呼吸に胸が上下してなかったら、死んでるのかと思うほど、静かに眠っている。

…もう、いいや。
僕はなるべく足音を立てないように、その場から離れた。
 
…腹が立つ。何グースカ寝てやがるんだ。声をかけて、殴られて、完全に僕の心配し損じゃないか。
もう、あんなヤツどうだって良い。
スタスタと公園の出口に向かう。
勝手に公園で寝て、風邪をひくなり、嫌な目に会うなり、勝手にしろ。
公園の出口が近づく。

優柔不断。そう思われるかもしれないけど…僕はもう一度、ベンチの上に視線を向けてしまった。

―※―※―※―※―

夢を見た。
私は普通の女の子で、街を自由に歩いていた。
私のご機嫌取りに来る人間なんか誰も居なく、私をこそこそ尾行する人間も居ない。
私は自由に、街を散歩していた。

「―――……」

意識がしだいにはっきりするにつれて、体のあちこちが痛い事に気がついた。
たしか昨日は20歳の誕生会で…初めてワインを飲んでみたけど…これが二日酔いというものかしら?
ぼんやりとそう考え…
体を温める太陽の光が、いつもより強い事にも気がついた。
ラプラスが勝手にカーテンを全開にしたのだろうか?…全く、主人に何の断りも無しに…お仕置きが必要ね。
ころっと寝返りを打とうとして…
「うわっとと!!」
誰かの声と手に、それを遮られた。

「!!誰!?」
慌てて飛び起きる。 

一体、誰が、何の目的で私の寝室に…いや、自分の立場から考えたら、心当たりはいくらでも存在する。
なら護衛の連中は?ラプラスすら乗り越えて来たという事!?それは―――

と、私の思考はそこまで行き、それから完全に止まってしまった。

青い空。揺れる木々。小鳥の鳴く声。…公園のベンチの上。
??
…え?

何が何だか分からない。

確か夕べ、ラプラスから薬をもらって…そこから、屋敷を抜け出す夢を見た気がする。
ご機嫌になって街をフラフラと散歩して…そんな夢を見た…気がする……

嫌な予感に、首筋に汗が伝うのが分かる。



え?本当なの?

大変。
今頃屋敷では、大騒ぎになってるだろう。
お父様は心配のあまり昏倒し、ラプラスは発狂する。屋敷の警備体制が厳しく問われ、ラプラスは減給される。

…たまには、お灸をすえてやってもいいわね。

それに…初めて手にした、自由。
ほんのちょっとだけ楽しんでみても、構わないでしょう?

そう考えると笑みが零れそうになるが…現在の状態を思い出し、そうもいかなくなった。
 
「…やっとお目覚めかよ」
不貞腐れるように呟く…私と同年代と思しき人物。
一体、何でこんな所にいるのか…
私は寝起きにもかかわらず、すっかり覚醒した頭と鋭い視線で向かい合う。

と、そんな私の様子が気に入らないのか、その男性はため息混じりに事情を説明してきた。

「コンビニの帰りにさ、ここで寝てるのを見つけて…心配して声をかけたらいきなり殴られるし…
まあ、そのまま帰っても良かったんだけど……その……」
そこまで言うと、その男性ははにかんだ笑顔で携帯ゲーム機を持ち上げた。
「どうせ家に帰っても、やる事は一緒だからな」

なるほど。自ら志願して、寝ずの番をしてくれたという訳ね。
忠臣には報いる所が無くては、真の主人とは言えないわね。
「そう。ありがとう」
ねぎらいの言葉と笑顔を向ける。

「え!?いや、その……うん…」
すると、その男性は顔を赤くしてソワソワしだした。
「…どうかしたの?」
何で彼は、そんなに恥ずかしそうにするのだろう?
そんな疑問が浮かび…だがそれも、すぐに理解できた。

当然の事である。
こちらは寝起きで顔も洗ってない。慣れない場所で寝ていたせいもある。さぞかし、酷い顔だったのだろう。
私の淑女としての嗜みの無さに彼は赤面したのだ。
そう思うと…我ながら情けなくなってくる。
 
そんな顔で往来を行くのは、レディーとして致命的な事なのだわ。とりあえず…
私はコホンと咳払いをして、目の前の男性に改めて声をかける。
「とりあえず…貴方は誰なのかしら?」
「あ…ああ、僕は桜田ジュン…この近くで下宿して…」
「そう。ならジュン。貴方の家にこの真紅を招く栄光をあげるのだわ」
とりあえず、顔を洗わない事には、街に出るなどもっての外。
…いくら何でも、水道くらいはあるわよね?


―※―※―※―※―


ヤバイ。
何がヤバイって、仕方無しにお守りをしてたら…太陽と一緒にその子は起きたんだけど…
とにかく、美人だった。
寝起きなのに、全くボケた様子の無い瞳。癖の無い髪。人形のように整った顔立ち。
とにかく、美人だった。
そして、傲慢だった。
いきなりお前の家に行ってやるみたいに言ったかと思うと、反論して掴みかかった僕に軽くビンタ。
それから諭すように、じっくり話をして…僕が下僕となる運びになった。…ん?

何だかよく分からないけど、この真紅とかいう子は自信に満ちている。
今日び、こんな自信に満ちた人間なんて見たこと無いし…
「まあいいや」位の軽い気持ちで、僕は「はいはい」と返事してしまった。

~~~~~
 
「ここが家…?狭苦しい所ね」
おいおい。他人の部屋見て第一声がそれって…酷いんじゃないか?
「…とりあえず、顔を洗いたいわ。案内して頂戴」
「はいはい」
「返事は一度」
「はいはい」
少しむっとした表情の真紅を無視しながら、洗面所のドアを開ける。

「……狭い上に、汚い所ね」
はいはい。いちいち一人暮らしの部屋に対する感想は言わなくて良いから。
「…ふぅ……顔を洗ってる間に、紅茶の準備でもしておいて」
少し諦めた感のある表情で、真紅は蛇口をひねった。

これでも、一人暮らしにしては小奇麗な方だと思ってたけど…そんな自信は、この自信満々の女を前に粉々。
美人だからって甘い考えをしていた自分が情けなくなってきた。

言われた通りに紅茶を準備するのも癪だけど…かといって、無視するのもなあ…
キッチンからパックを取り出して、ポットで紅茶を作る。
うん。やっぱり、リプトゥンは良い香りだ。安くてお得だし。

僕はそんな事を考えている。洗面所から水の流れる音が一向に止まらない。何で!?
ひょっこり顔を出して、洗面所を覗いてみると…
真紅が顔を洗う姿勢のまま、片手だけを真横に突き出していた。それ、何の儀式?

~~~~~
 
「普通、顔を洗った時には、横からタオルを差し出すものでしょ!?」
「そんな普通聞いた事無いよ!一体、どんな育ち方したら、そんな『普通』が身につくんだ!?」
「! …う…うるさいわね!どうだっていい事なのだわ!」
小さなテーブルを挟んで、紅茶片手に火花を散らせる。
「そもそも、こんなもの紅茶とは言えないのだわ!
温度以前の問題よ!どんな保存をしたらこんなリーフになるの!?」
「なに!?リプトゥンが不味いだと!?」
僕はカップに残ってる紅茶を一気に喉に流し込む。
「うまいよ!リプトゥンうまいよ!」
「な!?!? ……ふふ」
「お?何だ?今ちょっと笑ったな?謝れ!リプトゥン大好きな僕に謝れ!」
「!! 何を馬鹿な事を言っているの!?貴方こそ、そんな飲み方…紅茶に失礼なのだわ!」


―※―※―※―※―

私がこんなに感情をコロコロさせながらお喋りするなんて、何だか信じられない。
このジュンとかいう人間は多少、いや、大いに無礼な所は有るけれど…
それでも、この楽しさに免じて大目に見てやろう。

紅茶的な何かの入ったカップを片手に、私はジュンとお喋りを続ける。
と、ふとした拍子にジュンが私に尋ねてきた。
「…で? 何であんな所で寝てたんだ?」

…そうだ。こんな楽しい時間も、永遠では無い。
私はローゼンの娘。家に戻らなければならない。
「……レディーに詮索は無粋よ」
だけれど…もう少しだけ。せめてあとちょっとだけでも、自由を味わっていたい。
もう少しだけ、普通の女の子として過ごしていたい。
 
「…じゃあ……」
ジュンはカップを置き、少し考える仕草をする。
「これからどうするんだ?」

これからどうする?そんな事、考えてもみなかった。
今までの私は、スケジュール通りに生活するお人形だったから……でも…今は…
「…そうね…ちょっと、街を見てみようかしらね…」
「その格好で?」
すかさずジュンのツッコミが来る。…ちょっとは空気を読みなさいよ。

でも、確かに今の私は…真っ赤なドレスで、確実に周囲の視線を集めてしまうだろう。
それはつまり、私を探しているだろうラプラス達との接触の危険が高くなる、という事。
「…そうね。新しい服が必要ね」
でも、お金なんて持ち歩いた事が無い。当然、今持ってる訳なんて無い。
…全く、自由というのもそれはそれで厄介ね。
何とか考えを巡らし…そして、良いことを思いついた。
「ねえジュン。左手を出しなさい」
「ん?…ああ」
差し出されたジュンの手に、コトリとそれを置く。

私の誕生日に合わせて、私がデザインした純金製の薔薇を模した指輪。
作ってる時には、大層な思い出になる気分でいたけど…
でも今では…目の前に広がるチャンスの魅力の前では完全に霞んで見える。
「今の金の相場を考えると、それなりの価値は十分にあるわ。
この指輪をあなたにあげる代わりに…今日一日、私に付き合いなさい」

「ふー…ん…」
ジュンは少し興味深そうに呟き、手の平で指輪をコロコロ転がす。
全く、純金なんて大した事無いけど、それをデザインしたのはこの私なのよ?
それだけで、その指輪には無限の価値が付加されるというのに… 
 
「…昔さ、インチキ通販をからかったりして遊んでたけど……久々にこうリスクが有る感じも良いかもな」
相変わらず、無礼ね。そんなものと一緒にしないで頂戴。
そんな風に、ちょっと嫌そうな顔をした私に視線を向け、ジュンは少し笑って見せた。


―※―※―※―※―

とりあえず、僕のもので悪いけど、部屋にあった適当なジャケットを真紅に渡す。
「これ羽織ってるだけでも、大分普通に見えると思うぞ?」
「……汚いわね」
「な!?これでも洗濯したてなんだぞ!?」
こいつは…言いにくい事を迷わずに言ってくるな。

文句を言いながら、真紅は僕に向けてジャケットを差し出し、くるりと背中を向けてきた。
「まあ、この際だものね。…着せて頂戴」
はい!?お前はどこのお姫様だ!?
ブツブツ言うも…「早く」という真紅の言葉に、僕は仕方無しに彼女の腕に袖を通した。
一歩下がって、真紅の姿を改めて見る。
…僕もまあ小柄な方だが…真紅は女性にしても小柄な方だ。少し服はブカブカだったけど…
「うん。これなら変に目立つ事も無いだろう」
僕の言葉に満足したのか、真紅は少し嬉しそうに目を細めた。

何って言うのか、性格はちょっとアレな所もあるけど…その顔は反則だろ。
僕は思わずドギマギと視線を泳がせてしまう。

そんな僕をまるで無視するかのように、真紅は鏡に向き合い…
「そうね…後は…」
そう言い、髪をスルスルと解く。
流れるような、くせ一つ無い綺麗な金色の髪がふわりと狭い部屋の中で舞う。

まるで重力を無視するかのように…まるで絹糸のように、繊細に舞い降りる細い髪。
夢でも見るように、そんな光景に見とれる僕の手を、真紅が握ってくる。
そして、そのまま扉の方に向かい―――
「さあ――行きましょう」

部屋の扉が、小さな音を立てて開いた―――。


―※―※―※―※―

「ねえジュン、あれは何なの?」

生まれて初めて、誰の監視も無く街を歩く。
目に映るもの、感じるもの、この世界の全てが新鮮で、どこか愛しくすら感じる。

そんな中見つけた、変な形をした車。
ジュンの袖を引きながら、好奇心の赴くまま近づいてみる。
「ああ、クレープ屋だな。…って、そんな事も知らないのか?」
「と…当然知ってて聞いてるのだわ!」
あれがテレビで言ってるクレープというものを売ってる所なのね!
でも、こんな街中で、衛生状態は大丈夫なのかしら?
そんな事を考えてる間に、ジュンが店先に行き、なにやら店主と会話をして…
暫くして、手に何かを持って帰ってきた。
「…ほらよ。買ってきてやったぞ」
そう言い、片手のクレープを私に差し出してくる。私はそれを受け取り…少し様子を見てみる。
…匂いは…なんだか体に悪そうな感じがするけど、まあ大丈夫ね。
それにしても、ナイフとフォークも無しに、どうやって食べれば良いのかしら?

クレープを睨み続ける私。ジュンはそんな私を少し眺め…ちょっと笑って、クレープにそのまま噛り付いた。
そう!これが買い食いというやつなのね!
理解した私も、ジュンに続いてクレープを食べてみる。
「…どうだ?」
「………妙な味ね」
確かに、変な味だった。
食べなれない、雑なクリームの味。バランス感覚に乏しいフルーツの配置。
でも…
普段食べてる、完全に設計された料理とは違い、どことなく楽しい感じが伝わってきた。
「へえ…笑うと案外、子供っぽい表情するんだな」
「な!?」
ジュンの言葉で、私は自分が笑みを浮かべていた事に気がついた。
「失礼ね!レディーをからかうものではないのだわ!」
無礼者のスネを、コツンと蹴りつけてやる。

ジュンはスネを抱えてピョンピョン跳ね回り、でも何故か楽しそうな表情を浮かべる。
私も、そんなジュンに呆れながらも…どこか楽しい気分になる。

「ほら、いつまでそうやって跳ねてるつもり?
そんな事より、あっちにも何か見えるのだわ。早速、行ってみるわよ」
ジュンの手を取り、駆け出す。
「え!?おい…ちょっと待ってくれよ!」
困ったような顔をしながらも…ジュンの口元からは笑みが零れる。
それを見て、私もなんだか温かい気分になってくる。

そうね…これが、普通の幸せなのかしらね…。

 
―※―※―※―※―

一体、僕より小さなその体のどこに、それだけの体力があるのだろう。
そう思わずに居られないくらい、真紅は色んなものに興味を示しながら、その度に僕の袖を引っ張ってく。

ふらりと入ったペットショップで、仔犬の頭を楽しそうにワシワシと撫でてたかと思うと、
猫に擦り寄られて涙目になってたり…
ゲームセンターのクレーンゲームで人形が取れなくて、ガラスを叩き割ろうとしたかと思えば、
僕が取ったくんくん人形を幸せそうな顔をしながら抱きしめたり…
おちょくるとすぐに頬を膨らまし、不貞腐れた顔をして僕のスネを蹴ってきて…
でもすぐに機嫌をなおして、僕の手を引いて駆け出し…

そして、気がつけば僕たちが出会った公園のベンチで一休みしてた。

「ほらよ」
そう言い、自販機で買ってきた紅茶を真紅に渡す。
「ありがとう、ジュン」
真紅は缶のフタを開けようとするけど…どうも、うまくいかないみたいだ。
「…貸してみろよ」
真紅の手から缶を取り、フタを開ける。プシュっと、小さな音が鳴った。改めて、真紅に手渡す。
「喋りはぶっきらぼうだけど、だいぶ下僕が板についてきたみたいね」
相変わらずどこか楽しそうな表情で、微笑みながら真紅がそう言ってくる。
「あ…ああ…」
やっぱり、この笑顔を向けられると、少し挙動不審になってしまう。
僕は適当に答えながら、真紅の隣に座った。


いつの間にか…太陽はすっかり赤くなって、街のビルの隙間に消えるように沈みかけていた。
 
 
「もう…こんな時間なんだな…」
「…ええ…そうね……」

夕陽に照らされた真紅の横顔は、どこか憂いを秘めているようでもあり…神秘的で綺麗だ、と素直に感じた。

「…そろそろ…帰らないとな…」
「……そうね…」

ずっと続きそうだった、続いて欲しかった一日も…気がつけば、太陽は半分まで沈んでいる。

「…なあ…また…今度はちゃんと下調べもするしさ……遊びに行かないか?」
「…ええ…いつか…また…」

不思議と、すんなり言えた。
嬉しくてドキドキした、なんて事は無く…
地平線に溶ける夕陽と同じように、僕の心に静かな幸福感だけがそっと広がる。

いつまでも、沈む夕陽を二人で眺めていたかった。
いつまでも、夕陽に沈みきってほしくなかった。

「そうだ。…なあ、最後にもう一箇所、付き合ってくれないか?」
遠く夕陽を眺める真紅の横顔に声をかける。
自分でも、ガキっぽい考えだと思う。それでも…少しでも長く、一緒に夕陽を見ていたかったから。

「あら?こんな時間からレディーを誘うのは少々マナーが良くないのではなくて?」
少し悪戯っぽい顔で微笑を返してくる。
「はは…いや、ちょっと観覧車にでも乗らないかな…って。…駄目かな?」
やっぱり、子供っぽ過ぎたかな。僕は少し照れながら頭を掻ながら弁解みたいに答える。 

「いいわよ?…下僕の働きに答える所が無くては、主人とはいえないもの」
僕の予想を裏切り、真紅はあっさりとそう答え…そして座ったまま、僕に片手を差し出してきた。
「それじゃあ、エスコートして頂戴」

僕はそして、初めて自分から真紅の手をとる。

小さく、可憐で、守ってやりたいと思える手。
それを握りながら、僕は二人が出会った公園の出口へと向かう。

出口まで来たとき、不意に真紅がピタリと立ち止まった。
「どうしたんだ?」
不思議に思って真紅の顔を覗き込むと…その目に見た事が無い位に鋭い光が宿っていた。
そして、その視線の向けられる先…スーツを着込んだ男がこちらに近づいてくる。
誰だろう?
そう言えば、僕は真紅の事を何も知らないままだったと思い出し、何だか無性に目の前の男に腹が立ってきた。
間違いなく、ただの逆恨みだけれど…とにかく、ニヤニヤしながら近づいてくる男にむかついてきた。

握った真紅の手を、強く握る。
真紅もそれに答えるように僕の手を握り返してくる。

確かに僕は、真紅の事は何も知らないのかもしれない。
それでも…真紅もアイツの事が嫌いなことだけは伝わってきた。それなら…迷う事は無い。それだけで十分だ。
「真紅…走れるか?」
「ええ…でも……」
力いっぱい、真紅の手を握り締める。それに負けない位、強い意思で言葉を伝える。
「大丈夫。何とかなるし…何ともならない時は……僕が何とかしてやるさ」

 
―※―※―※―※―

夕焼けに照らされた公園を、手を繋いだまま二人で走る。

ずっと黙ってた事に対する後ろめたさはあったけど…
それでも、そんな私の手を握りながら一生懸命走るジュンの横顔を見てると…
心が満たされるような気分になってくる。

たった、一日。
私はジュンの事をよく知らないし、ジュンだって私の事を知らない。
それでも…たった一日という時間の中で、自分がどれだけ想われてるか感じた気がして…
ほんの少しだけど、恥ずかしくなる。

場違いに少し赤い顔をする私の手を引きながら、ジュンが走る。二人で、どこまでも走る。
夕陽がすっかり沈み、空は赤からだんだん黒へと変わっていく。
街灯の明かりが早くもつきだした街を、二人で走り抜ける。
やがて…少し人通りが少ない歩道で、肩で息をしながらジュンがゆっくり、立ち止まった。

両膝に手をつきながら、大きく呼吸をして、絞るように聞いてくる。
「ハァ…ハァ…ここまで来たら…大丈夫かな…?」
…残念だけど…今は逃げる事が出来たとしても…私は……
何と答えれば良いのか分からない。
ジュンは私の為に何かをしようとこんなに必死なのに…私は…何も答える事は出来ない…
これではご主人様失格ね…
私は罪の意識から、ジュンから視線をそらせ――通りの中に、こちらに近づくラプラスの姿を見た。 

視線をジュンに戻す。…まだラプラスに気がついてはいない。
そのまま、何気ない動作で背後にも視線を向ける。
動物園の檻の中にスーツを着た男が入っているような…場違いな程に整った動きで歩く数人の人影。
…どうやら、完全に囲まれているようね…。

つかの間の自由。
それは、ただの我侭だと分かっている。これ以上、そんな事にジュンを巻き込む訳にはいかない。
そう思うけど…私の手は、ジュンの手を握ったままだった。
すっと息を吸い込み、視線を空に向ける。太陽はすっかり沈み、夜が広がり始めていた。

私は頭上の光景を目に、心に焼き付けるように見つめ……
そして、しっかりと、明確な意思を持った目でラプラスに視線を向ける。

きっと、通じる。
残念だけど、ラプラスは頭も良い。
私が逃げる事が不可能な事も、逃げる気が無い事も、汲んでみせるだろう。

暫くの間、無言で視線のみが交差し…やがてラプラスは、その場で立ち止まった。
それを確認し、まだへばっているジュンに声をかける。
「全く、情け無いわね」 ――そんな体力の無さでは、私を守ることが出来ないわよ?
そして、握ったままのジュンの手を、そっと引っ張る――最後の自由な時間の流れる場所へ――――

 
―※―※―※―※―

「何でこんな時に観覧車なんだよ!?」
「騒がないで頂戴。揺れるのだわ」
真紅に連れられて向かった先。宙吊りの狭い観覧車内での僕の抗議は、あっさりと打ち切られた。
…全く…アイツが誰だか知らないけど、逃げ切れたからって、はしゃいでさ……

僕のそんな考えを読んだのか…それとも、ただの偶然か。
真紅が窓から外を眺めたまま、すっと口を開いた。
「…彼はね、ラプラス。私の護衛兼教育係」

あまりの事に、思考が一瞬止まる。
いや、借金のカタに追われてるとか、アイツはヤクザで、とか…とにかく、そんな悪いヤツだと思ってたから。
そんな事を率直に真紅に伝えると、彼女は少し笑いながら答えた。
「ふふ…あながち、間違いとも言えないわね。だって、ラプラスはとってもイヤミなのだわ」
そして、僕の方にちらりと視線を向け…とても楽しそうに笑みを浮かべる。
「でも…新しい下僕の方が、ずっと無礼者ね。ふふ…困ったものだわ」
「おい!?新しい下僕ってソレ、僕の事か!?」
「あら?他に誰かいるとでも思ったの?」

僕はため息混じりに、シートに深く座り…真紅は再び、窓の外へと視線を向けた。
観覧車はゆっくり、それでも確実に動き、頂上近くに差し掛かってくる。

「…駄目ね…もう一度夕陽が見れないかと思ったのだけど…」
真紅が小さな声で呟く。
「過ぎた時間を戻す事は…誰にも出来ないのね…」

「毎日太陽は沈むんだから、また見ればいいだろ?」
僕の言葉に、真紅は少し悲しそうな表情で僕に向き直る。
「…そうね……でも…今日という日の夕陽は、二度と戻らないのだわ……」

観覧車はゆっくり動き、そして、上る時と同じように、ゆっくり下降しだした。

「私は、籠の中の鳥。囚われのお人形。外の世界を眺めながら、自由を願うだけ。…そう言ったら信じる?」

「…信じないさ。…だって、願うだけ、じゃなくて、今日は自由だったろ…
やってみたら…また好きなときに、自由になれるだろ……」
自分でも何を言ってるのかよく分からない。
それでも、何となく、これが別れの予兆の気がして……僕は自分なりに精一杯の言葉を返す。

観覧車はだんだん地面に近づき、米粒のようだった街の光もはっきり見えてくる。

「ありがとう…ジュン…」
「いや…こっちこそ…楽しかったよ…」
もう、残された時間は少ない。
それは分かっているけど…それでも、短い会話しかしない。できない。

つかの間の自由。真紅と僕の時間の終わりが近づく。

――不意に真紅が椅子から立ち上がり…――
唇に触れるような、そんなキスをしてくる――
ほんの一瞬。
それでも、僕の時間は止まったみたいになって…

「…こういう事をレディーにさせるのは紳士として恥ずべき事よ。覚えてなさい」
真紅のその言葉で、僕の凍りついた時間が戻る。
何かを言いたいけど…何も言葉が出てこない。

真紅は立ち上がったまま、僕に背中を向け…その表情を見せてくれない。
そして、そのままドアをガチャリと開け、観覧車の外に出て行った――。
 
 
~~~~~

僕は結局、呆然としたまま…一人でもう一周、観覧車に乗っていた。
知らずの内に、僕は泣いていた。
何で僕は泣いているんだろう。
分からなかった。ただ、涙が止まらなかった。

僕が観覧車から降りた時…そこにはまるで、全てが夢だったみたいに、普通の日常が広がっていた。
何が夢で、何が現実なのか。
分からなかった。ただ、ポケットの中の薔薇の指輪だけが、手に乗せると優しい重みを与えてくれた。

僕はその指輪を、自分の指に嵌めてみる。
径が小さくて、左手の小指にしか入らない。
「真紅の手…こんなに小さかったのか…」
呟く。

そういえば、昨日からロクに寝てなかったからな…
突然襲い掛かってきた疲労感に、昨日の夜の事…真紅と出会った事を思い出す。
ほんの、昨日の事なのに…ずっと昔の事みたいに感じる。

そうだ…こんな疲れてるんだし…

僕は家に向いていた足を、くるりと方向転換する。

あの公園のベンチ…あそこで、一休みしよう…。



 

|