※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「この荒廃した大地では、人類の繁栄は望めない。つまりそういう事だな、白崎…」
車椅子の男が窓の外に広がる荒野を見ながら呟く。

「…はい。ですが…どんな『技術屋(マエストロ)』でも、Aliceを起動させる事は出来ません…」
白崎は壁に広がる巨大な機械を見ながら答える。
「前時代の天才、ローゼン…。彼の最高傑作であるAlice…。
例え今は完全でなくとも…それでも…やはりこれが我々の最後の希望である事は違いありません」

車椅子の男は何も答えず…
ただ静かに眼前に広がる荒野を眺めていた。

その視線の先…

地平線を遥かに越えた場所…

荒野に佇む、一軒の屋敷…その門の前…

耳が痛くなるような静けさのが止み ―――風が吹き始めた…。





   12.どこまでも綺麗な世界で




 
「……きらきー…」
目の前に立つ姉、雪華綺晶の名を…薔薇水晶は呆然としながら呼んだ。
「ばらしーちゃん…」
雪華綺晶が微笑み…だが、その目には深い悲しみを湛えたまま、小さく答える。

まるで誘蛾灯に誘われるかのように…薔薇水晶がフラフラと覚束ない足取りで雪華綺晶に近づいてゆく…

「薔薇水晶!」
蒼星石が薔薇水晶に声をかけるも…その声は薔薇水晶の心には届かない…
(…相手が雇ったチームが、よりによって彼女達…薔薇水晶のお姉さんとはね…)
仕掛けるべきか、このまま様子を見るべきか…
(…前に水銀燈が会った時の話では…油断はできないね…)
いつでも切りかかれるよう鋏を握り締め…徐々に近づく二人を見続ける。

ゆらゆらと…幽鬼のように揺れる足取りで、薔薇水晶が雪華綺晶の前に辿り着いた。
「ばらしーちゃん…」
雪華綺晶が慈愛に満ちた眼差しで薔薇水晶の頬を撫でる…
そのまま、這わせるように、手を下に…頬から首へ、首から肩へ、肩から腕へ…
そして、薔薇水晶が持つ、狙撃用ライフルの銃身に、その手が伸びた。

片手で銃身を掴み…そしてもう片手で、薔薇水晶が銃を放さないように、彼女の腕を取る。
その仕草が、やけにゆっくりしたものに見える。
そして…雪華綺晶は薔薇水晶が持つライフルの銃口を…ピタリと自分の片目の薔薇飾りにあてがった…

――きらきー…?何で…?今までどこにいたの…?やっと会えたんだよ…?何でこんな事するの…?
薔薇水晶の胸に次から次に言葉が溢れてくる。
体中から溢れる疑問、心を震わせる再会の気持ち。様々な感情が同時に湧き、パニックの予感が脳をよぎる。
 
無言で自分に銃を向けさせる、たった一人の姉…
――何で…私がきらきーに銃をむけなくっちゃいけないの…?
その意図が全く見えない。
戸惑いを通り越し、思考が凍りつく。

ほんの数秒の沈黙…
だが、薔薇水晶にとっては、時計が止まったかのように感じる…

薔薇水晶の手が震えだし…
ライフルが地面に落ちる音だけが、静寂の中に響いた…

二人の間に存在していた空間…銃身が隔てていた距離を、雪華綺晶が詰め寄る。
そして…
薔薇水晶をその両手で、包み込むように抱きしめた。
「ばらしーちゃん…やっぱりあなたは優しい子ですわ…
例え敵でも…それが私なら…あなたは撃てなかった…」

「……うん…きら…きー…」
いつ以来だろう、こんな温もりは。いつ以来だろう、こんなに胸が一杯になったのは…
雪華綺晶の腕の中で、薔薇水晶は声もなく涙を流し続ける…

「…私には無理でしたけど…
やっぱり…ばらしーちゃんのように優しい子は…お父様の望みどおり、静かに暮らすべきですわ…」

雪華綺晶のその言葉を聞いた瞬間 ――『お父様』という言葉が出た瞬間――
薔薇水晶は弾かれたように顔を上げた。

――お父様の望み…? ……きらきーは失踪の直前までお父様の書斎に居た…
ひょっとして…私が知らない何かをきらきーは知ってる…?
 
「…お父様の…?」
胸に浮かんだ疑問を雪華綺晶にぶつける。

そして気が付く。
いつの間にか、雪華綺晶の腕に徐々に力が篭っている…
「きら…きー…――――」
ギリギリと万力のような力が全身を締め上げる。
最後まで言葉を紡ぐ前に…意識が闇に溶け落ちていく。
視界が閉じていく中―――雪華綺晶の優しい…それでいて、深い憂いを秘めた左目が見えた気がした…。


姉妹が争う。
蒼星石にとって、それは頭では理解できていたが…どこか現実味のない事でもあった。
それ故に…完全に反応が遅れ、薔薇水晶を助けるタイミングを逃してしまった。
しかも…
(薔薇水晶は雪華綺晶の腕の中…今、行動したら…彼女が危ない…)
鋏を構え、雪華綺晶を睨みつけるも…指一本動かせない状態が続いていた。

そんな蒼星石には目もくれず、雪華綺晶は気を失っている薔薇水晶を抱き上げ…
そして、門にもたれかからせるように、そっと地面に寝転ばせる。
まるで母親のような優しい顔で、眠る薔薇水晶の顔をそっと撫で…振り向いた。

「さて…お待たせしてしまいましたわね…
ここからは…本来の予定通りにさせてもらいますわ」
そう言い蒼星石に微笑みかける雪華綺晶。

「ばらしーちゃんには…お友達は帰られたと、私から適当に説明させていただきますわ…」
その眼光からは…先程まで見せていた優しい光は、完全に消えていた…。

 

雪華綺晶はその顔に微笑みを浮かべたまま…その白い手に手袋をつける。
そして小さな小石を拾い上げ…それをポンと真上に投げ…
重力に引かれて落ちてきた小石に裏拳を当てた。
キンッと硬質な音が鳴り、その小石が弾丸のように蒼星石目掛けて襲い掛かってくる――
だが、その小石も蒼星石の目の前で…その握った鋏により、粉々に散っていった…。

蒼星石の反応に雪華綺晶は…心底楽しそうな笑みを浮かべた。

「流石…といった所ですわ。
最近では銃ばかりで、味気ないと思っていましたが…ふふ…面白くなりそうですわ…」
そう言い、手に嵌めた手袋の甲をそっと撫でる。
「この手袋には、鉄板が仕込まれてますわ…」

蒼星石は、笑みを浮かべる雪華綺晶を見て思う。
――笑いとは、本来攻撃的なもの…って言葉があったね…
そして…
いつの間にか笑みを浮かべている自分自身にも気が付く。
「僕は…この鋏でお相手しよう…」
そう言い、目の前に水平に鋏を構えた。

ジリジリと太陽が二人を焼く。汗が流れるのは暑さのせいだけでは無い。

そして…

直後、二人同時に地面を蹴る――

「いざ!―――」
「尋常に!―――」

―――今にも落ちてきそうな青い空の下で…闘いが始まった… 



―※―※―※―※―



蒼星石が鋏を水平に振り払う。
雪華綺晶は屈んでそれを避け――同時に水面蹴りで蒼星石の足を薙ぎ払う。
蒼星石がバランスを崩し――そこに追い撃つ形で雪華綺晶が後ろ回し蹴りを放ってくる――
バランスを崩された蒼星石は…体勢を立て直そうとせず、あえて倒れ――
片手で地面を叩き、その反動で大きく後ろに跳び、雪華綺晶の攻撃を回避した――。

「…やるね…」
数歩の距離で片膝を立てる蒼星石がそう言い、立ち上がる。

「…あなたも…ふふ…なかなか素敵ですわ…」
雪華綺晶は笑みを浮かべたまま…妖しく蠢く指先で、自分の唇をなぞる。

今までに出会ったことの無い程の強敵。
それも、銃が物を言う世界で、あえて時代遅れな手段で己を貫いて生きてきた相手。

蒼星石は考える。

何故だろう…ずっと、戦うのは嫌いだった。…嫌いだと思っていた。
でも…何故だろう…
不思議と…不思議な充実感がある…。
きっと僕はどこかで…こんな風に、全力で戦いたのかもしれないね…
 
鋏の留め金を外し、両手に片刃の鋏を構え、雪華綺晶を見る。

その隻眼は…どこか優しく…何かを楽しんでいるように見える…。
そして今の僕の目も…きっと同じなのだろうね…

「さて…続けようか…」
歌うように告げる。


二人が同時に跳び――



その戦いを見るものは誰も居なかった。それでも…もし、そこに誰かが居たなら…こう言っただろう。
夕日の中で二人の少女が舞っていた――と…




二人の間合いが触れ――
蒼星石は片手に握った鋏で貫くように突き出す。
半身になってそれを避けた雪華綺晶に、もう片手に持った鋏を振り下ろす――
雪華綺晶は避けた動作からそのまま体を回転させ、裏拳を蒼星石に放つ――
 
白い拳がテンガロンハットを宙に飛ばし――
片刃の鋏が薔薇飾りを数枚、風に散らせる――

蒼星石にはその光景がやけにゆっくりとしたものに見えた…

怒りも憎しみも、依頼の義務感も、何も無い…。
何故か…とても穏やかな気持ち…。

視界からは色が失われ…景色が失われ…音さえ失われる。
全てが白い世界に覆われる…。
真っ白な世界…。
ミルクの海に紛れ込んだのかと錯覚しそうな程の白。
僕の視界に見えるのは、果てしない純白と、その中で踊る雪華綺晶。

(静かだ…)
蒼星石はその光景に、心が震えた。
(それに…とても綺麗だ…)

何所までも広がる白い世界で、蒼星石は剣舞を舞い続ける―――
果てしなく広がる純粋な世界で、雪華綺晶は四肢を舞わせる―――

永遠にさえ続きそうな二人の闘い―――。

永遠にさえ続けていたいと、二人は思った―――。



 
蒼星石が振り下ろした鋏を、雪華綺晶がブーツの踵で止める――
そのまま上段蹴りを放つが、もう一つの鋏にそれを防がれる――
その鋏が斬り上げるように煌き――雪華綺晶は宙返りしながら後ろに跳ぶ――
鋏が宙を裂いた瞬間、再び雪華綺晶は蒼星石に迫る――
雪華綺晶の手刀が、蒼星石の頬に一筋の赤を描く――
蒼星石の鋏が雪華綺晶の髪を数本、幻想的に散らせる――

どこまでも白い世界。
――ここは僕と彼女と、純粋な闘いだけの世界。ここには何も…余計な物は存在しない…――
生きている…その圧倒的な実感と共に、蒼星石はそう思う。

――これは…闘ってるんじゃないんだ…
互いに…生きてる事を伝えあってるんだ――

これまでに無い死線の中で蒼星石は――これまでに無い程、静かな気持ちでいた…

鋏が服を裂き、拳が皮膚を切る。
拳が蒼星石を打ちつけ、鋏が雪華綺晶を斬る。
雪華綺晶が蒼星石を蹴り上げ、蒼星石が雪華綺晶を地面に叩きつける。

互いに流す血の赤は…それすら、白い世界に溶けて消えていく。

体中が痛い。
でも…それ以上に、この世界を堪能したい。
きっと彼女も同じ気持ちなんだろう…。
 
蒼星石は鋏を逆手に持ち替え、そして雪華綺晶に斬りかかる。
雪華綺晶は鉄板の仕込まれた手袋でそれを受け止める。
二人の顔が、触れ合う程の近さで静止する。

「―――――――」
「―――――――」

互いに言葉は無かった。…それでもそこには無言の会話が存在していた。

雪華綺晶は鋏を止めていた手に力を込め…
蒼星石は片手の鋏を諦め、手を放し、後ろに飛ぶ。

雪華綺晶が掴んだ片刃の鋏を投げ捨てるのと同時に、蒼星石は再び地面を蹴る――
楽しそうに片目を輝かせた雪華綺晶が、同時に駆ける――

蒼星石の鋏が雪華綺晶の脇腹に迫り――
雪華綺晶の拳が蒼星石に迫る――


その瞬間――


銃声が聞こえ、二人の間の地面が弾けた。

同時に、世界に色と音が戻り、広がる―――
白い世界が消え、空の青さが…大地の色が…風の音が、五感に蘇える―――

だが、振り下ろされたその手は止まらず――互いの脇腹に鈍い一撃がめり込んだ――

 

―※―※―※―※―


色の戻った世界…痛みの戻った世界。
そこは、荒野に佇む屋敷の門の前…。

蒼星石と雪華綺晶は、二人に向けてライフルを構える薔薇水晶を見ていた。

蒼星石は脇腹を押さえ…同じように脇腹を押さえる雪華綺晶に視線を戻す。

ボロボロの体で、ふらつく足で大地を踏みしめる二人。
しかしその目は…満足感で満ちていた。


――良いところで…邪魔が入っちゃったね…
――ええ…残念ですわ…。でも…おかげで…互いに致命傷には一歩及ばず、といった所ですわね…
――お姉さんの身を心配してくれたんだよ…良い妹さんだね…
――ふふふ…そんなに心配されてるなんて…姉としては複雑な心境になっちゃいますわ…


二人は同時に口の端を持ち上げ、笑みを浮かべ…


そして同時に、地面に崩れ落ちる…。

|