※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第六章『春風』

ああ、快晴だ。
遠くにうっすら雲がかかり、白と青とのコントラストが目に優しい。
世間は花粉症だの叫んでるが、僕はこの季節が大好きなのかもしれない。
ついさっきのことを思い出す。
人を殺すってこういうことなのか?
実感が湧かない。変に落ち着いている。
授業には集中できるが、どこか上の空だ。

キンコーンカンコーン
「ジュン帰りましょう」
「いいけどさ、真紅?帰りにちょっと付き合ってくれない?」
「いいわ、何処に行くのかしら?」
「デートだよ」
「あら、ジュンから誘うのは珍しいわ。それじゃぁ、公園にでも歩きに行きましょう」
第一発見者はおねぇちゃんが望ましい、僕は警察相手に演技するほど芸達者じゃない…。
真紅を誘ったのは早く帰るのを避けるため…。
卑怯だ、
醜い、
汚れてる…

ピーポーピーポー
警部「おや?救急車だ。」
く「パトカーのサイレンも聞こえるね。事件だろうか?」
警部「私は行こうと思うが、君はどうするかね?」
く「僕も行くとするよ、お邪魔じゃないならね」
警部「なぁに、事件なら君が解決してくれるじゃないか」
事件だろうか?それとも事故だろうか?
事件だとすると、警部という肩書き上、また忙しくなるな。
息子とはたまには遊んでやりたいもんだ…。

警部「助手席にのりたまえ」
く「お邪魔するよ」
外に出ると女子高生やら子供やらが待ち構えていた。
警部「またすごい人気だな。迂闊に外を歩けないんじゃないのか、これでは。」
く「もうなれたよ」
探偵は、これ以上ないうんざりとした様な声を出し、帽子を深くかぶる
く「出してくれ」
警部「人気が有りすぎるのも考え物だ」
苦笑しつつ車を出す。


「…ただいま」
「あっ、ジュンくん…」
予想通り。玄関の前にはパトカーと救急車が止まっていた。
姉が警察に囲まれ困った顔つきで僕に助けを求める。
「何かあったの?」
「それが…」
姉は叔父のことについて話す。
全て知ってた、警察も姉も知らないことまで知ってた。
それでも、ショックを受けたフリをする。
何も言えない、言ったらボロが出そうだった。
全部言ってしまいそうだった…。
警部「ボウズ、あんまり気を落とすな。」
ビール腹を抱えた中年男性、警部と呼ばれていたっけ。
慰めてるのだろうか?嫌にぶっきらぼうだ。


く「警部~、一通り見せてもらったよ。」
「あっ!!」
「どうしたのジュンくん?」
何でくんくんが?
ひどく動揺しているのが分かる。まずい、まずいまずいまずい!
とりあえず落ち着くんだ。
「えっと、その、本物のくんくん探偵はじめて見たから…」
「おねぇちゃんもよ~♪わくわくしちゃう」
警部「何かわかりましたか?」
く「えぇ、彼はひどいアルコール依存症みたいですね。まだ断定は出来ませんが、病死か他殺かと聞かれたら病死の線が強いですね。」
警部「解剖結果は明日には出るだろう。君にも送るよう手配しとくよ」
く「それはどうも。とても助かるよ。」
もしかして、ばれてない?
キッ
「!!!!!!」
くんくんが僕を睨む(実際には見ただけなのだが)
何もかも見透かされているような…。だめだ、目を見ていられない…。
目をそらす、出来るだけ自然に見えるように努めて。
警部「それでは、私たちは帰るとしよう」
く「そうですね、長居しすぎました。」
「いいんですよぅ。それより…」
警部「大丈夫です。無縁仏として近くの集合墓地に埋葬されますよ」

……
………
……………

ハァハァハァッ
口と鼻を押さえる―
ハァハァハァッ
胸を圧迫し、胸部から空気を抜いていく―
…やった、終わった!正義が勝ったんだ、これでこの屑は終わりだ…。
後始末を終え、学校に戻るためドアのノブに手をかける
ガタンッ!
「!!!?」
なぜ!?死んだだろ?
動くなよ、動くなよ!!!勝手に動くな!
迫る影。
追い詰められる。
「ぅ、ぅわっ!くっ、来るな!来るなああああああああああああ!!!!」



ガバッ
「…?」
汗がすごい、下着も寝間着もべたべただ。
何だ夢なのか…。
夢だと分かって安心したが、腕にはびっしりと粟が立っていた。

今日も昨日に引き続き快晴だ。
一抹の不安はあるものの、今のところはばれていない…はず。
あと、僕に出来ることは普通の生活を続けるだけだ。病死で片がつくまで
「ちび人間、おはようですぅ!」
「朝からうるさいんだよ、性悪!」
「なっ!翠星石はちび人間が心配で…、その、最近元気が無かったから…。でも大丈夫みたいですね、いつものちび人間に戻ったですぅ!」
「だからチビじゃないと何度要ったら…」
心配していてくれたんだ、翠星石
「まったく、翠星石は…。でも僕も嬉しいよ、いつものジュン君だから」
蒼星石も…
「まったく、引きつった顔でデートされても、楽しくなかったのだわ。」
「悪い、悪い」
真紅には迷惑かけたし、双子には心配させた。
だめだな僕は、もっとしっかりしなきゃ。
「今日は皆で遊びに行こう」
桜もすっかり散ってしまった山からは、春を惜しむ風が吹いていた


「速達デース!印鑑くださーい」
く「今行く」
封筒を破り捨て、中身を取り出す。そこには数枚の書類が入っていた。
く「なになに、内臓の一部に鬱血が認められるが、恐らく動脈硬化症による血流障害が要因、か」
デスクに腰をかけ、パイプに火をつける。
く「ふむ、血流障害か。だがどうだろう、静脈系統の鬱血は少ないじゃないか。これは…、窒息死ではないのか?」
書類の束を掻き分け、昔ながら黒電話を取り出し、ダイヤルを回す。
く「あー、もしもし警部?一通り目を通してみたんだが、いくつか気になることがあるんだ。明日そっちに行きたいんだが。」
警部「あぁ、かまわんよ。署のみんなも大喜びだろ。しかし、気になることとはなんだね?」
く「たいした事ではないんだがね、それは―…」

第六章『春風』~完~

|