※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『水銀燈の溜息』


あるところに鬼女と呼ばれた、誰よりもか弱い少女がいました。
あるところに暴君と呼ばれた、誰よりも心優しい女の子がいました。

背後には黒々としたオーラを纏い、常に口元には妖しげな笑みをたたえ、
そして鋭利なナイフ、否。血に塗れた妖刀の如き目で他者を見据える。
さらに彼女の年齢と国籍に似合わない、類稀にして魅力的にして妖艶な外見がそれに拍車をかける。
そのたたずまいは『近づいてきなさい。八つ裂きにしてあげるから』と言わんばかりの狂気に包まれている。
それが水銀燈という少女の、印象であった。
人は皆、幼い頃から『外見で人を判断してはいけません』と習ったことだろう。
だけれど、彼女の外観は、人々に云十年(もしくは十云年)かけて手に入れた、
教訓を無視させるだけのインパクトがあった。
『こいつはやばい。食われる』と。
彼女が通る場所は、ならず者さえ道を空け、傲岸不遜なおば様たちもひれ伏し、お偉い政治家すらも脇に避ける。
彼女の謙虚でおとなしく、たおやかな一挙一動一投走は、すでに暴力の香りさえ、帯びていた。
本人にその気が全く以ってなかったとしても。
ひとたび彼女に睨み付けられれば、狼も足を竦ませ、獅子も尻尾を巻いて逃げ出すことだろう。
だが、そんな彼女の実態は、これは一体どういうことだろう。
草花を愛で、小さな動物や虫すらも踏み潰さないように生活し、
日々勉学に勤しみ、募金箱を見つけたならば躊躇なく百円玉を投入し、
子供向け人形劇を熱心に視聴し、自分の外見を鏡で見ては溜息をつくという、
ごく普通の(というにもいささか純情すぎるか?)心優しい乙女なのだった。

暗闇の中、水銀燈は自室のテレビを眺める。
学校でも、家庭でも、彼女は殆どだれとも話すことはない。
否。誰も、彼女に話しかけない。彼女が話しかけたとしても、徹底的に避ける。
人形師であり、最大にして最愛の理解者である父親は、現在海外で個展を開いている。
しばらく、少なくとも今日は帰ってくることはない。
彼女が真っ暗な自室でひとりっきりで見ていたのは、『動物』が主軸に置かれているバラエティ番組だった。
水銀燈は明滅する画面に憎悪の念を込めに込めて、睨みつけている。
・・・ように見えるが、どうやら普通にぼーっと眺めているだけらしい。
彼女の視線の向かう先にいたのは、鮫。
鮫の目は、ぎょろりと周囲を見渡してはいるが、全く何も映していない、淀んだ目。
荒々しく口元から飛び出した乱杭歯。
そして巨大な体躯。
テレビから音声が流れる。濁りのない、女声。
『こちらの鮫はシロワニと言って、外見はご覧の通り凶暴そうで、まるで人食いと言わんばかりですが、
 人を襲うことはまれであり、むしろ人懐っこく、おとなしい性格をしているそうです』
真っ暗な自室で、テレビ画面だけがちらちらと光る。
水銀燈の釣りあがった目じりから、ほろりと何かが伝い落ちた気がした。
彼女の心のうちなど、誰にも知りようはない。
紅い瞳が、ほのかに濡れている気がしないでもない。
・・・乙女に対し、詮索というのは無粋である。この話題はこれくらいにしておく。

目を擦るような所作をしたのち、水銀燈は毛布を被る。
ほどなくして、そこからは、荒く、艶っぽい息遣いが聞こえてくる。
乱れた呼吸の中から、彼女の呟く声も聞き取る事ができる。
毛布の内の彼女の肢体が、もぞもぞと蠢いているのが、シルエットではっきりとわかる。
これが彼女の日課である。
風呂に入り食事を摂り勉強をしテレビを眺めた後、ソレを行う。
別にいやらしい事ではない。きっと、誰しもがそれをしたことがあるはずだ。
恥ずかしがるようなことではない。誰もが通るであろう道であるはずだ。
人形遊びである。
毛布の中で人形たちを仲良く遊ばせていただけである。
気付けば、彼女は幼少の頃から高校生である今日まで、日にこの遊びを欠かしたことがない。
水銀燈には、悪女の如き風貌とオーラにより、友達と呼べる人間が、いない。
『友達』と呼べる存在への憧れ。
長く永い孤独による一人遊びの発達。
それらが、今の彼女の行動を作り出していた。
見れば、毛布の中のぬいぐるみたちは、楽しそうに跳ね回り、遊んでいる。
水銀燈の貌も、獲物を嬲り、愉しむ肉食獣のように歪んだ笑みをたたえている。
・・・ように見えるが、きっと素直に楽しんでいるに違いない。
彼女の素顔を、素直な心を、見ることができる人が現れる日は、来るのだろうか。
我々は唯々祈るばかりである。


続くかどうかは、わからない。
期待すればいいのかもしれない。

|