※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

281

巴「桜田くん、ひどいよ…」
ジ「や、だってお前……」
雛「うぃ、どうしたのー?」
巴「桜田くんが……私の大切なものを壊したの…」
雛「ええ!?ジュンひどいのー!」
ジ「だ、だって……」
巴「毎日がんばってたのに……」
雛「ジュン、ごめんなさいしなきゃだめなのよ!」
ジ「で、でもさぁ…」
巴「シクシク…」
雛「ジューンー!」
ジ「こいつのいう大切なものって、僕の部屋に仕掛けてた隠しカメラのテープだぞ!?」

 



282

巴「隠しカメラをしかけることは、そんなに悪いことなの?」
ジ「悪いよ、ものすごく悪いよ、普通に逮捕だよ」
巴「私と桜田くんの仲なのに…」
ジ「隠しカメラしかけるってどんな仲だよ!むしろ仲よくないだろそれ!」
巴「じゃあどうしたら…」
ジ「普通にしてたらいいんだよ!」
巴「つまらない…」
ジ「あのなぁ……そうだな、どうしてもしかけるっていうなら…
  柏葉の部屋にも隠しカメラを仕掛けて、それをお互い交換するっていうのは…」
巴「……え?」
ジ「それならお互い公平かな、なんて」
巴「……桜田くん、趣味悪いよ…ついてけない……」
ジ「え…ええー…?」

 



283

巴「桜田くん、ごめんなさい……」
ジ「え?」
巴「その……前回、前々回のこと」
ジ「ああ、隠しカメラのことか……」
巴「うん…本当にごめんなさい。桜田くんのこと、少しでも多く知りたくて…私、バカだった…」
ジ「いいよ…これからはもう、隠しカメラしかけたりなんてしないだろ?」
巴「もちろんよ。すごく反省しているの。本当よ」
ジ「それならいいんだよ」
巴「機械に頼るなんて私は本当にバカだわ。やっぱり、自分の目で確かめないとだめだよね。
  難しいけど、私頑張るから……!」
ジ「待てどう頑張る気だ」

 



284

巴「ええ、そうですね。はい……いえいえ、そんなことは……」
ジ「柏葉がまた、うちの電話で普通に話してる…(cf:265)」
の「手が離せなかったから、巴ちゃんにでてもらったのよぅ」
ジ「いや、だからおかしいだろ!それなら僕よべよ!」
巴「クス、そんなことありませんよ、はい…」
の「えー、巴ちゃんが出てなにか問題あるのぅ?」
ジ「問題っていうか……うー……なんだかこう、こうやっていつのまにか既成事実化が進んでいくような…」
の「?」
巴「いえいえ、それでは……」
ジ「…もういいよ、まぁ、電話に出たってだけで、なにも起こりはしないか…」
の「そうよぅ、ジュンくん。それじゃ、これテーブルまで運んでね!」
ジ「へいへい」
巴「はい…わかりました、任せてください、それでは…」
ジ「……なぁ、随分長いことしゃべってるけど、柏葉が話してる相手は誰なんだ?」
の「お母さんだけど、それがどうかした?」

 



285携帯殺し?

|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|                                       |
|                                       |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                 巴                    |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|                                      |
|.__________________________|
             

ジ「なにかこみあげてくるものを感じないか?」
巴「これを投下した勇気は認めるけど……」

 



286

巴「明日はバレンタイン……か」
雛「バレンタインなのよー、トモエはもちろんチョコつくるのよね?」
巴「そのつもり…だったんだけど、どうしようかなって…」
雛「うゅ…つくらないの?」
巴「だって……『お返し狙いだろ、30倍返しかよ、うぜぇ』とか思われたら…
  お返しなんていらないのに……」
雛「言われてみると…ジュンはそういうの神経質だから、
  勝手にお返ししなきゃーってプレッシャーを自分でかけそうなのねー…」
巴「でしょう?そうなったら、なんだか申し訳ないし…」
雛「けど、トモエから貰えなかったら、きっと口には出さなくてもちょっとショック受けると思うの」
巴「そ、そうかな…?」
雛「そうよ、トモエが業突張りじゃないことはジュンもよーく知ってるんだから、だいじょうぶよ!」
巴「じゃあ…やっぱりつくろうかな…桜田くんに…」
雛「それがいいのー」
巴「でも…私なんかのチョコで、桜田くん喜んでくれるかな……」
雛「あったりまえなのよ!きっと小躍り…はしないと思うけど、すっごく喜ぶにきまってるの!」
巴「けど…私のチョコなんて…桜田くんがお返しに、もしも本気出してドレスでも作ろうものなら…
 『くっくっく、こりゃ30倍どころか、1000倍返しだな。
  とてもじゃないけどあんなチョコじゃ足りないぜ。足りない分は体で払ってもらおうか!』
 『あ、やめて、いやぁー!』みたいなことになったらどうしよう…」
雛「いいからさっさとチョコつくれなの」

 



287

巴「桜田くん、はい、チョコレート」
ジ「うわぁああアアチョコレートだって!?いったいなんだ、お約束の全身チョコか!?
  私を食べてか!?いっとくけど、その手にはのらないからな!」
巴「や…ふ、普通のチョコなんだけど…」
ジ「普通だァ~~ッ!見た目はなっ!だが騙されないぞ、この中には何が入ってるっていうんだ!?
  愛という名の媚薬か?毒か?お前の唾液かーッ!?」
巴「え…あの、しいていうなら、カカオと砂糖……」
ジ「ああこのチョコチョコしいチョコを食べることになるなんて!
  さよなら父さん母さんお茶漬けのり!ナイーブだった僕にグッバイ!パクッ」
巴「……ど、どうかな?」
ジ「ゥンまああ~いっ!こっ、これはああ~~っ、この味わあぁ~~っ…………チョコだな。うま」
巴「チョコだもの…でも喜んでくれてよかった……て、手作りだったから……」
ジ「……グ!?ぐ、グォォ…フ…おぉお…ヌァア…ッ!」
巴「…え?な、なに!?変なところあった!?」
ジ「……変だな、柏葉のチョコ食べたのに何も起こらない」
巴「普通のチョコだもの…」

 



288

♪トモエトモエトモエー
♪トモエーをーたべーるとー
♪トモエトモエトモエー
♪あたまーがーよくーなるー
♪トモエトモエトモエー
♪トモエーをーたべーるとー
♪トモエトモエトモエー
♪あたまーがーよくーなるー
♪トモエトモエトモエー
♪トモエーをーたべーるとー
♪トモエトモエトモエー
♪あたまーがーよくーなるー
♪トモエトモエトモ(ry

ジ「頼むからその曲エンドレスリピートで流すのやめてくれないか!?頭がおかしくなりそうだ」
巴「いい曲なのに……」

 



289

ジ「雛苺!聞いてくれ、たいへんなんだ!」
雛「今日もいいお天気なの。お茶がとてもおいしいのよズズー」
ジ「聞けって!」
雛「さっさと話したらいいの」
ジ「今日もいつものようにさ、柏葉を見たんだけど…たいへんなんだ!」
雛「ズズーッ」
ジ「僕はもう、どうしたらいいのか…!」
雛「はやく結論を言うの」
ジ「いつもと違うんだよ、柏葉が……僕は…僕は…」
雛「だからなんなのよ」
ジ「柏葉がひもパンなんだぁーっ!」
雛「お茶がおいしいのズズー」

 



290

ジ「なぁ雛苺、最近、柏葉がやりすぎじゃないかって気が…」
雛「うゅ…そうかもしれないの」
ジ「そろそろ歯止めをきかせたほうがいいんじゃないかと思うんだ。
  でさ、しばらく柏葉がなにをしても我関せずの態度でいこうかと…」
雛「うー…つまり…無視するってこと?」
ジ「そ、そんな本格的なもんじゃないけど…」
雛「……そうね。持ち主に構ってもらえないなんて、一番辛いことだと思うけれど、
  トモエにはいい薬かもしれないの」
ジ「うん……」

巴「ねぇ桜田くん、パソコンばっかりしてないでたまには…」
ジ「……」
巴「桜田くん?」
ジ「……」
巴「……ひざのうえにのるよ?」
ジ「……」
巴「うんしょ…。……抱きつくよ?」
ジ「……」
巴「巻きつくよ?」
ジ「……」
巴「絡みつくよ?」
ジ「……」
巴「クスッ、顔赤いよ」
ジ「……!」

翠「あいつプレイの一環くらいにしか思ってないですよ」

 



戻る

|