※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅「また怒らせたの?」

1階に下りようとして、待ち受けていたのは真紅だった。
通せんぼするかのごとく仁王立ちしている。
そしてその横には雛苺。

雛「仲良くするの!」
紅「まったく…学習能力の無い子ね!」
ジ「…」

年下からの説教。
相手にすると面倒くさそうなので僕は無視を決め込んだ。

紅「…早く謝りに戻りなさい」
ジ「…」
紅「ジュン!」
ジ「…」

上手く真紅の壁をすり抜け、玄関のドアを開けて外へ出た。
一旦家に帰って財布取りに帰らないとな…

──と、急に左腕が後ろに引っ張られた。
振り向くと真紅が僕を睨みつけながら立っていた。

紅「そんなに怒らせたいの?…私を──」

僕の腕から手を話し、何故かヒステリック気味に言う。
何か良く分からないが、少しイラッときた。

ジ「…いいだろ別に!」

パチン!

ジ「…」
紅「…」

唐突に真紅の右手が僕の顔を襲った。

ジ「…何でお前が怒るんだよ?…関係ないだろ?」
紅「あなたのその態度が気に入らないわ!毎回毎回!」

真紅は玄関のドアをバタンと閉じた。

ジ「何だよ翠星石にしろ真紅にしろ…」

~~~~~

再び家に戻り、ふぅーっとため息をつく。
真紅にビンタされた意味が分からない。

ちょっと経ってから翠星石に謝りに行こうかと思ったけど、
謝る気が失せた。

ジ「もう完全に引き篭もりになってやろうかな…」

でも、そんな事したって苦しむのはおそらく僕だ…
こんな事してもABCどもはきっとほくそ笑むだけだろう。
悔しい…。
ひたすらに悔しい。

──じゃあ、どうすればいい?

ジ「…」

どうすれば…

ジ「…」

──そういや、ねーちゃんも水銀燈も、よく引き篭もりにならないな。
部活で酷い目に遭ってるみたいだが、それでも学校へ行く。
むしろ闘志を燃やしてるようにも見えなくはない。

少なくとも、僕みたいに逃げたりはしない…。

ジ「…行ってみるか」

──あ、でも…

ジ「…やっぱやめよ」

今まで忘れかけてたかもしれない。
そうだ。僕は逃げる事に必死だった。
逃げたいんだからしょうがない。
…そして、こうやって外に出ようとしてる今でも、その考えは正しいと思う。
水銀燈は特殊なんだとも思う。

ジ「…あ、う~ん…やっぱり翠星石にあんな事行って出てきたのは痛いなぁ…」

部屋から外をそーっと窺う。
ひとまず、人の気配はなさそうだ…

……。

~~~~~

…気がつけば、すでに外に出ていた。
それも、人目につかぬための変装をせずに──

この僕に一体どういう力が働いてるのか不思議だった。
信じられない。
僕はどうして外に出たんだろう…。

流れのままに歩いている僕。
そして、どれだけ歩いても周りには誰も居ない。
不気味なくらいに周りに人が居ない状況が続く──

じきに、ねーちゃんと水銀燈の高校の横に着いた。
ハンドボール部と陸上部の向こうでラクロス部が練習中だった。
よく見えないが、試合をしているような雰囲気だけは分かった。
まぁねーちゃんや水銀燈がまた翠星石の家とかで今日の話をするだろう。多分。

──で、何か調子に乗って駅まで来てしまった。
まぁ高校からそこそこに近いからなぁ。
ここまで45分。結構歩いたな。
息も上がってきている。
疲れたから…ベンチに座るかな。

~~~~~

しばらくぼーっとしてて、
そろそろいいかなと腰を上げ、駅の券売機の前まで歩く。

急に人通りが増え出した。
ぞくっとせずにはいられない。
それでも、ここまで来れた事に少し勇気づけられた。
まだ耐えられそう…。

もしかして、このまま行けるんじゃないか?

それに、人ごみもそのうち慣れるだろう…
翠星石にあれだけ言って出て来たんだしな…

──券売機の上の運賃表を見上げる。
こうやって切符を買うのも久々だなぁ。
街へ出るのに…290円か。
手前の駅からでも歩けるから210円で済ますか…。

自動改札を抜け、ホームへ上がり、電車を待つ。
今はゴールデンウィークの午前10時くらい。
なのに、2列にならんで電車を待つ客の多さときたら…
やはり少し腰が引ける。

…どうしようか…。
せっかく切符を買ったんだけど、
隣の駅まで行って終わりにしようか…。

──どんどん増える客。
僕は恐ろしく大量の冷や汗をかき始めた。
嫌だ嫌だ…
ちくしょう…
あぁ…どっか人の少ないところはないものか…。

誰「…ジュン?」

ふと、誰かの声が聞こえたような気がした。
僕は声のした方を向いて、声の主を探した。

ジ「は…?」

…物凄く見覚えのある顔がそこにあった。

翠星石だった。

…ガシッ!

ジ「…!」

僕は翠星石に右腕をつかまれた。

翠「ちょっとこっち来いです」

些か睨みつけるようにして言う翠星石。
そのままホームの端まで引っ張られ、ようやく解放された。

ジ「…何だよ…まさかさっきのをずっと見てたのかよ」
翠「ずっとではないですけど、やっぱりお前が1人で出歩くのは無理…」
ジ「無理じゃないよ」
翠「震えてたくせに!」
ジ「話はそれだけかよ。じゃあな」

とりあえず今日は1人で何か前に進みたいんだ。
進める気がするんだ。
ここまで来れた今日なら何か出来るかもしれない。
今日出来なかったら今後もずっと無理だろう…
何か良い流れが僕に来ている気がして──

僕は翠星石に背を向けようとした。
──その時、翠星石の右手が僕の左頬を襲った。

パシーン!!

…僕はよろめいた。

翠「どーしても1人で行くってなら…意地でも連れて帰るです!」

もはや翠星石も敵だと思った。

ジ「じゃあ僕は翠星石から逃げるだけだ」

ガシッ…

翠「そうはさせるかです」

僕の右手を翠星石の右手がガッチリ握る。
必死に抵抗する僕をそれ以上の力で押さえつける──

ジ「放せ…放せったら」
翠「イヤです!」

ギュウウウウウ…

ジ「痛い痛い!!…何なんだよその握力…」

その力はますます強くなる。
僕の知らない翠星石がそこにいた。

翠「ふっふっふ…水銀燈を姉にもつ翠星石をナメてもらっては困るです」
ジ「だったら少しぐらい手加減しろ!」

情けなかった。
こんな事であっさりと翠星石に負けることが。
もう、男として終わった気がした。
…しかもこんなホームの上で…。
悔しいし、恥ずかしい──

翠「さ、行きたければ翠星石を…」
ジ「…」
翠「…」

翠星石に力で捻じ伏せられるのが、
今日ばかりはイヤに悔しくて、僕は──

ジ「…乗り越えろ!か。よし任せろ」

──泣きたくなった。
もう何でもいいや。

翠「はぁ?」
ジ「──しかしお前強いなぁ。なっかなか解けないや…」
翠「…」

…泣きたくなった。
その握り締められた手に。

ジ「よいしょっ…ホントほどけないな…」

…泣きたくなった。
無言で睨みつけてくる翠星石に。

翠「…」
ジ「くそっ…」

……。

翠「──お前を…連れて行くです」

いよいよ翠星石の低く震えた声が上がった。

ジ「あ?」

その冷たさと威圧感から、翠星石が怒ったことを確信した。
何でお前が怒るんだよ──

翠「乗るですよ──」
ジ「…」

電車が入ってきた。
こんなホームの端まで電車が来るのか…。
どうやら快速のようだ。

…車内はどうも空いているようだった。
異常なまでに空いていた。

ジ「あ、これなら座れる…」

唐突に、手を握ってる奴のテンションがいきなりハイになりやがった。

翠「おぉ!ちょうどそこの2人席が空いてるです♪さっさと乗るですよ♪」
ジ「あれ?何か急に…」

思わず突っ込もうとしてしまう。
さっきまで怒ってたんじゃなかったのかよw
気のせいだったのか…?

翠「つべこべ言わずに、ほらほらぁ…」

ま、こんな翠星石となら、行かないと損だろうなぁ…
1人で行くのはまた今度でいいか。

ジ「てかお前いつまで僕の手を握ってんだよ」
翠「お前がホームと電車の隙間から落ちないようにするためです♪」
ジ「誰が落ちるか!w」

こいつとの会話は正直言うと楽しい。

翠「お前のことだから何が起こるか判らんですからね~
  …ずっと前から変わらんです」
ジ「お前こそ、昔っから寂しがりやのくせに…
  だからこうやって繋いでんだろ?…幼稚園じゃあるまいし」

──と、翠星石は僕と手を繋いだまま、背中を向けて急におとなしくなった。
そして静かに僕に言った。

翠「──他にも理由があるですよ?」

その一言で、翠星石の部屋での件を思い出した──

ジ「あっ…あの時は悪かった」

──ごめん。

翠「…そんな事どーでもいいです」

しかし、ずっと僕の顔を見つめてくる翠星石。

ジ「…」
翠「…」

──やっとその意味に気づいた。

ジ「……分かったよ。逃げないから──」

|