※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  翠星石の『ホントは作った怖い話』


――例えば、こんな状況を思い浮かべてみるです。

仲の良い友達と出かけた、愉しいドライブ。
その帰り道で、ほんの一本、道を間違えて、山道に迷い込んでしまったです。
日が暮れて、うら寂しい山道は、どんどん狭くなっていくです。
でも、方向転換しようにも、一本道なので出来ないです。

直進しか出来ない一本道。
やがて、ぽっかりと口を開いたトンネルに差し掛かるです。

そのトンネルが……曰く付きのトンネルだったとしたら――


これは、そんな不思議な体験をした姉妹の物語ですぅ。
ちなみに、語り口調が稲〇〇二に似てるのは、気のせいです。



その日、翠星石は妹の運転する車で、ドライブを愉しんでいた。
免許を取ったばかりだが、危なっかしいところは全くない。
ちょっと観光地で遊んだ後、明るい内に、帰途に就いたのだった。

朝、早起きしてお昼のサンドウィッチを作った事もあってか、
アシストシートの翠星石は、ついウトウトと居眠りを始めてしまった。
そんな姉を気遣って、蒼星石もカーステレオの音量を下げる。

このまま、何事もなく、帰り着ける筈だった。

がくん!

不意に車が揺れて、翠星石は眠りの世界から呼び戻された。
車窓の外は、暗い。もう日が暮れてしまったらしい。

 翠「蒼星石、ここは何処です?」

問い掛ける翠星石に、蒼星石は申し訳なさそうに呟いた。

 蒼「ごめん、姉さん。道を一本、間違えちゃったらしい」

間違えた……で済まされても困る。
翠星石は、ヘッドライトに照らし出される周囲の景色を真っ直ぐに見詰めて、
妹をせっついた。

 翠「気味が悪いです。早く、引き返すです」
 蒼「そうしたいのは山々なんだけどね。ここ、一本道なんだよ」

確かに、右側は山の斜面。左は、谷間。
木々の枝に遮られて下は見えないが、かなり落差がありそうだった。

 蒼「その内、方向転回できる場所があるだろうから、心配しないで」
 翠「うぅ……解ったです」

普通、こういった山道には、故障車を停める待避所が設けられているものだ。
けれど、更に進んだが、待避所は無かった。

街灯の一つもない、真っ暗な山道。
やがて、ヘッドライトの光芒に、古びたトンネルが浮かび上がってきた。
トンネル内は、やはりライトが設置されていないのか、真っ暗だ。

 翠「蒼星石ぃ、あそこを通るですか?」
 蒼「仕方ないよ、さっさと通り抜けちゃおう」

二人を乗せた車は、トンネル内に滑り込んだ。
その途端、それまで全く以上の無かったエンジンが、ぷすん……と、停止してしまった。

 翠「なっ、なななな……なに悪ふざけしてるですかっ!」
 蒼「ボクのせいじゃないよ……変だなぁ」
 翠「何してるですっ! 早く、出発するですっ!」

ガソリンは、まだ半分以上も入っている。ガス欠ではない。
蒼星石は、何度もキーを回してみたが、セルは始動しなかった。
ヘッドライトは点いているので、バッテリーが上がった訳でもない。
ふと、ギアを見ると『D』のままだった。

 蒼「あ、ごめん。これじゃセルが回る筈ないや」
 翠「もう! なにやってるです。脅かすなですっ!」

言って、蒼星石はギアを『P』にして、キーを回す。
セルは一発で始動した。
翠星石が、ホッと息を吐くのが聞こえて、蒼星石は思わず吹き出した。
本当に、怖がりなんだからなぁ。

さて、早く抜けてしまおう。
そう思った矢先、今度は屋根が、どぉんと鳴った。
これには、流石に蒼星石もビクリと肩を震わせた。

 翠「なな、なんです、今の音は」
 蒼「落石かなぁ? 古いトンネルだからね。そういう事も、あるかも」

外に出て確かめようとする蒼星石を、翠星石は必死の形相で引き留めた。

 翠「行くなですっ! どうしても確かめたいなら、トンネルを出てからにするですっ」
 蒼「解ったよ。早く抜けてしまおう」

蒼星石は静かにアクセルを踏み、ゆっくりと車を走らせ始めた。

ごとん! ごん! ごん!

途中で、また屋根が鳴った。今度は、誰かが叩いているように、何度も、何度も。

 翠「うっひぇえぇ! な、なんです! なんなんですぅ!」
 蒼「わ、解らないって。ボクに聞かないでよっ!」

蒼星石が、ぐいとアクセルを踏む。エンジンが、トンネルの中で唸りを上げた。
ぐんぐんとスピードが増し、トンネルの出口が見えてきた。

 蒼「あっ! 出口だよ、姉さん!」
 翠「早くっ! 早く出るですっ。早く早く早くっ!」

すっかりパニック状態の翠星石に急かされ、蒼星石は床に着くまでアクセルペダルを踏んだ。

びゅんっ!

車は、やっとトンネルを抜けた。
だが、今度は前方に、ライトに浮かび上がるコンクリートの壁が見えた。
右曲がりの急カーブ。壁の先は奈落の闇が広がっている。
このスピードでは、とても曲がりきれない。

 翠「バカバカバカバカ! 停まるですぅっ!」

慌てる翠星石に対して、蒼星石は異様なほど穏やかに、こう告げた。

 蒼「ごめん――ダメなんだ」
 翠「なぜですっ!」
 蒼「だって…………ボクの両脚を、誰かが掴んでて、動かせないんだから」

ウソっ!
運転席を見た翠星石は、妹の足元にまとわりつく白い腕を眼にして、絶叫した。

 翠「ひいぃいぃいぃっ! イヤですうぅっ!」

翠星石は咄嗟に、サイドブレーキを握り締め、思いっ切り引き上げた。

ききききぃ――――っ!

山間部に、四つのタイヤが立てる悲鳴が木霊した。
懸命に、姿勢を立て直そうとハンドルを操作する蒼星石。
車体が横滑りして、助手席側がコンクリートの壁に急接近していく。

 翠「い、イヤあぁぁぁぁ――――!!」


突然、肩を叩かれ、翠星石はビクン! と飛び上がった。

 蒼「どうしたの、姉さん。そんなにビクビクしちゃって」
 翠「えっと……いま、名前変換ホラー小説を読んでたですぅ」

蒼星石がパソコンのディスプレイを見ると、グロいイラストが貼り付けられた黒い画面に、
白いテキストが躍っていた。

 翠「これ、凄く怖ぇですぅ」
 蒼「しょうがないなぁ、姉さんは。こう言うの苦手なクセに、見たがるんだから」
 翠「うぅ…………今夜は眠れねぇです」

蒼星石はポリポリと頭を掻き、苦笑した。

 蒼「ホンっトに、しょうがないな。でも、自業自得だからね。一緒には寝てあげないよ」
 翠「そ、そんなっ! 待つですぅ!」

そんな蒼星石の後を負って、翠星石は部屋を飛び出した。


  ~終わるです~

|