※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【 2years~金糸雀~ 】  《二人の為の小夜曲》

「ふぅ………………」

麗らかな昼下がり、街のこじんまりとしたドールショップのテラスにて。
癖のある髪をいじりながら、一人の女性が溜息を零す。
元からの癖っ毛からか、学生時代にずっとアップにしていたからか、或いはその両方か。
一週間前にストレートパーマをあてたばかりだと言うのに、セミロングの彼女の髪の
先端はもうくるんとカールの様になっていた。
普段は己の容姿に無頓着な彼女であったが、ここ数日は気を遣っており。
思い通りにならない髪に、少しばかり不快な表情になる。
――女性のその手の顔は珍しく。
彼女と同席している二人の女性は各々に彼女を気遣う。

「………髪、まとまらない?」
――少ない言葉に、計り知れないほどの親愛の情。
時代錯誤なモノクルを付けた彼女は、薔薇水晶―女性のかつての級友であり、現在に至る親友。

「あぁん、物憂げなカナも可愛いー!カメラがないのが悔やまれるぅ!」
――解り易い言葉に、解り易い表情。
年齢を気にしない黄色い声を上げる彼女は、草笛みつ―女性のかつての担任であり、現在に至る親友。

「ん、いつもの事なのかしら――ありがとう、薔薇水晶」
言葉に込められた想いに、微笑みと共に笑む彼女は。
「みっちゃんはいい加減、そーゆー言葉を控えるのかしら」
涎を垂らしそうな顔を、半眼で呆れる彼女は。
「いい加減、いい歳なんだし。――カナも、人の事は言えないけれど」

自身の名を一人称にしてしまう昔の癖が抜けず、苦笑する―彼女の名は、金糸雀。

「あっはっは、私は永遠の二十九歳よ、カナぁ」
「………実年齢なのに、嘘吐いてるみたいに聞こえる。
――金糸雀、よく注意されてるもんね。旦那様に」
えへへ、と親友の笑い顔に感化された様に、薔薇水晶はにまにまと笑む。
余人が見れば他意を感じそうな表情と言葉だったが、長年の付き合いのある金糸雀には、
親友の真意が言葉通りだと言う事が解っていた。
だから、事実かしら、と困った様に苦笑する。
「彼、昔っから挙げ足とりだったもんねぇ」
うんうんと大げさに頷き、みつは同意する。
薔薇水晶のそれと違い、彼女の言葉には裏があった―私も、よく取られてたし。

「みっちゃんは足どころか諸手も挙げてたのだから、取られてもしょうがないと思う。
それと。――ジュンの悪口を言わないで欲しいのかしら」

高校卒業後、二年の遠距離―オーストリアと日本―恋愛を経て。
彼と彼女は色々なすったもんだの末、ゴールイン。
六千二百九十八万五千六百秒前より、彼女の姓は、『桜田』となっていた。

――口を尖がらせてむくれる金糸雀に、みつは先程の薔薇水晶の様な笑みを返す。
にまにまにまにま。
どう贔屓目に見ても他意のある表情に、突っかかったら負けだと思いながらも、
金糸雀はついつい尋ねてしまった。
「………何かしら、みっちゃん」
待ってましたと言わんばかりな勢いで、ブラウスを開襟し、胸元にぱたぱたと風を送りつつ。
みつはあっけらかんと言い放つ。
「あっついわねぇ。よ、地球温暖化の原因っ」
「まだ寒い。………風邪、引いちゃうよ?」
一切の情状酌量もない揶揄に、真紅や水銀燈ならば手を出しただろうか、と金糸雀はかつての級友―
今でも親友―を思い出し、やり過ごす。
反応を返さない彼女にさめざめと泣く振りをする被告人だったが。
それをフォローするのはもう私の役目じゃない、と心の中で舌を出し、金糸雀は素知らぬ振り。
遊んでいるのか意固地になっているのか、ブラが見えそうな程ブラウスを広げるみつに、
今のフォロー役である薔薇水晶が、わたわたと服の前で両手を振る。
彼女の様子に自戒の念を抱いたのだろうか―みつはブラウスから手を放し、薔薇水晶の頭を撫で、
幾分真面目な視線を金糸雀に向ける。
微笑む表情に、金糸雀は多少身構えた―長年の付き合いにより、知っている。
彼女のその類の笑みは、相対する者の心を揺さぶる前振りだと。

「んー、ちょっと寒くなってきたかなぁ?――息も、白くなる位にね」

頭を撫でられ、同意も得られた薔薇水晶は、幼子の様な笑みを零し。
心中を読まれ、言質まで取られた金糸雀は、年相応の苦笑いを返す。
「もう、わかり難い攻め方をしないで欲しいのかしら。
………みっちゃんの、言う通りなのだけれど」
ふぅ………――小さな声で認めた彼女は、再度溜息をつく。

彼女の憂いの原因は、彼女・金糸雀の彼・ジュンへの想いの変化。
高校で友人として話していた時も、留学して長距離恋愛していた時も、
指輪を交換し口付けと共に末永く将来を誓い合った時も。
何時でも何処でもどんな時にも、彼女の心はどきどきと音をあげていた。
時には煩わしいほどの音に、辟易した事もあったのだが。
今にして思えば、あの音こそが自分の全ての原動力であったのかもしれない。
甘酸っぱい思い出と共に、高らかになっていた鼓動を思いだす。
――そう、それは思い出であり、現在ではない。
ここ数日、いや、もしかすると数週間――高らかに鳴る鼓動に、覚えがない。
それはつまり――
「ありゃ、半分当てずっぽうだったんだけど。………まさか、倦怠期とか?」
あり得ないわね、と言葉を締めるみつに、金糸雀は返答をできず、俯く。
がたんっ――直後、薔薇水晶が立ち上がった。
基本的に感情を顔に出さない彼女であったが、殊更に無表情。
喜怒哀楽の全てを押し込めたようなその表情で、呟く――「………とっちめてくる」
「はいはい、ばらしーちゃん、すとーっぷ。
まだ一方的にジュンジュンが悪いって決まった訳じゃないし」
言うが早いか、動きだす薔薇水晶――の肩をがっしり掴むみつ。
阿云の呼吸な二人に、金糸雀は少しだけ笑みを浮かべる。
だが、みつに掴まれながらも何所かを―見当は付いている、自らの夫の所へだろう―猪の様に
目指す薔薇水晶に、苦笑しながら金糸雀は口を開く。
「ジュンは全然悪くないのかしら。
カナも、ジュンも、何が変わったと言う訳ではないし。
ただ、カナの心が………少しだけ、静かになっちゃっただけなのかしら」
弁解の様に語る彼女に浮かぶのは、やはり寂しげな笑み。
向けられた薔薇水晶は、結局何も言えず………同じ様に悲しみの表情を浮かべる。
(相変わらず、カナにべったりねぇ)
自分の事を棚に上げ、みつは薔薇水晶に対してそんな事を考える。
みつ的には、そろそろ薔薇水晶にも『そういう対象』が別にできればいいな、と思わないでもないが。
兎にも角にも、場を占める重い空気を払しょくしようと、彼女はこほんと空咳を打ち。
元教え子の二人の視線を集め、言い放つ――

「と言う事は、よ。………そろそろ、カナは私のお嫁さん!?」
「なんでそうなるのかしら!?」
「金糸雀は、ジュンのお嫁さん………!」
「じゃあ、ばらしーちゃんは私の嫁ー!」
「『じゃあ』の意味がわからないのかしら!?」
「違うよ、ばらしーは――ま、まさちゅーせっつぅぅ………」

力技で場に喧噪を戻した―上に、愛する薔薇水晶にスキンシップを行え、みつは満足そうだったり。
薔薇水晶は薔薇水晶で、強過ぎる抱擁に軽く関節は悲鳴を上げているが、くすぐったい様に笑む。
じゃれ合う二人にかつての自分と夫を重ね、呆れながらも金糸雀は笑みを取り戻す。

――取り戻し、そして、ふと気付く。

晴れやかな空気、はしゃぐ二人、弾む鼓動――それは、是までの自分と彼の雰囲気。
穏やかな空気、微笑ましい二人、緩やかな鼓動――それは、今の自分と彼の雰囲気。

恋をしていた自分は、相手の動作や言葉、立ち居振る舞い全てが気になっていた。
彼の不器用な笑みにときめいて、乱暴な気遣いにはらはらして、小さな癖にどきどきして。
恥ずかしくなるような恋心、それはそれで素敵な事――だけど。
自然な笑みに微笑みを返し、さり気無い助けに感謝し、良い所も悪い所も全てを受け入れて。
一方通行だった想いの残り香を残しつつ、昇華していっているのだろう――
――二年という、時の流れの中で。

波立つ心を映した激しい恋から、静かな海の様に穏やかな愛に。

愁いの表情を微かに残していた彼女であったが。
そう思い、そう感じ、自らの幼い憂いをくすくすと笑う。
唐突な金糸雀の含み笑いに。
薔薇水晶は顔をきょとんとさせ―すぐに、喜びの表情を浮かべる。
「よくわかんないけど………金糸雀、嬉しそう。ばらしーも、嬉しい。えへへ」
金糸雀はにこにこと笑う薔薇水晶に、同じ様に笑みながら心配させたことを謝罪する。
そして、薔薇水晶に抱きついたままのみつに顔を向け――
「みっちゃんの言う通り、『あり得ない』事だったかしら」
この人は、きっと自分が話し始めた頃よりわかっていたのだろう――金糸雀は思った。
その心の変化を口に出して指摘する事は簡単だ。
けれど、人から言われて教えられて、納得出来るだろうか。
だから、彼女は直接には何も言わず、気付かせようとした。
その方法は突飛で出鱈目で、――(実益も兼ねていたのだろうけど)。
「あっはっは、何が『あり得ない』んだっけ?」
「言わせないで欲しいのかしら、もぅ、みっちゃんの意地悪!」
お互いの言葉とは裏腹に、二人はくすくすと微笑みあう。
その笑みもまた、二年前には交わした類のないモノ。
――要領を掴みえない二人の会話に、間に立つ薔薇水晶は相変わらず訳がわかっていなかったのだが。
大好きな二人が大好きな笑顔になっているのだ――心配事は消えうせた、と更ににこにこ。

麗らかな昼下がり、街のこじんまりとしたドールショップのテラスにて。
癖のある髪をいじりながら、金糸雀は小さく、けれど、幸せそうに笑んだ。


――それから暫くして。
金糸雀は名残惜しく思いながら、席を立った。
「久しぶりに、曲を作りたくなったのかしら」
言い残し、後ろ髪を引かれながらも去ろうとする彼女。
後ろ髪を痛くない程度に掴みながら、薔薇水晶は「もうちょっと………」とおねだりする。
自分よりも随分と背の高い彼女に掴まれ、微苦笑する金糸雀であったが。
みつに説得され手を離す親友の頭を撫でてから、足早に去って行った。
金糸雀が立ち去ってから、お茶会の片づけをしている時。
薔薇水晶はふと手を止め、同じく片づけをしているみつに質問を投げる。

「ねね、………金糸雀、どうして、溜息ついてたの?」
「んー、ばらしーちゃんには判り難い話だと思うけど。
よし、おねーさんが解説してあげましょう―難しい説明と、簡単な説明、どっちがいい?」
「ぅ………む、難しい方で。あと、『おねーさん』じゃない………」

じとーと見てくる薔薇水晶に、あっはっはと快活な笑いを返し。
一転、表情を穏やかなものに変え、みつは元教え子に講義する。

「そうねぇ………ドーパミンとエンドルフィンって知ってる?」
「後ろの、知ってる。耳をくりって回すと出てくる………っっっっ」
「いや、その裂帛の気合いが私にはわかんないけど。
ドーパミンって言うのは、刺激的で高揚感を伴う脳内麻薬なの。
一種の躁状態を作りあげ――」
「………三行で、お願い」
「あっはっは。
ま、要するにカナの心は、『好き好きー』っていう恥ずかしいのから、
『愛してます』っていうもっと恥ずかしいのに変わっていってるっていう話よ。
その過渡期だから、そういう感情に戸惑って『倦怠』と勘違いしたんでしょうね」

親友の傍から見れば可愛らしい変化に、くすくすと笑みながら、みつは嬉しそうに語る。
彼女のざっくばらんな―身も蓋もない―解説に、薔薇水晶は漸く合点がいき、素直な笑みを浮かべ。
も一つ――と、とてとてと元担任に近づき、彼女を少しだけ見上げ、尋ねた。

「………お父様にも、そんな感じ?」
「んー?………どうかなぁ」
「ぅー………お義母様の、意地悪っ」


その夜に――金糸雀は、愛する旦那様に出来たての一曲を贈る。
檀上は彼女の指定席―彼の膝の上。
譜面は彼女の頭の中―滔々とした想い。

留学の際に彼に贈られた愛器ピチカートを弾き終え――。
抱き締める様な形で拍手をしてくる夫の顔を見上げる。

「――どうだったかしら?」
「うん、………楽しい曲だと思った」

拍手を終え、そのまま両の腕を折り抱擁してくるジュンに、奥さまは少々ご不満顔。
「むぅ………一拍の間は何かしら」
頬をぷっくりと膨らませる彼女は大層可愛らしく。
彼は腕の力を少し強めて。

「いや、表現しにくい曲だと思ってさ。
途中までは賑やかで騒々しくて………でも、楽しくなる様な。
途中からは穏やかで優しくて………やっぱり、楽しくなったから」

だから――「『楽しい曲』?」「あぁ」

「短かった気がするけど………あれで終わりなのか?」
「今は、かしら。奏でるのはカナだけど、作るのは二人で、だもの。
――六千三百七万と二千秒、ありがとうかしら」
「あぁ………そう言う事か。――これからもよろしくな、金糸雀」
「ふふ………此方こそかしら、ジュン」_

――今は二人の譜面、十月十日後には三人になる譜面。それはまた、別のお話。


―――――――――――――――――――――――《二人の為の小夜曲》 終


後日な保守を致すかしら

「むぅ………家計簿が赤い。どうしたものか」
「どうしたんですか、貴方。――わぉ、見事なくらい真っ赤っかですね」
「………ほんとだ。あれ、でも………ドールは売れてるのに………?」
「みつはともかく、ばらしーは見ないでくれ。まぁ、確かに売れてはいるんだがな」
「あっはっは」
「………買っているのが、我が家の大黒柱であって」
「………還元?」
「あっはっは、それはちょっと違うと思うな、大黒柱兼お義母様は」
「笑いごとではない、と言うか君が買ったら意味がないではないか!」
「だって、貴方が作るドール、可愛いんですもの!
――それに、その代り、休暇を利用して私が装飾品を作ってるじゃないですか!」
「それは私が買っている!」

「………大丈夫かな、このお店………――ん、ドアの開く音………お客さん?」

「――こんにちは、薔薇水晶、槐先生はいるかな」
「昨日ぶりかしら、薔薇水晶。今日は、ジュンの付添だけど」
「あ………。んと………きのうは おたのしみ でしたね 」
「あぁ、お楽しみだったよ」
「――さらっと答えないで欲しいかしら!?って、聞いた薔薇水晶もわたわたしないの!」

「――おぉ、良く来てくれた。で、私とみつが頼んでいた物は………創ってきてくれたみたいだな」
「………先生だけならともかく、みっちゃんの頼み物………い、嫌な予感が」
「えと、お父様も十分………うん。逃げよ、金糸雀――ひっ!?」
「に~が~さ~な~い~わ~よ~っ、さぁぁ、お楽しみはこれからっ!」
「ほ、頬が摩擦で――」「――まさちゅーせっつぅぅ………」

「――素直に、私とみつと君とで結婚二周年のプレゼントを用意した、では駄目なのか?」
「僕はそこまで『素直』じゃないですよ。――って、此処で剥かないでください、みっちゃん先生!」


(※本作はスレ二周年記念に投下したものです。
  原案をーnのフィールドーの『ネタを~』>>402様から頂きました)
(※本作は『甘い保守』シリーズのアフターストーリーです。
  金糸雀トゥルーエンドの後日談として書きました)

|