※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジ「ただいまー」
銀「おかえりなさぁい。今日はおやつにホットケーキ焼いといてあげたわよぉ。感謝しなさぁい」
ジ「待てなんでお前がここにいる。姉ちゃんはどこへやった」
銀「ラクロス部だって。そうそう、今日は夜までいないそうだから晩御飯も私が作ったげる」
ジ「うちに馴染みすぎだぞ。お前と姉ちゃんどういう関係なんだ」
銀「ただの友達よぉ。
  ところで、貴方の部屋の掃除もしといてあげたわよぉ。駄目じゃないのあんなに散らかしちゃ。
  そ・れ・に、ダイジなものはもっと厳重にしまっておかないといけないわよぉ。
  ジュンはあんな激しいのが好きだなんて・・・。
  でもそういうプレイが好きなら●●●までは我慢してア・ゲ・ル」
ジ「うわああああああああああ姉ちゃんには黙っといて下さいお願いしますううう」
銀「うふふふふふ。私は従順なコにはとぉーっても、優しいのよぉ。言いたい事、わかる?」
ジ「おぼろげには・・・」
銀「夜は長いわよぉ・・・うふふふ」

 




原作の水銀燈が説教をしにきたようです。

水「ちょっと、ここの水銀燈出てきなさぁい」
銀「な、なによ」
水「はん、こんなのが私ですってぇ?笑わせないでくれるぅ?仲間遊びでいちゃいちゃしちゃって、ばっかみたぁい」
銀「ふん…貴女の知った事じゃないでしょう?でもまあ…確かに最近…何と言うか、色々とダメになってる感じはするのよねぇ…」
水「ふぅん…腐っても水銀燈ってところかしら?貴女もこの私をベースにしてるんだから、もっと私らしくしたらどうなの?」
銀「私らしく…ねぇ」
水「貴女は水銀燈。闇を纏い逆さ十字をかせられた薔薇乙女最凶の人間よぉ?そのところをもう少し…」

コマンド:投げる
→『ヤクルト』
→『くんくん人形』
これでいいですか?
→はい

水「だから貴女はもっと…って何よコレ…あ、あら?美味しい…美味しいじゃないのよこれぇ!?」
銀「く、くんくん!?何故ここに…ああ!ちょ、ちょっと待っててくんく~ん!」
水「あ、貴女!その人形をこっちに寄越しなさぁい!」
銀「何よ!じゃあそのヤクルトから手を離しなさぁい!!」
紅「はぁ…どっちもどっちじゃないの。愚かね…」
水・銀「し、真紅ぅううう!?」

 




ここの水銀燈が原作水銀燈に言い返すようです。

銀「まぁ確かにこちらに落ち度はあれど…いいこと?まずはこれを見なさぁい!」
め「水銀燈が!水銀燈が小さくなってる!可愛い~!病室に持ち帰るー!」
水「こ、これは…めぐ?めぐなの!?貴女どうし…」
銀「そしてこれよぉ!」
雪「お姉様…今日こそわたくしの操を…」ハアハア
薔「大丈夫…小さい銀ちゃんでも私は全然イケるから…」ハアハア
水「き、雪華綺晶!?と…紫のは知らないわぁ…で、なんでハアハアして…!?」
銀「さぁ…貴女もせいぜい頑張るといいわぁ…」
水「い、いやああああ…」

一時間後…

水「 」ピクピク
銀「どう?私の苦労がわかったぁ?ここでは変わらなければ生きていけないのよぉ。そして…私は人間。人間は、変わるものなのよ。そうして成長していくの」
水「そう…なら、ここに私の居場所は無いわねぇ…とっとと帰るわぁ…」
銀「それと、心が有る限り、それが何であれ成長するわぁ。そう…何であれ、ね」
水「ふん…」
銀「またいらっしゃい。今度は料理の一つも出してあげるわぁ」
水「…気が向いたら、ね」




TV「アルゴリズム体操~」
銀「アルゴリズム体操~」
銀「いーっぽ進んで前ならえー」
銀「いーっぽ進んで偉い人ー」
銀「ひっくり返ってペコリンk・・・」

ジ・紅・蒼・「す、水銀燈・・・?」

TV「・・・横に歩いてキョロキョロ・・・」

銀「ち、違うのよぉ?これはその・・・」
ジ「大丈夫」
紅「私たちは誰にも言わないのだわ」
蒼「無邪気でいいと思うよ?」
銀「イヤァァァァァァァァァァァァァァァ・・・」

TV「そっろそっろ終わりかな~・・・終わりっ」

 



銀「帰ったら掃除して…買い物して…あとは…あら?」
猫「にゃー」
銀「ダンボールに猫…あからさまな捨て猫ねぇ。まあ私には関係ないしぃ」
猫「にゃー」

銀「一つ言っておくけれど」
猫「にゃー」
銀「私は別にアナタを見にきたワケじゃなくて買い物をしにここを通っただけだから」
猫「にゃー」
銀「じゃあねぇ」
猫「にゃー」

銀「勘違いしないでよね」
猫「にゃー」ペロペロ
銀「スーパーで牛乳買った後で家にあるのを思い出しただけなんだから」 

猫「にゃー」ペロペロ
銀「よく飲むわねぇ」
猫「にゃー…二ギ!」
銀「!?ちょ…どうしたの!?」
猫「ギュウ…」
銀「ヤダ、ちょっとアナタ起きなさいよ!ねえ!どうしちゃったのよぉ!」
猫「・・・」

銀「解ってるとは思うけど」
猫「ナー」
銀「安くない診察費と治療費まで払ってアナタを助けたのは私のためよ。あれでアナタが死んだら私の寝つきが悪いでしょう」
猫「ナー」
銀「今は寝てなさい。これで死んだりしたら殺してやるわよ」
猫「ナー」

ジ「あれ?お前ペット飼ったのか?動物なんて嫌いとか言ってたのに」
銀「飼ってなんかいないわよ。飼い主が見つかるまでの間保護してるだぁけ」
ジ「ふーん。(飼い主探しなんてしてたっけ…?)」
猫「にゃー!」




銀「そういえば今日はエイプリルフールなのねぇ・・・」
銀「私もジュンを騙してこよぉ~っと」

銀「ジュン!大変よぉ!あなたのお家が火事で燃えているわぁ!!」
ジ「マジかよ!」ダッ
銀「クスクスクス・・・」

ジ「おいっ!水銀燈!燃えてないじゃないか!嘘かよ!」
銀「騙されたわねぇww今日はえいぷr」
ジ「あ、あれ?何か煙と火・・・出てね・・・?」
銀「出てる・・・わねぇ・・・」
ジ「水銀燈・・・何で火事になる事を知っていた?まさかお前・・・放火・・・」
銀「ち、違うわぁ!今日はエイプリルフールだからジュンを騙そうとして・・・」
ジ「話は消防と警察が来てからだ!逃げるなよ!水銀燈!」
銀「ち、違うのよぉ!信じて!ジュン!」
銀「・・・あ、あれ?火と煙が消えてるわぁ・・・?」

ジ「・・・・・・全て嘘でした~水銀燈騙されてやんの~!(協力:のり)」ゲラゲラゲラゲラ
銀「・・・・・・・・・」イラッ
ジ「今日はエイプリルふーr(ガスッ!!!!」
銀「騙されるのは好きじゃないわぁ・・・」
ジ「いや、最初に騙そうとしたのはs」ガスガスッ!!
銀「帰る!」プンスカプンスカ

ジ「僕の予想(妄想)では・・・最後は笑いあってイチャイチャって事になる筈だったんだけど・・・おかしいなぁ・・・?」




ジュン「ただいま~」
水銀燈「おっかえりなさぁい♪」
ジュン「いきなり抱きつくなよ(照」
水銀燈「照れ屋さぁん♪」

金糸雀「目のやりどころに困るかしら…」





「子供が出来た」辺りから訳がわからないけど水銀燈バージョンに変えてみた


どうして私がいつもダイエットしてる時に(・∀・)ニヤニヤと見つめるのよぉ(゜Д゜)おばかさぁん!
どうして私が悪いのにケンカになると先に謝るのよぉ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!
どうして会う回数減らしたのに文句一つ言わないのよぉ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
どうして交代でやると約束した洗濯をし忘れたのに怒らないのよぉ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
どうして貴女に新しい友達が出来ないのは明らかに私のせいなのに謝るのよぉ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!
どうして自分も体調悪いのに大丈夫だと言って倒れた私を自分の身を削ってまで看病するのよぉ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!
どうして友達の私に心配かけたくなかったからと重くなった病気の事を隠すのよぉ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
おまけにもって重くなったのが残り半年とはどういう事よぉ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!
治療で面会謝絶だと嘘言って知らない間に手術受けて助からないとはどういう事なのよぉ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
病院で私の事は忘れてもっと良い友達見つけろとはどういうことなのよぉ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
私の気持ちは無視なのぉ・・・?(゜Д゜)おばかさぁん!
正直、貴女以上のお人よしで優しい友達なんか居ないわぁ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
それと私みたいな女を友達にすんのは貴女位よぉ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
もう一つ言い忘れてたけど私、貴女の病気を治す為って頑張ってた仕事に就けたのよぉ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
貴女を元気にする為なのに何で生きられないのよぉ(゜Д゜)おばかさぁん!
そんな状態じゃ言い出せないじゃないのよぉ!(゜Д゜) おばかさぁん!
それでも言わない訳にはいかないわぁ・・・だから思い切って言ったら何で大喜びで私を抱きしめるのよぉ!(゜Д゜)おばかさぁん!
お給料が貰える頃には貴女はこの世には居ないのよぉ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!
待遇良い会社だといいなぁって貴女自分の事は蔑ろなのぉ?(゜Д゜) おばかさぁん!
病院で周りの患者さんや看護婦さんに何自慢してるのよぉ!(゜Д゜) おばかさぁん!
病気で苦しいはずなのに何で社会のマナーを覚えて私に説明するのよぉ!(゜Д゜) おばかさぁん!
どうして側に居てあげたいのに仕事は大変だからと家に帰そうとするのよぉ!(゜Д゜) おばかさぁん!
どうして何時も何時も自分の事は二の次なのよぉ!(゜Д゜)おばかさぁん!
医者からいよいよダメだと言われて泣いてる私に大丈夫だとバレバレの慰みを言うのよぉ!(゜Д゜)おばかさぁん!
こっちは貴女とこれからも生きていたいのよぉ!(゜Д゜)おばかさぁん!
バカやって泣きそうな私を包んでくれる貴女が居なくなるのよぉ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!
忘れてと言われても忘れられるないじゃなぁい・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
死ぬ一週間前に言う言葉が『私みたいな弱い人間と友達になってくれてありがとう』なのねぇ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
こっちがお礼言わないといけないのに何も言えずに泣いてしまったじゃないのよぉ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
あんなに苦しそうだったのに最後は私の手を握りしめて逝ってしまったわねぇ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!
何で死に顔まで微笑むのよぉ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!(゜Д゜)おばかさぁん!(゜Д゜)おばかさぁん!
そんなのは良いから起きなさいよぉ・・・!(゜Д゜) おばかさぁん!
私が沢山稼ぐからな生き返りなさいよぉ・・・!(゜Д゜) おばかさぁん!
もう一度私に微笑みかけなさいよぉ・・・!(゜Д゜)おばかさぁん!
私がジャンクになるから・・・神様なんとかしなさいよぉ・・・!(゜Д゜) おばかさぁん!
貴女はダメ女な私にこの先一人で黙々と仕事をこなせと言うのぉ・・・?(゜Д゜)おばかさぁん!
そんな貴女が死んで5ヶ月…初めてのお給料が貰えたわぁ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!
中々良いお給料だし、待遇もいいわぁ・・・(゜Д゜) おばかさぁん!
貴女に教わったマナーや敬語が役に立ってるわぁ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!
メグ・・・貴女はどこかで見てる・・・?(゜Д゜) おばかさぁん!
私は此れからも貴女の事を忘れずに生きていくわぁ・・・(゜Д゜)おばかさぁん!
貴女も遠くから見守っていてねぇ・・・

 





水銀燈が大人になったら

銀「どうなるのかしらねぇ」
ジ「まずおっぱいが今以上にばいんばいーんな事になるだろうね」
銀「これ以上荷物増やしたくないわよぉ」
ジ「いいじゃないか健康的で。男はやっぱり少しぽっちゃりしてた方が食いつきがいいし、
  胸がぼよんぼよーんだったらそれはもう最高だぞ。入れ食い状態だぞ。満員御礼」
銀「・・・そーぉ?」
ジ「あと、もうちょっと性格丸くなるだろうね。というか丸くならないと社会不適合者だよね」
銀「そこまで言うのぉ?」
ジ「社会ってのはあれで結構厳しいからなー。
  ちゃんと生活できてたら、バリバリのキャリアウーマンとかになってそうだな」
銀「そうかしらぁ?」
ジ「でももしかしたら、意外と優しいママになってるかもな」
銀「えー、全然想像できないわぁ」

ho

 

 




僕は水銀燈が好き
だから水銀燈と雑談がしたくて暇そうな時を見計らって誘っているんだ
水銀燈は今夜も暇かな・・・これで誘うのは4回目だ

「水銀燈、今夜暇?良かったら僕と・・・」
「ごめんさないねぇ・・・色々あって今夜は暇じゃ無いのよぉ・・・」
「そうか・・・何時ごろなら暇になりそうだ?」
「わからないわぁ・・・暇な時が無くなるかもしれないわぁ」
「そ、そんな・・・」

水銀燈が今夜も暇って言うのは何時なのだろう・・・


悔しいです!
楽しみにしていたから、悔しいです!

 




水銀燈がジュン兄様を起こしに来たようです。

銀「兄様、朝よぉ」ユサユサ
銀「ねぇ、いい加減おきてよぉ」グイグイ
銀「せっかく朝ごはん作ったのにぃ」ゴリゴリ

銀「もういいわ。兄様が起きないならキスしちゃう」
ジ「やぁおはよう水銀燈気持ちのいい朝だね」
銀「なんでキスするって言った瞬間飛び起きるの?」
ジ「あはは何を言っているんだい僕の可愛い水銀燈」

銀(兄様は私のことが嫌いなのかしら・・・)
ジ(危ない危ない・・・もう少しで水銀燈の純潔を穢してしまうところだった・・・)







水「………」
烏「カー」
水「…何よ。夕飯が一人コンビニ弁当で悪い?」
烏「カー」
水「…烏も夕飯時何じゃないの?アナタも一人で食べるの?」
烏「カー」
水「ふぅん…でも、これはあげないわぁ」
烏「カー」
水「………ったく。えっと…何か…てか、烏って何食べて生きてんのよ。厚焼き卵辺りなら…イケるかしらぁ?ほら、ココ置いとくから勝手に…」
烏2「カー!」
水「ひっ!?」
烏3「カカー!」
水「ちょっ…!何よアナタ達…!」
烏、烏2、烏3「カー!カー!カー!」
水「…もうどれだか分からないけど、ちょっと最初の烏!誰よそれ!私はアナタが一人だから恵んでやっただけで…」
烏、烏2、烏3「カカー♪」
水「くっ…そうなのね…私に家族の団欒とやらを見せ付けたかっただけなのね…アナタにとって私は夕飯時のコメディ番組に過ぎなかった!!」
烏「カー?」
水「う…ううう、うわーん!!酷い!なんて酷いのぉ!烏の分際でぇ…いいわぁ…こうなったら奥の手よ!!」


水「めぐ!一緒に夕飯食べてあげるから烏料理を作りなさい!!主にそこら辺の烏を使うのよ!!烏の串刺しよ!烏の丸焼きよ!!烏の踊り食いよぉー!!」
め「…水銀燈、面白い♪」
水「うわーん!!」



ジ「午前中はまだ眠い?当然だ!」
銀「なに言ってるのぉ?だから引篭もりなのよぉ」
ジ「その通り!引篭もりの活動時間は日没から日の出まで!日中が夜だ!」
銀「うらやましいわぁ」

 



銀「めぐぅーいるー?」
め「あら水銀燈いらっしゃい。どうしたの急に」
銀「ちょっとねぇ。ほら、これあげるわぁ」
め「え?洋服?これってもしかして…」
銀「部屋の掃除してたら昔のが出てきたのよ。サイズが小さいから私はもう着れないけど貴女なら丁度いいんじゃないかと思って」
め「………」
銀「まあ当然柄も古いのだけれど。貴女が着ないならそのまま捨てれば…ってめぐ?ねぇ、めぐ…ってえ!?ちょ!息してな…!?」
め「…はっ!ごめんなさい。嬉しさのあまりちょっと死んでたわ」
銀「どーゆーボケ方するのよぉ!たく…もはや人間技じゃないわねぇ…」
め「じゃあ早速着てみていい?」
銀「ええ。ああ、胸周りがぶかぶかかもしれないけど勘弁よ」
め「うーん、どっちかって言えば、ウエストの方がぶかぶかね」
銀「なっ…!?」

ウエストの方がぶかぶかよ…ウエストの方がぶかぶかよ…ウエストの方がぶかぶかよ…ウエストの方がぶかぶかよ…

銀(そんな…有り得ない…だってじゃあ今は…はっ!誰!?)
雛『ウエストがぶかぶか?キャハハ!キモいのー!』
金『ウエストがぶかぶかが許されるのは小学生までかしらー!』

ウエストの方がぶかぶかよ…ウエストの方がぶかぶかよ…ウエストの方がぶかぶかよ…ウエストの方がぶかぶかよ…

銀(あ…あああ…)
真『まったく、哀れなものね』
銀(し、真紅っ…!)
真『貴女…そんなウエストで恥ずかしくないの?』
銀(あ…ああー!!)

め「あら?どうかしたの水銀燈」
銀「もう…言わないでぇ…呪文めいたその言葉ぁ…皮下脂肪なんてぇ…鎖のように重いのよぉ…えっぐ…ぐすん」
め「?」

 




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: :2008/08/22(金) 05:09:58.55 ID:aOexCNe7O
水銀燈が太ってるなんて…そんなの水銀燈じゃない!よみちゃんだ 

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: :2008/08/22(金) 05:59:27.50 ID:ZZvIunf1O
>>35
銀「シュークリーム分が足りないわぁ…」

銀「に、肉まんは砂糖とか使って無いから大丈夫よぉ!」

銀「『…ってしまいました。涙のダイエット少女』と…」
め「あら?なにそれ水銀燈。ハガキ?」
銀「あ!ダメよ見ちゃダメ返してぇ!」


………ふむ。
|