※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それは一枚の貼り紙から始まった…


【GW中泊まりで出掛けるです。飯は自分達で何とかしやがれです。 by翠星石&蒼星石】


「この美味におののきなさぁい!ヨーグルトチャーハンよぉ!」

「これぞ至高の味!紅茶ラーメンなのだわ!」

「奇跡のコラボレーション!うにゅーとイチゴの麻婆豆腐なの!」

「矢でも鉄砲でも持って来い!ですわ!」




「カナ達はこのGWを乗り切れるのかしら…」
「翠ねえ…蒼ねえ…早く帰ってきて…」

保守



GW4連休初日

料理当番…水銀燈


「細かい部分は割愛でぇ、大まかにいくわよぉ?」

「先ず新鮮な魚貝類を下ごしらえしておくわぁ。湯がいたり、ワタを取ったりねぇ」
「じゃあ海鮮あんを作るわぁ。フフ、あんかけチャーハンよぉ?」
「私はあんをよくチャーハンに絡めるのが好きなの。だからあんは濃い味でチャーハンは薄味よぉ」
「お醤油とぉ…出汁の素とぉ…隠し味におろし生姜を少々…片栗粉を入れて、あん出来上がりねぇ」

「チャーハンは…中華鍋に油少々…卵を入れて…手早く混ぜたらご飯投入!家のコンロは業務用コンロだから火力は完璧、こうして…ほっ!あおる事で…よっ!米粒がじかに火で炙られてパラッとなるわぁ」
「ネギのみじん切りを入れたら塩コショウで整えて…出来上がりねぇ♪」

「チャーハンを盛り付けてぇ、ケフィアとヨーグルトをヤクルトで溶いたソースをかけてぇ、熱々の海鮮あんをかけたら…完成!」

「【海鮮あんかけチャーハン、ヨーグルト風味】よぉ!」



「絶望した…私達以外の面々が…平然と食べてる事に絶望した…」
「乳酸菌の断末魔が聞こえるかしら…」

保守




GW連休2日目

料理当番…真紅


「水銀燈にならって細かい部分は割愛なのだわ」

「麺は私直々の特製手打ち麺を一晩ねかせた物。プロにも絶賛された至高の麺よ」

「これを沸騰直前にキープした大鍋で…煮立たせ過ぎると麺の旨味が出てしまうから注意ね」

「その間にスープを用意するのだわ」
「鶏ガラとたっぷりの野菜を煮詰めた濃縮スープ、無農薬国産大豆を原料に昔ながらの製法で作った特選仕込み醤油…」
「そして1g2000円のダージリンとしぼりたて低温殺菌無調整牛乳を使い、ジュンが入れたロイヤルミルクティーで…良い感じだわ」

「茹で上がった麺をスープに入れて…完成よ!」

「【皇帝のラーメン】出来上がりなのだわ!」


「…なんでみんな食べれるの…ねぇ…なんで?」
「カナ達の味覚がおかしいのかしら…?」

保守

 





GW連休3日目

料理当番…金糸雀・薔薇水晶

「カナはオムレツとサラダ作るかしら」
「私は…ピザトースト…作るよ」

「卵にすりおろしたチーズ、パセリのみじん切りを入れてさっくりかき混ぜて…」
「熱したフライパンにバター一欠片…溶けたら卵投入かしら♪」
「軽くかき混ぜたらっと…よっ、ほっ、端に寄せて…ていっ!…綺麗に出来上がりかしら!」
「後は洗って千切ったレタスとミニトマトを添えて…完成かしら♪」

「えと…最初にピーマンを薄くスライス…続いてサラミソーセージと…ミニトマトも」
「パンに薄くピザソースを塗って…具を乗せたら…チーズを細かくしたの…かけます」
「トースターに入れてる間に…オレンジ剥いて…デザート♪」

「チーズオムレツとサラダ」「ピザトーストと…デザートにオレンジ」
『出来上がり(かしら!)(…だよ♪)』


「つまんなぁい」
「手抜きだわ」
「ありきたりなのー」
「おかわりですわ」

「あれ…?…なんで不評…?」
「どこか間違ってたかしら?」

保守

 




GW4連休最終日

料理当番…雛苺


「例によってダイジェストでお送りするのよ」

「麻婆豆腐といったらお豆腐なの!絹ごしの方が食感が滑らかだけど、崩れ易いから注意なのよ!」
「お豆腐は賽子切り、長ネギ・ニンニクはみじん切りにしておくの」

「中華鍋に油ひいたらニンニクを入れて炒めて香りを出すの。そしたら挽き肉を入れて手早く…う~…炒めるの!」
「豆板醤とか入れて味つけするのよ!入れすぎるとめーなの!うんしょ…鶏ガラスープを適量入れて…お豆腐入れて…ちょっと煮込むの」
「いい具合になったら片栗粉入れて混ぜて…おネギ入れて…イチゴのスライス沢山入れて…火からおろすのよ」

「丼にご飯…真ん中は開けておくの。そこにうにゅーを入れるの!」
「麻婆豆腐をかけて…完成なのよ!」

「【麻婆うにゅー豆腐丼】なの!」


「すごく…辛くて甘くて酸っぱくて…舌が壊れます…」
「最終日にして…翠星石、蒼星石…カナ達はもう駄目かしら…」

おしまい保守



翠星石と蒼星石が帰ってきました

「ただいまですぅ」「ただいま」
「お帰りなさぁい。どうだったぁ?」
「温泉も入りましたし、料理も美味しかったですぅ♪」
「みんなにお土産も買ってきたよ。後で配るからね」

「飯はどうだったですか?ちゃんと作れましたか?」
「ええ。銀お姉様が海鮮あんかけチャーハン、真紅お姉様がラーメン、カナお姉様とばらしーちゃんがオムレツにピザトースト、ヒナお姉様が麻婆豆腐を作りました。特にヒナお姉様の料理がパンチが効いていて美味しかったですわ」
「ほ~う、それは是非とも頂きたいですね」
「どんな味か興味あるなあ」
「わかったの!今持ってくるからまってるのよ~!」

「そういやカナチビとばらしーはどこですか?」
「2階で寝ているわ。なんか『死にそう』って言ってたのだわ」
「一体どうしたんだろうね?」

「お待たせなの~。ヒナの特製麻婆、心して味わってなの!」
「どれどれ、評価してやるです」
「それじゃあ頂きまーす」

っぴゃあアッーー!
う、うぁあああぁアッー!


「舌が凌辱されたです…」
「胃がイヤイヤって言ってるよ…」

保守

 

|