※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

*キャラ崩れに注意

エンジュ先生の、お菓子作り講座☆

エ「はい、みなさんこんばんはー!
  じゃあ、今日も楽しく作ろうか!」

エ「では、今日作る物は…これです!!」

     [ポーションクッキー納豆添え]ジャーン

エ「あ、すいません、チャンネル変えないでくださいよ!?」

エ「材料はこれです!」

材料
・ポーション(100ml) ・市販のクッキー
・納豆 ・バニラエッセンス ・エクスポーション

エ「じゃあ、作ってみましょうか」

エ「まず、このボールにポーション(100ml)とエクスポーションを入れます」

エ「そして、そのボールに市販のクッキーを適当に放り込みます」

ポチャンッ

エ「そのまま10分ほど逆立ちでもして待っていましょう」

☆10分後…☆

エ「(…くっ、頭に血が…)ボールの中の液体がビリジアンブルーに
  なっていたらおkです。」

エ「あ、バニラエッセンスは使わないので冷蔵庫にでも
  なおしておいてください」

エ「では、ここからが仕上げです」

エ「では、ボールからクッキーを出しましょう」

エ「そして、黄昏れながらよく水をきり、乾かしましょう」

エ「…はい、十分乾きました、では、お皿に盛りつけましょう」

エ「そして、その横に納豆を添えて……はい!完成です」

エ「お好みでBTB溶液で味付けも試してみてください」

エ「では味見の方を白崎さんにしていただきます」

エ「どうぞ、召し上がれwwww」

白「(((´;Ⅱ;`)))ガクガクブルブル」

クッキーを乗せたスプーンが白崎の口へ近づいていく…。

白「(ドキドキドキドキドキドキドキ)あ、あーん」

エ「(ククク、これだからミステリーパティシエは辞められねぇ…)」

白崎の口まであと3,2,1cm…

パクッ

白「!!!!!!!!!!!!」

白「……美味しい…、美味しいですよ!?先生!!」

エ「フフフ、当たり前じゃないか。私を誰だと思っている?」

白「あぁ…ポーションのまずさと納豆の苦みが見事に相殺して…
  そこにこのクッキーの甘さ…絶妙なハーモニーですね」

エ「フフフ、そうだろう…、BTB溶液いっとくか?」

白「それはいいです」

白「あぁ、この絶妙なハーモニーが最こ…モルスァッ」

エ「あれ?白崎さん?…どうしたんですか!?」

  ―不適切な映像が流れましたことをお詫びします―

白「うはwwwHP100回ふk…ガハッ」

 ピーポーピーポーピーポーピーポー

次の日、白崎が入院したことは言うまでもない。

―END―   

|